G2レース全部徹底解剖 過去の提供情報

京王杯2歳ステークス予想 2016

今週、土曜日に東京競馬場で行われる2歳重賞の京王杯2歳ステークスの予想をして行くわ。
 
距離が1400mと言うことで12月の朝日杯フューテュリティステークスを目指す馬たちが集まる戦いになるの。

2010年1着のグランプリボスは朝日杯FSとNHKマイルカップを制覇し、2着のリアルインパクトは安田記念とジョージライダーステークス(豪州)と2頭のG1馬を輩出し、この年10着のオルフェーヴルはその後にクラシック三冠を達成。
 
2013年6着のモーリスは先週の天皇賞(秋)を制覇。

と言った具合に隠れ名馬が輩出されるレースでもあるわ。
 
早速、今年の登録馬を見てちょうだい。
 
競走成績
馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アポロミッション55.0堀井雅広美浦
クリノヤマトノオー55.0高橋義忠栗東
グッドヒューマー55.0高橋裕美浦
コウソクストレート55.0中舘英二美浦
ジョーストリクトリ55.0清水久詞栗東
タイセイブレーク55.0浜田多実栗東
タイムトリップ55.0菊川正達美浦
ダイイチターミナル55.0高市圭二美浦
ダイシンクイント55.0森秀行栗東
ダノンハイパワー55.0菊沢隆徳美浦
ディバインコード55.0栗田博憲美浦
ドウディ55.0佐藤吉勝美浦
マテラスカイ55.0森秀行栗東
モンドキャンノ55.0安田隆行栗東
レヴァンテライオン55.0矢作芳人栗東
スズカゼ54.0伊藤正徳美浦
レーヌミノル54.0本田優栗東
ワカコマタイヨウ54.0成島英春美浦
 
フルゲート18頭に対し18頭の登録があるわ。

現段階では、全頭が出走できる状態ね。

2歳戦は戦績とか目に見える情報が少なく、過去の傾向をしっかりと見て予想をする事で的中率が格段に上がるわよ!
 
以下のデータは、京王杯2歳ステークスの過去10年分のデータになるわ。

 
最初は、前走クラス別成績。
前走クラス別成績
前走クラス別成績
 
前走クラス別成績を見ると、重賞やオープン特別を走った組がここでは好走しているようね。
 
新馬戦から出走して馬券に絡んだ3頭は、1400mとこのレースと同じ距離を勝っているから、新馬戦から出走した馬は距離に注目した方が良いわ。
 
やっぱり2歳馬、前走クラスを見ただけでは判断できないわ!

【前走G2】
・該当馬なし 

【前走G3】
・ダイイチターミナル
・モンドキャンノ
・レーヌミノル
・レヴァンテライオン 
 
【前走オープン特別】
・タイセイブレーク
・タイムトリップ
・ダイシンクイント
・ダノンハイパワー 

【前走500万】
・クリノヤマトノオー
・コウソクストレート
・ディバインコード 

【前走未勝利】
・アポロミッション
・スズカゼ
・ドウディ
・マテラスカイ 

【前走新馬】
・グッドヒューマー
・ジョーストリクトリ 

【前走地方】
・ワカコマタイショウ 
 
次は、前走着順別成績
前走着順別成績
前走着順別成績
 
勝ち馬の前走着順を見ると、3着以内か6〜9着って言うデータが出ているわね。

随分と極端だし、前走1着と前走6〜9着の勝ち馬の頭数が同じって言うのもね・・・。
 
あと注目して欲しいのは、京王杯2歳ステークスの2着馬は前走1着が9頭と群を抜いた数字になっているわ。
 
この2着馬の前走クラスは、未勝利とオープン特別が合わせて7と抜けているわ。
 
3着に入った5頭も前走1着、軸としては不安が残るけど複勝率まで見ると信頼度は高いと言えそうね。
 
【前走1着】
・アポロミッション
・グッドヒューマー
・コウソクストレート
・ジョーストリクトリ
・スズカゼ
・タイムトリップ
・ディバインコード
・ドウディ
・マテラスカイ
・レーヌミノル
・レヴァンテライオン
・ワカコマタイショウ
 
【前走2着】
・ダイイチターミナル
・ダノンハイパワー
・モンドキャンノ
 
【前走3着】
・クリノヤマトノオー
・タイセイブレーク
 
【前走4着・5着】
・該当馬なし 

【前走6着〜9着】
・ダイシンクイント 
 
 最後は、前走人気別成績
前走人気別成績
前走人気別成績
 
前走の人気を見ると連に絡んだほとんどの馬が、前走で5番人気以内に指示されていることが分かるわ!
 
