今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

ローズステークス2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 ローズステークス 最終予想

ローズステークスの最終予想をするわよ!

月曜日にも伝えたように、上位陣が好調で堅く決着しそうな気配のある今回の一戦。

ただ昨年は100万馬券が飛び出しているだけに、今年もどんな荒れ方をしてもおかしくないわよ。

今回さらにデータを追加して各馬を調べ上げたところ、世間ではノーマークの伏兵に思わぬ好材料が見つかったわ。

現実的に7桁配当が見込める注目の穴馬候補として印を打っておいたから、ページの最後でチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

 

2021年 ローズステークス 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 イリマ 牝3 54.0 幸英明 高橋亮 栗東
2 エンスージアズム 牝3 54.0 岩田望来 安田翔伍 栗東
2 3 アイコンテーラー 牝3 54.0 亀田温心 河内洋 栗東
4 スパークル 牝3 54.0 藤岡佑介 中内田充 栗東
3 5 クールキャット 牝3 54.0 ルメール 奥村武 美浦
6 メイショウオニユリ 牝3 54.0 池添謙一 池添兼雄 栗東
4 7 ストゥーティ 牝3 54.0 吉田隼人 奥村豊 栗東
8 オータムヒロイン 牝3 54.0 古川吉洋 鮫島一歩 栗東
5 9 タガノパッション 牝3 54.0 岩田康誠 鮫島一歩 栗東
10 エイシンヒテン 牝3 54.0 松若風馬 渡辺薫彦 栗東
6 11 プリュムドール 牝3 54.0 武豊 奥村豊 栗東
12 アンドヴァラナウト 牝3 54.0 福永祐一 池添学 栗東
7 13 コーディアル 牝3 54.0 鮫島克駿 高野友和 栗東
14 アールドヴィーヴル 牝3 54.0 松山弘平 今野貞一 栗東
15 オパールムーン 牝3 54.0 横山典弘 昆貢 栗東
8 16 タガノディアーナ 牝3 54.0 和田竜二 長谷川浩 栗東
17 オヌール 牝3 54.0 川田将雅 友道康夫 栗東
18 レアシャンパーニュ 牝3 54.0 浜中俊 音無秀孝 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走クラス別成績
オークス組が強い
1勝クラス組も要警戒

■前走着順別成績
前走で掲示板になった馬が馬券の中心
重賞での実績があれば、前走10着以下からでも巻き返せる

■レース当日人気別成績
1番人気が優勢
条件戦を勝利して来る人気薄は注目

■騎手の乗り替わり別成績
前走と同騎手だった馬が好調

それじゃあ月曜日から引き続き、過去10年分のデータを使ってローズSの予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい。

2021年 ローズステークス 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
2 1 1 11 13.3% 20.0% 26.7%
0 1 2 14 0% 5.9% 17.6%
1 1 2 14 5.6% 11.1% 22.2%
2 1 1 14 11.1% 16.7% 22.2%
1 0 0 18 5.3% 5.3% 5.3%
1 1 1 17 5.0% 10.0% 15.0%
2 3 2 16 8.7% 21.7% 30.4%
1 2 1 20 4.2% 12.5% 16.7%

基本的にはどの枠からでも馬券にはなり得る、って感じのデータね。

ただ勝率では1枠が一歩リード。
中京開催だった昨年も、この1枠から勝ち馬が出ているわ。

複勝回収率は370%とコスパもいいし、今回1枠に収まったイリマエンスージアズムは人気薄とはいえ要警戒ね。

ちなみに回収率で見ると、7枠も好調。
昨年単勝100倍だったムジカがこの枠から連対したこともあって、単勝・複勝ともに回収率は150%を上回っているのよね。

7枠に決まったコーディアルアールドヴィーヴルオパールムーンも侮れないわよ。

次は、馬体重別成績を見てもらおうかしら。

2021年 ローズステークス 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~419kg 0 1 2 4 0% 14.3% 42.9%
420~439kg 3 1 1 27 9.4% 12.5% 15.6%
440~459kg 4 4 3 46 7.0% 14.0% 19.3%
460~479kg 2 4 4 27 5.4% 16.2% 27.0%
480kg以上 1 0 0 20 4.8% 4.8% 4.8%

440~459kgあたりだった子を中心に勝ち馬が出ている印象ね。

このレースに限ってはあまりにも大きかったり、小さかったりと、極端に目立つ馬体の子は避けて勝ち馬候補を選ぶのがよさそうよ。

もっとも、馬券圏内というところでは419kg以下だった子が優勢。
複勝率は50%近い数値になっているし、複勝回収率も400%程度と好調なのよね。

前走時の馬体重を参考にすると、いかにも配当妙味のありそうなオヌールが該当しそうだから注目してちょうだい。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表するわよ!

2021年 ローズステークス 注目馬①

アールドヴィーヴル(牝3)
【前走:優駿牝馬(G1)7番人気5着】

月曜から変わらず、このレースの本命に挙げたいのがアールドヴィーヴルよ!

