G3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

ダイヤモンドステークス予想 2016

今週の東京競馬場では、3400mのマラソンレースと言われているダイヤモンドステークスの予想をしていきます。
このレースは、コースを丸2周するので馬の力もさることながら、騎手たちによる心理戦も展開される、長距離ならではの魅力あるレースです。
 
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アドマイヤケルソ52.0橋田満栗東
エバーグリーン51.0新開幸一美浦
カムフィー54.0池上昌和美浦
サイモントルナーレ48.0田中清隆美浦
スピリッツミノル53.0本田優栗東
タンタアレグリア55.0国枝栄美浦
トゥインクル54.0牧田和弥栗東
ニューダイナスティ54.0石坂正栗東
ネオブラックダイヤ54.0鹿戸雄一美浦
フェイムゲーム58.5宗像義忠美浦
ペルーサ56.0藤沢和雄美浦
ホッコーブレーヴ56.0松永康利美浦
マイネルメダリスト55.0田中清隆美浦
マドリードカフェ53.0荒川義之栗東
モンドインテロ54.0手塚貴久美浦
ゴッドフロアー49.0松永幹夫栗東
ファタモルガーナセン56.0荒川義之栗東

 
現時点で17頭の登録があります。
 
では、データ面からダイヤモンドステークスを予想して行きます。
 
人気別成績
1人気(6-1-0)
2人気(2-2-1)
3人気(1-0-1)
4人気(0-2-0)
5人気以下(1-5-8)
1番人気の勝率は60%と高い勝率を残しており信頼度は高いです。
ただし、2着、3着には人気薄が入ってくる傾向にあります。
 

前走レース別成績
万葉ステークス(3-1-1)
アメリカJCC(3-0-0)
迎春ステークス(1-1-3)
有馬記念(1-0-0)
師走ステークス(1-0-0)
万葉ステークスとアメリカジョッキークラブカップが、このレースと相性はいいようです。
 
脚質別成績
逃げ(1-0-1)
先行(1-3-3)
差し(7-6-5)
追込(1-1-1)
圧倒的に差し馬が有利となっています。
馬券の中心は差し馬が良いでしょう。
 
 
では、注目馬と注目穴馬を発表します。
 
注目馬1
カムフィー(牡7、美浦・池上昌和厩舎)
【前走:ステイヤーズステークス2着 差】
デビュー時から意識的に長い所をメインに使われてきており、
昨年のダイヤモンドステークスでは3着、
ステイヤーズステークスでは2着と高い長距離適性を見せています


斤量も前走で56キロまでこなしているので、近いくらいの斤量なら問題ないでしょう。
 
注目馬2
フェイムゲーム(牡6、美浦・宗像義忠厩舎)
【前走:メルボルンカップ13着 差】
このレース2連覇しており、
昨年の天皇賞(春)では2着と実績はメンバーでNo.1です。

一昨年、昨年とAJCCからの参戦でしたが、
今年は海外遠征明けの1戦となり臨戦過程に不安が残ります。

ただ、このレースへの適性は高いので無下にすることはできないでしょう。
 
注目馬3
ペルーサ(牡9、美浦・藤沢和雄厩舎)
【前走:ジャパンカップ17着 差追】
3歳時にはダービで2番人気の指示を受けた馬も、
昨年の札幌日経オープンを勝つまで約5年の歳月を要しました。

気分よく走れればG3クラスならまだまだ出来るでしょうし上位争いも可能でしょう。
 
注目馬4
タンタアレグリア(牡4、美浦・国枝栄厩舎)
【前走:菊花賞4着 差】
昨年の青葉賞2着、菊花賞4着と世代ではトップクラスの長距離適性を感じます。

前走の菊花賞では内でしっかり折り合い、
直線では鋭く伸びて来ましたが、先に抜けた馬を捉える事は出来ませんでした。

道中、折り合いを欠かない事は長距離では非常に重要なのでその点では評価できます。
 
注目馬5
マドリードカフェ(牡5、栗東・荒川義之厩舎)
【前走:万葉ステークス1着 先差】
このレースと相性の良い万葉ステークスの勝ち馬です。

前走は、人気薄の軽斤量と恵まれた感は否めませんが、
データ上は抑えなくてはならない馬です。

そこまで、斤量も重くないでしょから楽しみな一頭であります。
 

では、ここから先は無料のメール登録をして頂いた方限定で、とっておきの注目穴馬を発表します!
登録がお済みで無い方は↓にフォームが出ていますので、是非メールアドレスをお知らせください。

