エビコ

2018年エルムステークスで的中を呼び込む穴馬予想

絶対的中!豊富な競馬情報を元に様々な角度から分析した2018年エルムステークス

2018年エルムステークス開催情報

レース名 エルムステークス
クラス G3
開催日 2018年8月12日(日)
開催場 札幌競馬場
レース番号 11R

2018年エルムステークス直前予想

馬番 馬名
2ドリームキラリ
8ハイランドピーク
9ロンドンタウン
5ノーブルサターン
4アンジュデジール
レースの見どころ
エルムステークスの最終予想をするわよ!

今年も例年通り、少なくとも「中の上」くらいの荒れっぷりに期待ができるこのレース。

実は月曜日に行った事前予想の段階で、大半の馬を切っているのよね。

今日は新たなデータを使って残った馬を吟味していったんだけど、的中率にも、配当にも期待できるラインナップになったわ!

予想印はページの最後で紹介しているから、期待しててちょうだい。

さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11リッカルドセン756.0ルメール佐藤裕太地方
22ドリームキラリ牡656.0藤岡佑介矢作芳人栗東
33ミツバ牡657.0松山弘平加用正栗東
4アンジュデジール牝455.0横山典弘昆貢栗東
45ノーブルサターン牡456.0池添謙一牧浦充徳栗東
6リーゼントロック牡756.0松岡正海矢作芳人栗東
57アルタイル牡656.0小崎綾也手塚貴久美浦
8ハイランドピーク牡456.0横山和生土田稔美浦
69ロンドンタウン牡557.0蛯名正義牧田和弥栗東
10メイショウスミトモ牡758.0古川吉洋南井克巳栗東
711ディアデルレイ牡756.0勝浦正樹牧光二美浦
12ブラゾンドゥリス牡656.0丹内祐次尾形和幸美浦
813モルトベーネ牡656.0秋山真一松永昌博栗東
14モンドクラッセ牡756.0柴山雄一清水英克美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走競馬場別成績
前走地方組が強い
今年の前走函館組は厳しい

■レース当日人気別成績
これまで上位10番人気までで決着してきた
複勝率は人気上位ほど有利だが、勝ち馬は比較的まんべんなく出る

■脚質別成績
4角地点で好位につけることが必須
逃げ馬の複勝率が高いが、これまで2着以内には入っていない。

■騎手別成績
乗り替わりのない馬の成績がかなりいい
乗り替わり組は前走5番人気以内が条件


それじゃ、月曜日同様、過去10年のうち札幌で行われた8レース分のデータを使って、エルムステークスの最終的な予想を組み立てていくわ。

年齢別成績から見てもらうわね!

年齢別成績
年齢別成績表

若ければ若いほど強い!という、わかりやすいデータよ。

7歳馬は月曜日の段階ですべて切っているからいいとして、6歳馬については、誰を買って誰を買わざるべきか、悩ましいところよね。

そこで詳しく調べてみたら、集計対象のレースに出走した6歳馬のうち、12番人気だった馬は全員4着以降に沈んでいたことがわかったの。

今回人気になりそうなミツバちょっと危ないんじゃないかしら…


次は、所属別成績よ。

所属別成績
所属別成績表

輸送距離の関係か、好走率を見ると関東馬の方がやや成績がいいようね。

このデータだけで関西馬の評価を下げる、というほどのものではないけれど…「迷ったら関東馬」くらいには、考えておいてちょうだい。


そんなところで、今週の予想印を発表するわよ。

◎ドリームキラリ

◯ハイランドピーク

▲ロンドンタウン

△アンジュデジール

☆ノーブルサターン


本命
ドリームキラリ(牡6
【前走:プロキオンステークス(G3)4番人気6着】

昨年のこのレースで3着だった、ドリームキラリ

過去のデータ的に、好走は間違いなさそうとはいえ「勝利まで届くかどうか」が微妙なところだったんだけど…
調教の動きを見て、十分本命に推せると判断したの。

最終追い切りはダートコースで追われて、5ハロン66.5-12.2というタイム。
終いの鋭い伸びが印象的だったわ。

さらに、抽選で内枠を引けたのも追い風になってるわね。
馬群の先頭を気持ちよく走る、いつもの競馬をさせてもらえそうよ。

今のところ人気もほどほどに落ち着いているから、ぜひ押さえておいてちょうだい!

対抗
ハイランドピーク(牡4
【前走:マリーンステークス(OP特別)2番人気2着】

今年ミツバと1番人気を争う格好になりそうなハイランドピーク

月曜日に話したとおり、このレースにおける前走函館組は相当の人気や実力がないと厳しいところなんだけど…
すべてのデータを考慮した結果、「買い」だと判断したわ。

最終追い切りも、函館のWコースを馬なりで5ハロン67.2-13.1と上々。
動きもよかったし、前走でかなりハイペースなレースを戦った疲れはもう残っていないみたいね。

かねてから「実力はG1級」と言われ続けてきた彼、ここで爆発するかもしれないわよ!


中荒れ程度では済まなさそうな今年のエルムステークス
この馬たちを押さえて、夏競馬ラストスパートに向けた軍資金を稼ぎ出してちょうだい!


単穴

ロンドンタウン(牡5
【前走:アンタレスステークス(G3)6番人気6着】

昨年のエルムステークスをレコードタイムで勝ったロンドンタウン

のちにG2馬となるテイエムジンソクを半馬身差で制しての勝利は見事だったわね。

ここ数レースはパッとしない成績が続いているけど…
札幌の1700m、という特殊な条件で行われるこのレース、過去に一度勝っているアドバンテージはあなどれないわ。

最終追い切りは、中盤から軽く促すかたちで函館Wコースを5ハロン72.2-13.1というタイム。

4か月ぶりのレースだというのに、ビッシリ追っていないのが好印象ね。
すでに十分仕上がっている、という証拠と見ていいわ。

彼の復帰、そして2連覇に期待が高まるわね!

連下

アンジュデジール(牝4
【前走:マリーンカップ(地方G3)2番人気1着】

本走の紅一点ことアンジュデジール

本走における好走材料が良く揃っているから、月曜日には注目穴馬として推していたんだけど…
最終的にはこの印、連下評価としたわ。

その理由は調教。
最終追い切りでは併せ馬に後着した上、動きもあまりいいようには見えなかったのよね。

とはいえ、陣営はその動きを評価しているようだし、輸送の影響もなくカイバを食っているようだし、外から見た印象だけで切るには惜しいって感じ。

心情的には、牡馬たちをぶっちぎっての快勝に期待したいところだけど、あくまでシビアに見ていくわよ!

注目穴馬

ノーブルサターン(牡4
【前走:安達太良ステークス(1600万下)5番人気1着】

前走の「あたたらステークス」を快勝して、降級後あらためてオープン入りを果たしたノーブルサターン

ゲートで怪しいところがあったけど、結局地力の強さで勝ってしまった、という感じの内容で、今後に期待できるレースだったわ。

ここまで負かした相手に目立った馬がいるわけでもないから、今回のレースは彼にとって数段レベルの高い戦いになるけど…

調べてきたデータで不安なところもないし、馬券に絡んでくる可能性はかなり高いわ。

今回テン乗りになる池添騎手が追い切りに騎乗して乗りやすさを評価していたから、人馬の相性という面でも問題なさそう。

今のところほとんど注目されていないようだし、狙い目よ!




的中実績

エルムステークス予想記事一覧

ログイン



閉じる

パスワードを忘れた方はこちら

会員登録でお得な情報を無料配信!


閉じる