今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

エプソムカップ2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 エプソムカップ 最終予想

エプソムカップの最終予想をするわよ!

人気・実績ともに抜けた大本命馬が不在で、大混戦の様相を呈している今年。

しかも昨年420万馬券が飛び出したように例年大荒れ傾向のレースとあって、馬券に来そうなところさえも選びかねる、って感じよね。

そんな難解な一戦、攻略のカギはウチのようなデータを使った予想よ。

今回も過去のデータを隅々まで検証し、これまでに馬券を賑わせてきた穴馬たちに通ずる材料を持った伏兵を導き出すことができたわ。

7桁配当まで見える注目穴馬として印を打っておいたから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認していくわよ!

2021年 エプソムカップ 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 プレシャスブルー 牡7 56.0 柴田善臣 相沢郁 美浦
2 マイラプソディ 牡4 56.0 武豊 友道康夫 栗東
2 3 ヴェロックス 牡5 57.0 浜中俊 中内田充 栗東
4 セダブリランテス 牡7 56.0 石川裕紀 手塚貴久 美浦
3 5 エアアルマス 牡6 58.0 三浦皇成 池添学 栗東
6 ヒュミドール セン5 56.0 吉田豊 小手川準 美浦
4 7 ファルコニア 牡4 56.0 川田将雅 高野友和 栗東
8 アルジャンナ 牡4 56.0 ルメール 池江泰寿 栗東
5 9 ヤシャマル 牡4 56.0 木幡巧也 尾形和幸 美浦
10 ワンダープチュック 牡7 56.0 田辺裕信 河内洋 栗東
6 11 ニシノデイジー 牡5 56.0 江田照男 高木登 美浦
12 ミラアイトーン 牡7 56.0 菊沢一樹 菊沢隆徳 美浦
7 13 サトノフラッグ 牡4 56.0 戸崎圭太 国枝栄 美浦
14 ガロアクリーク 牡4 56.0 野中悠太 上原博之 美浦
15 ザダル 牡5 56.0 石橋脩 大竹正博 美浦
8 16 シュリ 牡5 57.0 M.デム 池江泰寿 栗東
17 アドマイヤビルゴ 牡4 56.0 岩田望来 友道康夫 栗東
18 アトミックフォース 牡5 56.0 武藤雅 武藤善則 美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
G2からのローテーションが好調
G1組はここ4年馬券に絡めていない

■前走着順別成績
どの条件からでも馬券になり得る
今回距離が延長される前走6着以下だった馬に注意

■レース当日の人気別成績
上位陣の勝率はそこまで高くない
大穴クラスでも十分狙える

■年齢別成績
4歳馬が圧倒的に有利
7歳馬は重賞で馬券経験のあることが好走の条件

それじゃあ月曜から引き続き、過去10年分のデータを基にエプソムカップの予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい。

2021年 エプソムカップ 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1 1 1 14 5.9% 11.8% 17.6%
1 1 2 13 5.9% 11.8% 23.5%
3 2 3 11 15.8% 26.3% 42.1%
0 2 1 17 0% 10.0% 15.0%
1 1 0 18 5.0% 10.0% 10.0%
2 0 0 17 10.5% 10.5% 10.5%
0 1 1 23 0% 4.0% 8.0%
2 2 2 20 7.7% 15.4% 23.1%

このレース、あまり枠による有利不利はなさそうなんだけど…。
3枠だけは好走率がズバ抜けているわ!

この枠は単純に馬券になった頭数も多いんだけど、昨年ダイワキャグニーがここから最先着したように、伏兵が好走する傾向にあるのよね。

単勝・複勝ともに回収率は100%を超えているし、大穴クラスの人気とはいえ今回3枠に収まったエアアルマスヒュミドールは侮れない存在になるわよ。

他には、3枠の次に成績のいい大外8枠も見逃せないわね。

ここは昨年高配当の立役者となったトーラスジェミニをはじめ、直近5年で4頭が馬券になっている好調どころ

複勝回収率は比較したなかでトップの数値になっているし、8枠を引いたシュリアドマイヤビルゴアトミックフォースは優勢にレースを運べそうね。

次は、馬体重別成績を見てもらおうかしら。

2021年 エプソムカップ 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 1 3 0 13 5.9% 23.5% 23.5%
460~479kg 1 2 2 35 2.5% 7.5% 12.5%
480~499kg 5 4 6 45 8.3% 15.0% 25.0%
500~519kg 3 0 2 26 9.7% 9.7% 16.1%
520kg~ 0 1 0 14 0% 6.7% 6.7%

勝ち馬は480~519kgの範囲にある馬から出る、と言えそうなデータね。

なかでももっとも勝率の高い、500~519kgの子たちは要注目。

2017年に5番人気から勝ち馬になったダッシンングブレイズに代表されるように、単勝10倍以上だった穴クラスが勝利している傾向があるのよね。

前走時の馬体重を参考にすると、いかにも穴馬らしい雰囲気漂うシュリガロアクリークがこの範囲に該当することになるわ。

ちなみ、459kg以下で馬券になったのべ4頭はすべて4歳馬

高齢で、かつ極端に軽い馬は気を付けたほうがよさそうよ。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表していくわね!

