今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

CBC賞2018の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 CBC賞 最終予想

CBC賞の最終予想をするわよ!

1番人気があまり信頼できず、例年軸が定まりにくいこのレース。

今回も人気どころの実力が伯仲していて、誰を買えばいいか目移りしちゃうわよね。

こんな時こそ、周りの声に捕らわれず、データを活かして予想するのが大事になるの。

どの有力馬を軸にすべきか?
そしてどの穴馬を相手に買うべきか?

予想を進めた結果、来れば昨年の41万馬券を上回るかもしれない買い目が導き出されたわ!

このページの最後で紹介しているから、期待しててちょうだい!

さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

2018年 CBC賞 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 トーキングドラム 牡8 55.0 松若風馬 斎藤誠 美浦
2 トウショウピスト 牡6 56.0 幸英明 角田晃一 栗東
2 3 レーヴムーン 牡5 53.0 荻野極 藤岡健一 栗東
4 コウエイタケル 牡7 54.0 松田大作 山内研二 栗東
3 5 グレイトチャーター 牡6 54.0 鮫島克駿 鮫島一歩 栗東
6 アクティブミノル 牡6 56.0 福永祐一 北出成人 栗東
4 7 ダイメイプリンセス 牝5 54.0 秋山真一 森田直行 栗東
8 アレスバローズ 牡6 54.0 川田将雅 角田晃一 栗東
5 9 セカンドテーブル 牡6 56.0 水口優也 崎山博樹 栗東
10 ナガラフラワー 牝6 52.0 高倉稜 高橋亮 栗東
6 11 スノードラゴン 牡10 58.0 和田竜二 高木登 美浦
12 ダイメイフジ 牡4 56.0 M.デム 森田直行 栗東
7 13 ナリタスターワン 牡6 55.0 太宰啓介 高橋亮 栗東
14 フミノムーン 牡6 55.0 国分優作 西浦勝一 栗東
15 ワンスインナムーン 牝5 54.0 浜中俊 斎藤誠 美浦
8 16 ペイシャフェリシタ 牝5 54.0 三浦皇成 高木登 美浦
17 トシザキミ 牝7 48.0 畑端省吾 鮫島一歩 栗東
18 アサクサゲンキ 牡3 53.0 武豊 音無秀孝 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走レース別成績
安土城ステークスを使ってきた馬の成績がいい

■前走着順別成績
当日人気の高い前走1馬は買い
穴を狙うなら前走35の馬

■脚質別成績
逃げ馬は半分が馬券に絡んでいる
短距離の割には差し・追い込みが決まる

■年齢別成績
近年は7歳以上の馬が馬券に絡んでいない

それじゃ、新たに2点のデータを使って、CBC賞の最終的な予想を組み立てていくわ。

斤量別成績から見てちょうだい!

2018年 CBC賞 斤量別成績

斤量 着別度数 勝率 連対率 複勝率
〜49kg 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
49.5〜51kg 0- 1- 0- 10/ 11 0.0% 9.1% 9.1%
51.5〜53kg 1- 2- 0- 43/ 46 2.2% 6.5% 6.5%
53.5〜55kg 2- 4- 4- 43/ 53 3.8% 11.3% 18.9%
55.5〜57kg 4- 1- 5- 32/ 42 9.5% 11.9% 23.8%
57.5〜59kg 3- 2- 1- 4/ 10 30.0% 50.0% 60.0%
59.5〜 0- 0- 0- 0/ 0

※今回出走する馬の負担重量だけを取り上げているから、各列の合計は10頭にならないわよ

一見、57.5kg以上を背負った馬がかなり優秀のようね…。

ただここから馬券に絡んだのは、2012~13年のダッシャーゴーゴーのような本命クラスの馬ばかり。

今回スノードラゴンが58kgを背負わされているけど…
このデータだけではちょっと買えないわね。

そこで気になるのは、やはり55~56kgという中程度のハンデを背負った馬

とくに55kg負担の馬は「過去10年、該当する馬の単勝を買い続けていれば儲かった」というデータがあるから狙い目よ!

今年はトーキングドラムナリタスターワンフミノムーンが該当するわね。

次は、枠順別成績を見てもらおうかしら。

2018年 CBC賞 枠順別成績

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1- 0- 1-16/18 5.6% 5.6% 11.1%
2枠 0- 1- 1-16/18 0.0% 5.6% 11.1%
3枠 2- 1- 1-15/19 10.5% 15.8% 21.1%
4枠 1- 2- 3-14/20 5.0% 15.0% 30.0%
5枠 0- 1- 0-18/19 0.0% 5.3% 5.3%
6枠 3- 0- 1-16/20 15.0% 15.0% 20.0%
7枠 1- 3- 2-19/25 4.0% 16.0% 24.0%
8枠 2- 2- 1-20/25 8.0% 16.0% 20.0%

全体的に、外枠の方がより好走する傾向があるようね。

もっとも勝率が高いのは6だけど、ここに上位人気筆頭のダイメイフジが入ったおかげで、かなり買いやすくなったわ。

そのダイメイフジの相手について考えてみると、1番複勝率の高い4と、その次に高い7が気になるわね。

この中で、今回とくに注目したいのは7よ。

過去4枠から馬券に絡んだのは当日3番人気以内の大本命ばかりなんだけど、7枠からは昨年13番人気だったセカンドテーブルのような穴馬が飛び込んできているの。

穴を買うなら7枠からってことね。

今年は3頭が該当するけど、これまでのデータに照らし合わせると、注目したいのはアノ1

というわけで、今回の予想印を発表するわよ。

2018年 CBC賞 注目馬①

ダイメイフジ(牡4
【前走:安土城ステークス(OP特別)3番人気1着】

今回本命を任せるのはこのダイメイフジよ!

