朝日杯フューチュリティステークス

阪神11R朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ・芝1600m)
◎2 グランアレグリア
○11 ケイデンスコール
▲4 ドゴール
☆3 アスターペガサス
レースの見どころ
朝日杯フューチュリティステークスの最終予想をするわよ!

 
「アーモンドアイに迫る素質がある」なんて言われる有力馬が出走する今回。
 
昨年のようなガチガチのレースになるんじゃないか?と思っている人も多いかもしれないわね。
 
でも今年は、人気馬の陰に隠れて、注目されていない実力馬がゴロゴロいるの。
 
そんな馬をデータで導き出せば、10万馬券も視野に入ってくるわよ!
 
予想印はページの最後で紹介しているから、期待してちょうだい。
 
さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

競争成績 
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11クリノガウディー牡255.0藤岡佑介藤沢則雄栗東
22グランアレグリア牝254.0ルメール藤沢和雄美浦
23アスターペガサス牡255.0福永祐一中竹和也栗東
34ドゴール牡255.0津村明秀黒岩陽一美浦
35マイネルサーパス牡255.0丹内祐次高木登美浦
46アドマイヤマーズ牡255.0M.デム友道康夫栗東
47ソルトイブキ牡255.0四位洋文木原一良栗東
58ディープダイバー牡255.0川田将雅大久保龍栗東
59イッツクール牡255.0松田大作武英智栗東
610ヒラソール牡255.0岩田康誠加用正栗東
611ケイデンスコール牡255.0C.デム安田隆行栗東
712コパノマーティン牡255.0坂井瑠星村山明栗東
713ニホンピロヘンソン牡255.0浜中俊安達昭夫栗東
814ファンタジスト牡255.0武豊梅田智之栗東
815エメラルファイト牡255.0ビュイッ相沢郁美浦


詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。
 
■前走クラス別成績
前走G2組は1勝もしていない
前走G3組は複勝率4割弱
 
■前走着順別成績
着順が高ければ高いほどよい
前走4着以下は内枠なら勝機アリ
 
■レース当日人気別成績
1~2番人気は単勝回収率100オーバー
前走勝ったのに当日2桁人気の馬は切る
 
■脚質別成績
2歳馬重賞のわりに先行馬が振るわない
いい脚があれば位置取りは問わない
 
それじゃ月曜日同様、この時期に阪神で行われてきた2歳牡馬・牝馬重賞のデータを新たに2つ使って、朝日杯フューチュリティステークスの予想を詰めていくわ。
 
 
所属別成績から見てちょうだい!
 
所属別成績
所属別成績表 

勝率を比べてみると、関東馬の方がかなり高いわね。
 
本走の1番人気間違い無しのグランアレグリア、やはり切るわけにはいかないようだわ…
 
 
連対率、複勝率にはあまり差がないから、他のデータを参考にしながら決めていきましょう。
 
 
次は、枠順別成績を見てもらうわね。
 
枠順別成績
枠順別成績表 

わずかな違いだけど、内枠の方が外枠よりも好成績ね。
 
迷ったら内枠、という風に考えましょう。
 
とくにグランアレグリアが入った2枠は複勝率が38.9%もあるから狙い目よ。
 
そうそう、枠番については月曜日にもある大事なデータを紹介していたわよね…
 
 
さあ、いよいよ今週の予想印を発表するわよ!
 
本命
グランアレグリア(牝2
【前走:サウジアラビアロイヤルカップ(G3)1番人気1着】
 
やっぱりどうしても切ることができなかったグランアレグリア
 
もともと高いポテンシャルがある上に、今年の2歳世代が相対的にそこまで見栄えしないということもあって、本走では圧倒的な支持を得そうよね。
 
今日調べたデータも彼女に味方しているし、具体的な買い目はともかく、切ることは考えられないって感じだわ。
 
最終追い切りでは、美浦の南ウッドで追われて5ハロン69.2-13.0という時計。
ちょっとかかり気味にも見えたけど、思えばこれまでもずっとあんな感じで勝ってきた馬だったわね。
 
彼女を軸にするのに、何の不安もないわ!
 
 対抗
ケイデンスコール(牡2
【前走:新潟2歳ステークス(G3)1番人気1着】
 
前走では有力馬アンブロークンをクビ差で差し切ったケイデンスコール
 
実力上位なのは間違いないんだけど、3ヶ月半というブランクが不安視されているからか、そんなに支持されていない感じよね。
 
たしかに一般的には、明け初戦の馬は買いにくいものだけど、今回は心配いらないわ。
 
ここまで調べてきたレースに出走した馬を、前走からの間隔別に分けると、10~25週間隔で来た馬の成績は2-3-2-12
なんと複勝率が36.3%にもなるのよ。
 
彼は他のデータについても不安なところはない上、なによりここまでの全レースで強烈な末脚を見せてくれているのも、切れ味が大事なこのレースでは好材料。
 
調教も良く動けていたし、狙い目よ!
 
軸はグランアレグリアで決まりな今年のレース
この穴馬だけ押さえておけば、小さく買って大きく稼げそうだわ!

 
 単穴

ドゴール(牡2
【前走:サウジアラビアロイヤルカップ(G3)7番人気2着】
 
月曜日に注目穴馬として紹介していたドゴール
 
一部では、かつてのフランス大統領「シャルル・ド・ゴール」からの連想で、フランスのデモになぞらえたサイン馬券!なんて需要があったらしいけど…
今のところ、オッズに影響が出るレベルじゃないようで良かったわ。
 
彼はデータ的にも問題のないものが揃っているし、とくに前走で見られたような長くいい脚が使えるのが高評価。
 
最終追い切りも美浦のWコースを5ハロン67.4-12.5という好時計で、まだまだ余裕を残していた感じ。
 
馬場の状態や展開によっては、グランアレグリアへのリベンジ達成まであり得るわよ!
 
 
 注目穴馬

アスターペガサス(牡2
【前走:京王杯2歳ステークス(G2)3番人気5着】
 
京王杯2歳ステークスではファンタジストの5着だったアスターペガサス
 
前走の内容距離適性への不安があるからか、本走ではあまり人気しなさそうね。
 
とはいえ、前走は相当なスローペースだったし、2歳馬が折り合いを欠いてしまうのも仕方のないところ
 
あそこでガマンの競馬をして折り合いが学べたなら、1600mの距離にも対応できるようになるはずよ。
 
更に、彼には他にも有利なデータがあるの。
 
月曜日「内枠に入った穴馬に注意」という話をしたのを覚えているかしら?
ちょうどその条件にあてはまるアスターペガサスは、まさに「買い」の1
 
ここで好走してくれれば、馬券も、来年のクラシック戦線も面白くなるわ!




エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る