好ローテーションのオークス組に加え、早々に主戦松山弘平Jの鞍上が決まるなど、前回の検証時ですでに走る材料が揃いつつあった彼女。

勝利した2歳新馬戦から馬体重がかなり落ちているのが心配なところではあったけど、今日調べた限り彼女のような馬格の小さい子でも好走範囲内にあるとわかって、安心して軸を任せられるようになったわ。

懸念していたオッズも、ギリギリ妙味が見込める範囲に落ち着きそうなのは嬉しい限りね。

アールドヴィーヴルは調教でもよく動けていて、栗東の坂路で行った最終追い切りでも【52.7-37.9-24.3-12.0】の時計を記録。
オークスの時よりも明らかに状態がよさそうだし、気配十分、って感じだったわ。

ぜひここを勝ち切って、秋華賞の切符を手にしたいところね!

2021年 ローズステークス 注目馬②

タガノパッション(牝3)
【前走:優駿牝馬(G1)10番人気4着】

オークス組からはタガノパッションも要警戒よ。

4着入線のオークスでは、アールドヴィーヴルと同じく最先着したユーバーレーベンに0秒3差だった彼女。
ただ上がりは34.2で、タガノパッションがメンバー最速だったのよね。

ローズSは中団からの競馬が優勢だし、世代トップクラスの末脚はこの舞台でも脅威になるはずよ。

タガノパッションは検証でも好データによく該当していて、本走との相性、という部分も問題なさそう
栗東のCWで行った最終追い切りでは、6F【82.9-66.9-52.0-38.4-12.2】というなかなかの時計を記録してたし、状態面の心配もいらないわ。

より配当妙味を重視するなら、こちらを軸にするのもアリね!

2021年 ローズステークス 注目馬③

プリュムドール(牝3)
【前走:3歳以上1勝クラス 1番人気1着】

月曜日には注目穴馬として紹介していた、プリュムドール

前回検証した時点で目立つほどの好材料を備えていた彼女だったけど、未だ好オッズを維持しているのは嬉しい限りよね。

さらに今日も枠・馬体重ともに好走傾向にある、ということがわかったし、データ上はますます馬券圏内が見込める存在、って感じよ。

そんなプリュムドールは調教も順調に進んでいて、最終追い切りは栗東のCWで4F【53.9-39.4-12.0】の時計を記録。
2連勝中だけあっていいイメージを持って走れている感じだし、状態もさらに上がってきた印象だったわ。

秋華賞出走の請負人とも言える武豊Jが鞍上に決まった今回。
一発に警戒よ!

2021年 ローズステークス 注目馬④

コーディアル(牝3)
【前走:英彦山特別(1勝クラス)1番人気1着】

英彦山特別を快勝し勢いに乗る、コーディアル

月曜日に伝えた通り、このローズSでは彼女のような上がり馬が勝ち負けする傾向にあるから侮っちゃダメよ。

本走と同条件だった今年頭の3歳未勝利戦で3着入線した実績があるし、何よりエピファネイア産駒である彼女は中京の中長距離戦において適性を疑う必要はないわね。

検証でもかなりの好データに該当していたし、今回のメンバー相手にも十分に馬券内入線が見込めそうよ。

そんなコーディアルの最終追い切りは、栗東の坂路を【53.4-38.8-25.2-12.4】の時計
終始リズムよく動けていたのが好印象で、調教も順調、って感じだったわ。

高配当を狙うなら、彼女を切ろうなんて考えないことよ!

上位陣が優勢な今年のローズステークスだけど…。
アノ伏兵を侮ると、高配当を獲り逃しかねないわよ!

2021年 ローズステークス 注目穴馬

メイショウオニユリ(牝3)
【前走:3歳以上1勝クラス 2番人気1着】

本走における注目の穴馬候補が、メイショウオニユリよ!

前走の3歳以上1勝クラスでの勝利を含め、目下2連勝中と好調な彼女。
何度か伝えたように、ローズSは彼女のような条件戦を勝利してくる子たちがしばしば馬券を賑わせているのよね。

この夏函館で2走したことで洋芝にも適応した印象があるし、検証でも好材料が揃っていた今回は下馬評以上に買える存在、と言えるわ。

そうそう、今回彼女と8度目のコンビを組む池添謙一Jは、過去10年のローズSでの成績が勝ち鞍2回、連対1回と、いわば馬券圏内の常連。
レースとの相性抜群で、かつ彼女の主戦である池添Jの騎乗が決定したことも、メイショウオニユリにとっては心強い要素よ。

そんなメイショウオニユリの最終追い切りは、栗東のCWで【80.2-63.9-50.0-37.3-12.0】の時計
1週間前の内容も含めかなり期待できる走りを見せてくれたし、体調面も心配なさそうだわ。

昨年連対したムジカ並みのオッズがつきそうな彼女。
ぜひ馬券に含めて、超高配当を手繰り寄せてちょうだい!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次