今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

マーメイドステークス2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 マーメイドステークス 最終予想

マーメイドステークスの最終予想をするわよ!

G3戦らしく、実力伯仲なメンバー構成となったこのレース。

とくに本命サイドはその傾向が顕著で、人気も横並びの状態なんだけど…。

このマーメイドSは、例年大荒れ必至の舞台。

6桁配当決着も珍しくないほどだから、人気馬に隠れた伏兵たちも見逃せないわよ。

今回さらにデータを追加して検証を進めたところ、例年の傾向にもれず、穴クラスのなかに上位陣を上回る好材料を備えた伏兵が存在していたの。

7桁配当も夢じゃない注目の穴馬として予想印に含めてあるから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認していくわよ!

2021年 マーメイドステークス 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 シャムロックヒル 牝4 50.0 藤懸貴志 佐々木晶 栗東
2 アブレイズ 牝4 56.0 浜中俊 池江泰寿 栗東
2 3 ホウオウエミーズ 牝4 50.0 丸田恭介 池上昌和 美浦
4 カセドラルベル 牝5 54.0 和田竜二 西村真幸 栗東
3 5 シャドウディーヴァ 牝5 55.0 福永祐一 斎藤誠 美浦
6 フィリアプーラ 牝5 54.0 菊沢一樹 菊沢隆徳 美浦
4 7 レッドベルディエス 牝5 53.0 幸英明 鹿戸雄一 美浦
8 ソフトフルート 牝4 54.0 横山和生 斉藤崇史 栗東
5 9 イズジョーノキセキ 牝4 52.0 西村淳也 石坂公一 栗東
10 キングスタイル 牝4 50.0 高倉稜 田中克典 栗東
6 11 パッシングスルー 牝5 54.0 荻野極 黒岩陽一 美浦
12 アンドラステ 牝5 55.0 岩田望来 中内田充 栗東
7 13 クラヴェル 牝4 51.0 横山典弘 安田翔伍 栗東
14 サンクテュエール 牝4 55.0 川田将雅 藤沢和雄 美浦
8 15 ミスニューヨーク 牝4 53.0 加藤祥太 杉山晴紀 栗東
16 アッシェンプッテル 牝5 54.0 太宰啓介 奥村豊 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
オープン特別組が好ローテーション

■前走着順別成績
直近3年の勝ち馬はすべて前走3着馬
前走6着以下でも5歳馬であれば最先着のチャンスあり

■レース当日人気別成績
1番人気は直近5年で一度も馬券になっていない
7番人気・10番人気が台風の目になる

■所属別成績
過去10年の勝ち馬はすべて関西馬

それじゃあ月曜から引き続き、過去10年分のデータを用いてマーメイドステークスの予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい!

2021年 マーメイドステークス 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1 1 3 8 7.7% 15.4% 38.5%
2 0 0 12 14.3% 14.3% 14.3%
1 1 0 16 5.6% 11.1% 11.1%
0 3 1 15 0% 15.8% 21.1%
0 1 2 18 0% 4.8% 14.3%
2 0 0 17 10.5% 10.5% 10.5%
3 1 2 14 15.0% 20.0% 30.0%
2 2 1 15 10.0% 20.0% 25.0%

どちらかと言うと、外枠の方が好走傾向が強いようね。

なかでも、好調なのが7枠

よく馬券に絡んでいるだけでなく、回収率も単勝・複勝ともに100%を超えていて、好コスパに期待できるのよね。
今回7枠に決まったクラヴェルと、サンクテュエールには注目よ。

他には7枠に次ぐ勝率をほこる、2枠も見逃せないところ。

ここからは過去に2頭の勝ち馬が出ているんだけど、いずれも単勝倍率10倍台の穴クラスだったわ。

単勝回収率は200%オーバーと、比較したなかでトップの成績。
人気薄とはいえ、この2枠に収まったホウオウエミューズカセドラルベルは侮れない存在になりそうよ。

次は、斤量別成績を見てもらおうかしら。

2021年 マーメイドステークス 斤量別成績

斤量 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
50kg 1 2 1 19 4.3% 13.0% 17.4%
51kg 2 2 0 16 10.0% 20.0% 20.0%
52kg 0 0 1 17 0% 0% 5.6%
53kg 4 2 3 16 16.0% 24.0% 36.0%
54kg 0 1 3 14 0% 5.6% 22.2%
55kg 2 2 1 10 13.3% 26.7% 33.3%
56kg 1 1 1 8 9.1% 18.2% 27.3%

全体的には負担重量の多い馬が好走傾向にあるようだけど…。

もっとも馬券になっているのは、53kgだった馬。
勝率、回収率の高さが図抜けているから、ミスニューヨークレッドベルディエスは見落としちゃダメよ。

逆に、52kgに決まった子は要注意。

2011年に3着入線したアースシンボルまでさかのぼらないと、馬券になった例がないほど不調なのよね。
上位人気しているイズジョーノキセキには嫌データになっているわよ。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表するわね!