3着には前走6番人気~9番人気が絡んでいるけど、馬連ならば前走5番人気以内に決め打ちよ!
 
まずは、前走で人気になっている馬をチェックしていくのが良いわね。

前走で2桁人気だった馬はここでは1頭も馬券に絡んでいないからバッサリ行って問題ないわ。
 
【前走1番人気】
・アポロミッション
・タイムトリップ
・ドウディ
・マテラスカイ
・モンドキャンノ
・レーヌミノル
・ワカコマタイショウ
 
【前走2番人気】
・コウソクストレート
・ジョーストリクトリ
・ディバインコード
・レヴァンテライオン
 
【前走3番人気】
・スズカゼ 

【前走4番人気】
・タイセイブレーク 

【前走5番人気】
・該当馬なし 

【前走6番人気以下】
・クリノヤマトノオー
・グッドヒューマー
・ダイイチターミナル
・ダイシンクイント
・ダノンハイパワー
 

それじゃ、これらのデータと各馬のレース内容を踏まえた私のオススメ馬を教えるわ。
 
注目馬1
タイムトリップ
【前走:カンナステークス(OP)1着(1番人気)】
 
父は主に1400mで活躍した外国産馬のロードアルティマ。

そのスピードを存分に受け継ぎ、ここまで1200mを4戦して複勝率100%
 
函館2歳ステークスでも2着と力を見せていて、挑んだ前走のカンナステークスでは、4番手から抜け出し快勝。
 
1200mでスンナリ先手を取れるスピードを見せているから、問題は1ハロン延長の1400mになるけど、折り合いを欠くところもないし十分守備範囲だと思うわ。
 

注目馬2
レーヌミノル
【前走:小倉2歳ステークス(G3)1着(1番人気)】
 
新馬、小倉2歳ステークスと2連勝中のダイワメジャー産駒。
 
特に、前走の小倉2歳ステークスでは、4コーナーを前に先頭に立つとそのまま後続を突き放し6馬身差の楽勝だったわ。

勝ちタイムの1.08.0は過去10年間で2番目に早く優秀。
 
デビュー、重賞と共に小倉で、関東への輸送は今回が初めて

東京競馬場はスピード1辺倒では乗り切れないタフなコースだから、輸送とコースへの対応力が問われる1戦となるわ。
 

注目馬3
コウソクストレート
【前走:くるみ賞(500万)1着(2番人気)】
 
新潟の新馬戦と前走のくるみ賞、2戦とも1400mを走ってきたこの馬。
 
新馬戦は持ったまま抜け出して勝利、前走もほぼ持ったままで坂を登ると軽く仕掛けただけで2着の1馬身1/4差を付ける勝利。
 
左回り、東京、1400mと全て経験済みで楽に勝ってきているわ。

オープンクラスで走るのは初めてだから力関係は未知数だけど、これまでのレース振りを見ると十分戦えると思うわ。

 

注目馬4
ディバインコード
【前走:アスター賞(500万)1着(2番人気)】
 
1800mの新馬戦で2着の後、1400m→1600mと距離を短縮して2連勝のマツリダゴッホ産駒。
 
デビュー、2戦目と逃げてレースをしたけど、前走では3番手に控えるレースをして直線で抜け出すという正攻法の競馬で勝利。
 
マツリダゴッホ産駒はロードクエストを始め、短めの距離で成績を上げているから、この馬も1400mという距離は特に苦にしない距離ね。
 
あとは、スピードが優った血統だから道中いかにリラックスして走れるかがポンとね。

ここでも上位争い出来るだけの力はあるわよ。

 
情報の少ない2歳戦・・・
だけど、エビコが得意な2歳戦!
エビコが狙い打ちしたのはあの産駒の馬だった・・・

 

注目穴馬
無料登録後(注目穴馬)閲覧できます
 

実績

登録限定特典

エビフライでの着ぐるみでお馴染み、毒舌人気予想家のエビコ・デラックスよ!
今日は予想の前に、私からあなたに素敵なプレゼントをお届けするわ。

今私が開発しているアドレナリン競馬のオリジナル独自指数、スピードデラックス
使った高配当レース予想を、メルマガ登録してくれたあなただけにプレゼントしようと思うの。

サイト上では予想していないレースがメルマガ会員限定で読めるわよ。

え?メルマガ登録にお金がかかるかって??

無料よ!無料!

