今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

セントウルステークス2018のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 セントウルステークス 事前予想

サマースプリントシリーズ最終戦セントウルステークスG2が今週末に行われるわ。

やはり最注目は、高松宮記念を制したファインニードルかしら。
迎え撃つ相手も、ラブカンプーやダイアナヘイローなど良いメンバーが揃ったって感じ。

セントウルステークスの特徴として言えるのは、上位人気が健闘する伏兵の台頭に気を付けたいという2点。
紐荒れを狙うのがセオリーといえるレースね。

紐に押さえておきたい人気薄の注目馬もちゃんと紹介しているから、しっかりチェックしてね。

それじゃ、今年の登録馬を紹介するわよ。

2018年 セントウルステークス 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アクティブミノル 56.0 北出成人 栗東
アサクサゲンキ 54.0 音無秀孝 栗東
アドマイヤゴッド 56.0 須貝尚介 栗東
グレイトチャーター 56.0 鮫島一歩 栗東
コウエイタケル 56.0 山内研二 栗東
ネロ 56.0 森秀行 栗東
ファインニードル 58.0 高橋義忠 栗東
フミノムーン 56.0 西浦勝一 栗東
ブラヴィッシモ 56.0 須貝尚介 栗東
マッチレスヒーロー 56.0 金成貴史 美浦
ラインスピリット 56.0 松永昌博 栗東
アンヴァル 52.0 藤岡健一 栗東
ウインソワレ 54.0 宮本博 栗東
ダイアナヘイロー 54.0 大根田裕 栗東
ラブカンプー 52.0 森田直行 栗東
レジーナフォルテ 54.0 佐藤吉勝 美浦

ここから過去10年分のデータを使って、セントウルステークスの予想を始めていくわよ!

最初は、前走クラス別成績。

2018年 セントウルステークス 前走クラス別成績

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3勝 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
OPEN非L 0- 0- 1- 20/ 21 0.0% 0.0% 4.8%
G3 8- 5- 8- 74/ 95 8.4% 13.7% 22.1%
G2 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
G1 1- 3- 1- 16/ 21 4.8% 19.0% 23.8%
地方 0- 0- 0- 0/ 0
海外 0- 2- 0- 2/ 4 0.0% 50.0% 50.0%

馬券の中心は重賞組
OP特別以下からの参戦馬は厳しいって感じだわ。

今年は大半がG3からの臨戦だから、前走G3組が中心になりそうね。
海外帰りも好走しているし、人気の一角ファインニードルにもチャンスはあるわよ。

じゃあ、今回の中心となる前走G3組について掘り下げていこうかしら。
まずは前走レース別でまとめてみたわ。

北九州記念(5-0-5-50)勝率8.3% 連対率8.3% 複勝率16.7%
アイビスサマーダッシュ(3-2-0-5)勝率30.0 連対率50.0 複勝率50.0

馬券に絡んだ頭数で見ると北九州記念組だけど、好走率はアイビスサマーダッシュ組が圧倒的に強いわね。
G3組に関しては、北九州記念組よりもアイビスサマーダッシュ組に注目よ。

今年登録数の多い北九州記念組なんだけど、調べてみたら以下の共通点が見つかったわ。

・掲示板を確保していた
・着外だったが5番人気以内の支持を受けていた

それなりに好走した馬期待に応えられなかった馬のどちらかってことね。

ということは、北九州記念組からは以下の4頭で考えればいいってことよ。

アサクサゲンキ(前走2番人気6着)
グレイトチャーター(前走14番人気4着
ダイアナヘイロー(前走1番人気7着)
ラブカンプー(前走7番人気3着

前走地方組のデータがないから、ネロについては他のデータとあわせて考えるわね。

次は、前走人気別成績よ。

2018年 セントウルステークス 前走人気別成績

前走人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1人気 4- 3- 3- 11/ 21 19.0% 33.3% 47.6%
前走2人気 3- 3- 1- 9/ 16 18.8% 37.5% 43.8%
前走3人気 0- 0- 1- 6/ 7 0.0% 0.0% 14.3%
前走4人気 0- 0- 2- 10/ 12 0.0% 0.0% 16.7%
前走5人気 0- 0- 1- 13/ 14 0.0% 0.0% 7.1%
前走6〜9人 3- 2- 2- 30/ 37 8.1% 13.5% 18.9%
前走10人〜 0- 0- 0- 36/ 36 0.0% 0.0% 0.0%

※前走海外組がいるから2着の合計が10になっていないわ

なんとも分かりやすいデータね!
前走トップツーで支持された馬の成績がズバ抜けているわ。

そして面白いのが、前走6~9番人気だった馬も頑張っている点。
逆に二桁人気の馬は全滅だから、狙うなら前走中穴で好走した馬ね。

アクティブミノル(前走15番人気)、ウインソワレ(前走14番人気)、グレイトチャーター(前走14番人気)、フミノムーン(前走11番人気)は切ってしまっていいわ。

次は、年齢別成績を見てちょうだい。

2018年 セントウルステークス 年齢別成績

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳・7-9月 3- 0- 1- 14/ 18 16.7% 16.7% 22.2%
4歳・7-9月 4- 2- 1- 16/ 23 17.4% 26.1% 30.4%
5歳・7-9月 3- 5- 3- 33/ 44 6.8% 18.2% 25.0%
6歳・7-9月 0- 1- 4- 32/ 37 0.0% 2.7% 13.5%
7歳以上 0- 2- 1- 23/ 26 0.0% 7.7% 11.5%

