今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

有馬記念2020の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 有馬記念 最終予想

有馬記念の最終予想をするわよ!

ミッキースワローが脚部不安で出走を回避し、ちょっと寂しくなってしまった今回のレース。

ただその分、各馬実力伯仲の本走がいくらか予想しやすくなったと考えて、今年最後のお祭りを楽しみたいわね。

1番人気が堅調で、連も上位陣が占めることの多いこのレースだけど…
データを駆使して各馬を調べ上げた結果、今あまり人気していないとある馬に、思わぬ好走気配があると分かったの。

ページの最後で紹介しているから、ぜひチェックして早めのお年玉を勝ち取ってちょうだい!

さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

2020年 有馬記念 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 バビット 牡3 55.0 内田博幸 浜田多実 栗東
2 ブラストワンピース 牡5 57.0 横山武史 大竹正博 美浦
2 3 クレッシェンドラヴ 牡6 57.0 坂井瑠星 林徹 美浦
4 ラヴズオンリーユー 牝4 55.0 M.デム 矢作芳人 栗東
3 5 ワールドプレミア 牡4 57.0 武豊 友道康夫 栗東
6 キセキ 牡6 57.0 浜中俊 角居勝彦 栗東
4 7 ラッキーライラック 牝5 55.0 福永祐一 松永幹夫 栗東
8 ペルシアンナイト 牡6 57.0 大野拓弥 池江泰寿 栗東
5 9 クロノジェネシス 牝4 55.0 北村友一 斉藤崇史 栗東
10 カレンブーケドール 牝4 55.0 池添謙一 国枝栄 美浦
6 11 モズベッロ 牡4 57.0 田辺裕信 森田直行 栗東
12 オーソリティ 牡3 55.0 川田将雅 木村哲也 美浦
7 13 フィエールマン 牡5 57.0 ルメール 手塚貴久 美浦
14 サラキア 牝5 55.0 松山弘平 池添学 栗東
8 15 オセアグレイト 牡4 57.0 横山典弘 菊川正達 美浦
16 ユーキャンスマイル 牡5 57.0 岩田康誠 友道康夫 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走レース別成績
菊花賞組が強い
ジャパンカップ組は安定

■前走着順別成績
上位陣が強い
巻き返しもあるが勝利は厳しい

■レース当日人気別成績
1番人気の信頼度は高い

■年齢別成績
若ければ若いほど強い
今年は基本的に5歳馬まで

それじゃあ月曜から引き続き、過去10年のデータを基に有馬記念の予想を詰めていくわ。

枠順別成績から見てちょうだい!

2020年 有馬記念 枠順別成績

1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
2 1 1 15 10.5% 15.8% 21.1%
1 2 0 16 5.3% 15.8% 15.8%
2 2 0 14 11.1% 22.2% 22.2%
2 2 1 15 10.0% 20.0% 25.0%
0 2 3 15 0.0% 10.0% 25.0%
2 1 2 15 10.0% 15.0% 25.0%
1 0 2 17 5.0% 5.0% 15.0%
0 0 1 19 0.0% 0.0% 5.0%

今年は、抽選で上位だった馬が軒並み外枠に入っていたけど、実はデータ的にはあまり好調とはいえないところ。

7~8枠は、やや成績が落ち込んでいるのよ。

このあたりには人気の高い馬もしばしば入っているけど、警戒しておくに越したことはないわ。

さて、他の枠はあまり大きな差がないように見えるけど、注目しておきたいのは4枠

この条件の馬は、単勝回収率が129%にもなるのよね。

今回ここに入ったラッキーライラックペルシアンナイト、どちらもなかなかいいオッズがつきそうだから狙い目よ。

次は、所属別成績を見てちょうだい。

2020年 有馬記念 所属別成績

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 2 1 1 30 5.9% 8.8% 11.8%
関西 8 9 9 96 6.6% 13.9% 21.3%

