今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

東海ステークス2022の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

東海ステークスの最終予想をするわよ!

春の大一番の切符をかけて、骨のある面々が集ったこのレース。

月曜日にも伝えたように、上位人気が堅実に走る傾向があって超大荒れ、みたいな展開は期待しにくいんだけど…。

データを追加して検証したところ、大穴クラスのとある1頭に番狂わせを演じ得る好材料が見つかったの。

6桁配当の見込める注目穴馬として印を打っておいたから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認していくわよ。

目次

競走成績

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 スマッシャー 牡4 55.0 坂井瑠星 吉岡辰弥 栗東
2 グレートタイム 牡7 56.0 岩田望来 藤原英昭 栗東
2 3 アイオライト 牡5 56.0 菱田裕二 武藤善則 美浦
4 デュードヴァン 牡5 56.0 松山弘平 池添学 栗東
3 5 スワーヴアラミス 牡7 56.0 松田大作 須貝尚介 栗東
6 ミヤジコクオウ 牡5 56.0 武豊 川村禎彦 栗東
4 7 ハヤヤッコ 牡6 56.0 池添謙一 国枝栄 美浦
8 カデナ 牡8 56.0 和田竜二 中竹和也 栗東
5 9 ケンシンコウ 牡5 56.0 丸山元気 小西一男 美浦
10 ゲンパチルシファー 牡6 56.0 川島信二 佐々木晶 栗東
6 11 オーヴェルニュ 牡6 57.0 団野大成 西村真幸 栗東
12 イッツクール 牡6 56.0 酒井学 武英智 栗東
7 13 ブルベアイリーデ 牡6 56.0 M.デム 杉山晴紀 栗東
14 シャイニービーム 牡10 56.0 加藤祥太 羽月友彦 栗東
8 15 サンライズホープ 牡5 56.0 幸英明 羽月友彦 栗東
16 プリティーチャンス 牝5 54.0 柴山雄一 野中賢二 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
前走G1組の中でもチャンピオンズC組に注目
地方レース組が穴馬になる傾向がある

■前走着順別成績
前走1・2着から最先着馬が出ている
前走6着以降でも、前走にダート1800m戦を使っていれば巻き返し得る

■レース当日人気別成績
1番人気の信頼度が高い
単勝100倍を超えるような大穴クラスも馬券になっている

■年齢別成績
5歳馬が好調
8歳以上は好走率がガクッと下がる

それじゃあ月曜日から引き続き、京都開催だった2012・2020年を除く過去8年分のデータを使って、東海ステークスの予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい。

枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 0 0 0 12 0.0% 0.0% 0.0%
2枠 0 1 2 10 0.0% 7.7% 23.1%
3枠 0 2 2 10 0.0% 14.3% 28.6%
4枠 4 0 1 10 26.7% 26.7% 33.3%
5枠 1 1 1 13 6.3% 12.5% 18.8%
6枠 1 1 0 14 6.3% 12.5% 12.5%
7枠 1 2 1 12 6.3% 18.8% 25.0%
8枠 1 1 1 13 6.3% 12.5% 18.8%

このデータからは、気になるポイントがふたつ

まずひとつ目は、パッと見ても目立つ4枠の高勝率ね。

2017年から2019年まで連続して4枠だった馬が勝利している、なんてデータもあるように、勝ち馬の傾向を割り出す上では見逃せないところ。
今年そんな4枠に収まるハヤヤッコカデナは、優勢にレースが運べそうね。

ふたつ目は、その4枠よりも内側の枠からは勝ち馬が出ていないという点。

とくに最内1枠に関しては、集計対象とした8年で勝ち馬どころか馬券になった馬も出ていないの。
2・3枠はまずまず馬券には絡めているものの、それでも1~3枠に入った馬は不利を前提に考えたいところね。

次は、馬体重別成績を見てもらうわよ。

馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 0 0 0 5 0.0% 0.0% 0.0%
460~479kg 2 1 2 15 10.0% 15.0% 25.0%
480~499kg 1 5 3 24 3.0% 18.2% 27.3%
500~519kg 1 0 1 29 3.2% 3.2% 6.5%
520kg以上 4 2 2 21 13.8% 20.7% 27.6%

ダートは馬格のある馬が強い、なんて言われるように、この東海Sにおいてもその傾向は顕著ね。

とくに520kgを超えるような、大柄な馬はよく勝てているわ。
前走時の馬体重を参考にすると、ゲンパチルシファーサンライズホープが該当しそうだから要注目よ。

逆に459kgを下回った馬は、まったく馬券に絡めていないわね。

前走時の時点で該当していた馬はいないけど、当日この範囲まで体が減っているような子がいれば注意してちょうだい。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表していくわよ!

