弥生賞の無料予想はココをタップ

ラジオNIKKEI賞2018の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 ラジオNIKKEI賞 最終予想

3歳限定×ハンデ×ローカルという、荒れる要素満載ラジオNIKKEIG3の最終予想を始めるわ!

無傷の3連勝が期待されるフィエールマンや経験豊富なケイティクレバー、共同通信杯(G3)3着のエイムアンドエンドなどなど、面白いメンバーが揃ったわね。

有力馬が夏休みに入っている中、この隙に秋のG1に向けて賞金を稼いでおきたいところ。
どの馬もしっかり仕上げてくるハズだから、人気薄といっても油断してはダメよ!

何といっても注目したいのは、福島への適性。
見落としがちな伏兵でも小回り適性が高ければ要注意よ!

しっかり今年も押さえておいたから、必ずチェックしてちょうだい!

それじゃ、最終予想に入る前に確定した枠順を見てもらうわ。

2018年 ラジオNIKKEI賞 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ロードアクシス 牡3 54.0 酒井学 奥村豊 栗東
2 2 メイショウテッコン 牡3 56.0 松山弘平 高橋義忠 栗東
3 3 キューグレーダー 牡3 53.0 田辺裕信 栗田徹 美浦
4 4 マイハートビート 牡3 54.0 石川裕紀 高橋義忠 栗東
5 ケイティクレバー 牡3 56.0 小林徹弥 杉山晴紀 栗東
5 6 フィエールマン 牡3 54.0 石橋脩 手塚貴久 美浦
7 キボウノダイチ 牡3 53.0 戸崎圭太 松元茂樹 栗東
6 8 エイムアンドエンド 牡3 53.0 大野拓弥 奥村武 美浦
9 マルターズルーメン 牝3 49.0 武藤雅 堀井雅広 美浦
7 10 イェッツト 牡3 54.0 蛯名正義 金成貴史 美浦
11 シセイヒテン 牡3 52.0 伊藤工真 宗像義忠 美浦
8 12 ロードライト 牝3 51.0 嶋田純次 手塚貴久 美浦
13 グレンガリー 牡3 54.0 津村明秀 萩原清 美浦

そして、月曜日に出した事前データがコチラ。

前走クラス別成績
前走の格の高さは気にしなくていい
プリンシパルステークス組が好成績2-2-1-7

前走着順別成績
前走で馬券に絡んだ馬は評価できる
ただし、低評価で勝ち切った馬は狙いにくい
着外からの巻き返しも多い

前走人気別成績
前走1番人気は信頼できる
前走6番人気以降にも要注意

キャリア別成績
5戦以下の成績が良い
2なら2-0-1-2と優秀
10戦以上のレース経験豊富な馬は押さえまで

それじゃ、中山開催だった2011年を除く過去10年分のデータから2追加してラジオNIKKEI賞の最終予想に入るわよ!

まずは、斤量別成績から。

2018年 ラジオNIKKEI賞 斤量別成績

斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
49.5〜51kg 0- 0- 0- 13/ 13 0.0% 0.0% 0.0%
51.5〜53kg 1- 3- 4- 46/ 54 1.9% 7.4% 14.8%
53.5〜55kg 7- 5- 5- 43/ 60 11.7% 20.0% 28.3%
55.5〜57kg 2- 2- 1- 21/ 26 7.7% 15.4% 19.2%

※出走馬に該当する斤量を限定しているから合計が10にならないわよ

馬券の中心になっているのは5354kg
ただ、53kgの連対率は低いから相手として押さえるくらいでいいと思うわ。
狙いたいのは54kgね。

1頭勝ち馬を出しているものの、52kg以下の軽ハンデ馬には厳しい数字。
どんな馬が勝ったのかと言うと、2007年のロックドゥカンブ。
新馬戦1着→500万下1着と連勝してきた上がり馬で、当日も2番人気に推されたほど期待の高かった馬よ。

今年52kg以下の馬はシセイヒテンマルターズルーメンロードライトだけど…実績を見るかぎり厳しそうね。
この3頭は消しでいいわ。

最後に、今回トップハンデとなる56kg。
率を見ると、連対は厳しそうね…。
あっても3着押さえといったところ。

この3頭は、2頭がキャリア6戦以上で重賞実績があり、1頭がキャリア5戦で3勝馬だったわ。
そう考えると、6戦3勝で重賞5着のメイショウテッコンは少し見込まれた感があるわね…。
確かに前走は強い競馬だったけど、今回はどうかしら…。

ラストは、所属別成績よ。

2018年 ラジオNIKKEI賞 所属別成績

調教師分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率
美浦 8- 7- 8- 71/ 94 8.5% 16.0% 24.5%
栗東 2- 3- 2- 52/ 59 3.4% 8.5% 11.9%
地方 0- 0- 0- 0/ 0
外国 0- 0- 0- 0/ 0

好走数も率も関東馬がダントツで優勢
西高東低とは逆行する結果になっているわね。

中心は関東馬で間違なし。

関西馬5頭を調べてみたら、4頭が前走5番人気以内で掲示板を確保していたことが分かったわ。

残り1頭は2013年に大穴を開けたカシノピカチュウ。
前走は着外だったものの、格上のNHKマイルカップ(G1)を走っていたのよね。
前走で格の高いレースを走っていた馬なら、巻き返しには気を付けたいって感じかしら。

まとめると、関西馬で押さえておきたいのは

・前走5番人気以内で掲示板を確保
・前走で格上のレースを走ってきた馬

このどちらかに当てはまる馬ってことよ。

出走予定の関西馬は以下の通り。

キボウノダイチ
ケイティクレバー
マイハートビート
メイショウテッコン
ロードアクシス

過去の戦績も加味すると、気になる馬が1頭いるわね…。
この実績は大きなアドバンテージになりそうよ!

