今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

有馬記念2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 有馬記念 最終予想

有馬記念の最終予想をするわよ!

年末の祭典の名にふさわしい、豪華な面々が集結した今回のレース。

その中でも本走がラストランとなる女傑クロノジェネシスと、秋天で地位を不動のものとしたエフフォーリアの凄みが際立っている感もあるけど、そんな下馬評を覆して荒れるのがこの有馬記念よね。

今回も月曜日からさらにデータを追加して、2強の信頼度や番狂わせの可能性を秘めた穴馬候補を炙り出しておいたわ。

予想印と一緒にページの最後で紹介しているから、ぜひチェックして高配当を手繰り寄せてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認していくわよ!

2021年 有馬記念 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ペルシアンナイト 牡7 57.0 C.デム 池江泰寿 栗東
2 パンサラッサ 牡4 57.0 菱田裕二 矢作芳人 栗東
2 3 モズベッロ 牡5 57.0 池添謙一 森田直行 栗東
4 メロディーレーン 牝5 55.0 岩田望来 森田直行 栗東
3 5 ディープボンド 牡4 57.0 和田竜二 大久保龍 栗東
6 ウインキートス 牝4 55.0 丹内祐次 宗像義忠 美浦
4 7 クロノジェネシス 牝5 55.0 ルメール 斉藤崇史 栗東
8 ユーキャンスマイル 牡6 57.0 藤岡佑介 友道康夫 栗東
5 9 ステラヴェローチェ 牡3 55.0 M.デム 須貝尚介 栗東
10 エフフォーリア 牡3 55.0 横山武史 鹿戸雄一 美浦
6 11 アリストテレス 牡4 57.0 武豊 音無秀孝 栗東
12 シャドウディーヴァ 牝5 55.0 横山典弘 斎藤誠 美浦
7 13 アカイイト 牝4 55.0 幸英明 中竹和也 栗東
14 アサマノイタズラ 牡3 55.0 田辺裕信 手塚貴久 美浦
8 15 キセキ 牡7 57.0 松山弘平 辻野泰之 栗東
16 タイトルホルダー 牡3 55.0 横山和生 栗田徹 美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走レース別成績
菊花賞組が絶好調
凱旋門賞組のクロノジェネシスもローテーション上は不安なし

■前走着順別成績
前走で好走した馬を買う
関東所属馬でかつ前走からの乗り替わりがあればより巻き返しが見込める

■レース当日人気別成績
1番人気が強い
大穴クラスも侮れない

■年齢別成績
3歳馬の勝率が圧倒的に高い
高齢馬は好走が難しい

それじゃあ月曜日から引き続き、過去10年分のデータを基に有馬記念の予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい。

2021年 有馬記念 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 1 1 1 16 5.3% 10.5% 15.8%
2枠 1 2 0 16 5.3% 15.8% 15.8%
3枠 2 2 0 15 10.5% 21.1% 21.1%
4枠 2 1 1 16 10.0% 15.0% 20.0%
5枠 1 2 3 14 5.0% 15.0% 30.0%
6枠 2 1 1 16 10.0% 15.0% 20.0%
7枠 1 1 3 15 5.0% 10.0% 25.0%
8枠 0 0 1 19 0.0% 0.0% 5.0%

真ん中にかけて勝率が高くなる傾向があるわね。

なかでも注目したいのが、4枠
ここは好走率もさることながら、2015年の勝ち馬ゴールドアクターや2011年に連対したエイシンフラッシュなど、人気薄がたびたび馬券になっているように回収率も高いのよね。

今年4枠には1番人気筆頭のクロノジェネシスのほか、いかにも配当妙味のありそうなユーキャンスマイルが入っているから要警戒よ。

逆に不調なのが、大外8枠

他と比べて極端に成績が悪いから、ここに入ったキセキタイトルホルダーはやや分が悪いことは覚えておくべきだわ。

次は、馬体重別成績を見てもらうわよ。

2021年 有馬記念 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 0 2 0 20 0.0% 9.1% 9.1%
460~479kg 5 1 3 20 17.2% 20.7% 31.0%
480~499kg 1 2 3 42 2.1% 6.3% 12.5%
500kg以上 4 5 4 45 6.9% 15.5% 22.4%

460~479kgだった馬の成績が抜きん出ているわね。

調教後の馬体重を参考にすると、今年は唯一タイトルホルダーだけがこの範囲内よ。

またエフフォーリアは前走から7kg増えて521kg、クロノジェネシスは488kg。
500kgを超えるような子もよく走れているから、この2強の比較ではエフフォーリアが一歩リードね。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表するわよ!

