有馬記念

中山11R有馬記念(GⅠ・芝2500m)
◎12 レイデオロ
○3 モズカッチャン
▲6 サトノダイヤモンド
☆1 オジュウチョウサン
△11 ミッキーロケット
レースの見どころ
有馬記念の最終予想をするわよ!


フレッシュな三歳馬に復活をかけたダービー馬、さらに障害界の絶対王者まで参戦して、例年以上にお祭り感の強い今年のレース。

こんなレースで、誰も注目していなかった穴馬を的中させて、高額な配当まで得られたら素敵よね?

今回もデータを駆使して、10万馬券のために押さえておきたい伏兵馬を見つけ出しておいたわよ。

印はページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい。

さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11オジュウチョウサン牡757.0武豊和田正一美浦
12クリンチャー牡457.0福永祐一宮本博栗東
23モズカッチャン牝455.0M.デム鮫島一歩栗東
24マカヒキ牡557.0岩田康誠友道康夫栗東
35パフォーマプロミス牡657.0C.デム藤原英昭栗東
36サトノダイヤモンド牡557.0アヴドゥ池江泰寿栗東
47サウンズオブアース牡757.0藤岡佑介藤岡健一栗東
48ブラストワンピース牡355.0池添謙一大竹正博美浦
59リッジマン牡557.0蛯名正義庄野靖志栗東
510ミッキースワロー牡457.0横山典弘菊沢隆徳美浦
611ミッキーロケット牡557.0マーフィ音無秀孝栗東
612レイデオロ牡457.0ルメール藤沢和雄美浦
713スマートレイアー牝855.0戸崎圭太大久保龍栗東
714キセキ牡457.0川田将雅中竹和也栗東
815シュヴァルグラン牡657.0ボウマン友道康夫栗東
816サクラアンプルール牡757.0田辺裕信金成貴史美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走レース別成績
おおむね結果に影響はないが、菊花賞組は好成績
条件戦上がりの前例はない

■当日人気別成績
1番人気は複勝率90%
2桁人気馬は前走で掲示板確保が条件

■年齢別成績
勝ち馬は5歳までから選ぶ
7歳以上も複勝率はそれなり

■脚質別成績
前目の馬が好走する


それじゃ、新たに2点のデータを使って、有馬記念の予想を詰めていくわよ。

騎手別成績から見てちょうだい!

騎手別成績
騎手別成績

乗り替わり組の勝率は、続投組の半分程度しかないのね。

乗り替わりのあった馬を勝ち馬候補に推すなら、他に明確なプラス材料が必要だわ。

月曜日までに調べたデータでいまひとつパッとしなかったシュヴァルグランあたりには、ちょっと軸は任せられない、って感じね。

とはいえ連対率・複勝率についてはどちらもあまり差がないから、相手を探す際にはあまり気にしなくていいデータよ。


次は、枠順別成績を見てもらうわね。

枠順別成績
枠順別成績表

パッと見で極端な差は見られないけど、その中でもやや目立っているのが1

複勝率が3割近くあるから、ぜひ注目したいところ。

今年1枠に入ったのはオジュウチョウサンクリンチャーね。

また連対率に注目すると、内側14枠に入った馬の数字がいいわ。

大まかな傾向として、このレースは外を回される先行馬にかなり厳しいから、外枠の馬を買うつもりなら、直線まで脚を溜めておける差し馬が無難よ。


さあ、ここで今回の予想印を発表するわ!

本命
レイデオロ(牡4)
【前走:天皇賞(秋)(G1)2番人気1着】

本走の豪華なメンバーの中にあって、1番人気が確実なレイデオロ

勝率の高い6に入ってくれたおかげで、ますます買いやすくなったわ。

道中の位置取りはなかなか難しくなるだろうけど、C.ルメール騎手ならうまくやってくれるだろう、という安心感もあるわね。

最終追い切りは、美浦のWコースで5ハロン68.5-12.8という時計。
数字はそれなりだけど、軽やかに走る姿が印象的だったわ。

ルメールも「今までの中で一番いい」と絶賛していたわね。

今の彼になら、安心して軸を任せられるわ!