それじゃ、これまでのデータを踏まえてラジオNIKKEI賞の印を発表するわよ!

◎フィエールマン

イェッツト

グレンガリー

キューグレーダー

ロードアクシス

2018年 ラジオNIKKEI賞 注目馬①

フィエールマン(牡3)
【前走:山藤賞(500万下)1番人気1着】

2戦2勝と、無傷の3連勝がかかっているフィエールマン。

前走は最速の上がりを使い、2着を2馬身半に突き放す快勝。
休み明けを感じさせない走りだったわ。

ディープインパクト産駒2015年から3連勝(3-0-0-4)していて、相性の良い産駒なの。
さらに1番人気になれば(2-0-0-0)と鉄板に!
フィエールマンがトップ人気になるようなら信頼度はさらにアップよ!

前走の勝ちっぷりを見る限り、小回りも問題なさそう。
福島にもしっかり対応できると見たわ!

なにより、「前走1番人気1着」「キャリア2戦」信頼度の高いデータと合致しているのも高ポイント。

データからも素質からも適性からも、トリプルで推せる1頭。

最終追い切りは軽めで終えたけど、一週間前に負荷をかけているから問題ないわ。
体調は万全って感じね。

入念に消化したゲート練習の成果にも期待ね!

福島への対応力がラジオNIKKEI賞攻略のカギ!
小回り適性の高い馬をまとめてチェックよ!
特に適性の高い伏兵馬☆は要注目!

2018年 ラジオNIKKEI賞 注目馬②

グレンガリー(牡3
【前走: ホンコンジョッキークラブトロフィー(500万下)3番人気1着】

デビュー戦のマイルは3着に敗れたものの、距離延長した1800mの未勝利戦で見事勝利。
上がり最速の脚で、先行勢を差し切ったわね。
同舞台の福島1800mで勝っているのは心強いんじゃないかしら!

前走では2番手から抜け出して2勝目。
前でも競馬が出来るところを見せてくれたわ。

兄のミトラは福島記念(G3)1・2着の実績がある福島巧者ということで、血統でも注目の1頭なの。

ハンデも狙いたい54kgでキャリアも3と、データからも推せるのよね。

さらに、福島で好成績を残す津村騎手が鞍上なのもプラス材料だわ。
今年に入ってからの福島の芝成績は(6-2-1-11)複勝率45%

適性の高い馬と騎手、期待するなって言う方が無理な話よね!

2018年 ラジオNIKKEI賞 注目馬③

イェッツト(牡3)
【前走:プリンシパルステークス(OP特別)6番人気3着】

相性の良いプリンシパルステークスから参戦するイェッツト。
複勝率は41.7と高いから、無視はできないわね。

京成杯(G3)3着という実績も持っていて、このメンバーでなら実力は1枚上と言ってもいいわ。

戦ってきた相手もジェネラーレウーノやコズミックフォースなど、後の重賞で活躍した馬たち。
差のない競馬をしていることからも、イェッツトの地力の高さがうかがえるわね。

福島は初出走だけど、中山の新馬戦(1着)と京成杯(3着)を好走しているから、小回りの福島も十分対応可能

「キャリア5戦以下」「斤量54kg」と、前走プリンシパルステークス以外の好走条件が揃っているのもポイント。

ただ、開幕週で前を捉えられないって可能性を考慮して単穴評価に下げたわ。

それでも、実力的には十分勝ち負けできる1頭よ。

2018年 ラジオNIKKEI賞 注目馬④

キューグレーダー(牡3
【前走: 3歳以上(500万下)1番人気1着】

4戦4連対と、安定した走りを見せているキューグレーダー。

事前予想で注目した「前走1番人気1着」を満たしている馬でもあるのよ。

そんな前走は、初めての古馬相手での勝利。
スタートで出負けしたものの、見事にリカバリーしたわ。
上手くスタートが切れていたらどんな競馬を見せてくれたのか…とても気になるわよね!

キャリアも5戦以下と、データ的にもクリアしているの。

今回は距離延長になるけど、3走前に1800m未勝利戦を勝っているから問題なし。
イェッツト同様、中山での好走実績があるから福島への対応も心配ないわ!

斤量53kgってことで押さえ評価だけど、力的には勝ち負けも有り得る1頭。

オッズもそこそこに落ち着くだろうから、是非とも押さえておいてちょうだい!

2018年 ラジオNIKKEI賞 注目穴馬

ロードアクシス(牡3
【前走:京都新聞杯(G2)16番人気16着】

前走の成績を見ると、普通なら買いにくいわよね。
けど、事前予想でも紹介したように本レースは前走の結果と人気に惑わされてはダメ

狙いにくい関西馬だけど、前走が格上のG2と条件はクリア。
今回G3に落ちることで巻き返しは十分可能よ。

もうひとつ、この馬には大きなアドバンテージがあるの。

それは2走前のひめさゆり賞(500万下)を勝っていること!
冒頭でも触れたように、本レースにおけるコース適性の高さは重要
福島での勝ち鞍があるのは大きいポイントよ。

勝ち負けってなると厳しいかもしれないけど、データと適性の高さからは押さえておいて損はナシ。
人気的にも高配当の期待大だから、要チェックの1頭よ!



よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコ・デラックス
性別:セン
年齢:うるさいわね
出身地:千葉県
血液型:A型
星座:おとめ座
競馬歴:30年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人はとくに好物)
好きな券種: 馬連・3連複・3連単

目次