皐月賞の無料予想はココをタップ

ラジオNIKKEI賞2020の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 ラジオNIKKEI賞 最終予想

ラジオNIKKEI賞の最終予想をするわよ!

ハンデ戦らしい混戦模様の中で、武豊J騎乗のパラスアテナだけやや抜けた支持を集めているこのレース。

ただ月曜日から伝えているとおり、このレースで人気馬を過信すると、思わぬ不適中に見舞われかねないわ。

例年大荒れ傾向の本走では、世間の評判に流されることなく、ウチのように客観的なデータを用いて各馬を比較するのが勝利の秘訣。

今週もそんな検証の結果、思わぬ無名馬に好走気配が見つかったわ。

出走頭数のかなり少ない今回、投資の効率も気にしつつ4頭に印を打っているから、ぜひ最後までチェックしてちょうだい。

さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

2020年 ラジオNIKKEI賞 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 バビット 牡3 53.0 内田博幸 浜田多実 栗東
2 2 ディープキング 牡3 52.0 戸崎圭太 藤原英昭 栗東
3 3 アルサトワ 牡3 54.0 田辺裕信 斉藤崇史 栗東
4 4 コンドゥクシオン 牡3 53.0 石川裕紀 中舘英二 美浦
5 5 サクラトゥジュール 牡3 54.0 石橋脩 堀宣行 美浦
6 アールクインダム 牝3 51.0 吉田豊 伊藤大士 美浦
6 7 ベレヌス 牡3 53.0 西村淳也 杉山晴紀 栗東
8 グレイトオーサー 牡3 54.0 レーン 堀宣行 美浦
7 9 パラスアテナ 牝3 52.0 武豊 高柳瑞樹 美浦
10 コスモインペリウム 牡3 53.0 柴田大知 和田雄二 美浦
8 11 パンサラッサ 牡3 54.0 三浦皇成 矢作芳人 栗東
12 ルリアン 牡3 54.0 坂井瑠星 佐々木晶 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走開催場別成績
東京のレースを使った馬が強い
阪神のレースを使った馬は過去10年勝てていない

■前走着順別成績
前走着順はあまり響かない
前走負けて人気を落とした馬が狙い目

■レース当日人気別成績
1桁人気なら好走率はほぼ横ばい
2桁人気馬は、東京の前走で負けた馬を買う

■所属別成績
関東馬がやや有利
関西馬は人気でないと勝てない

それじゃあ月曜から引き続き、過去10年中、通常通り福島で開催された全9レースのデータを使って、ラジオNIKKEI賞の予想を詰めていくわ。

斤量別成績から見てちょうだい!

2020年 ラジオNIKKEI賞 斤量別成績

斤量 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~52kg 0 0 0 19 0% 0% 0%
53kg 0 2 5 30 0% 5.4% 18.9%
54kg 5 2 2 32 12.2% 17.1% 22.0%

※今回出走する馬の負担重量だけを取り上げているから、各列の合計が10にならないわよ。

54kg(以上)を負担した馬しか勝てていない、という、かなりはっきりした傾向が見られるわね。

そして、斤量52kg以下の馬がまったく馬券になっていないのも見逃せないわ。

ディープキングアールクインダムもそうだけど、パラスアテナがデータ上買いにくくなるから覚えておいてちょうだい。

また、勝ち馬こそ出していないなりに好走実績のある53kg組だけど、実は複勝回収率が161%もあるからこちらも狙い目。

基本的には54kg組を軸にしつつ、53kg組に流すように買うのがオススメよ。

次は、枠順別成績を見てもらおうかしら。

2020年 ラジオNIKKEI賞 枠順別成績

1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1 1 1 13 6.3% 12.5% 18.8%
2 3 2 9 12.5% 31.3% 43.8%
1 1 2 12 6.3% 12.5% 25.0%
0 1 0 16 0.0% 5.9% 5.9%
1 1 1 15 5.6% 11.1 16.7%
1 2 0 15 5.6% 16.7% 16.7%
2 0 1 15 11.1% 11.1% 16.7%
1 0 2 15 5.6% 5.6% 16.7%

