中山記念の無料予想はココをタップ

ラジオNIKKEI賞2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 ラジオNIKKEI賞 最終予想

ラジオNIKKEI賞の最終予想をするわよ!

JRA唯一の3歳馬によるハンデ戦として有名な、このレース。

成長著しく評価し難い年代の馬たちによる争いだけあって、例年かなりの荒れ模様ね。

今年は上位陣が人気を分け合っていることもあり、よりその傾向が顕著
伏兵が馬券に飛び込んでくるだけで、高配当に結びつきそうよ。

今回もさらにデータを追加して、そんな波乱を起こし得る1頭を炙り出しておいたわ。

現実的に6桁配当が見込める注目の穴馬として印に含めてあるから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認するわよ。

2021年 ラジオNIKKEI賞 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 デルマセイシ 牝3 51.0 菅原明良 音無秀孝 栗東
2 ヴァイスメテオール 牡3 54.0 丸山元気 木村哲也 美浦
2 3 アサマノイタズラ 牡3 56.0 嶋田純次 手塚貴久 美浦
4 プレイイットサム 牡3 54.0 M.デム 藤岡健一 栗東
3 5 ボーデン 牡3 55.0 武藤雅 木村哲也 美浦
6 リッケンバッカー 牡3 56.0 幸英明 西村真幸 栗東
4 7 シュヴァリエローズ 牡3 55.0 吉田隼人 清水久詞 栗東
8 ロードトゥフェイム 牡3 53.0 木幡巧也 尾形和幸 美浦
5 9 スペシャルドラマ 牡3 53.0 戸崎圭太 宮田敬介 美浦
10 ワールドリバイバル 牡3 53.0 津村明秀 牧田和弥 栗東
6 11 タイソウ 牡3 53.0 三浦皇成 西園正都 栗東
12 アイコンテーラー 牝3 51.0 亀田温心 河内洋 栗東
7 13 ワザモノ 牡3 53.0 柴田善臣 尾関知人 美浦
14 ノースブリッジ 牡3 54.0 岩田康誠 奥村武 美浦
8 15 グランオフィシエ 牡3 53.0 大野拓弥 久保田貴 美浦
16 ヴェイルネビュラ 牡3 55.0 田辺裕信 手塚貴久 美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
オープン特別組が好調
人気を落としているG2組が狙い目

■前走着順別成績
前走の勝ち馬は引き続き好走する傾向が強い
本走が距離短縮になる前走6~9着馬は巻き返しが見込める

■レース当日の人気別成績
1番人気は勝ち星こそ少ないが馬券内の可能性は高い
オッズが100倍を超える大穴クラスも馬券になり得る

■所属別成績
関西馬が優勢

それじゃあ月曜日から引き続き、中山開催だった2011年を除いた過去9年分のデータを基に、ラジオNIKKEI賞の予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい。

2021年 ラジオNIKKEI賞 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
2 1 1 11 13.3% 20.0% 26.7%
2 3 3 7 13.3% 33.3% 53.3%
1 1 2 11 6.7% 13.3% 26.7%
0 0 0 16 0% 0% 0%
1 1 1 15 5.6% 11.1% 16.7%
1 2 0 15 5.6% 16.7% 16.7%
1 0 1 16 5.6% 5.6% 11.1%
1 1 1 15 5.6% 11.1% 16.7%

内枠有利、と言えるデータね。

とくに最内1枠は要注目。
ここからは昨年の勝ち馬バビットをはじめ、直近9年でのべ4頭が馬券になっているんだけど、この4頭の馬券入線はすべて5年以内のものなのよね。

最近の傾向では見逃せない枠だから、デルマセイシヴァイスメテオールには警戒してちょうだい。

他には、複勝率で1枠を上回っている2枠もおさえておきたいわ。
ここは例年単勝倍率1桁台や10倍台といった、中堅人気馬が好走する傾向が強いのよね。

複勝回収率は170%もなるし、今年2枠に収まったアサマノイタズラプレイイットサムはまさにはそのあたりのオッズがついているから警戒してちょうだい。

次は、斤量別成績を見てもらおうかしら。

2021年 ラジオNIKKEI賞 斤量別成績

斤量 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
51kg 0 0 0 11 0% 0% 0%
53kg 1 2 5 29 2.7% 8.1% 21.6%
54kg 5 3 2 31 12.2% 19.5% 24.4%
55kg 1 4 0 8 7.7% 38.5% 38.5%
56kg 1 0 1 14 6.3% 6.3% 12.5%

※今回出走する馬の斤量だけを取り上げているから、合計が9にならない列があるわよ。

基本的には見込まれた馬の方が走る傾向にあるようね。

なかでも馬券の中心は、負担重量が54kgだった子たち。
集計対象とした9年のうち半数はこの斤量を背負った馬が勝っているし、回収率もそれなりに高いのよね。

今年も該当馬は中堅人気に集中しているから、しっかりチェックよ。

さて、上位陣の中では斤量55kgに決まった馬が好調。

最重量の56kgに比べると連対率・複勝率ではかなりの開きがあるし、馬券に入ってきそうなところで迷ったら55kgを優先するのが得策よ。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表しようかしら。

2021年 ラジオNIKKEI賞 注目馬①

プレイイットサム(牡3)
【前走:山藤賞(1勝クラス)4番人気1着】

月曜日にも真っ先に注目馬として挙げていた、プレイイットサム

前走プリンシパルSの好ローテンション、かつそこを勝ち切っての参戦と走る材料が揃っていた彼だけど、今日の検証でも枠・斤量ともに絶好の範囲内にあるとわかって、ますます最先着に期待できる1頭になったわ。

そんなプレイイットサム、調教も順調そうで、水曜日に行われた栗東CWでの最終追い切りではM・デムーロJを背に【83.6-65.8-51.0-37.6-12.8】の時計を記録。

福島では無類の強さをほこるヴァンケドミンゴに稽古をつけてもらう形で、気配・状態ともに高まってきた、って感じだったわ。

オッズも10倍を切らない程度に落ち着きそうだし、積極的に狙っていきたいわね!

