G3レース全部徹底解剖 過去の提供情報

関屋記念予想 2016

今週は日曜日の新潟競馬場で行われるG3・関屋記念の事前予想をしていくわよ。

関屋記念はサマーマイルシリーズの第2戦として位置付けていて、灼熱のマイルタイトルを争う上で重要なレースとなっているわね。

このレースから秋のビッグタイトルを獲る馬もたくさんいて、記憶に新しいところだとドバイを勝ったジャスタウェイもこのレースを経て天皇賞【秋】でG1タイトルを手にしているのよ。

これは夏競馬だからと言って侮れないわね。
夏を制する者が秋も制すってわけね。

それじゃ、登録馬を見てちょうだい。


競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
クラリティスカイ56.0斎藤誠美浦
ケントオー56.0西橋豊治栗東
サトノギャラント56.0藤沢和雄美浦
ストーミーシー53.0斎藤誠美浦
ダノンリバティ56.0音無秀孝栗東
ピークトラム56.0橋口慎介栗東
ベルラップ56.0須貝尚介栗東
マイネルアウラート56.0高橋裕美浦
マジェスティハーツ56.0松永昌博栗東
ヤングマンパワー56.0手塚貴久美浦
ラングレー56.0矢作芳人栗東
レッドアリオン58.0橋口慎介栗東
ロサギガンティア57.0藤沢和雄美浦
アルマディヴァン54.0高橋文雅美浦
カレンケカリーナ54.0安田隆行栗東
クリノタカラチャン54.0天間昭一美浦
タガノエトワール54.0渡辺薫彦栗東
ダンスアミーガ54.0中竹和也栗東
ボンジュールココロ54.0天間昭一美浦
マジックタイム54.0中川公成美浦
リーサルウェポン54.0荒川義之栗東

登録は現時点で21頭よ。

秋のビッグレースにつながるレースだけあって、登録メンバーもまずまずってとこね。

豪華レベルを5段階で例えるなら3ってとこかしら。

では、関屋記念をデータで分析して行くわ。

以下のデータは、関屋記念の過去10年分のデータになるわ。


初めは前走クラス別成績。

前走クラス別成績
前走クラス

前走がG1・G3に走った馬が良い傾向ね。

前走G2だった馬の出走は少ないけど、いずれも馬券には絡んでないわね、斬るわ。

オープン特別や条件戦から参戦する馬は馬券に絡むことがあるけれど、中心となるのはG1・G3組ね。

今年は21頭中17頭が前走G1またはG3から出走して来ているわ。
主に中京記念からのローテが多い傾向よ。

【前走G1】
・マジックタイム(ヴィクトリアマイル G1)
・レッドアリオン(安田記念 G1)
・ロサギガンティア(安田記念 G1)

【前走G3】
・アルマディヴァン(中京記念 G3)
・カレンケカリーナ(中京記念 G3)
・クラリティスカイ(プロキオンS G3)
・ケントオー(中京記念 G3)
・サトノギャラント(エプソムC G3)
・ストーミーシー(ラジオNIKKEI賞 G3)
・タガノエトワール(中京記念 G3)
・ダノンリバティ(中京記念 G3)
・ダンスアミーガ(中京記念 G3)
・ピークトラム(中京記念 G3)
・マイネルアウラート(中京記念 G3)
・マジェスティハーツ(七夕賞 G3)
・ラングレー(エプソムC G3)
・リーサルウェポン(福島牝馬S G3)


次は、前走着順別成績

前走着順別成績
前走着順別成績

意外にも前走好走組よりも前走惨敗組の巻き返しが目立つわね。

10着以下の大敗組も数は少ないけれど好走する傾向にあるわ。

前走1着馬ももちろん好走はしているけど、ここは前走惨敗の穴馬を的中させて、大きな配当を狙いに行きたいわね、こんな美味しいレース逃す手は無いわ。

ここで美味しい馬券当てて、優雅なサマーバケーションへとしゃれこむわよ!


