エビコ

共同通信杯で的中を呼び込む穴馬予想

共同通信杯予想

絶対的中!豊富な競馬情報を元に様々な角度から分析した共同通信杯

2022年共同通信杯開催情報

レース名 共同通信杯
クラス G3
開催日 2022年2月13日(日)
開催場 東京競馬場
レース番号 11R

2022年共同通信杯直前予想

共同通信杯の最終予想をするわよ!

月曜日にも伝えたように、手広く買うより小点数に絞って回収率を高めたいこのレース。

期待値からすると馬単で勝負するのが、費用対効果的に狙い目だったわよね。

すでにある程度信頼度の高い注目馬は炙り出せているけど、今回さらにデータを追加してより高配当が狙える穴馬候補も見つけ出しておいたわ。

予想印とオススメの買い目はページの後半で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認していくわよ。

目次

    枠順

    枠番 馬番 馬名 性別 負担
    重量
    騎手 調教師 所属
    11サンストックトン牡356.0松岡正海鹿戸雄一美浦
    22アサヒ牡356.0田辺裕信金成貴史美浦
    33アバンチュリエ牡356.0横山武史大竹正博美浦
    44エイシンシュトルム牡356.0石川裕紀勢司和浩美浦
    55ジオグリフ牡357.0ルメール木村哲也美浦
    66アケルナルスター牡356.0柴田大知清水英克美浦
    7レッドモンレーヴ牡356.0戸崎圭太藤沢和雄美浦
    78ビーアストニッシド牡356.0岩田康誠飯田雄三栗東
    9ジュンブロッサム牡356.0武豊友道康夫栗東
    810ダノンベルーガ牡356.0松山弘平堀宣行美浦
    11ダノンスコーピオン牡356.0川田将雅安田隆行栗東

    ※馬名をクリックすれば各馬の情報が見られるわよ。


    詳しい予想に入る前に、軽く月曜日のおさらいをしておきましょう。

    ■レース当日人気別成績
    馬券は6番人気以内だった馬から出ている
    6番人気以内での馬単ボックスで勝負するのがベスト

    ■前走クラス別成績
    前走G2組の勝率がもっとも高い
    前走G1組は新馬戦で3着以内だったことが好走の条件

    ■前走着順別成績
    勝ち馬は前走3着以内、2着馬は前走4着以内が狙い目

    ■キャリア別成績
    5戦以上のキャリアがある馬は切る
    キャリア4・5戦だった馬が連対以上の成績を残す可能性が高い


    それじゃあ引き続き、過去10年分のデータを用いて共同通信杯の予想を詰めていくわよ。

    枠順別成績から見てちょうだい。


    PR

    枠順別成績

    枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    1枠 3 1 0 6 30.0% 40.0% 40.0%
    2枠 0 3 0 7 0.0% 30.0% 30.0%
    3枠 1 0 0 10 9.1% 9.1% 9.1%
    4枠 1 1 4 5 9.1% 18.2% 54.5%
    5枠 2 0 0 12 14.3% 14.3% 14.3%
    6枠 2 1 2 11 12.5% 18.8% 31.3%
    7枠 1 3 3 11 5.6% 22.2% 38.9%
    8枠 0 1 1 16 0.0% 5.6% 11.1%

    内枠はあまりいいイメージのない東京コースだけど、1枠の勝率・連対率の高さが目立つわね。

    ただ調べてみたら1枠から馬券になった4頭は、すべて当日のオッズが1桁台だったわ。

    今年1枠に決まったのは、現時点でのオッズが単勝100倍近いサンストックトン
    彼はかなり有利な枠に入ってはいるけど、傾向上の一致はない、ということは覚えておいてちょうだい。

    そんな1枠に次いで連対率が高いのが、隣の2枠。

    ここは勝ち馬こそ出ていないけど、2・3着を期待するには十分な数値を残せているわ。
    今回2枠に収まるアサヒは、馬券圏内確保へさらに期待が高まったわね。

    次は、馬体重別成績を見てもらうわよ。
     

    馬体重別成績

    馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    ~459kg 2 0 2 14 11.1% 11.1% 22.2%
    460~479kg 2 4 2 36 4.5% 13.6% 18.2%
    480~499kg 1 4 4 16 4.0% 20.0% 36.0%
    500kg以上 5 2 2 12 23.8% 33.3% 42.9%