実はこのCBC賞、例年1番人気が不振なんだけど…
過去の成績を調べてみると、大穴が勝つようなケースはほとんどなくて、4番人気くらいまでの上位人気馬が勝ち星を分け合っているような恰好なのよね。

今回、その「上位人気」を客観的に調べ上げた結果、もっとも信頼できるのが、たまたま1番人気のダイメイフジだったってわけ。

月曜日に調べたデータに良く合致している上に、枠もいいところを引いてくれたわけだから、彼を買うのに不安はないわ。

もしかすると、最終追い切りで併せ馬に先着されたのを見て、心配する人がいるかもしれないけど…
あの遅れは、放牧で落ちていた体重がしっかり戻っている証拠よ。

ここでもう少し絞って、体調のピークを本番にピッタリ合わせてくれるだろうから、むしろ期待していいくらいね。

1番人気としてはまずまずの配当がつくだろうから、そういう意味でも狙い目だわ!

2018年 CBC賞 注目馬②

ワンスインナムーン(牡5
【前走:函館スプリントステークス(G3)2番人気8着】

前走の函館スプリントステークスでは満足のいかない結果に終わったワンスインナムーン

前走といえば、月曜日に「函館SSを走ってきた馬は気を付けた方がいい」という話をしたのを覚えているかしら?

該当する馬は過去2頭しか出走していないとはいえ、過去1度も馬券に入っていないのが気がかりだったんだけど…
データ上有利な5歳馬であることや、有利な外枠に入ったことなどを考慮して、総合的に十分買えると判断したわ。

ただ、前走で函館を使ってすぐ美浦に輸送されて、また中京に運ばれる、というローテーションはちょっと心配よね。

でも最終追い切りを見る限り、調教も手堅くこなしていて疲れは感じられなかったわ。

この夏どうにか短距離で重賞を取りたいワンスインナムーン。
数少ないチャンスに向けて、陣営も本気で仕上げてくるはずよ!

大荒れ必至な夏のハンデ走、CBC賞!
来れば帯封馬券もありえるアノ大穴、ぜひ押さえておいてちょうだい!

2018年 CBC賞 注目馬③

フミノムーン(牡6
【前走:春雷ステークス(OP特別)8番人気12着】

穴馬続出の7枠から、このフミノムーンをオススメするわ!

ここ2レースほどふがいない結果が続いている彼だけど、上がり3Fのタイムはいずれもレーストップ

スプリントとしてはかなり差し・追い込みが決まりやすい本走でなら、彼の実力が十分以上に発揮されるはずよ。

さらにこのCBC賞は、前走で2桁決着だった馬の成績が2-3-1-53とまずまず。
巻き返しのチャンスは十分にあるってこと。

彼は月曜日に調べたそのほかのデータでも不安なところがないし、斤量も55kgと穴馬の条件に合致したわね。

追い込み馬だけに、どうしても「展開が向けば」という但し書きがついてしまうけど、その分来たときの配当は高いわよ!

2018年 CBC賞 注目馬④

アクティブミノル(牡6
【前走:鞍馬ステークス(OP特別)6番人気8着】

昨年のCBC賞で逃げて3着に入ったアクティブミノル

今年も昨年同様、開幕週のキレイな良馬場で走れそうだから、また昨年同様の波乱を巻き起こしてくれるんじゃないかと期待しちゃうわね。

枠順は、取り立てて有利というわけでもない3に入ったけど…
過去には、彼と同じ6歳・56kg負担のヘッドライナーがこの枠に入って勝利しているから、彼にとってはむしろ好都合といえるわ。

最終追い切りも、坂路を馬なりで4ハロン50.9-12.2と上々。
時計以上にスピード感のある動きだったわね。

中京ではこれまで掲示板を外していない彼、今回も上位に粘ってくるはずよ!

2018年 CBC賞 注目穴馬

トウショウピスト(牡6
【前走:安土城ステークス(OP特別)9番人気5着】

月曜日の注目穴馬として紹介していたトウショウピスト

負担重量が、データ上好走率の高い56kgに落ち着いてくれたおかげで、大穴としてはかなり買いやすくなってくれたわ。

しかもこの56kgというのは、本命で紹介したダイメイフジと同じ斤量
前走では1kg軽い斤量を背負っていた彼に0.1秒差で敗れたけど、差が無くなった本走ならどうなるか分からないわよ。

枠順はあまり有利でない内側に入ってしまったけど、彼はスタートのセンスがいいから馬群に包まれるような不利は受けなさそうよね。
その分、経済コースを走れる有利を十分に受けられるだろうし、あまり気に病む必要もないわ。

今の所ほとんど注目されていないし、配当の面でも期待できるわ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次