◎本命

サンライズホープ(牡5)
【前走:チャンピオンズカップ(G1)6番人気15着】

チャンピオンズCからの巻き返しを狙う、サンライズホープ

月曜日の検証でも好データへの該当率はほぼパーフェクトに近かったけど、今回枠順も好調で、さらに彼のような大柄な馬がよく走れているということがわかって、本走では軸に据えるにふさわしい存在と判断したわ。

またこの東海Sは前走と同騎手だった馬が、乗り替わりのあった馬よりも勝率が3倍以上高い、というデータもあるの。
その点でも、最大のライバルになるであろうオーベルニュよりも”買える”わよね。

そんなサンライズホープの最終追い切りは、栗東のCWで7F【98.4-67.2-52.6-37.4-12.0】の時計。

ビッシリ追われたこともあって動きも良化傾向にあるし、この調子なら巻き返しての勝利に期待できるわね!

○対抗

アイオライト(牡5)
【前走:ベテルギウスステークス(OP特別L)6番人気1着】

月曜日にも真っ先に注目馬として紹介していた、アイオライト

傾向上あまり良好とは言えない2枠に決まってしまったものの、他のデータはほぼ万全と言えるものが揃っているし、変わらず好走傾向にあると言えるわ。

またこの東海Sは、逃げが決まりやすい舞台
集計対象とした8年では、逃げた馬は連対率37.5%と好調なのよね。

前走のような展開が作れれば、勝ち負けするチャンスも十分にあるんじゃないかしら。

美浦の坂路で行った最終追い切りでも【53.6-39.4-26.0-12.6】の時計を記録するなど、調教も順調そのもの。
前走からの勢いと、好調さがキープできていたのは好印象だったわ。

データ的には連対する可能性の方が高そうだけど、一発を期待して狙ってみるのもアリよ!

△連下

ハヤヤッコ(牡6)
【前走:ベテルギウスステークス(OP特別1L)9番人気9着】

サンライズホープやアイオライトの相手としておさえておきたい、ハヤヤッコ

月曜日にはあまり取り上げてこなかったけど、彼は目立たないながらも好データにはよく該当していたわ。

さらに今日の検証で彼の収まった4枠は絶好調、ということがわかっただけでなく、彼と同じキングカメハメハを父に持つ馬は、この東海Sにおける集計対象とした8年間で連対3頭・3着2頭を輩出している、なんてデータもあるの。

走る材料という点ではメンバートップクラスだし、まさに馬券には含めておくべき存在、って感じね。

そんなハヤヤッコの最終追い切りは、美浦の南Wで【84.4-67.6-52.4-38.1-12.0】の時計。
動きも悪くなかったし、状態面の心配も必要なさそうな出来だったわ。

勝利こそ難しいかもしれないけど、今回は切ろうなんて考えないことね!

大穴クラスの激走も大いに期待できる東海S。
アノ伏兵を馬券に含めれば6桁配当がゲットできるかもしれないわ!

注目穴馬

プリティーチャンス(牝5)
【前走:クイーン賞(G3)3番人気3着】

月曜日から変わらず、注目穴馬として推したいのがプリティーチャンスよ!

前回検証した時点でもかなりの好データに該当していたけど、今回彼女のような小柄な馬でも好走し得ることがわかって、より買いやすくなった感じ。
中京は2戦して1勝1連対と相性もよさそうだし、メンバー唯一の斤量54kgなところも魅力よね。

乗り替わりが不安に感じている人もいるかもしれないけど、今回コンビを組む柴山雄一Jが昨年もっとも勝利したコースは本走の舞台でもある中京ダート。
コースとの相性はよさそうだし、いいタイミングで彼女自慢の末脚を引き出してくることに期待するわ。

栗東のCWで行った最終追い切りでは、そんな柴山Jを背に6F【81.9-67.6-53.2-37.7-12.0】の時計を記録。
追われてからの反応もよかったし、折り合いも問題なさそうね。

下馬評は大穴クラスだけど、ワタシからすればこんなにオイシイ馬はいないわ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次