2021年 ラジオNIKKEI賞 注目馬②

ヴァイスメテオール(牡3)
【前走:プリンシパルステークス(OP特別L)1番人気4着】

前走のプリンシパルSでは惜しくも馬券圏内を逃した、ヴァイスメテオール

ただプリンシパルSを使って本走に来るのは絶好のローテーション、というのは伝えた通りだし、4着ながら上りはメンバー最速と、今回の1800mの舞台でなら勝ちが狙えることを証明してくれたわね。

また彼はもっとも好走傾向にある斤量54kgに決まるなど、他の検証でもしっかりと好データに該当
絶好調1枠に収まったことを含めれば、上位陣のなかでもとくに走る材料が揃った1頭、と言えるわよ。

そんなヴァイスメテオールの最終追い切りは、美浦の南Wで【68.9-53.4-38.9-12.4】の時計を記録。
前走から念入りに調教を積んできただけあって動きはよかったし、仕上がりは上々、と言っていいんじゃないかしら。

3戦振りに鞍上を務める丸山元気Jとは、先行策でデビュー戦を勝利した好相性のコンビ
開幕週と条件のいい福島で同じ走りができれば、十分重賞制覇も見えてくるわ!

2021年 ラジオNIKKEI賞 注目馬③

ロードトゥフェイム(牡3)
【前走:スプリングステークス(G2)4番人気8着】

穴傾向の強い前走G2組からは、ロードトゥフェイムに注意してちょうだい!

スプリングSでは上位人気に推されながらも凡走してしまった彼だけど、その前走からマイナス12kgと状態がよくなかったわけだから理由は明白。

勝っていた2走前程度の馬体重に戻りつつある今回は、上位を脅かす走りが見込めるわよ。

ロードトゥフェイムは勝率の高い関東馬であるなど、他にもデータはいいものが揃っているし、負担する重量も好走傾向の範囲内。
美浦の南Wで行われた最終追い切りでも【69.1-53.9-39.7-13.1】の時計を記録するなど、状態面も好調よ。

これだけの好材料がありながら、前走の結果が響いてか現在人気は大穴クラス

馬券に突っ込んでくるだけでも、かなりオイシイ配当に期待できるわね!

2021年 ラジオNIKKEI賞 注目馬④

ノースブリッジ(牡3)
【前走:青葉賞(G2)4番人気13着】

関東勢からは、このノースブリッジも忘れてはいけない存在。

前走の青葉賞で大敗した影響からか、目立つような評価を受けていない彼だけど、伝えてきたようにラジオNIKKEI賞はたびたび巻き返しが見られる舞台だし、G2組は穴馬として好走する傾向にあるわ。

斤量ももっとも勝率の高い54kgに決まったことを含めれば、十分上位が狙える1頭よね。

そんなノースブリッジの最終追い切りは、栗東の坂路で【65.7-50.9-38.1-12.3】の時計。
しっかり追った寮馬相手に馬なりで先着するなど動きはかなりよかったし、青葉賞の時とは馬が変わったような好調さは高く評価できるものだったわ。

開幕週で逃げが決まるこの舞台
狙い目よ!

データ上は穴クラスが好調な、今年のラジオNIKKEI賞。
アノ伏兵を馬券に含めれば、6桁配当はもう目の前よ!

2021年 ラジオNIKKEI賞 注目穴馬

スペシャルドラマ(牡3)
【前走:プリンシパルステークス(OP特別L)5番人気6着】

月曜日から変わらず、注目穴馬として推したいのがスペシャルドラマよ!

前回の検証では、欠点が見当たらないほどの好データに該当していた彼だけど、今日も枠・斤量ともに好調な範囲にあるとわかって、ますます勝利が現実的になってきた、って感じね。

そうそう、今回スペシャルドラマには戸崎圭太Jが騎乗するんだけど、彼は昨年ディープキングで3着入線するなど、このラジオNIKKEI賞では【2-0-2-4】とかなりの好相性
スペシャルドラマとのコンビでも昨年の2歳未勝利戦を勝っているし、人馬ともに好材料が揃っているわよ。

そんなスペシャルドラマの最終追い切りは、美浦の南Wで【67.3-52.8-38.3-12.1】の時計を記録。
1週間前にしっかり追われたこともあって調整程度の走りだったけど、疲れもなく気配は十分よ。

彼を馬券に含めれば、6桁配当は半分もらったも同然ね!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコ・デラックス
性別:セン
年齢:うるさいわね
出身地:千葉県
血液型:A型
星座:おとめ座
競馬歴:30年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人はとくに好物)
好きな券種: 馬連・3連複・3連単

目次