今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

チューリップ賞2018のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 チューリップ賞 事前予想

今週の土曜日に牝馬クラシック第一弾となる桜花賞のトライアルチューリップ賞(G2が行われるわ!
今年G3からG2に格上げされ、より注目度が増したって感じね。

過去の勝ち馬を見ても、ウオッカ・ブエナビスタ・ハープスター・シンハライト・ソウルスターリングなど、G1の第一線で活躍する名牝を多く輩出しているレースなのよ!

今年も阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)の上位3頭が揃い踏みと、好メンバーが集まったわ!

早速、桜の女王候補たちを紹介しようかしらね。

2018年 チューリップ賞 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
ウインラナキラ 54.0 宮徹 栗東
カレンシリエージョ 54.0 鈴木孝志 栗東
クリノフラッシュ 54.0 橋田満 栗東
サヤカチャン 54.0 田所秀孝 栗東
サラキア 54.0 池添学 栗東
シグナライズ 54.0 藤原英昭 栗東
スカーレットカラー 54.0 高橋亮 栗東
ダンサール 54.0 須貝尚介 栗東
マウレア 54.0 手塚貴久 美浦
ラッキーライラック 54.0 松永幹夫 栗東
リリーノーブル 54.0 藤岡健一 栗東
レッドランディーニ 54.0 石坂正 栗東

阪神ジュベナイルフィリーズで上位争いを演じた、ラッキーライラック・リリーノーブル・ マウレアの3強に注目が集まりそうね。

もちろん実力十分なのは分かっているけど、そこばかり見ていたらイタイ目を見るかもしれないわよ?
今回は3強を脅かすであろう注目馬を3頭ピックアップしたから、楽しみにしていてちょうだい!

じゃあ、G3時代の過去10年のデータを使ってチューリップ賞の予想を始めていくわ!

最初は、前走クラス別成績から。

2018年 チューリップ賞 前走クラス別成績

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
新馬 0- 1- 0- 7/ 8 0.0% 12.5% 12.5%
未勝利 1- 0- 1- 15/ 17 5.9% 5.9% 11.8%
1勝 2- 2- 1- 37/ 42 4.8% 9.5% 11.9%
OPEN非L 1- 1- 2- 32/ 36 2.8% 5.6% 11.1%
G3 0- 2- 1- 9/ 12 0.0% 16.7% 25.0%
G1 6- 4- 5- 8/ 23 26.1% 43.5% 65.2%
地方 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
海外 0- 0- 0- 0/ 0

前走G1を走ってきた馬が圧倒的に強いわね。
この15頭なんだけど、全頭の前走レースが阪神ジュベナイルフィリーズだったの。
本レースと同じ距離だから使いやすいのかもね。

軸は前走G1組で相手はG3以下から広く拾うスタンスで行くわ。

じゃあ相手絞り込みの為に、前走G3以下のクラスについても触れていこうかしら。

まずは前走G3組。
勝ち馬は0頭だけど複勝率は25%とそこそこの数字ね。

全頭が前走で掲示板を確保していたから、前走で好走した馬が引き続き好走する傾向があるってこと。

次は、前走OP特別組ね。
この4頭のうち3頭は当日6番人気以降の中穴たちで、2013年ウインプリメーラ(7番人気)と2010年エーシンリターンズ(8番人気)は10万馬券を演出したのよ!
今年も前走OP特別組には注意したいわ。

さらに、この4頭は前走で掲示板を確保
前走G3組と同じで、それなりの結果を残してきた馬って感じね。

続いて、馬券に絡んだ頭数が2番目に多い前走500万下組。
5頭とも前走の人気は5番以内だったわ。
また、ダートを走った2008年のエアパスカル以外の4頭は掲示板を確保していたから、芝から参戦で着外の馬はマイナスね。