    好走率というところでは、馬格のある馬が有利、という感じのデータね。

    とくに500kg以上の大柄な馬は抜けて勝率が高いんだけど、前走時の馬体重を参考にすると、今回該当馬はなし。
    ただ限りなく500kgに近い馬格の子が何頭かいるから、当日この範囲に該当した馬は軽視できないわよ。

    さて、同じく前走時の馬体重を参考に、月曜日に注目馬として挙げた2頭を当てはめてみると…。

    ■アサヒ:498kg
    ■ダノンスコーピオン:458kg


    このデータでは、ダノンスコーピオンの方が優勢ね。

    次は、所属別成績を見てもらうわよ。
     

    所属別成績

    所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
    関東 6 6 5 49 9.1% 18.2% 25.8%
    関西 4 4 5 17 10.5% 21.1% 34.2%

    大きな開きはないけど、関西馬有利、というデータになっているわね。

    関西馬と関東馬で取捨選択を迷うようなことがあれば、関西馬に比重を置いて考えましょう。

    ただ直近5年で見ると、うち4年は関東馬が勝利している、なんてデータがあるの。

    近年の傾向的には、勝ち馬は関東馬から、と考えたいわね。


    そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印とオススメの買い目を発表していくわ!


    PR

    ◎本命

    アサヒ(牡3)
    【前走:東京スポーツ杯2歳ステークス(G2)4番人気2着】

    月曜日の検証では、もっとも最先着の可能性のある1頭として紹介していたアサヒ

    今回も馬体重がベストでないだけで、他は十分好調な条件に該当していたわね。

    重賞や東京コースでの実績もあるし、ここは高い確率で勝ち負けになると考えているわ。

    そんなアサヒだけど、調教の方も順調のようで、美浦の南Wで行った最終追い切りでは5F【69.1-53.9-38.8-12.1】の好時計を記録。

    前走時より馬体も大きくなっていて、好走率の高い馬体重500kg以上に該当した上で走れそうなのもさらに期待させてくれるポイントだわ。

    積極的に頭から買っていきたいわね。
     

    ○対抗

    ダノンスコーピオン(牡3)
    【前走:朝日杯フューチュリティステークス(G1)4番人気3着】

    G1・3着、さらにキラーアビリティに先着した実績を持つダノンスコーピオン

    月曜日の段階では連対率が高めの結果が出ていたけど、今日の検証ではアサヒと同等のデータに該当していて、こちらも頭から買えるだけの材料が揃ったんだけど…。

    ちょっと状態が万全ではない感じね。

    栗東CWでの最終追い切りでは、6F【84.6-68.6-53.9-38.4-12.0】の時計で寮馬に0秒2遅れ。
    データ的にはいいんだけど、仕上がりの面では割引いて考えたいわ。

    調教の結果で多少オッズに旨味は出そうだけど、それでも相手として買う方が賢明よ。
     

    △連下

    ダノンベルーガ(牡3)
    【前走:2歳新馬 2番人気1着】

    前走の新馬戦では後続に2馬身差をつける圧勝劇を見せてくれた、ダノンベルーガ

    1戦1勝と実力的には未知数な部分も多いけど、前走の勝ちっぷりを見るとこのメンバー相手にも十分勝ち負けできそうよね。

    そんなダノンベルーガは検証でもいい材料が揃っていて、データ的にも買える存在
    ただどちらかと言えば連対率が高め、という結果だったから、頭からというよりは相手として狙うのがベストかもしれないわ。

    ダノンベルーガは状態もよさそうで、美浦の南Wでの最終追い切りでは5F【69.7-54.3-39.3-11.9】の好時計を記録。
    強めに追った寮馬相手に馬なりで楽々先着するなど、仕上がりは上々だし、ここは押さえておくべきよ。


    さて、検証してきた共同通信杯
    小点数で高回収率を狙いたいわね!

    そんなデータ検証から導き出されたオススメの買い目は…。

    ◎☆→◎○△☆馬単6点勝負よ!
     

    ☆注目穴馬

    無料登録後(注目穴馬)閲覧できます

    会員登録でお得な情報を無料配信!

    • 厳選メインレースの穴馬情報公開


    登録済みの方はコチラ

    共同通信杯予想記事一覧

    ログイン



    閉じる

    パスワードを忘れた方はこちら

    会員登録でお得な情報を無料配信!


    閉じる