2021年 有馬記念 注目馬①

エフフォーリア(牡3)
【前走:天皇賞秋(G1)3番人気1着】

歴代最多の投票数を集めての参戦となる、エフフォーリア

前走の天皇賞(秋)ではコントレイルとグランアレグリアを抑えて最先着を果たし、まさにその評価に違わぬ強さを見せてくれたわね。

エフフォーリアはここまでの検証でも悪いデータがほぼまったく見当たらなかったし、この舞台との相性もよさそう。
馬体重についてもベストでないだけで十分好調な条件に当てはまっているし、ここを楽々勝ってしまってもおかしくないくらいだわ。

美浦・南Wでの最終追い切りでも5F【69.0-52.8-38.0-11.4】の時計を記録するなど、順調さを測るには十分な走りができていたし、今回も強い彼が見られそうよ。

ギリギリ最低限のコスパは確保できそうだし、間違っても切ろうだなんて考えないことね。

2021年 有馬記念 注目馬②

クロノジェネシス(牝5)
【前走:凱旋門賞(G1)3番人気7着】

昨年の有馬記念覇者、クロノジェネシス

今年もこの舞台を勝利できればG1通算5勝、グランプリ4連覇を達成して現役を引退することになるわね。

ただ今年は海外遠征からのローテーションで、かつ前走が7着というちょっと不安な面があるのも事実。

もっともドバイシーマC帰りの宝塚記念を勝利しているわけだし、そのあたりを苦にせずあっさり巻き返す、なんてことも十分にあり得るんだけど…。
データ面ではエフフォーリアの方が上、ということ考慮して、印は対抗にしてあるわ。

そんなクロノジェネシスの最終追い切りは、栗東のCWで7F【97.2-81.1-66.1-51.8-37.0-11.9】の時計を記録。
走り自体に遠征でのダメージや疲れは見られなかったし、1週間前より明らかに体ができてきた感じ。
状態に関しては、まったく心配しなくてよさそうよ。

ぜひともこの最高の舞台で、有終の美を飾ってほしいわね!

2021年 有馬記念 注目馬③

タイトルホルダー(牡3)
【前走:菊花賞(G1)4番人気1着】

月曜日にも注目馬として紹介していた、タイトルホルダー

今回好データに該当している馬が多い中で、より激走を示唆する材料を備えていたんだけど…。
今日の検証で彼の入った8枠が不調ということがわかって、いくらか評価を下げざるを得なくなった、って感じね。

ただ、馬体重はバッチリの範囲にあるし、前回懸念点として挙げていた「前走からの乗り替わりがある」というところも、調教を見るに初コンビを組む横山和生Jとは折り合いに問題があるようには見えなかったわ。

むしろ思い切った競馬をしてくれそうな気配もあって期待できる内容だった、ということは覚えておいてちょうだい。

美浦の南Wで行われた最終追い切りでも、6F【82.5-65.7-50.8-37.0-11.6】時計を記録するなど人馬ともに好調ぶりをアピールできていたし、状態面の不安もないわね。

菊花賞の再現、あるわよ!

2021年 有馬記念 注目馬④

アカイイト(牝4)
【前走:エリザベス女王杯(G1)10番人気1着】

前走エリザベス女王杯では大番狂わせを演じて見せた、アカイイト

重賞初制覇がG1だったこともあって、まだまだその勝利がフロックなんて言われ方もするみたいだけど…。
スタミナや瞬発力といった総合的な力が問われるエリ女は、たまたまで勝てるような舞台ではないわよね。

しかもエリ女が好ローテーションになり得るのは、昨年この舞台で2着入線を果たしたサラキアが証明済み。
データに関しても彼女のような大柄な馬が好走傾向にあるとわかったし、馬券に含めるのになんの不安もないわよ。

彼女はここまでの調教も順調にこなしているようで、最終追い切りは栗東の坂路で【52.2-37.3-24.6-12.6】という時計。
調整程度ながら動きにキレも見られたし、万全な仕上がりね。

オッズも現時点で20倍程度はつきそうだし、積極的に狙ってみる価値十分よ!

堅い決着が濃厚な今年の有馬記念だけど…。
アノ伏兵を馬券に含めてこそ、ちょっと早いお年玉がゲットできそうよ!

2021年 有馬記念 注目穴馬

アサマノイタズラ(牡3)
【前走:菊花賞(G1)5番人気9着】

月曜日から変わらず、本走における注目の穴馬候補はアサマノイタズラよ!

ここまで紹介してきた面々に比べると、人気順ではかなり開きのある彼。

前走では大敗を喫していて、今回は古馬との初対戦といったこともあって、勝利はおろか馬券圏内もどうか、という印象を持ってる人も多いじゃないかしら。

それでも、伝えてきたように、彼はデータ上その不安要素を跳ねのけて好走し得る1頭
今日の検証でも枠・馬体重ともに好調の範囲内だったし、中山とも相性もセントライト記念で証明済みとあって、それこそ穴馬としての条件を兼ね備えた存在なのよね。

美浦・南Wでの最終追い切りでも、6F【80.9-65.1-51.0-37.5-11.8】の時計で万全の仕上がりをアピールしていたし、瞬発力と末脚勝負になればかなり期待できるわよ。

コスパも絶好のこの3歳馬を買って、笑顔で今年を締めくくってちょうだい!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次