最後に、枠順別成績。

枠順別成績
枠

見ての通り、関屋記念は圧倒的に外枠が有利な傾向にあるわね。

勝率・連対率・複勝率のどれをとっても、7枠・8枠に勝る枠はないわ。

ただ、これを馬番ごとに見ていくと大外17番と18番は直近10年で13頭が出走して、馬券になったのは3着が1回。

外過ぎも考え物のようね。



【直近10年の3着内 外枠馬成績】

・2015年 
8枠12番 レッドアリオン 1着
7枠10番  ヤングマンパワー 3着(12頭立て)


・2014年 
7枠13番 クラレント 1着(16頭立て)

・2013年 
8枠16番 ジャスタウェイ 2着(18頭立て)

・2012年 
7枠14番 ドナウブルー 1着(18頭立て)

・2011年 
7枠  9番 レインボーペガサス 1着
8枠12番 エアラフォン 2着(12頭立て)


・2010年 
8枠16番 レッツゴーキリシマ 1着
8枠17番 リザーブカード 3着(18頭立て)


・2009年 
7枠13番 スマイルジャック 1着
7枠14番 マイネルスケルツィ 3着(18頭立て)


・2008年 
8枠12番 マルカシェンク 1着
8枠11番 リザーブカード 2着(12頭立て)


・2007年 
7枠15番 シンボリグラン 2着(18頭立て)

・2006年 
7枠13番 カンファーベスト 1着(18頭立て)

人気薄でも外枠は激走しているから必ず押さえたいわね!

外目に穴馬が入ったら「美味しい」配当が狙えるわよ~


それじゃ、関屋記念の私の注目馬を発表するわ!


注目馬1
ロサギガンティア
【前走:安田記念(G1)9着(5番人気)】

前走、安田記念で惨敗ではあったものの舞台はG1。


近走の重賞では京王杯スプリングC(G2)3着・阪神カップ(G2)1着と強敵を相手に馬券圏内を確保

ただ、安田記念を除く近4走はいずれも1,400mなので、マイルがどうかってとこが問題ね。

ただ実力はメンバー中上位なはずだから、期待は大ね!



注目馬2
ピークトラム
【前走:中京記念(G3)2着(6番人気)】

中京記念で強烈な脚を見せたけど、最後の一伸びを欠いて更に強烈な脚で外から突っ込んできたガリバルディに差され惜しくも2着。


マイル戦では安定感があって過去18戦中、掲示板を外したのは僅かに4回だけと信頼度は高いわね!

2歳時に同条件の新潟2歳ステークス(G3)で3着に入っているし、前々走の谷川岳ステークスでも1着と新潟コースとの相性も悪くないと思うわ。



マジックタイム
【前走:ヴィクトリアマイル(G1)6着(6番人気)】

豪華牝馬が揃ったヴィクトリアマイルで惜しくも掲示板まであと一歩というところだったけど、このレースはストレイトガールが強すぎたわね。

ただG1の舞台で東京の長い直線を使って良い脚を使えたと思うわ。


しかもこの馬、新潟マイルは過去3戦中、1着2階・2着1回と連対を外してないのよ。

相手関係が楽になる関屋記念で2つ目の重賞タイトルといきたいところね。


注目馬4
ケントオー
【前走:中京記念(G3)3着(4番人気)】

近2走で調子を上げてきており、1,600mでも大崩れはなく安定傾向よ。

新潟でのレース経験は1回しかないけど、マイルのG3クラスであれば3着内は手が届く馬ね。


さらにケントオーはここで勝たないとサマーマイルシリーズで優勝する事が出来なくなってしまうわけで陣営としても万全の態勢で臨んでくるはずね。


そして、今週の関屋記念、エビコが目を付けたのは何と惨敗続きのあの馬だった…!


