今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

エルムステークス2018のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 エルムステークス 事前予想

今週は、札幌を賑わすダート重賞、エルムステークスの予想をしていくわよ!

本走はここ4年連続で6万円以上の馬券が出ていて「安定してそこそこ荒れるレース」だと言えるわ。

特徴としては、1番人気が今一つ勝ちきれないことと、中穴クラスの馬がじゃんじゃん馬券に絡んでくることが挙げられるわね。

こういう難解なレースこそデータの出番。
今年も分析の結果、1番人気候補の思わぬ欠点や、3着内に飛び込んでくる可能性の高い伏兵馬を見つけることができたわ。

注目馬はページの最後で紹介しているから、期待しててちょうだい。

さっそく、今年の特別登録馬を見てもらうわね。

2018年 エルムステークス 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アルタイル 56.0 手塚貴久 美浦
ディアデルレイ 56.0 牧光二 美浦
ドリームキラリ 56.0 矢作芳人 栗東
ノーブルサターン 56.0 牧浦充徳 栗東
ハイランドピーク 56.0 土田稔 美浦
ブラゾンドゥリス 56.0 尾形和幸 美浦
ミツバ 57.0 加用正 栗東
メイショウスミトモ 58.0 南井克巳 栗東
モルトベーネ 56.0 松永昌博 栗東
モンドクラッセ 56.0 清水英克 美浦
リーゼントロック 56.0 矢作芳人 栗東
ロンドンタウン 57.0 牧田和弥 栗東
アンジュデジール 55.0 昆貢 栗東
リッカルド セン 56.0 黒岩陽一 美浦

それじゃ、過去10年中、札幌で行われた8レース分のデータを使って、エルムステークスの予想を組み立てていくわ。

前走競馬場別成績から見てちょうだい!

2018年 エルムステークス 前走競馬場別成績

前走場所 着別度数 勝率 連対率 複勝率
札幌 2- 1- 4- 24/ 31 6.5% 9.7% 22.6%
函館 2- 2- 2- 28/ 34 5.9% 11.8% 17.6%
福島 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7%
新潟 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
東京 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
中山 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
中京 1- 1- 0- 3/ 5 20.0% 40.0% 40.0%
京都 1- 2- 0- 7/ 10 10.0% 30.0% 30.0%
阪神 0- 0- 1- 3/ 4 0.0% 0.0% 25.0%
小倉 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
地方 2- 4- 3- 16/ 25 8.0% 24.0% 36.0%
海外 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
同場所 1- 0- 4- 30/ 35 2.9% 2.9% 14.3%
別場所 9- 10- 6- 67/ 92 9.8% 20.7% 27.2%
東開催 2- 0- 0- 13/ 15 13.3% 13.3% 13.3%
西開催 2- 3- 1- 16/ 22 9.1% 22.7% 27.3%
中央開催 1- 2- 1- 19/ 23 4.3% 13.0% 17.4%
ローカル 7- 4- 6- 62/ 79 8.9% 13.9% 21.5%
表開催 4- 3- 1- 28/ 36 11.1% 19.4% 22.2%
裏開催 4- 3- 6- 53/ 66 6.1% 10.6% 19.7%
右回り 9- 8- 8- 78/103 8.7% 16.5% 24.3%
左回り 1- 2- 2- 19/ 24 4.2% 12.5% 20.8%
右→右 8- 7- 7- 72/ 94 8.5% 16.0% 23.4%
左→左 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
右→左 1- 1- 1- 6/ 9 11.1% 22.2% 33.3%
左→右 1- 2- 2- 14/ 19 5.3% 15.8% 26.3%
門別 0- 1- 0- 6/ 7 0.0% 14.3% 14.3%
旭川 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
盛岡 0- 1- 2- 4/ 7 0.0% 14.3% 42.9%
水沢 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0%
大井 1- 1- 0- 4/ 6 16.7% 33.3% 33.3%
川崎 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
名古屋 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%