若い馬が有利という分かりやすいデータね。
勝ち馬も5歳以下から出ているわ。

今年5歳以下の馬は以下の6頭よ。

アサクサゲンキ(牡3)
アンヴァル(牝3)
ダイアナヘイロー(牝5)
ファインニードル(牡5)
ラブカンプー(牝3)
レジーナフォルテ(牝4)

6歳以上で馬券に絡んだ8頭についても調べてみたわ。
共通点として、全頭が前走重賞(海外含む)で一桁人気だったことが分かったの。

この条件に当てはまるのは、ネロ(前走地方G3で4番人気)とラインスピリット(前走G3で9番人気)の2頭ね。

最後に、脚質別データよ。

2018年 セントウルステークス 脚質別成績

脚質上り 着別度数 勝率 連対率 複勝率
平地・逃げ 3- 0- 1- 6/ 10 30.0% 30.0% 40.0%
平地・先行 5- 6- 3- 24/ 38 13.2% 28.9% 36.8%
平地・中団 2- 2- 6- 41/ 51 3.9% 7.8% 19.6%
平地・後方 0- 2- 0- 47/ 49 0.0% 4.1% 4.1%
平地・マクリ 0- 0- 0- 0/ 0

前に行ける馬が強いわね。

特に、逃げ馬の好走率が優秀だわ。
逃げて馬券になった4頭中の半数が9番人気以降と、人気に影響されない点にも注目よ。

今回逃げそうなのはアクティブミノルウインソワレネロラブカンプーあたりかしら。
他のデータ的と総合して考えると、押さえておきたいのはネロラブカンプーね。

逆に、後方一気の追い込み馬は厳しいって感じだわ。
狙うならある程度のポジションをとれる差し馬
この差し馬10頭は当日上がり32~33秒台の脚を使っていたから、それなりの末脚を持つ馬には要注意よ。

それじゃ、ここまでのデータをもとに現時点での注目馬を紹介するわ!

2018年 セントウルステークス 注目馬①

ラブカンプー(牝3)
【前走:北九州記念(G3)7番人気3着】

前走では7番人気の低評価を覆し3着に好走。
1着アレスバローズとは0.3秒差と健闘したわね。

ハナを争い合ったナインテイルズとゴールドクイーンが共に15・16着と沈んでいることからも、同馬の強さがうかがえるわ。

データから見ても前走は狙いどころの6~9番人気だし、年齢も5歳以下と相性よし。
さらに好走率の良い逃げ馬という点も高ポイントよ!

1200mはこれまで馬券を外したことのない得意距離なのよね(2-3-1-0)。

斤量52kgを活かして、重賞初制覇の可能性も十分!

2018年 セントウルステークス 注目馬②

レジーナフォルテ(牝4)
【前走:アイビスサマーダッシュ(G3)4番人気4着】

要注目のアイビスサマーダッシュ組の1頭ね。

勝ち馬ダイメイプリンセスとは0.5秒差を開けられたものの、3着とは0.1秒と大差なし。
不利とされる内寄り4枠だったことを考えれば、健闘したといえるわ。

年齢も4先行力もアリと、データからも推せる要素があるのよね。

1200mは主戦としている距離で、今年に入って二桁決着は2度だけと大崩れしない走りを見せているのもポイント。
距離に対しての不安はないわ。

人気が落ちてくれるとさらにオイシイわね!

注目すべきは“あのレース”から参戦する評価低めなこの1頭!
近走も大崩れしていないから復調に要注意よ!

2018年 セントウルステークス 注目穴馬

ラインスピリット(牡7)
【前走:アイビスサマーダッシュ(G3)9番人気5着】

こちらもアイビスサマーダッシュ組のラインスピリット。
前走クラス別成績でも触れたように、アイビスサマーダッシュからの参戦馬は複勝率50%と見逃せない数字なの。

注目馬②で紹介したレジーナフォルテと違って、ラインスピリットは注目度低そうなのよね~。
やはり近走の成績と年齢が原因かしら…。

でも今年に入って二桁決着だったのは高松宮記念(G1)の15着だけと、そこまで悪くないわ。
G2以下でなら大きく崩れていないの。

狙い目の前走9番人気先行馬と、データと相性が良いのもポイントね。
7歳という年齢に引っかかるかもしれないけど、前走重賞で一桁人気という条件に合致しているからマイナスに捉えることないわ。

人気的にも見落とされているから、しっかり押さえておいてちょうだい!


よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次