注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます


的中実績


登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

関屋記念

【質問】関屋記念の関屋って、人物の名前ですか?
いやいや、地名だよ(笑)。
新潟競馬場はそのむかし、現在の場所ではなく同じ新潟市内の関屋地区にあって、
関屋競馬場と呼ばれていたんだ。
このレース名はそれにちなんでいる。
夏の新潟恒例のマイル重賞として、ファンのあいだには定着しているね。
2012年から始まったサマーマイルシリーズの2戦目に指定されたことにより、
その注目度はこれまで以上に高まった印象がある。
【質問】どういった特徴のレースと言えますか?
舞台は新潟芝1600mコースで、直線は659メートルもある。
直線がものすごく長いことが騎手の頭にあるから、けん制し合って比較的ペースが落ち着く傾向にあるね。
そして、追い出しを我慢してヨーイドンという流れがスタンダードで、
末脚の切れる馬に有利な展開になることが多い。
脚質にかかわらず、速い上がりタイムを持った馬ほど期待できると覚えておこう。
新聞によっては、近走欄の上がりタイムの数字が、そのレースの最速の場合は太字になっているので、
該当馬を探しやすい。
【質問】インターネットの競馬情報サイト等でも、速い上がりタイムは色分けされていますもんね。
そうだね。
そういう便利な情報を得られる手段はふだんから確保しておいたほうがいいな。
【質問】直線勝負になるケースが多いということは、枠順はあまり問いませんか?
新潟芝1600mコースはスタートしてから最初のコーナーまで550メートルあるので、
本来であれば枠順の有利不利は出ないはずなんだけど、このレースは外枠が圧倒的に優勢なんだよね。
無理に先行させなくても、末脚勝負に徹すれば間に合うという騎手心理がはたらき、
外枠勢がゆとりを持ったレース運びをしているからかもしれないね。
とにかく、過去の結果を見ればわかるように、上位好走馬はふたケタ馬番のオンパレードになっている。
逆に見れば内枠はきわめて劣勢で、
1~2番枠はレースに参加している痕跡がないとすら思えるほどだよ。
このデータは、取捨を判断する際におおいに役立つと思うな。
【質問】ものすごく役に立ちます。
それから、1番人気の信頼度を見極めるいい方法があるよ。
【質問】ぜひとも聞いておきたいです。
重賞勝ち実績があるかどうか。それだけ。
【質問】えっ?
本当にそれだけなんだ。
重賞勝ち実績のある1番人気は、現行の左回りコースになってから、
セイクリッドバレー(2011年5着)を除いて3着を外したことがない。
これに対し、1番人気を裏切ったスピリタス(2010年6着)は「重賞未勝利」だった。
要するに、実力の裏付けがあって1番人気に支持された馬と、
これといった中心馬がいないために押し出される格好で1番人気になってしまった馬とでは、
天と地ほどの差があるということ。
このレースは、夏のローカル重賞だけに調子が良ければ通用すると思われがちだけど、
1番人気はちゃんと“格”も求められるんだ。
【質問】このデータは軸馬選びに威力を発揮してくれそうですね。
格がモノを言うという意味では、前走安田記念組の好走率が高いことにも触れておく必要があるだろう。
事例そのものが少ないけど、該当馬は安田記念での着順にかかわらず、だいたい馬券になっている。
やっぱり、G1に挑戦するような馬は、一定レベル以上の底力があるということなんだろうね。
馬券を外したのは酷量を背負ったスティンガー(2001年5着・牝馬で57キロ)と、
ローエングリン(2006年4着・59キロ)くらいものの。
58キロ以下(牝馬は56キロ以下)なら、大きく崩れないと考えていい。
【質問】それ以外に強調しておきたい傾向はありますか?
人気の福永騎手は信頼できる。
エアラフォン(2011年2番人気2着)、マルカシェンク(2008年1番人気1着)、
カンパニー(2007年1番人気1着)、サイドワインダー(2005年2番人気1着)といったように、
安定感は抜群。
まぁ、あのクラスの騎手になれば常に勝ち負けできるような馬が回ってくるわけだけど、
人気でしっかり結果を出しているところはすごいよね。
そして最後に触れておきたいのは血統かな。
このレース自体に偏った傾向は見られないけど、新潟芝1600mコースは、
ハーツクライ、キングカメハメハ、シンボリクリスエス、ダイワメジャー、アグネスタキオン、
タニノギムレットらの産駒の活躍が目立つ。
また、母父にトニービン、ノーザンテースト、ミスタープロスペクターの入った馬の成績もいい。
ここまで押さえておけば、もう怖いものなしだろう(笑)。
G3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る