今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

札幌記念2018のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 札幌記念 事前予想

夏競馬の中でも1番盛り上がるスーパーG2札幌記念G2が今週末に行われるわ。

例年好メンバーが出走する本レースだけど、今年も良いメンバーが揃ったわね!
ダービー馬マカヒキの復活も気になるし、マイラーズカップを制したサングレーザー、一昨年の覇者ネオリアリズムなどなど…挙げたらキリがないわ。

今年も札幌は盛り上がりそうね!

さて、そんな札幌記念だけど、特徴としては大きく荒れることもガチガチもなしって感じ。
中荒れ程度には期待できるレースよ。

大穴よりも中穴をしっかり仕留めたいわ!

それじゃ、今年の登録馬を紹介するわね。

2018年 札幌記念 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アイトーン 54.0 五十嵐忠 栗東
ゴーフォザサミット 54.0 藤沢和雄 美浦
サウンズオブアース 57.0 藤岡健一 栗東
サクラアンプルール 57.0 金成貴史 美浦
サングレーザー 57.0 浅見秀一 栗東
スズカデヴィアス 57.0 橋田満 栗東
スティッフェリオ 57.0 音無秀孝 栗東
ナイトオブナイツ 57.0 池添兼雄 栗東
ネオリアリズム 57.0 堀宣行 美浦
マイスタイル 57.0 昆貢 栗東
マカヒキ 57.0 友道康夫 栗東
マルターズアポジー 57.0 堀井雅広 美浦
ミッキースワロー 57.0 菊沢隆徳 美浦
クロコスミア 55.0 西浦勝一 栗東
モズカッチャン 55.0 鮫島一歩 栗東
アストラエンブレム セン 57.0 小島茂之 美浦

ここから札幌で開催された過去9年分のデータを使って、札幌記念の予想を始めていくわよ!

最初は、前走クラス別成績。

2018年 札幌記念 前走クラス別成績

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
2勝 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
3勝 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
OPEN非L 0- 0- 0- 14/ 14 0.0% 0.0% 0.0%
G3 7- 3- 4- 58/ 72 9.7% 13.9% 19.4%
G2 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
G1 3- 4- 6- 19/ 32 9.4% 21.9% 40.6%
地方 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
海外 0- 2- 0- 6/ 8 0.0% 25.0% 25.0%

馬券の中心は前走重賞組ね。
海外組も国際G1だったから、前走の格が結果に直結すると言えるわ。
OP特別以下からの参戦馬には厳しいレースとなりそうよ。

重賞組の中でも、前走G1組が好走数・率ともに優秀。
今年も押さえておく必要があるわね。

この13頭中6頭が前走着外だったから、結果は気にしないでいいわ。
ただ、前走5番人気以内に絞ると(2-4-2-7)複勝率53.3%と好成績。
それなりの支持を得ていた馬は信頼度アップってことよ。

そうなると、サングレーザー(前走安田記念3番人気)とミッキースワロー(前走大阪杯5番人気)の評価を少し上げる必要があるわね。

次いで好走数の多いG3組。
この11頭の共通点は前走一桁決着だったわ。
今年の前走G3組からは特にマイナスになる馬はいないわね…。

前走G2組で馬券になった1頭は、2015年のヒットザターゲット。
目黒記念で1着だったから、前走馬券圏内を条件に考えたいわね。

目黒記念12着のサウンズオブアース少し厳しいかしら…。

最後に前走海外組について。
海外帰りって調整が難しいけど、本レースでは好走しているのよね。
2頭とも結果は着外だったから、前走G1組同様に着順は気にしないでよさそうよ。

クロコスミアネオリアリズムモズカッチャンにも十分チャンスはあるってこと!

次は、前走着順別成績よ。

2018年 札幌記念 前走着順別成績

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 1- 3- 2- 15/ 21 4.8% 19.0% 28.6%
前走2着 2- 1- 2- 10/ 15 13.3% 20.0% 33.3%
前走3着 2- 2- 1- 8/ 13 15.4% 30.8% 38.5%
前走4着 0- 0- 0- 12/ 12 0.0% 0.0% 0.0%
前走5着 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
前走6〜9着 5- 3- 1- 33/ 42 11.9% 19.0% 21.4%
前走10着〜 0- 1- 4- 28/ 33 0.0% 3.0% 15.2%

前走を勝った馬は、複勝率を見るとマズマズだけど連勝はできていないわ。
1着馬は前走2・3着で惜敗した馬6~9着の着外組から、相手は幅広く拾う必要があるわね。

そうなると、勝ち馬候補は下記8頭。

アイトーン
アストラエンブレム
クロコスミア
ゴーフォザサミット
サクラアンプルール
ネオリアリズム
ナイトオブナイツ
モズカッチャン

前走クラス別成績のデータを踏まえると、OP特別アイトーンアストラエンブレムが消えるから6頭になるわね。

次は、牡牝別成績を見てちょうだい。

2018年 札幌記念 牡牝別成績

牡牝 着別度数 勝率 連対率 複勝率
8- 9- 8- 95/120 6.7% 14.2% 20.8%
セン 0- 0- 0- 2/ 2 0.0% 0.0% 0.0%
牡・セン 8- 9- 8- 97/122 6.6% 13.9% 20.5%
2- 1- 2- 17/ 22 9.1% 13.6% 22.7%

「夏は牝馬」の格言が傾向に表れているわね。

今年参戦する牝馬はクロコスミアモズカッチャン
この2頭にもチャンスは十分あるってことよ。

ちなみに、当日3番人気以内に絞ると(1-1-1-2)複勝率60%と高水準。
上位人気に支持されるだろうモズカッチャンには追い風データね!

