函館スプリントステークス

函館11R函館スプリントステークス(GⅢ・芝1200m)
◎2 ダイアナヘイロー
○4 ジューヌエコール
▲1 セイウンコウセイ
☆15 ライトフェアリー
見どころ
函館スプリントステークスG3の最終予想を始めるわ!

飛びぬけた馬がいなくて、今年も波乱が起こりそう…。

洋芝の函館は、東京や京都といった主要な競馬場とは勝手が違って予想も難しいわよね。
けど、そういうレースこそデータが活きるってもんよ!

ここでこそ買いたいって注目馬を見つけたから、期待していてちょうだい!


それじゃ、最終予想に入る前に確定した枠順を見てもらうわ。

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11セイウンコウセイ牡557.0池添謙一上原博之美浦
12ダイアナヘイロー牝555.0武豊大根田裕栗東
23ラインスピリット牡757.0森一馬松永昌博栗東
24ジューヌエコール牝454.0北村友一安田隆行栗東
35タマモブリリアン牝554.0古川吉洋南井克巳栗東
36ティーハーフ牡857.0国分優作西浦勝一栗東
47ナックビーナス牝554.0三浦皇成杉浦宏昭美浦
48ワンスインナムーン牝554.0石橋脩斎藤誠美浦
59ヒルノデイバロー牡756.0四位洋文昆貢栗東
510ノットフォーマル牝654.0勝浦正樹中野栄治美浦
611ユキノアイオロスセン1056.0丸山元気石毛善彦美浦
612エポワスセン1057.0蛯名正義藤沢和雄美浦
713キングハート牡556.0北村宏司星野忍美浦
714アドマイヤゴッド牡656.0岩田康誠須貝尚介栗東
815ライトフェアリー牝654.0柴山雄一石毛善彦美浦
816ノボバカラ牡657.0武藤雅天間昭一美浦

そして、月曜日に出した事前データがコチラ。


■前走クラス別成績
前走
G2以上を中心に、G3以下を相手に押さえる

■前走着順別成績
前走で馬券に絡んだ馬
が中心
二桁決着からの巻き返しも多い

■牡牝別成績
5
歳以内の牝馬に要注意
6歳以上は連対馬ナシ

■年齢別成績
4
の好走率がダントツに良い
7歳以上の高齢馬は、函館コースの適性or近走の重賞実績に注目


それじゃ、過去9年分のデータを2追加して函館スプリントステークスの最終予想に入るわよ!


まずは、脚質別成績から。

脚質
脚質表

勝率・連対率は先行馬がトップ
ローカル&小回りコースって感じの結果ね。

函館開幕週だから、前残りの可能性を考えると先行力のある馬を中心に狙いたいわ。


最後の直線が短いから、後方一手の馬には少し厳しいデータね。


ラストは、枠順成績よ。

枠順
枠順表

内枠有利の傾向が強いわね。
特に真ん中よりも内寄りの3枠以内が好成績

さらに、3枠以内に入った逃げ・先行馬の成績は3-3-2-9)複勝率47.1と良い数字を残しているの。

内枠に入った先行勢は必ず押さえておきたいわ!


ただ6枠より外でも9頭が馬券に絡んでいるから軽視は危険ね。
さらに、このうちの6頭が当日6番人気以降の馬だったから、外枠に入った人気薄には注意が必要。


それじゃ、これまでのデータを踏まえて函館スプリントステークスの印を発表するわよ!


◎ダイアナヘイロー

ジューヌエコール

セイウンコウセイ

ライトフェアリー


本命
ダイアナヘイロー(牝5)
【前走:高松宮記念(G1)11番人気18着】

前走は18着と大敗してしまったけど、転厩初戦での結果。
人間もそうだけど、これまでと違った環境に対応するのは馬にとって大きな影響を与えるの。
加えて鞍上はテン乗りと、良くない条件が揃っていたわね。

ただ、函館スプリントステークスは前走二桁決着の巻き返しが多いレースだから、そこまでマイナスに考えることもないわ。

枠番も1枠と、成績の良い内枠を引いたわね!
先行できるダイアナヘイローには絶好枠

ダイアナヘイローをよく知る武豊騎手に鞍上が戻ったのも好印象だわ。

昨年、条件戦を3勝して北九州記念(G3)を勝った結果が物語るように、この馬は夏場に調子を上げるの。
まさに、これから実力を発揮すると言っていいんじゃないかしら。

相性の良い騎手に得意の夏場、巻き返しの準備は万全って感じね!


上位馬拮抗で今年も荒れる予感しかない函館スプリントステークス!
ダイアナヘイローに先着できる実績馬と、洋芝適性のある伏兵を要チェックよ!



対抗

ジューヌエコール(牝4
【前走:高松宮記念(G1)14番人気17着】

昨年の優勝馬であるジューヌエコール。

前走は17着と惨敗だったけど、格の高いレースで大敗した馬なら巻き返しは十分可能よ。
前走の結果に悲観する必要はないわ。

好走傾向の強い4歳馬というだけでも高ポイント!
振り返っておくと、4歳馬の成績は(2-3-2-8)勝率13.3%複勝率は46.7%と全年齢でトップ。

さらに、牝馬という条件を加えると(2-1-2-3)勝率25%複勝率62.5%と信頼度が大幅にアップするわね!

成績の良い内枠を引いたのも良し!
近走はパッとしないけどココは実績のある舞台、連覇の可能性は十分アリ!

データからは買いよ!


単穴

セイウンコウセイ(牡5)
【前走:京王杯スプリングカップ(G2)5番人気12着】

昨年の高松宮記念を勝って以降、苦戦が続いているセイウンコウセイ。

けど、着差を見ると大きく離されたのは1.0秒差のスワンステークス(G2)くらいで、他は0.5秒以内にまとめているの。
着順以上に大きく負けている印象はないわ。

前走の1400mを見ても、この馬には少し長い距離だったんじゃないかしら。
だから、今回の距離短縮はセイウンコウセイにとってプラスに働くってこと!

前で競馬できる同馬が内枠を引いたのも大きなポイント

昨年の本レースで4着に入っているから、洋芝に関しても心配いらないわ。

メンバー唯一のG1馬で、実績も実力も問題ナシ。

復活の舞台は整ったわね!


注目穴馬

ライトフェアリー(牝6)
【前走:鞍馬ステークス(OP特別)11番人気2着】

2走前の1600万下を勝ち上がると、前走では2着に好走。
ここにきて調子を上げてきているのよね。

前走は1着ティーハーフとはハナ差…惜しかったわ!

芝1200mを主戦場としていて、11戦して掲示板外は3回だけと大崩れしないのが魅力。

函館での成績も2戦して全て掲示板確保、札幌でも堅実に走るから洋芝適性は問題ないわ!

何より、外枠の人気薄っていうのが怖いわね…。
6歳牝馬だから勝ち負けは厳しいと思うけど、粘って3着ってパターンは十分アリ。

配当も付くから、是非とも押さえておいて!




実績

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る