対抗
モズカッチャン(牝4
【前走:エリザベス女王杯(G1)1番人気3着】

体調が万全でなかったエリザベス女王杯で、どうにか3着に食い込んだモズカッチャン

彼女はここまでに調べたデータでも悪くないものが揃っている上に、さらにいい情報があるわ。

このレースにおける牝馬の成績は、過去10年で2-3-0-17で、複勝率は22.7
牡馬・セン馬の平均よりも高いのよ。

彼女に唯一不安があるとすれば、これまでレースで使ったことのない2500mという距離への適性ね。

ただ彼女の父ハービンジャーは、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(およそ2400m)の実績によってその名をとどろかせた馬だし、血統的にはまだまだ戦える距離のはず。
母父キングカメハメハもダービー(2400m)の勝ち馬だしね。

レイデオロと「デムルメ」のワンツーになってしまったらさすがに面白くないけど…
それでも、彼女が馬券を外すとは考えにくいわ!


平成最後の有馬記念は、高額配当ゲットのチャンス!
あの伏兵馬を押さえて、いい気分で年末を迎えましょう!

単穴

サトノダイヤモンド(牡5)
【前走:ジャパンカップ(G1)3番人気6着】

月曜日の注目穴馬として紹介していたサトノダイヤモンド
(何度書いても、彼を「穴馬」と呼ぶのは慣れないわ…)

このレースを最後に、引退することが決まっているのよね。

言い換えればこの有馬記念が繁殖入り前の最後のレースになるわけだし、陣営としては種付け料アップのためにもいいところを見せたいはず。

現に調教についても、1週前の段階でビッシリ追って、最終は軽く流すだけ、という入念な仕上げだったわ。

前走と比べると、格段に雰囲気が良くなっていたわね。

最後の最後に、G1馬の意地を見せてくれるはずよ!

連下

ミッキーロケット(牡5)
【前走:天皇賞(秋)(G1)8番人気5着】

春の宝塚記念を制し、G1馬となったミッキーロケット

…なんだけど、その割には人気も話題性も今一つって感じね。
今年の宝塚記念はレベルについて疑問視されていたし、当然と言えば当然かしら。

とはいえ彼は、それ以前からずーっと舞台を問わず安定した成績を残し続けていた善戦ホース。
他の人気馬に押されて支持を落としている本走ではかなり「買い」の1頭よ。

彼はここまでに調べたデータもおおむね悪くないものが揃っているし、鞍上をオイシン・マーフィー騎手が務めてくれるのも追い風ね。
彼は今回が初来日だけど、先週の騎乗でいきなり4勝を達成している有力騎手よ。

最終追い切りも良く動けていたし、好走に期待できるわね!

注目穴馬

オジュウチョウサン(牡7
【前走:南部特別(1000万下)3番人気1着】

このレースで1番話題性の高い馬であろうオジュウチョウサン

記念受験ならぬ「記念出走」のような気配もかなりあったけど…
さまざまなデータを調べ上げた結果、実はやっぱり「買い」であることがわかったの。

彼がこのレースに通用する武器を持っているとすれば、過去4,000m以上にもなる障害のレースで連戦連勝してきたスタミナ

当然逃げ・先行に近い戦略を取りたいはずだけど、今回見事そういった戦略を取りやすい11に入ってくれたわ。

外目に入ってしまったキセキより前に出て大逃げ、なんてことがあれば、かなり面白いことになるんじゃないかしら。

彼は水曜の最終追い切りでもしっかり負荷をかけられていて、仕上がりについても好印象

2~3着で買うには十分だし、展開次第では万が一さえあるかもしれないわよ!




エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る