※登録馬の前走開催場のみを取り上げているから、各列の合計が8にならないわよ。

この表で注目すべきことは二つ。

前走で地方競馬を使った馬が安定して好成績を残している、ということと、前走函館の馬が出走数のわりに成績が振るわないこと。

まず前走が地方競馬だった3頭、アンジュデジールミツバリッカルド高く評価すべきね。

問題は前走函館だった馬たち。
過去馬券に絡んだ5頭について詳しく調べてみたわ。

すると、そのうち4頭は前走の1番人気、かつ当日も2番人気以内だったことがわかったの。

そして残る1頭は2011年のオーロマイスター
レース当日までは惨敗続きで支持を落としていたけど、前年にマイルチャンピオンシップ南部杯Jpn1で、かのエスポワールシチーを下して勝利していた実績馬よ。

つまり前走函館の馬が馬券に絡むには、相当な人気か実力が必要ってこと。

今回の登録馬の中だと、上位人気筆頭のハイランドピークさえ買い目に含めていいか怪しいところだわ。

次は、当日人気別成績を見てもらおうかしら。

2018年 エルムステークス レース当日人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 2- 1- 3- 4/ 10 20.0% 30.0% 60.0%
2番人気 3- 1- 0- 6/ 10 30.0% 40.0% 40.0%
3番人気 3- 0- 1- 6/ 10 30.0% 30.0% 40.0%
4番人気 1- 2- 0- 7/ 10 10.0% 30.0% 30.0%
5番人気 0- 3- 1- 6/ 10 0.0% 30.0% 40.0%
6番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
7番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
8番人気 0- 1- 2- 7/ 10 0.0% 10.0% 30.0%
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%

まず、当日2桁人気で馬券に絡んだ馬が1頭いるけど、これは2014年の10番人気だったインカンテーション。

つまり集計対象のレースでは、11番人気以降で馬券に絡んだ馬はいないってこと。

実質10頭立てと見なしていいわね。

各所の予想オッズを見ても、11番人気以降には明らかにオッズの断層があるから…
アルタイルメイショウスミトモモルトベーネモンドクラッセあたりは遠慮なく切って大丈夫よ。

それを踏まえて表を確認すると、おおむね人気上位であればあるほど馬券に絡みやすい、という素直な傾向が見られるわね。
ただし勝ち馬については、人気順を問わず出てくる可能性があるから注意してちょうだい。

次は、脚質別成績を見てもらうわね。

2018年 エルムステークス 脚質別成績

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 0- 1- 5- 4/ 10 0.0% 10.0% 60.0%
平地・先行 8- 8- 3- 12/ 31 25.8% 51.6% 61.3%
平地・中団 0- 1- 1- 42/ 44 0.0% 2.3% 4.5%
平地・後方 0- 0- 1- 39/ 40 0.0% 0.0% 2.5%
平地・マクリ 2- 0- 0- 1/ 3 66.7% 66.7% 66.7%

とにかく前!というわかりやすいデータね。

4角地点で中段以降にいた馬にはほとんど勝機がないって感じ。

ただし逃げ馬が過去2着以内に入っていない、というのには注意したいところだわ。

今年逃げそうな馬といえば、やはりドリームキラリ
有力候補であることに間違いはないけど、くれぐれも買い目には気を付けてちょうだい。

次は、騎手別成績よ。

2018年 エルムステークス 騎手別成績

前走騎手 着別度数 勝率 連対率 複勝率
岩田康誠 4- 1- 0- 4/ 9 44.4% 55.6% 55.6%
戸崎圭太 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
内田博幸 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%
横山典弘 2- 0- 0- 3/ 5 40.0% 40.0% 40.0%
吉田豊 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
ルメール 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
松山弘平 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
菊沢隆徳 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
幸英明 0- 2- 0- 1/ 3 0.0% 66.7% 66.7%
三浦皇成 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
岡部誠 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
大野拓弥 0- 0- 1- 0/ 1 0.0% 0.0% 100.0%
丸山元気 0- 1- 1- 1/ 3 0.0% 33.3% 66.7%
津村明秀 1- 0- 1- 5/ 7 14.3% 14.3% 28.6%
松田大作 0- 0- 1- 1/ 2 0.0% 0.0% 50.0%
佐藤哲三 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
古川吉洋 0- 1- 0- 1/ 2 0.0% 50.0% 50.0%
◆同騎手 7- 7- 4-45/63 11.1% 22.2% 28.6%
藤岡康太 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
柴田大知 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
M.デム 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
四位洋文 0- 1- 1- 3/ 5 0.0% 20.0% 40.0%
藤田伸二 0- 1- 1- 6/ 8 0.0% 12.5% 25.0%
◆乗替り 3- 3- 6-53/65 4.6% 9.2% 18.5%
太宰啓介 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
丸田恭介 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
勝浦正樹 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
◆地→中 0- 0- 1- 2/ 3 0.0% 0.0% 33.3%
藤岡佑介 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
◆中→外 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
田中勝春 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
松岡正海 0- 0- 1- 7/ 8 0.0% 0.0% 12.5%
池添謙一 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
吉田隼人 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
藤田菜七 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
ボウマン 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
石橋脩 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
黛弘人 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
◆外→中 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
石崎駿 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
石川倭 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
服部茂史 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
吉田稔 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
武士沢友 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
川須栄彦 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
武豊 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
C.デム 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
上村洋行 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
小原義之 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
村田一誠 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
安藤勝己 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
中舘英二 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
後藤浩輝 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
張田京 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
丹内祐次 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
ベリー 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
菱田裕二 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
秋山真一 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
国分優作 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
井上俊彦 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
田辺裕信 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
浜中俊 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
福永祐一 0- 0- 0- 3/ 3 0.0% 0.0% 0.0%
宮崎光行 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
伊藤工真 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