注目穴馬1
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます
 
注目穴馬2
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます
 
登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

ダイヤモンドステークス

【質問】ダイヤモンドステークスはどんなレースですか?
2月の東京競馬場で行われる芝3400メートルのハンデ・G3競走です。
昔は3200メートルで施行されていましたが、東京競馬場の改修工事により、3400メートルに変更されました。
冬の古馬長距離競走として
阪神大賞典の前哨戦や天皇賞(春)に結びつく競走として位置付けられていますが、
ハンデキャップ競走である事から有力馬は阪神大賞典や大阪杯などに向かう傾向があります。
2012年はここで6着だったビートブラックが本番を制しています。
東京競馬場の平地競走として最長であり、欅の向こうを2度回る、平地では年に1度のレース。
中央競馬の平地競走としても中山競馬場のステイヤーズステークスに次ぐ
2番目に長い距離の重賞競走です。
また騎手の岡部幸雄は、1987年の第37回から1990年の第40回まで4連覇を成し遂げ、
「長距離の岡部」と評された事でも知られる競走でもあります。
【質問】東京3400メートルはどんなコースですか?
向正面、直線半ばからスタート。
最初の3コーナーまでの直線距離は260メートル。
下りスタートから合計4回坂を上ることが特徴。
極端なスローペースになると馬群が広がってしまうため、外を回ると距離損が大きい。
できれば内々でロスなく乗りたいところ。
勝ち切るのは殆どが差し馬。
スローペースで前が残りそうなイメージもあるが、逃げ馬は苦戦傾向にある。
勝ったのは2012年のケイアイドウソジンだけ。
これだけ距離が長いと近年特有の上がりだけの競馬になることはなく、スタミナが問われます。
【質問】臨戦過程に傾向はありますか?
万葉Sからの好走馬が多いです。
そこで掲示板に載っている馬ならここでの好走率も高まります。
特に勝ち馬が出走してきたときは要注意でしょう。
ここ10年で2011年のコスモメドウと2004年のナムラサンクスと2勝しています。
次に多いのが日経新春杯組。
前走着順に問わず走るので警戒が必要です。
条件クラスからの好走も多く、中でも相性がいいのは迎春Sと松籟S。
毎年どちらかの組から馬券圏内に来るので負けた馬でも出走してくれば検討余地があります。
また1000万下の勝ち馬でも連対することがあります。
【質問】ハンデに傾向はありますか?
53㌔、54㌔の馬の活躍が目立ちます。
他のハンデ戦と違って長距離は軽い方がスタミナを消費せず、有利に働きます。
格下の馬がよく連対するのもこのことが要因です。
50㌔から52㌔の馬もよく馬券に絡んでいるので軽い馬でもスタミナに裏付けがあるようなら
注意が必要でしょう。
ただ軽ハンデの馬だけで上位独占はないので実績馬を軽視しすぎるのは危険です。
【質問】人気に傾向はありますか?
ハンデ戦だけに大荒れの重賞です。
過去10年で1番人気は4勝2着1回ですが、10番人気以下の好走も3着以内で6度あり、
2012年は15番人気のケイアイドウソジンが1着、
2004年は10番人気のウイングランツが優勝しています。
人気薄の好走は大半が軽ハンデの馬です。
【質問】血統に傾向はありますか?
最も気をつけた方がいいのはトニービン系です。
東京が得意な種牡馬で過去10年では母父として2010年フォゲッタブル、
2008年アドマイヤモナークの勝ち馬を送り出し、
孫のジャングルポケット産駒のジャガーメイルが今年2着と好走しています。
またサンデーサイレンス系のハーツクライの母父としても2013年のアドマイヤラクティが優勝、
2012年がキュスターヴクライ2着と大活躍。
このレースに最も相性のいい種牡馬です。
またサンデー系ではスタミナ型のダンスインザダーク産駒がこのレースを得意としています。
【質問】ジョッキーに傾向はありますか?
このレースで注目は松岡騎手です。
過去10年で1勝2着2回3着1回ですが、すべて6番人気以下の人気薄での好走。
2004年のウイングランツは自身の初重賞勝利だったので相性の良さが窺えます。
G3全75レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る