最後に、脚質別データよ。

2018年 札幌記念 脚質別成績

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 2- 0- 0- 8/ 10 20.0% 20.0% 20.0%
平地・先行 4- 5- 5- 29/ 43 9.3% 20.9% 32.6%
平地・中団 3- 3- 4- 37/ 47 6.4% 12.8% 21.3%
平地・後方 0- 1- 1- 40/ 42 0.0% 2.4% 4.8%
平地・マクリ 1- 1- 0- 0/ 2 50.0% 100.0% 100.0%

先行できる馬が強いわね。

ただ、逃げ馬は2016年のネオリアリズムが逃げ切ったきり。
前に残るだけも厳しそうだわ。

あと、後方からの一気も難しいわ。
勝ててもいないし、好走率も悪い。

後方組でも、中団で脚をためて直線で抜け出すってパターンの方が信頼できるわね。
この差し馬10頭の上がりは3位以内だったから、速い上がりを繰り出せる馬に注目よ。

マクリで連対している2頭は、2014年のハープスターとゴールドシップ。
ともに怪物級の扱いをされていたから、参考外でいいと思うわ。

まとめると、中心は先行馬速い上がりが出せる差し馬を相手に拾うって感じよ。

それじゃ、ここまでのデータをもとに現時点での注目馬を紹介するわ!

2018年 札幌記念 注目馬①

モズカッチャン(牝4)
【前走:ドバイシーマクラシック(国際G1)4番人気6着】

昨年のエリザベス女王杯を制した女王モズカッチャン。
今年の国内戦は2月の京都記念ぶりね。

前走は完全に前残り決着で、後ろからではちょっと厳しかったわ…。
もともと先行力が持ち味の馬だから、前走に関しては参考外でいいわよ。

牡牝別成績でも紹介したけど、当日3番人気以内に支持されれば複勝率60%と信頼度大幅アップ!
現状3番人気以内は濃厚だから、かなり期待できちゃうわね。

脚質別成績で触れた先行馬である点も大きいアドバンテージ。

重馬場も苦にしないから、洋芝の適性も高そうよ。

キャリア11戦中すべて一桁決着と、大きく崩れたことがないのも魅力。
その中で掲示板を外したのは3回だけ(4-1-2-4)
複勝率63.6%の結果は安定感があるわ!

前走海外組が好走すると言っても、やっぱり調整具合は気になるところ。
最終追い切りにも要注目よ!

2018年 札幌記念 注目馬②

マカヒキ(牡5)
【前走:ジャパンカップ(G1)6番人気4着】

良くも悪くも気になるのがこの馬、2016年の日本ダービーを制したマカヒキね。

データ的には前走G1組の巻き返しが期待できるから、ここでの復活に期待したいわ。

昨年の京都記念3着以降もどかしい結果が続いているけど、大きく崩れてはいないのよね(4着→6着→5着→4着)。
近2走では上がり上位の脚を使えているから、絶不調ではないはず。

ここを目標に乗り込まれていて、調子は上がっていそうよ。
1週間前追い切りではまさかの6頭併せになったけど、走りっぷりは良好
馬なりで5F62.7秒、ラスト1F12.1秒の好時計をマークしたわ。

鞍上も相性の良いルメール騎手に戻ったのも心強いわね。
このコンビでは(4-0-0-2)と、驚異の勝率66.7%

最終追い切りも見てしっかり判断するわ!

今年も好メンバーが揃った札幌記念!
中でもコノ実績馬の先行力には要注意!
絶好調なアノ騎手とのコンビなら期待度は急上昇よ!

2018年 札幌記念 注目穴馬

ネオリアリズム(牡7)
【前走:ドバイターフ(国際G1)3番人気8着】

一昨年の札幌記念覇者ネオリアリズム。
当時最強だったモーリスを撃破したのには驚いたわ!

国内戦は、去年の天皇賞(秋)以来となるのね。

勝ち星は2017年4月のクイーンエリザベス2世カップ(国際G1)からナシ。
マカヒキ同様、ネオリアリズムもここで復活を遂げたいのは間違いないわ。

海外帰りは好走傾向が強いから、データ的には逆転の可能性は十分
先行力があるのも大きなポイントよ!

なにより不気味なのが、鞍上が現在札幌で大活躍中モレイラ騎手であることね。
その成績は(15-5-5-13)複勝率は65.8%
これが7月29日からの戦績なんだから恐ろしいわ…!
1ヶ月も経っていないのに15勝も挙げているのよ。

海外でもネオリアリズムの主戦を務めていたから、馬のことも知り尽くしているはず。

実績馬×主戦で絶好調のモレイラ騎手となれば、いやでも期待度はあがっちゃうわね!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次