乗り替わりの無い馬が好成績なのはイメージ通りだけど、それにしても極端ね。
勝率は3倍近い開きがあるわ。

とはいえ、乗り替わり組からは中穴クラスが馬券内に飛び込んでくることが多いから注意したいところ。

該当する8頭について詳しく調べてみたわ。

するとそのうち7頭が、前走で5番人気以内だったことがわかったの。

残る1頭はさきほども紹介したオーロマイスターよ。

つまり今年は、これまでに切っていない馬の中だとブラゾンドゥリスを新たに切る必要があるわね。

さあ、ここで現段階における注目馬を紹介するわ。

2018年 エルムステークス 注目馬①

ドリームキラリ(牡6
【前走:プロキオンステークス(G3)4番人気6着】

買い目に注意!と言ったそばから恐縮だけど、今回注目せざるを得ないのがこのドリームキラリ

昨年夏のマーキュリーカップから6走連続で掲示板を確保した安定感には目を見張るものがあるわよね。

ただ前走は残念ながら6に沈んでしまったけど…
ガチガチの不良馬場だった上にハナもマテラスカイに譲って、彼本来の競馬をまったくさせて貰えなかった、って感じ。

その影響で人気が落ちるなら、私たちにとってはむしろ好都合ね。

今回は前走と違ってかなり楽に逃げられそうだから、逃げ馬の3着率が高いこのレースではぜひ買いたいところ。

今後より良いデータが見つかれば、2着・1着まで考慮に入れて買い目を組み立てていくわよ!

2018年 エルムステークス 注目馬②

ミツバ(牡6
【前走:マーキュリーカップ(地方G3)2番人気1着】

人気どころの中からは、このミツバに注目よ。

今年に入ってからG3級のレースを4走して1-2-0-1と、いよいよ脂が乗って来た感のある彼。

とくに近2走の走りは、マクリの決まりやすいこのレースでの好走を期待させるいいロングスパートだったわよね。

ほかにも彼は前走で地方を使ったことや、乗り替わりがないことなど、このレースにおける好走条件がよく揃っているわ。

さらに、データ的にやや買いにくいハイランドピークと人気を分け合う形になっているから、配当が上がってオイシイわね。

荒れる前提で予想を組み立てるとしても、彼のことはうかつに切っちゃダメよ!

堅い決着では終わりそうにない今年のエルムステークス
難解なレースで高配当を勝ち獲る鍵は「アノ4歳馬」よ!

2018年 エルムステークス 注目穴馬

アンジュデジール(牝4
【前走:マリーンカップ(地方G3)2番人気1着】

エンプレス杯(指定交流G2)、マリーンカップ(地方G3)と連勝し、いま波に乗っているアンジュデジール

昨年5着だったJBCレディスクラシックを見据えて、このエルムステークスから始動するようね。

彼女は先行脚質で人気もどうにか1桁台、その他にも本走における好走条件がひととおり揃っているわ。

ただ彼女にとっての本番はやはりこの秋。
本走に向けて陣営がどれだけ追い込むのか?というところが未知数ではあるわね。

その辺りは、最終追い切りの様子なども確認しながら、金曜日までかけてじっくり検討していくわ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次