私が編集部にねじ込んだ成果よ! 感謝して貰いたいわ。
↓のフォームにメールアドレスを入力して登録するだけ、1分もかからないわね。

あり得ない話だけどメルマガが嫌いになった場合、配信解除もいつでも出来るから安心していいわよ。

今後もメルマガ会員限定の特典を沢山作っていくから、期待していいわよ。

過去の提供情報 過去の提供情報

京王杯2歳ステークス

【質問】2つある2歳G2のうちの1つのレースですね。
そう。
2歳戦では、10月に行なわれるデイリー杯2歳Sと、
この京王杯2歳SだけにG2の格が与えられている。
いずれも暮れのG1を目指す馬たちのステップレースの位置付けになっているね。
面白いのは、暮れの2歳G1と同じマイル戦のデイリー杯よりも、
1400m戦のこのレースのほうが本番への直結度が強く、一流馬も輩出している点かな。
2011年の三冠馬オルフェーヴルも、実はこのレースに出走している。
10着に惨敗しているけどね(苦笑)。
【質問】デイリー杯は比較的堅めの傾向で、予想しやすいとのことでしたが、このレースは?
真逆とまではいかないけど、荒れ模様にあるね。
ただし、攻略はしやすい。
好走馬のパターンはハッキリしているから。
【質問】では、まさにそのパターンを聞かせてください!
2歳戦だけあって、出走馬のキャリアはみんな浅いんだけど、それまでの実績と臨戦過程をチェックすれば、
好走が期待できる馬のタイプがだいぶ見えてくる。
重要なのは、このレースが1400mで行なわれる点だ。
1400mという距離は、特殊というか、帯に短し襷に長しで中途半端というか、
いわゆる根幹距離(1200mや1600mなど400mの倍数にあたる距離)のコースとは異なる適性が求められる。
それゆえに、千二やマイルで好走していた馬がこのレースでも好走できるとは限らない。
そこを考慮すると、穴馬を見付けやすくなるんだよ。
【質問】具体的な方法は?
このレースの連対馬を見ていくと、「前走、芝1200mもしくは芝1600mのオープン特別や重賞に出走し、
上位人気に支持されて負けていた馬の巻き返し」が非常に目立つ。
例をあげ出すとキリがないので近年のみに触れると、
サドンストーム(2011年すずらん賞・芝1200m1番人気5着→京王杯2歳S9番人気2着)、
グランプリボス(2010年デイリー杯2歳S・芝1600m3番人気7着→京王杯2歳S7番人気1着)
といったところが該当する。
前走で上位人気に支持されている時点で、素質を評価されている証拠。
そこで結果を出せなくても、条件替わりで巻き返してくる可能性があると考えるべきなんだ。
グランプリボスはその後にマイルG1を複数回勝っているから、
千四のスペシャリストというわけではないけど、パターンには該当している。
とにかく、前走千二・千六を上位人気で負けた馬の人気落ち巻き返しを狙うのが、
穴馬券を獲る近道ということになるね。
【質問】これは逆の見方をすると、千二や千六の重賞で結果を出した馬が人気になっていたら危険、ということですか?
鋭い!その通り!!
テイエムイナズマ(2012年デイリー杯2歳S・芝1600m1着→京王杯2歳S1番人気9着)、
マイネルエテルネル(2012年小倉2歳S・芝1200m1着→2012年デイリー杯2歳S・芝1600m3着→
京王杯2歳S2番人気8着)、
モンストール(2011年新潟2歳S・芝1600m1着→京王杯2歳S1番人気4着)など、ボロボロなんだよね。
千二・千六と千四は違う!これを肝に銘じておこう。
【質問】これは使えそうなデータですね~。
あと、1戦1勝馬はこのレースでどれくらい人気になっているかをチェックすればいい。
近年は2010年のリアルインパクトや2005年のイースターらが新馬戦を勝ち上がったばかりで
連対を果たしているけど、ここでは2番人気以内に支持されていた。
それくらい素質を高く評価された馬じゃないと、通用しないということだろう。
そしてもうひとつ、注目したいのは、中京2歳S組だね。
中京競馬場が新装オープンした2012年は、
芝1400mのレースに様変わりした中京2歳Sを制したエーシントップが、このレースも連続して勝った。
坂のあるコースの左回りの千四という共通点があるからね。
今後はこのパターンの好走馬が増えていくかもしれない。
【質問】ほかにチェックしておくべきポイントがあれば教えてください。
内枠の好位差しタイプが圧倒的有利。
サンデー系血統はやや分が悪い。
牝馬は勝ち切るまでには至らない。
このあたりの傾向を参考に予想を組み立ててほしいね。
G2全39レース徹底分析
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る