残るは未勝利上がりと新馬戦上がり。
この3頭に共通して言えることは、前走4番人気以内で勝ち上がったってこと。
それなりに期待されていた馬には気を付けたいわ。

【前走G1組】
ラッキーライラック
リリーノーブル

【前走G3組】
スカーレットカラー ※前走で掲示板確保
マウレア ※前走で掲示板確保

【前走OP特別組】
ウインラナキラ
サヤカチャン
シグナライズ ※前走で掲示板確保
レッドランディーニ ※前走で掲示板確保

【前走500万下組】
カレンシリエージョ ※前走掲示板外

【前走未勝利戦&新馬戦】
クリノフラッシュ ※前走4番人気以内
サラキア ※前走4番人気以内
ダンサール ※前走4番人気以内

次は、前走着順別成績よ。

2018年 チューリップ賞 前走着順別成績

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 6- 5- 3- 43/ 57 10.5% 19.3% 24.6%
前走2着 2- 2- 2- 5/ 11 18.2% 36.4% 54.5%
前走3着 1- 1- 1- 14/ 17 5.9% 11.8% 17.6%
前走4着 0- 1- 1- 9/ 11 0.0% 9.1% 18.2%
前走5着 0- 0- 2- 9/ 11 0.0% 0.0% 18.2%
前走6〜9着 0- 1- 1- 19/ 21 0.0% 4.8% 9.5%
前走10着〜 1- 0- 0- 14/ 15 6.7% 6.7% 6.7%

馬券に絡んだ半数近くが前走勝ち馬だけど、好走率が優秀なのは2着馬なのよね。
前走で連対した馬を中心に馬券を組み立てるのが良さそうよ。

対して、6着以下に敗れた馬は苦戦傾向…。
ギリギリ一桁決着だった馬は、前走4番人気以内で着差0.9秒以内と考えたいわ。
10着以下で惨敗した1頭は、前走クラス別成績でも名前が挙がった前走ダート組のエアパスカル。
芝からの参戦で二桁決着に大敗した馬は厳しそうね…。

【前走1着】
クリノフラッシュ
サラキア
ダンサール
ラッキーライラック

【前走2着】
スカーレットカラー
リリーノーブル

【前走3着】
レッドランディーニ

【前走4着】
シグナライズ

【前走5着】
マウレア

【前走6~9着】
ウインラナキラ
カレンシリエージョ ※前走4番人気以内で着差0.9秒以内

【前走10着以下】
サヤカチャン

次は、前走着順別成績とも関連する着差別成績を見てもらうわ。

2018年 チューリップ賞 前走着差別成績

前走着差 着別度数 勝率 連対率 複勝率
勝0.6〜0.9 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
勝0.3〜0.5 3- 1- 1- 9/14 21.4% 28.6% 35.7%
勝0.1〜0.2 2- 3- 2-18/25 8.0% 20.0% 28.0%
勝0.0 1- 1- 0-12/14 7.1% 14.3% 14.3%
負0.0 2- 1- 0- 1/ 4 50.0% 75.0% 75.0%
負0.1〜0.2 1- 2- 3-14/20 5.0% 15.0% 30.0%
負0.3〜0.5 0- 1- 2-19/22 0.0% 4.5% 13.6%
負0.6〜0.9 0- 1- 2-16/19 0.0% 5.3% 15.8%
負1.0〜1.9 0- 0- 0-16/16 0.0% 0.0% 0.0%
負2.0〜2.9 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
負3.0〜3.9 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
負4.0〜 1- 0- 0- 1/ 2 50.0% 50.0% 50.0%

※前走で負けた馬のみのデータだから合計は10になってないわ

これは前走2着以下だった馬の着差データよ。

着差0.9秒以内を中心、特に勝ち馬は0.2秒以内からと考えればよさそうね。

ちなみに、4.0秒以上の差を付けて負けている1頭は何度も名前が挙がっているダート組のエアパスカルだから参考外でいいわ。
前走で芝を走って、かなりの大差で負けた馬は割引ということよ。

【前走着差0.2秒以内】
スカーレットカラー
リリーノーブル
レッドランディーニ

【前走着差0.3~0.9秒以内】
カレンシリエージョ

シグナライズ
マウレア

【前走着差1.0秒以上】
ウインラナキラ

サヤカチャン

最後は、前走距離別成績。

2018年 チューリップ賞 前走距離別成績

前走平地距離 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1200m 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
1400m 3- 1- 0- 35/ 39 7.7% 10.3% 10.3%
1500m 0- 1- 0- 0/ 1 0.0% 100.0% 100.0%
1600m 7- 8- 10- 55/ 80 8.8% 18.8% 31.3%
1700m 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
1800m 0- 0- 0- 13/ 13 0.0% 0.0% 0.0%
2000m 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
2200m 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

太線以下に注目してちょうだい。

前走阪神ジュベナイルフィリーズ組が活躍していることもあって、同距離の1600mの成績が優秀ね。
この25頭中23頭は前走で掲示板を確保していて、着外だった2頭も4番人気以内に支持されていたわ。
着外の馬は、それなりの人気が欲しいところね。

一方、1700m以上の短縮組は馬券に絡んだ頭数0頭…。
今回短縮してくる馬は大きく割引しなきゃね…。

まとめると、前走掲示板確保or上位人気に支持された1600m組を中心に延長組を相手に押さえるってことよ!