基本的には関西馬が有利みたいね。

ただ、勝率についてはほとんど差がない、というのは注目すべきポイント。

本命クラスは他のデータを参考に選びつつ、穴馬は関西馬を重視する、という風に考えるといいわね。

さあ、ここで今週の予想印を紹介するわよ。

2020年 有馬記念 注目馬①

ラッキーライラック(牝5)
【前走:エリザベス女王杯(G1)1番人気1着】

前走では、期待に応えてしっかり勝ち切ってくれたラッキーライラック

同じ世代にあのアーモンドアイがいるおかげでちょっと不遇な彼女だけど、実力は確かなのよね。

そんな彼女は、これまで調べたデータに照らしてもかなりの好走傾向

ただ一点、前走エリザベス女王組はこれまであまり結果を残せていない、というのが気がかりなんだけど…
実は、過去にエリ女から出走してきた馬は、ほとんど当日の単勝オッズが10倍以上だったの。

唯一条件に当てはまらない2018年のモズカッチャンでさえ単勝9.1倍で、さらに彼女は当時勝率の低い4歳馬だったわ。

つまり、今年の彼女ほど条件に恵まれたエリ女組は、今までいなかったってこと。

彼女は調教もスムーズに進んでいるし、狙い目よ!

2020年 有馬記念 注目馬②

ワールドプレミア(牡4)
【前走:ジャパンカップ(G1)7番人気6着】

抽選では、いかにもよさそうな内寄り中ほどの枠に入ったワールドプレミア

わずかな違いではあるけれど、全枠の中で勝率トップの所に入ってくれて、データ上はより買いやすくなったわ。

彼はここまで調べたデータに照らしても悪くないものが揃っているし、実力についても文句なし

なのに、上位に押されて単勝10倍弱くらいで買えるかもしれない、というのはかなりオイシイわよね。

そんな彼の最終追い切りは、栗東のCWを終始馬なりで6ハロン83.9-12.8というゆったりした時計。

1週前の時点でおおむね調整が終わっていたからこそ、ここは気分よく走らせるのを優先したって感じね。

昨年もこの舞台で3着になった彼、今年はさらに着順が上がるかもしれないわ!

2020年 有馬記念 注目馬③

クロノジェネシス(牝4)
【前走:天皇賞秋(G1)2番人気3着】

各馬横並びの支持を集めている中で、最終的には頭一つ抜けそうなクロノジェネシス。

人気が割れているわりに、彼女は単勝2倍台前半に落ち着きそうな雰囲気だけど、実力を考えると切るワケにはいかないわね。

データ的には、4歳馬ということでカレンブーケドールには劣るけど、抽選で5枠を勝ち取ったぶんフィエールマンあたりと比べると一歩リードって感じ。

今回は連下の印をつけているけど、あくまで3番手評価というだけで勝利にも期待できるわよ。

彼女の最終追い切りは、栗東のCWコースで6ハロン83.7-11.9という時計。

数字以上に、リズムよく走る姿が印象的だったわ。

「グランプリ」の同年連続制覇に向けて、突き進んでほしいわね!

上位陣が堅調ながら、配当は高くなりがちな有馬記念
今年そんな中荒れを演出してくれそうなのは、この馬よ!

2020年 有馬記念 注目穴馬

バビット(牡3)
【前走:菊花賞(G1)3番人気10着】

月曜日にも注目穴馬として紹介していたバビット

枠順抽選は16頭中14番目だったけど、そこで念願の1枠1番を勝ち取ったのよね。

ここはデータ的にも十分好走例があるところだし、どうしても逃げて自分の競馬がしたいバビットにはうってつけ。

今回はメンバー的にもハナを争うような展開にはならなさそうだし、持ち味を十分に発揮できそうだわ。

彼は月曜日に調べたデータにもよく当てはまっていて、かなり費用対効果に優れた一頭

追い切りでも力強く動けていたし、ここで波乱を起こす可能性は十分よ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次