アイビスSDの無料予想はココをタップ

阪急杯2018のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 阪急杯 事前予想

今回は、阪神開幕週の短距離G3、阪急杯の予想をしていくわよ!

阪急杯といえば、まず思い出されるのが昨年の248万馬券!

7番人気トーキングドラムが、ヒルノデイバローをアタマ差でかわしたレースは見事だったわね。

そんな昨年のような荒れ模様を演出してくれそうな穴馬。
データを使ってバッチリ見つけておいたわよ。

詳しい予想に入る前に、今年の特別注目馬を確認してちょうだい。

2018年 阪急杯 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アポロノシンザン 56.0 鈴木伸尋 美浦
コスモドーム 56.0 金成貴史 美浦
コロマンデル 56.0 安田隆行 栗東
シュウジ 56.0 須貝尚介 栗東
タイムトリップ 56.0 菊川正達 美浦
ディバインコード 56.0 栗田博憲 美浦
ニシノラッシュ 56.0 宮本博 栗東
ヒルノデイバロー 56.0 昆貢 栗東
マイネルバールマン 56.0 栗田博憲 美浦
ミッキーラブソング 56.0 橋口慎介 栗東
ムーンクレスト 56.0 本田優 栗東
モーニン 57.0 石坂正 栗東
モズアスコット 56.0 矢作芳人 栗東
レッドファルクス 58.0 尾関知人 美浦
カラクレナイ 54.0 松下武士 栗東
ダイアナヘイロー 54.0 福島信晴 栗東
ペイシャフェリシタ 54.0 高木登 美浦
ユキノアイオロス セン 56.0 和田正道 美浦

それじゃ、過去10年のデータを基に、阪神カップの予想をしていくわ。

はじめに前走クラス別成績を確認してもらうわね。

2018年 阪急杯 前走クラス別成績

まず目につくのは、前走G2組の成績のよさ。

該当する馬のほとんどは、前走で阪神カップを走って来た馬よ。

今回でいうアポロノシンザンムーンクレストモーニンモズアスコットのようなローテーションの馬が結果を残してきたってことね。

あまり目立った成績を挙げていないクラスを確認してみると、前走条件戦で馬券に絡んだのは2009年のドラゴンファング1頭。

レース当日までに6戦連続で連対を果たしていて、当日も2番人気だったのよね。

言い換えると、このレースで前走条件戦組の馬が穴を開けた例は一度もないってこと。

今回1600万下から出走するニシノラッシュは遠慮なく切っていいわ。

次は、所属別成績を見てちょうだい。

2018年 阪急杯 所属別成績

レースの中心は関西馬だけど、馬券に絡んだ割合は関東馬の方が高いのね。

このレースに向けてわざわざ関東から輸送されてくる馬には、それだけ勝機があるってこと。

本走では以下の8頭が関東所属よ。

アポロノシンザン
コスモドーム
タイムトリップ
ディバインコード
ペイシャフェリシタ
マイネルバールマン
ユキノアイオロス
レッドファルクス

次は、斤量別成績を見てもらおうかしら。

2018年 阪急杯 斤量別成績

58kg以上を負担した馬は、2頭に1頭が馬券に絡んでいるのね!

今回負担重量が58kg以上なのはレッドファルクス1頭だけよ。

またここでは穴馬を探すために、斤量55kg以下で馬券に絡んだ馬の共通点を探してみたんだけど…
4頭とも、前走では京都競馬場でレースをしていたことがわかったわ。

今回該当しないペイシャフェリシタは切っていいってことね。

次は、脚質別成績よ。

2018年 阪急杯 脚質別成績

過去10年中、逃げ馬が馬券に絡んだ年が4回もあるわ。

今回ハナを切りそうな馬は…一頭だけいるわね!

さあここで、現段階での注目馬を紹介するわ。

注目の逃げ馬についても紹介しているから、確認してちょうだい!

2018年 阪急杯 注目馬①

レッドファルクス(牡7
【前走:マイルチャンピオンシップ(G1)3番人気8着】

昨年10月にスプリンターズステークス2連覇を果たしたレッドファルクス。

本走の登録馬の中でも頭一つ抜けた実績で、当日も圧倒的な人気になりそうだわ。

実際、今回調べたデータに照らしてみても、前走の着順や負担重量など、勝ち馬に推せる材料が多いのよね。

今回は主戦のM.デムーロ騎手が中山記念に向かう影響で、川田騎手が騎乗することになるらしいけど、これもプラス要素。

川田騎手のこのレースにおける成績は(0-0-3-4)で、複勝率は42.9にもなるの。

問題があるとすれば、高松宮記念に照準を合わせているだろう陣営が、本走にどの位まで仕上げて来るか?というところ。

水曜日の最終追い切りも確認しながら、金曜日まで更に詰めていくわよ!

2018年 阪急杯 注目馬②

カラクレナイ(牝4
【前走:シルクロードステークス(G3)3番人気4着】

昨年春にフィリーズレビューを勝って以来、目立ったところのないカラクレナイ。

一度調子を落とした牝馬は「もうお母さんになろうとしている」なんて言われて人気を落とすことも多いけど、各所の予想オッズではなかなか健闘しているのよ。

彼女は「前走に京都競馬場を使った軽斤量の馬」であることを始めとして、他にもプラスになる材料があるわ。

それは前走の着順。
このレース、前走4着だった馬の過去10年の成績が(1-4-0-7と妙にいいのよね。

彼女と同じく注目されている牝馬のモズアスコットも、ちょうど前走4着なのだけれど…
負担重量の差や、復調気配のあった前走の走りを見た結果、今の所カラクレナイが優勢と判断したわ。

彼女が完全に調子を取り戻す前の今のうちに、ツバを付けておきなさい!

昨年の超高配当が記憶に新しい阪急杯。
今年馬券を彩るのは、皆が見逃しているこの伏兵馬よ!

2018年 阪急杯 注目穴馬

アポロノシンザン(牡6
【前走:阪神カップ(G2)6番人気14着】

今回、ハナを主張してペースを作りそうなのがこのアポロノシンザン

このレースではよく逃げが決まっている、というのは既に話した通りよ。

2走前の信越ステークス(OP特別)では、去年の覇者トーキングドラムも出走する中できっちり逃げ勝っていたし、実力は十分。

とはいえ、前走での大負けについてはどうしても気になってしまうんだけど…
過去阪神カップから出走して馬券に絡んだ馬の中には、前走15着、当日11番人気だったオリービンのような馬もいるわ。

つまり、前走の成績を気にしすぎる必要はないってこと。

彼の大逃げと高配当に、今から期待が高まるわ!

よかったらシェアしてちょうだい!
目次