マーメイドステークス

阪神11Rマーメイドステークス(GⅢ・芝2000m)
◎6 キンショーユキヒメ
○5 レイホーロマンス
▲4 ミリッサ
☆2 ルネイション
△3 アンドリエッテ
見どころ
今週の日曜日に行われるマーメイドステークスG3の最終予想を始めるわ!

メンバーを見ても突き抜けている馬はいないから、今年も荒れそうね!


あとで詳しく紹介するけど、本レースは軽ハンデの馬が好走する傾向にあるの。
甘く見られた馬が激走するってこと。

激走気配の軽ハンデ馬…もちろん見つけたわ!
最後に紹介しているから、しっかり確認してちょうだい!


それじゃ、最終予想に入る前に確定した枠順を見てもらうわね。


競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ワンブレスアウェイ牝553.0津村明秀古賀慎明美浦
22ルネイション牝550.0荻野極栗田徹美浦
23アンドリエッテ牝651.0国分恭介牧田和弥栗東
34ミリッサ牝453.0岩田康誠石坂正栗東
35レイホーロマンス牝552.0岩崎翼橋田満栗東
46キンショーユキヒメ牝555.0秋山真一中村均栗東
47エテルナミノル牝555.0和田竜二本田優栗東
58スティルウォーター牝548.0川又賢治寺島良栗東
59ティーエスクライ牝648.0竹之下智武幸四郎栗東
610ヴァフラーム牝650.0富田暁吉村圭司栗東
611アルジャンテ牝552.0酒井学尾関知人美浦
712ミエノサクシード牝554.0川島信二高橋亮栗東
713エマノン牝550.0松若風馬平田修栗東
814トーセンビクトリー牝656.0浜中俊角居勝彦栗東
815フェイズベロシティ牝551.0北村友一萩原清美浦

そして、月曜日に出した事前データがコチラ。


■前走クラス別成績
前走条件戦組
の好走数が良い
(特に馬券圏内だった馬は要注意
前走重賞組に大きな特徴はないが、G1組からは勝ち馬0頭

■前走人気別成績
前走
12番人気が好走
(3着以内なら複勝率50
6番人気以降の馬も巻き返しの可能性大
(ただし、二桁人気の馬からは勝ち馬0頭

■前走距離別成績
マイル以下からの参戦は勝ち馬0頭

■所属別成績
勝ち馬は全て関西馬
関東馬を選ぶなら長距離輸送の経験有無に注目


それじゃ、過去10年分のデータを2追加してマーメイドステークスの最終予想に入るわよ!


まずは、毎度おなじみのコチラのデータから。


人気
人気表

1・2番人気の複勝率は40%…頼りない数字だわ。
馬券に絡んだ頭数も8頭だけ。

好走数で見れば、6番人気以降の方が良いのよね!
半数以上の16にも及ぶわ。

ここで、面白いデータを見つけたの。
6歳以上で馬券になった馬は6頭いるんだけど、その6頭すべてがココにいたのよ。

人気薄の6歳馬…気になるのがいるわね…。


最後に、斤量別成績を見てもらうわ。

斤量
斤量表

53kg以下で19も馬券に絡んでいて、軽ハンデの好走が目立つわ。

特に、53kgは頭ひとつ抜けているから要注目よ。
この11頭の年齢を調べてみたら、4の成績が(2-1-1-6)複勝率40とトップ。
ミリッサには良いデータとなったわね。

また、52kg以下で馬券に絡んだ8頭中7頭が当日6番人気以降で穴を開けた馬たちだったから絶対おさえておきたいわ!


55kg以上も、好走数は高くないけど複勝率はマズマズだから十分勝負できるわよ。
この8頭の年齢別成績は、5が(3-1-1-10と最も良い数字を残しているの。
該当するのはエテルナミノルキンショーユキヒメね。

ちなみに6歳の成績は(0-1-0-5)とイマイチ。
トーセンビクトリーはこのデータからは推しにくいわ…。


それじゃ、ここまでのデータを基に印を発表するわよ!


◎キンショーユキヒメ

○レイホーロマンス

ミリッサ

アンドリエッテ

ルネイション


本命
キンショーユキヒメ(牝5
【前走:福島牝馬ステークス(G3)7番人気1着】

前走で重賞初制覇を飾ったキンショーユキヒメ。
最速の上がりを繰り出し、持ち前の末脚で差し切ったわ!