2021年 マーメイドステークス 注目馬①

サンクテュエール(牝4)
【前走:福島牝馬ステークス(G3)10番人気3着】

ここまでのデータに照らす限り、もっとも好走に期待できるのがサンクテュエールよ!

月曜日には好データに該当していながら、関東馬は直近10年勝ち星がない、という懸念材料も見つかっていた彼女。

ただ今日の検証でさらに絶好のデータが増えたことで、「関東馬は勝てない」という前例を十分に覆せると判断したわ。

今回サンクテュエールに初騎乗となる川田将雅Jも、2013年にマルセリーヌでこの舞台を制すなど阪神内回りでは頼もしい存在だし、人馬ともに激走傾向にあることは明らかね。

そんな彼女の最終追い切りは、美浦の南Wで【67.3-52.1-38.1-11.9】の時計。
追われてからの反応もよかったし、状態もよさそうな印象の調教だったわ。

重賞2勝目はもう目の前よ!

2021年 マーメイドステークス 注目馬②

アブレイズ(牝4)
【前走:メイステークス(OP特別)2番人気1着】

月曜にも注目馬として挙げていた、アブレイズ

データ上好調なオープン特別組であるなど、アドバンテージの望めるローテーションを使った本走は、好走にかなりの期待が持てるわ。

斤量については重賞勝ちがあるもののちょっと見込まれたかな、という印象の負担だけど、彼女と同じ56kgを背負った馬はそれなりに馬券になっているし、あまり気にする必要はなさそう。
メンバー内での力関係を考えると、トップハンデの今回も十分勝ち負けができるわ。

そんなアブレイズの最終追い切りは、栗東の坂路で【53.7-39.0-24.7-12.1】の時計。
先週の段階ですでに準備万端な走りを見せていたけど、今回も好調さをキープした動きだったし、状態面は上々と言える出来だったわよ。

オッズも10倍程度で落ち着きそうだし、コスパ抜群の1頭、って感じね!

2021年 マーメイドステークス 注目馬③

カセドラルベル(牝5)
【前走:都大路ステークス(OP特別L)2番人気4着】

月曜には注目穴馬として紹介していた、カセドラルベル

前回の検証では過去の穴馬たちとの共通点が多く見つかっていた彼女だけど、今回枠・斤量ともにかなりの好走範囲にあるとわかって、ますます「買える」1頭って感じよね。

彼女は人気も月曜から大きく変わってないし、穴党としては有難い限り。
阪神2勝の実績があることを考えれば、中穴クラスに落ち着く今回は買わずにいられないところよ。

そんなカセドラルベルの最終追い切りは、栗東の坂路を【54.4-38.2-24.3-11.9】の時計。
前走で見せた末脚は健在だし、いい状態で日曜が迎えられそうね。

稍重程度なら苦にせず走る子だから、雨が降っても切らないでちょうだい!

2021年 マーメイドステークス 注目馬④

アンドラステ(牝5)
【前走:ターコイズステークス(G3)3番人気2着】

前走のターコイズSでは2着に入る激走を見せた、アンドラステ

今回はその前走から半年あいてのレースになるけど、長期休暇明けの馬が好走する直近の傾向を考えれば、怖い存在であることは間違いないわ。

そんなアンドラステ、このマーメイドSとも相性がよさそう

月曜には目立たないながらなかなかの好データに該当していたし、今回の検証内容も範囲内
本走の舞台でもある阪神では最先着1回、3着入線1回とよく走れているし、勝ち負けになる1頭、と言えるわよ。

彼女の最終追い切りは、栗東のCWで【67.1-51.3-37.7-11.8】の時計を記録。
久々を感じさせない走りができていて、上々の仕上がりが見て取れたわ。

今のところ、オッズ面ではメンバートップクラスの妙味が見込める彼女。
高配当を狙うためには、是非とも馬券に含めておきたい1頭よ!

例年以上に荒れ模様な、今年のマーメイドS。
適性抜群のアノ伏兵を馬券に含めてこそ、7桁配当に手が届くわよ!

2021年 マーメイドステークス 注目穴馬

レッドベルディエス(牝5)
【前走:ヴィクトリアマイル(G1)17番人気12着】

本走大注目の穴馬候補が、レッドベルディエスよ!

前走のヴィクトリアマイルでは、いいところなく敗れた彼女。
ただ12着ながら上がりはメンバー3位の時計を記録していたし、相手関係が楽になる本走ではその末脚は驚異になるはずよ。

また伝えてきたように、このマーメイドSは過去に多くの巻き返しが見られた舞台
穴馬の条件とも言える「前走6着以下の5歳馬」に該当し、もっとも馬券の出ている斤量53kgに決まった今回は、十分挽回に期待できる存在、と言えるわ。

そんなレッドベルディエスの最終追い切りは、美浦の坂路で【52.8-39.2-26.1-13.1】の時計を記録。
5月に1度使われたことで明らかに状態が上がっているし、調教は順調そのものと言って問題ないほどよ。

今日検証した枠・斤量面を含め、これだけの好材料を備えながら20~30倍程度のオッズが見込める彼女。
最先着するようなことがあれば、夢の7桁配当に手が届くわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次