4枠を除けばどこもそれなりに堅調だけど、中でも内側1~3枠の馬がやや好成績ね。

この範囲に入った馬は複勝回収率がかなり高いから、穴馬は内枠から探すのがよさそうだわ。

今回ここには、バビットディープキングアルサトワ、といかにも配当妙味のありそうな馬が入っているし、要チェックよ。

さあ、そろそろ今週の予想印を発表するわね。

2020年 ラジオNIKKEI賞 注目馬①

グレイトオーサー(牡3)
【前走:3歳1勝クラス 1番人気1着】

月曜日にはかなり費用対効果がよさそうだったグレイトオーサー

レーン騎手の続投が決まってオッズはいくらか渋くなっているけど…
今日調べたデータに照らしても相変わらず好走気配が濃厚だし、オッズの方も本命としては十分満足できるレベル。

人気のパラスアテナ思わぬ懸念事項が見つかった今、このレースで軸を任せられるのはグレイトオーサーしかいないわ。

そんな彼の最終追い切りは、美浦のWコースで5ハロン66.9-12.4という時計。

3戦連戦となる本走に向けて、疲れの感じられない良い走りができていたわね。

彼を押さえておけば、このレース半分獲ったようなものよ!

2020年 ラジオNIKKEI賞 注目馬②

ルリアン(牡3)
【前走:3歳1勝クラス 1番人気1着】

ここまで3走しながらマイラプソディにしか負けておらず、まだまだ底の見えないルリアン

当日の人気は、おそらくパラスアテナより一段落ちて2~5番目くらい、単勝オッズは5倍前後ってところかしら。

その割にデータ面では、栗東所属である点や前走に阪神のレースを使っている点など、勝ち馬に推すにはちょっと不安な部分が多いのよね。

もっとも、好走そのものが疑わしくなるようなデータがあるわけでもないし、相手として馬券に含める分にはかなり頼りになる存在だわ。

彼の最終追い切りは、栗東の坂路を終始馬なりで4ハロン53.4-12.2という時計。
馬場の状態が悪かったことを考えればかなりいいタイムね。

近頃明らかに良化傾向の彼、狙い目よ!

2020年 ラジオNIKKEI賞 注目馬③

コンドゥクシオン(牡3)
【前走:青葉賞(G2)11番人気12着】

月曜日には注目穴馬として紹介していたコンドゥクシオン

でも今回調べたデータに照らすと、かなり好走率の低い4枠に入ってしまっているあたりがちょっと不安よね。

ただ、今年は例年に比べてかなり出走頭数が少ない、という点に注目する必要があるわ。

そこで馬番に着目して、これまで4番に入った馬の成績を出してみると、過去9レースで(0-3-0-6)とかなり好調なのよ。
(ちなみに、お隣5番の馬は複勝率11.1%となかなか厳しい数字になっていたから、今年のサクラトゥジュールはちょっと厳しいってことになるわね)

彼のほかのデータが好走条件に合致しているのは月曜日に調べた通りだし、彼がここで激走を見せてくれる可能性は十分。

勝ち馬には推しにくいけど、きっちりヒモとして押さえておいてちょうだい!

どれだけ荒れてもおかしくない今年のラジオNIKKEI賞
アノ馬を押さえないと、みすみす高配当を逃すことになるわよ!

2020年 ラジオNIKKEI賞 注目穴馬

アルサトワ(牡3)
【前走:3歳1勝クラス 2番人気1着】

本走におけるトップハンデ54kgを背負うことになったアルサトワ

実績を考えるとちょっと見込まれすぎている感はあるけど、もともと彼は馬体がしっかりしているし、そこまで大きな問題にはならなさそう

なによりこのレースでは54kg負担の馬が有利、というのはすでに伝えた通りだし、この条件の穴馬というだけでも十分買うに値するわ。

その上彼はその他のデータもまあまあ悪くないものが揃っているし、大荒れ傾向のこのレースではいくら注目しても足りない存在。

複勝を押さえておくだけでも、なかなかの配当に期待できるわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコ・デラックス
性別:セン
年齢:うるさいわね
出身地:千葉県
血液型:A型
星座:おとめ座
競馬歴:30年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人はとくに好物)
好きな券種: 馬連・3連複・3連単

目次