ヴィクトリアマイルの優先出走権を獲得したけど、そこへは向かわなかったわね。
ここを目標にしっかり乗り込まれているのは好印象だわ。

ハンデは55kgと昨年よりも4kg増だけど、それだけ成長したという証。
55kgという斤量も、シンガポールターフクラブ賞(100万下)で背負って勝っているから心配ないわ!

斤量別成績で紹介したように、55kg以上を背負った5歳馬が好成績を残しているのもプラス材料よ。

阪神は6戦すべてで掲示板確保(1-2-1-2という、適性の高いコース。

調整過程からも陣営の勝負気配は強い…重賞連勝に期待が高まるわ!

対抗
レイホーロマンス(牝5)
【前走:福島牝馬ステークス(G3)3番人気5着】

近3走は愛知杯(G3)2着→中山牝馬ステークス(G3)3着、前走の福島牝馬ステークス5着と安定した走りを見せているわね。
前走の5着は、4コーナーで窮屈になった結果と考えれば健闘モノ。

重賞3戦で好走したのに斤量52kgというのは、かなり恵まれたんじゃないかしら!

去年1月に中央へ戻ってきてからの成績を見ても、全て掲示板確保(3-2-1-4)と堅実な結果を残しているのは高ポイント。
2000mも走っているから、距離の心配もいらないわよ。

このメンバーでこの斤量…ようやく重賞初制覇を飾る時が来たんじゃないかしら!


上位人気が拮抗していて、今年も荒れる気配濃厚のマーメイドステークス!
波乱を呼ぶカギは軽ハンデ!
注目度の低い伏兵2頭は特に要注意よ!



単穴

ミリッサ(牝4
【前走:阪神牝馬ステークス(G2)9番人気7着】

出走馬の中で唯一の4歳馬。
いま勢いがある4歳世代ってだけで、ちょっと推したくなるわね。

正直、人気しそうだから軽視したかったんだけどデータとの相性は悪くないの…。
強いて挙げるなら、前走が1600mということくらい。
けど、好走傾向が強い斤量53kgで4歳というデータにも当てはまるから、切るのは危険と判断したわ。

あまり目立っていないけど、3歳時にはチューリップ賞(G3)4着と、3着リスグラシューと差のない競馬をした経験もアリ。

前走7着からの巻き返しが怖い1頭よ!


連下

アンドリエッテ(牝6)
【前走:パールステークス(1600万下)5番人気3着】

好走傾向のある前走条件戦組の1頭。
特にパールステークスは(3-1-2-18)と、なかなかの成績を残しているのよ。
今年はアンドリエッテしか該当馬がいないから、是非とも押さえておきたいところね。

加えて、人気薄の6歳馬という激走条件とも合致!

斤量も51kgと恵まれたわ!

エテルナミノルやレイホーロマンスばかりが目立っているけど、実はこの馬も今年の愛知杯(G3)に出走しているの。

着順は9着だけど、5~9着まではタイム差なしの団子状態。
後方から、上がり3位の脚を使ってここまで迫ったのは評価できるわ。
この時は、キンショーユキヒメにも先着したのよ。

重賞で実績を残していないから甘く見られているわね。

このハンデなら、勝ち切るまでは厳しくとも馬券なら射程圏内!
人気もしなさそうだから、配当も美味しくなるわ!


注目穴馬

ルネイション(牝5)
【前走:テレ玉杯(1000万下)2番人気1着】

前走は先行勢が5着まで占めるなか、上がり最速(33.3秒)で見事後方から差し切ったわ。

堅実な走りが魅力でもあって、キャリア13戦中で二桁決着の大敗は1度だけ、しかもマイル以下の話。
2000mに限れば4戦して2勝を挙げているの2-0-1-1

「前走条件戦で3着以内」「前走2番人気」「前走1800m以上」とデータとの相性も良いと、事前予想でも紹介したわね。

懸念点の関東馬という点も、新潟・福島・中京の遠征経験があって、かつ全て馬券圏内に来ているから心配することないわ。

さらに、何といっても注目なのが斤量50kg
このハンデなら、持ち前の末脚でごっそり差し切っちゃう可能性も大アリ

あまり注目もされていないから、一発きたらデカイわよ!





実績

エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る