中京記念の無料予想はココをタップ

クイーンカップ2022のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

今週の重賞は3つ、ここでは土曜日に開催されるクイーンカップの予想をしていくわ!

ここ10年の勝ち馬には、ヴィルシーナ・メジャーエンブレム・クロノジェネシス・昨年のアカイトリノムスメと、その後のG1を制している馬が4頭もいるの。

決着については荒れることはほぼなく、三連単の平均配当は29,364円

※2013年は3着馬が同着で、配当が2つあったから平均配当を引用したわ

高配当を狙わずに、小点数で確実に押さえたいレースね。

このレースの結論として、馬単3点勝負の予想にまとまったわ!

回収期待値は900%を越える馬券だから、ぜひ楽しみにしてちょうだい!

目次

競走成績

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アオイモエ 54.0 中舘英二 美浦
アメリカンスター 54.0 武幸四郎 栗東
ウインエクレール 54.0 畠山吉宏 美浦
コントディヴェール 54.0 清水久詞 栗東
ショウナンアメリア 54.0 奥村武 美浦
ショショローザ 54.0 友道康夫 栗東
スターズオンアース 54.0 高柳瑞樹 美浦
スタティスティクス 54.0 石坂公一 栗東
スマイルアップ 54.0 萱野浩二 美浦
ニシノメグレス 54.0 萱野浩二 美浦
ハピネスアゲン 54.0 萱野浩二 美浦
プレサージュリフト 54.0 木村哲也 美浦
ベルクレスタ 54.0 須貝尚介 栗東
モカフラワー 54.0 相沢郁 美浦
モズゴールドバレル 54.0 藤岡健一 栗東
ラリュエル 54.0 矢作芳人 栗東
レディバランタイン 54.0 加藤征弘 美浦
ロムネヤ 54.0 国枝栄 美浦

レース当日人気別成績

当日人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 4 1 2 3 40.0% 50.0% 70.0%
2番人気 4 1 2 3 40.0% 50.0% 70.0%
3番人気 1 3 0 6 10.0% 40.0% 40.0%
4番人気 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%
5番人気 0 3 1 6 0% 30.0% 40.0%
6~9人気 0 1 5 34 0.0% 2.5% 15.0%
10番人気以下 0 0 1 58 0.0% 0.0% 1.7%

まずは人気別の成績を見てもらうんだけど、

冒頭で伝えたように上位決着が多いのよね。

2歳時の格付けそのままの傾向で決まることが多く、1~2番人気は複勝率70%と高い信頼度よ。

下馬評では、阪神ジュベナイルから参戦するベルクレスタと、フェアリーS2着馬のスターズオンアースが抜けた上位争いをしているわ。

さて、ここで考えたいのは馬券の券種について。

勝ち馬は4番人気以内で考えるとして、2着馬は9頭が5番人気以内
そして、3着馬は8番人気までに9頭

平均配当が30,000円以下ということを考えると、配当次第では馬連・馬単で考えたいわ。

■馬連の平均配当:1580円
5番人気以内の馬連ボックス(10点)で購入した場合、 2016年の7番人気が馬券に絡んだ年の配当(1350円)を除くと、144.5%の回収期待値

■馬単の平均配当:2713円
4番人気以内→5番人気以内の馬単ボックス(16点)で購入した場合、 2016年の7番人気が馬券に絡んだ年の配当(1350円)を除くと、159.9%の回収期待値

結論として、この買い方でも回収率が100%を越えるのよ!
さらには、回収率の高い馬単で勝負するのがベストね!!

下馬評での対象馬となるけど、現時点ではベルクレスタ・スターズオンアース・プレサージュリフト・ウインエクレール・モズゴールドバレル・モカフラワーから考えれば良いってことね。

あらためて、勝ち馬は4番人気以内ということを忘れないで頂戴!

前走クラス別成績

前走クラス 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
新馬戦 0 2 2 13 0.0% 11.8% 23.5%
未勝利戦 0 1 1 20 0.0% 4.5% 9.1%
1勝クラス 4 1 1 40 8.7% 10.9% 13.0%
OPEN(L含む) 0 0 0 6 0.0% 0.0% 0.0%
G3 3 3 5 19 10.0% 20.0% 36.7%
G2 0 0 0 1 0.0% 0.0% 0.0%
G1 3 3 2 13 14.3% 28.6% 38.1%
地方 0 0 0 6 0.0% 0.0% 0.0%

このデータを見ると、勝ち馬は前走1勝クラス・G3・G1で考えてよさそうね。

上記の項目で紹介した6頭のうち、新馬戦から参戦するウインエクレール・プレサージュリフト頭はないってことね。

ただ、前走を0.5秒差で勝ったプレサージュリフトが気になる人もいると思うの。

だから前走が新馬戦で馬券に絡んだ4頭の共通点を探してみたわ。

■前走新馬戦から馬券に絡んだ4頭の共通点

・前走2番人気以内
・当日5番人気以降

プレサージュリフトは前走2番人気だったけど、当日は4番人気以内になりそうよね…。

ちなみに、新馬戦で0.6秒以上の差を付けて勝って参戦した馬が2頭いるんだけど、ともに馬券から漏れていたわ!