2021年 エプソムカップ 注目馬①

アルジャンナ(牡4)
【前走:読売マイラーズカップ(G2)3番人気2着】

月曜にも真っ先に注目馬として紹介していた、アルジャンナ

もともと盤石に近いデータを備えていた彼だけど、今日の検証で枠・馬体重ともに「買える」範囲にあるとわかって、十分軸に据えられる存在、と判断したわ。

ちなみに今回アルジャンナ初騎乗となるC・ルメールJだけど、このエプソムカップは最先着1回、連対1回となかなかの好相性
人馬ともに走る材料は揃っている、と言えるわよ。

そんなアルジャンナの最終追い切りは、栗東の坂路を【51.3-37.4-24.8-12.6】の時計。
調教では問題になるような部分は見られなかったし、仕上がりは上々、と言っていいんじゃないかしら。

人気は高くなりそうだけど最低限のコスパは見込めるし、積極的に買っていきたいわね!

2021年 エプソムカップ 注目馬②

ヤシャマル(牡4)
【前走:府中ステークス(3勝クラス)1番人気1着】

好調4歳馬からは、ヤシャマルにも警戒が必要よ。

本走が初の重賞挑戦となる彼だけど、直近3走はすべて最先着を果たすなど、実力・勢いは今メンバーのなかでもまったく引けを取らないレベル。

しかも今回の舞台となる東京コースでは通算【3-2-1-1】と、走れば高確率で結果を残している馬券の常連なのよね。

馬場状態を問わず結果が出せる相性のよさがあることを考えると、彼の能力を最大限発揮できるレースになりそうだから侮れないわよ。

そんなヤシャマルの最終追い切りは、美浦の坂路を【52.9-38.0-24.1-11.8】の時計。
状態面は陣営も太鼓判を押すほどの出来だけあってかなりの好調さが見て取れたし、あとは日曜を迎えるだけ、って感じ。

昇格戦とはいえ、今の彼ならこの舞台で上位陣を一蹴しても不思議はないわ!

2021年 エプソムカップ 注目馬③

アトミックフォース(牡5)
【前走:メイステークス(OP特別)1番人気3着】

昨年のエプソムカップでは大混戦のなか掲示板を確保する粘りを見せた、アトミックフォース

最先着馬に0秒3差と勝ちまで見えた走りだったところを見ると、今年も期待せずにはいられない、って感じよね。

そんなアトミックフォース、目立たないながらも枠を含め好データにはしっかり該当していた1頭。

昨年の好走からも分かるようにこの舞台の適性は高いし、前走では久々の3着入線を果たすなど勢いのついた彼は穴目として見逃せない存在よ。

アトミックフォースの最終追い切りは、美浦の南Wで【67.8-53.1-39.1-12.5】の時計を記録。
先行策をとったレースで結果を出している彼だけど、今回もその脚が期待できる内容の調教だったし、仕上がりはなかなかのものよ。

オッズもかなりの見返りが見込めるところにあるし、狙い目ね!

2021年 エプソムカップ 注目馬④

ガロアクリーク(牡4)
【前走:ディセンバーステークス(OP特別L)1番人気3着】

都大路Sでの競争除外から仕切り直しの一戦となる、ガロアクリーク

本走は昨年暮れのディセンバーS以来、という点で敬遠気味の人もいると思うけど…。

安田記念のダノンキングリーの例もあるように、ここ最近の重賞は休み明けの馬が好走する傾向にあるし、むしろ休養十分の今回は彼にとっても好条件、と言えるんじゃないかしら。

そんなガロアクリークだけど、データや状態面も上々

4歳馬が圧倒的な好走傾向にあるのは伝えた通りだし、馬体重も理想的なところ。
水曜日の最終追い切りでは反応もよく、美浦の南Wで【66.0-51.8-38.0-12.9】の好時計を記録するなど、態勢は整っているわ。

昨年の東京優駿では、今回上位人気しているアルジャンナやサトノフラッグに先着している彼。
このくらいの人気なら、かなり「買い」ね!

今年も大荒れの雰囲気が漂う、エプソムカップ。
アノ伏兵を馬券に含めて、超高配当をゲットしてちょうだい!

2021年 エプソムカップ 注目穴馬

セダブリランテス(牡7)
【前走:六甲ステークス(OP特別L)3番人気6着】

本走でもっとも警戒したい穴馬候補が、セダブリランテスよ!

月曜の時点で、穴馬としての激走に必要な条件を満たしていた彼。
今日の検証でも好走に期待できるものが出ていたし、データ上は十分最先着さえ狙える位置にある、と言えるわよ。

またこのレースの舞台となる東京の左回りについても、連対した4年前のアルゼンチン共和国杯で適性は証明済み
芝のマイル戦も重賞含め3勝と主戦としているところだけに、道中も優勢な試合運びが見込めるわね。

そんなセダブリランテスの最終追い切りは、美浦の坂路で【52.7-39.2-25.6-12.7】の時計。
7歳と高齢ながらここまで大事に使われてきたこともあって、その年齢をまったく感じさせないほどの走りは好印象だったわ。

エプソムカップは彼のように、戦績は目立たずともコンスタントに結果を出していた馬が勝つ舞台
今回の彼は買わないと後悔しそうよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次