【同距離】
クリノフラッシュ
サヤカチャン 着外かつ7番人気
サラキア
スカーレットカラー
マウレア
ラッキーライラック
リリーノーブル
レッドランディーニ

【今回延長】
シグナライズ

【今回短縮】
ウインラナキラ
カレンシリエージョ
ダンサール

ここまでをまとめると…

■前走クラス別成績
軸は前走G1
相手は前走G3以下から
(各クラスの好走条件は該当箇所をチェックしてちょうだい)

■前走着順別成績
前走連対
した馬を中心に
6~9着は前走4番人気以内で着差0.9秒以内
芝コースでの二桁決着は割引

■前走着差別成績
前走負けた馬は着差0.9秒以内が中心
(勝ち馬は0.2秒以内から)
1.0秒以上の着差は割引

前走距離別成績
前走1600mが中心
(ただし、前走掲示板確保or前走上位人気であること)
短縮組は割引

それじゃあ、これまでのデータを基に現時点での注目馬を紹介するわよ!

冒頭でも触れたけど、もともと注目度の高いラッキーライラック・リリーノーブル・マウレア以外からのピックアップよ。

2018年 チューリップ賞 注目馬①

サラキア(牝3)
【前走:新馬戦1番人気1着】

父はディープインパクト、母は2012年の独オークスを制したサロミナという良血馬。

前走の新馬戦では出遅れがあったものの、二の脚を効かせて位置を上げていった落ち着き具合は見事だったわ。
特に、直線で楽々と抜けだしてから見せた加速は素晴らしかったわね!

終わってみれば、2着とは1馬身3/4差を付ける完勝
出遅れがなかったら、どれくらいの差がついていたのかしら…。

もともとゲート難のある馬で、ゲートの試験にも何度も落ちているっていうね(笑)。
今回これが改善されたら…って思うと、かなり期待しちゃうわ!

陣営もクラシックに使う気満々…となれば、権利獲得のためにもここは本気で来るはず。

2歳女王相手にどんな走りをするのか楽しみよ!

2018年 チューリップ賞 注目馬②

スカーレットカラー(牝3)
【前走:フェアリーステークス(G3)6番人気2着】

3走前のアルテミスステークス(G3)は5着と馬券圏内まで一歩及ばず…。

けど、次の白菊賞(500万下)では、のちの阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)2着馬リリーノーブルに0.2秒差の2着と健闘
前走フェアリーステークス(G3)でも6番人気ながら2着に入り、着実に調子を上げているわ!

金曜日に行われた調教でも古馬に先着する走りを見せ、好調さをアピールしたわね。
馬体も少し増えたってことで、上積みにも期待!

重賞初制覇も十分可能な力を持った馬よ!

勢いのある新馬戦上がりやG3好走馬だけじゃない!
3強を脅かす要注意ホースはコノ1頭!

2018年 チューリップ賞 注目穴馬

レッドランディーニ(牝3)
【前走:エルフィンステークス(OP特別)5番人気3着】

新馬戦では1番人気を裏切る9着と惨敗したけど、その次で一変!

未勝利戦では直線で内に入ると、そこから一気に加速。
1番人気のスターリーステージに4馬身差を付ける圧勝だったわ!

次走の白菊賞(500万下)では7着と凡走してしまったけど、前走のエルフィンステークスでは3着と調子を取り戻した感じ。

3着とはいえ上がり2位の脚を使っての着差0.2秒
それに、4着の1番人気トロワゼトワルに1馬身1/4差を付けているし、着順以上の競馬をしたと思うわ!

前走OP特別組は重賞組に隠れて見落としがちだから、しっかり押さえて欲しい1頭よ!


よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次