g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

阪急杯予想 2015

一昨年のロードカナロア、昨年のコパノリチャードと当レースの勝ち馬がG1高松宮記念を優勝。春のスプリント王決定戦に向けての重要なステップレースとなっている。

連覇を狙う◎コパノリチャードは、暮れのG2阪神Cからの臨戦。今やスプリント路線を代表する一頭となっているが、意外にも昨年の高松宮記念が初の1200メートル戦だった。3歳時にはG3アーリントンCを勝ち、G2スワンSでは古馬を退けて快勝。1600メートルまでは守備範囲だが、やはり重賞2勝2着1回の1400メートルがベストと言える。昨年が堂々の逃げ切り勝ちだったように、阪神の開幕週で芝状態が良いことからも、先行力のある同馬には打ってつけの舞台となる。ただし、今回は同型馬のミッキーアイルが参戦。先手を主張できない可能性もあるが、それは前走の阪神Cで3番手追走から勝ったリアルインパクトにハナ差まで詰め寄ったレースでスタディ済み。脚質に幅が出たことで、無理に競りかける必要もなくなり、安定感が増している。1週前の追い切りでは坂路で51秒台をマーク。状態に関しても問題はない。

○ダノンシャークは前走のマイルCSで念願のG1初制覇を飾った。それまでの先行策から一転し、後方からインを強襲して差し切った内容は、7歳を迎えても衰えるどころか成長すら感じられる。これまで、1600~1800メートルを中心に使われてきており、1400メートルは昨年のここを含めて2戦して馬券には絡んでいない。それでも2年前のスワンSが勝ち馬と0秒2差4着。昨年のこのレースはG3東京新聞杯を目標に調整していたものの、雪で順延となってスライドしたことが響いたもの。440キロ台と決して恵まれた体格ではないが、58キロも背負い慣れた斤量で、G1馬に上り詰めた現在の充実ぶりからすれば、大きなハンデにはならない。

▲ミッキーアイルは、自分の型でレースをすることができれば強いが、ハナに立てないと脆さを出すタイプ。逃げたG1NHKマイルCやスワンSが前者であるのに対し、控えることになったマイルCSと阪神Cが後者に当てはまる。陣営も前に馬を置く調教をしていることから、ここは逃げの手には出ない可能性もあり、試金石の一戦と言える。

☆ダイワマッジョーレはマイルCSでも2着に好走していた一昨年の安定感が嘘のように、昨年は惨敗続きとなってしまった。それでも、前走の阪神Cでは本来の走りを取り戻して僅差の3着に好走。同じ阪神1400メートルという舞台設定でもあり、引き続き注意が必要となりそうだ。

△レッドオーヴァルは昨年の3着馬でG1桜花賞2着、G1スプリンターズS3着の実績がありながら、いまだに重賞は未勝利。スプリント戦に切り替えて結果を出してきていたものの、前走のG3京阪杯が1番人気で9着と期待を裏切ってしまった。今回は距離が1ハロン延びて追走は楽になるかもしれないが、前が残る馬場状態では差し届かないだけに、位置取りがカギを握りそうだ。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る