だからプレサージュリフト肩入れしなくても良さそうよ。

ということで、勝ち馬はベルクレスタ・スターズオンアース・モズゴールドバレル・モカフラワーから考えようと思うわ。

前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1着 5 3 3 45 8.9% 14.3% 19.6%
2着 3 3 2 9 17.6% 35.3% 47.1%
3着 1 1 1 13 6.3% 12.5% 18.8%
4着 0 1 2 7 0.0% 10.0% 30.0%
5着 0 1 0 6 0.0% 14.3% 14.3%
6~9着 1 1 2 22 3.8% 7.7% 15.4%
10着~ 0 0 1 16 0.0% 0.0% 5.9%

前述したように2歳時の格付けそのままの結果になりやすく、前走掲示板組が馬券の中心になっているわね。

注目すべきは1着馬で、ここは掲示板組でないと厳しそうね。

前走6着から巻き返したのは、2018年のテトラドラクマ

前走のフェアリーSを1番人気6着だったのよね。

ただ、東京1600mは2戦2連対と相性もよく、逃げ切り勝ちを収めたわ。

さて、これまでのデータも併せて考えると、 スターズオンアースの頭固定で勝負という結論に至ったわ!

それではまとめに入るわ!

おおかたの答えが導けちゃったけど、言葉にしていない馬を注目穴馬で紹介するわ。

6番人気以降になるかもしれないけど、絶対に押さえておいてほしい1頭を紹介するわ!

◎本命

スターズオンアース(牝3)
【前走:フェアリーS(G3)1番人気2着】

今回の出走馬の粒具合から考えても、抜けた人気となるのは必然

ベルクレスタがいるから紛れているけど、ベルクレスタがいなければ気まずい見た目の人気になっていたわ…。

これまで紹介した勝ち馬データに唯一適合は、すでに書いた通りだけど、

注目すべき点はもう1つあって、横山武史騎手への乗り替わりがあること。

前走のライラックのロングスパートは驚異的だったけど、敗因は騎手の手綱さばき

赤松賞でも押さえきれず3着、勝てるはずの前走でも勝てなかった

さすがに乗り替わりは必要だったけど、横山騎手への乗り替わりは鬼に金棒状態といえるわ。

このレースでは、乗り替わった方が勝率というのもポイントよ。

出来れば1番人気にならずに、美味しい馬券になってくれることを祈るわ!

データ的に考えて、1着固定以外の選択肢がないわ!

○対抗

プレサージュリフト(牝3)
【前走:新馬戦 2番人気1着】

新馬戦を勝っただけだから、比較的な評価はできないけど…。

タイムもけっして速いわけではないんだけど、出遅れから終始馬なりで勝利

ムチも打たずに馬なりでっていうのがポイントで、本領を発揮したこの馬がどの程度のものなのか?正直わからないの。

ただ大物感はあって、将来的に名前が知れ渡る可能性を感じるわ。

ゲートを無難にスタートできれば、スターズオンアースを脅かす存在になると思うわ!

正直、馬券はこの1点が本命よ!

▲単穴

ベルクレスタ(牝3)
【前走:阪神JF(G1)5番人気6着】

この馬は阪神JFの勝ち馬サークルオブライフと、2走連続でレースをしているの。

で、2走前のアルテミスS(G3)では、クビ差で差されたの。

差されはしたんだけど、ムチを打っていないのよね…。

前走の阪神JFもうまく乗れなかったわね…。

ここで勝てなかったら次戦は乗り替わるだろうから、松山騎手も丁寧に乗るとは思うわ。

ということで、ここまでの人気をしているわけ。

また、阪神JFから参戦した馬の複勝率は38.1%と高いの。

勝ち馬も3頭出ているんだけど、その3頭は阪神JFで馬券に絡んでいたという共通点があったの。

この馬の本領もまだ分からないけど、このレースの勝ち馬としては適合しないのよね。

馬券的に考えると、プレサージュリフトを追って3着というのが理想的よ。

堅め傾向だけど、2着馬次第ではアツい配当も?!
一切話に出していない☆穴馬を紹介するわ!!
回収期待値900%オーバー、馬単3点勝負の最後の1頭よ!!!

☆注目穴馬

スタティスティクス(牝3)
【前走:阪神JF(G1)9番人気8着】

前走はベルクレスタ同様、阪神JFからの参戦

ベルクレスタと着順の差はあるが、タイム差なしのハナ差決着。

さらには、ナミュール・サークルオブライフに次いで、上り3番手の脚を使っていたの。

『末脚があってもねぇ…』と思われるかもしれないけど、

東京の長い直線ということもあり、過去10年のクイーンSの2着馬は中団以降からの9頭が馬券に絡んでいるの。

未勝利を勝った池添騎手に乗り替わるのも〇

馬券の一押しはここだけど、

注目馬含めた相手3頭はどれも底が見えていない馬だから、どれが来てもおかしくないわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!
目次