g2レース全部徹底解剖
過去の提供情報

朝日セントライト記念予想 2014

 今年は中山競馬場がメインスタンドなどの改修工事を行なっているため、新潟競馬場で開催されることになっている。例年ならば、開幕2週目ということもあり馬場が良い傾向にあるものの、さすがにロングラン開催となっている新潟競馬だけに、先週も芝のレースでは最後の直線で内側を通らずにかなり外を回ってくることをジョッキーも選択していた。それだけに、直線が平坦な新潟コースとはいえ、パワーと底力を兼ね備えていることも必要となってきそうだ。

 ◎イスラボニータは言わずと知れた皐月賞馬で、G1日本ダービーも僅差の2着。その日本ダービーにしても内枠を利した勝ち馬とは対照的に、外枠だった同馬はポジションを取るために早くから脚を使わされたことが響いてのもの。実績からすれば、世代屈指の存在であることは間違いない。過去、クラシックホースがセントライト記念に出走してきたのは、1996年のG1皐月賞を勝ったイシノサンデーまで遡らなければならない。それだけ、ここでは格上であるということでもあり、ダービー最先着の関東馬が好走している重賞。鞍上の蛯名騎手もこのレースは得意としており、死角はほとんど見つからない。

 ○トゥザワールドは新馬戦2着の後は、G2弥生賞まで4連勝をマーク。皐月賞でイスラボニータの後塵を拝し、ダービーでは伸び切れずに5着と初めて連対を外したが、掲示板は確保して見せた。全兄のトゥザグローリーが夏場に弱く、涼しくなるにつれて成績を上げていったこともあり、弟も日本ダービー時には気温に敏感な部分もあったかもしれない。9月に入り、残暑が収まってきたことは歓迎材料となりそう。皐月賞では1番人気、日本ダービーでも2番人気に推された馬。能力だけならば、イスラボニータと互角の評価をしてもいい。

 ダービートライアルのG2青葉賞を快勝したショウナンラグーンが▲。直線一気でワールドインパクト以下を差し切った脚は豪快そのもの。日本ダービーでは6着に敗れたとはいえ、内枠有利の中で大外を回ったことを考えれば悲観する内容ではない。ただし、新潟競馬場は直線が長いはと言っても、今回は内回りを使用。追い込み脚質だけに、展開がハマればまとめて差し切る可能性はあるものの、競馬が上手な人気馬を崩せるかとなると、条件的には厳しいかもしれない。

 ☆マイネルフロストはG3毎日杯勝ちがありながら、距離に不安もあってか日本ダービーでは12番人気に甘んじた。その低評価を覆しての3着は立派の一言。器用に立ち回れば、一角崩しもあるかもしれない。

 △クラリティシチーは馬券圏内を外したのはG1の皐月賞だけという堅実派。ステップレースとして実績があるラジオNIKKEI賞でも2着と好走しているが、対イスラボニータとなると3戦3敗。上位に食い込むためには、春からの上積みが必要となりそうだ。

過去の提供情報 過去の提供情報
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る