g3レース全部徹底解剖
過去の提供情報

京成杯オータムハンデ予想 2014

今年の京成杯オータムハンデは、中山競馬場が改修工事のため新潟の外回り1600mで行われるが、これはひと月前に行われた関屋記念と全く同じ舞台。当然予想のベースは関屋記念の結果を参考にするべきだが、気になるのは、当時が別定戦だったのに対して、今回はハンデ戦だということ。各馬の斤量の増減を考慮してもう一度洗い直す必要がある。

◎ショウナンアチーヴは関屋記念から2キロ増の55キロが一見不利に見えるが、8月のアローワンスでは3歳馬は古馬より-3キロに対し、9月のアローワンスでは3歳馬は古馬より-2キロ(1600m以下)という規定。実質は1キロハンデを背負わされたことになるだけ。これをまだ不利とみるかは個人の判断によるかと思うが、関屋記念上位の古馬たちが順調に使い込まれてきた馬たちだったことに比べ、こちらは春のGⅠ以来で+14キロと、正直まだまだ余裕のある仕上げ。上積み、そして3歳馬の成長を考えれば、大きく前進することは容易に想像できる。そもそも朝日杯2歳Sで2着し、ニュージーランドTを勝った3歳世代屈指の実力馬。デキの戻った今回は要注意の1頭であることに間違いない。

関屋記念の勝ち馬○クラレントは今回当時より1キロ増の58キロだが、一連のマイル前後での重賞戦線で安定した実績があるだけに、この1キロ増は妥当なところか…。キレよりも立ち回りの巧みさと長くいい脚を生かすタイプで、馬格もあるだけに斤量増をそう気にするタイプでもない。左回りは得意としており、この新潟も1戦1勝。もちろん馬券から外せない1頭である。

今期は復調を遂げ、中京記念では持ち前の勝負強さを見せつけた▲サダムパテック、マイルで素質開花した△キングズオブザサン、斤量据え置きで決め手の鋭さがより生きる×サトノギャラントまでが圏内とみている。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る