今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

日経新春杯2019の事前予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2019年 日経新春杯 事前予想

新年1発目の予想は伝統のハンデ重賞、日経新春杯よ!

このレースはG2らしく堅めに決着することもあれば、ハンデ戦ならではの大荒れになることもあって、なかなか予想が難しいのよね。

こんなレースでは、下馬評やファンの雰囲気に流されない、客観的なデータを使って予想をすることが重要になるわ。

今回、そうやってデータを駆使することによって、思わぬ穴馬に好走の気配があることが分かったの。

注目馬はページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしておいてちょうだい。

さっそく、今週の特別登録馬を確認してもらうわね。

2019年 日経新春杯 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アイトーン 54.0 五十嵐忠 栗東
アフリカンゴールド 52.0 西園正都 栗東
ウインテンダネス 56.0 杉山晴紀 栗東
エーティーサンダー 51.0 湯窪幸雄 栗東
ガンコ 57.0 松元茂樹 栗東
グローリーヴェイズ 55.0 尾関知人 美浦
ケントオー 55.0 西橋豊治 栗東
シュペルミエール 55.0 木村哲也 美浦
ダッシングブレイズ 56.0 斉藤崇史 栗東
ノーブルマーズ 56.0 宮本博 栗東
マサハヤドリーム 55.0 今野貞一 栗東
ミライヘノツバサ 56.0 伊藤大士 美浦
ムイトオブリガード 56.0 角田晃一 栗東
メイショウテッコン 56.0 高橋義忠 栗東
ルックトゥワイス 55.0 藤原英昭 栗東
ロードヴァンドール 56.0 昆貢 栗東
サラス 49.0 西村真幸 栗東

それじゃ、過去10年のデータを使って、日経新春杯の予想を組み立てていくわ。

前走クラス別成績から見てちょうだい!

2019年 日経新春杯 前走クラス別成績

前走クラス 着別度数 勝率 連対率 複勝率
2勝 1- 1- 2- 1/ 5 20.0% 40.0% 80.0%
3勝 1- 3- 0- 20/ 24 4.2% 16.7% 16.7%
OPEN非L 0- 0- 2- 24/ 26 0.0% 0.0% 7.7%
G3 2- 5- 1- 28/ 36 5.6% 19.4% 22.2%
G2 1- 1- 4- 22/ 28 3.6% 7.1% 21.4%
G1 5- 0- 1- 16/ 22 22.7% 22.7% 27.3%
地方 0- 0- 0- 0/ 0
海外 0- 0- 0- 0/ 0

まず気になるのは1000万下組なんだけど、今回該当する馬はいなかったわ…

その他の部分では、やはり条件戦よりも重賞を使ってきた馬の方が好成績

とくに前走G1組は勝ち馬の半分を輩出しているから気を付けたいわ。

今回該当するのは以下の7頭だから、チェックしておいてちょうだい。

アイトーン
アフリカンゴールド
ウインテンダネス
ガンコ
グローリーヴェイズ
ノーブルマーズ
メイショウテッコン

次は、前走着順別成績を見てもらおうかしら。

2019年 日経新春杯 前走着順別成績

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 2- 4- 3- 11/ 20 10.0% 30.0% 45.0%
前走2着 1- 3- 1- 11/ 16 6.3% 25.0% 31.3%
前走3着 2- 2- 2- 7/ 13 15.4% 30.8% 46.2%
前走4着 0- 0- 1- 4/ 5 0.0% 0.0% 20.0%
前走5着 1- 0- 0- 2/ 3 33.3% 33.3% 33.3%
前走6〜9着 3- 1- 0- 31/ 35 8.6% 11.4% 11.4%
前走10着〜 1- 0- 2- 42/ 45 2.2% 2.2% 6.7%

※前走で出走取消になった馬がいるから、合計が10頭にならない列があるわよ

前走勝ち馬の成績はさすがね!

このデータには、条件戦を勝ってきた馬とオープン戦を勝ってきた馬の両方が含まれるけど…
詳しく調べたところ、馬券に絡んだのはすべて条件戦勝ち馬であることがわかったわ。

つまり前走で条件戦を勝った馬は、表の数字以上に好走しているということ。

シュペルミエールルックトゥワイスはぜひ押さえておいてちょうだい。

さて、穴党として気になるのは、成績の一段落ちる前走10着以降の馬たち。

ここに穴馬が隠れているかも知れないから、よく調べておいたわ。

すると該当する3頭はそれぞれ、前走で後ろから2番目、またはシンガリで負けていたことがわかったの。

前走で大負けに負けた影響で斤量をオマケしてもらった結果、本走で好走する、という感じかしら。

今回該当するのは、ダッシングブレイズノーブルマーズロードヴァンドールの3頭ね。

次は、当日人気別成績を見てちょうだい。

2019年 日経新春杯 レース当日人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3- 4- 1- 2/ 10 30.0% 70.0% 80.0%
2番人気 4- 1- 0- 5/ 10 40.0% 50.0% 50.0%
3番人気 0- 3- 0- 7/ 10 0.0% 30.0% 30.0%
4番人気 0- 1- 5- 4/ 10 0.0% 10.0% 60.0%
5番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
6番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
7番人気 0- 0- 2- 8/ 10 0.0% 0.0% 20.0%
8番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
9番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
10番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
11番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%
12番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
13番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%
14番人気 0- 0- 0- 5/ 5 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 4/ 4 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%

4番人気までの馬が馬券の7割以上を占めているわね。

とくに1番人気の複勝率はかなりのものだから、よほどのことがない限りは馬券に含めておきたいところ。

今年1番人気になりそうなのは、菊花賞で掲示板に食い込んだグローリーヴェイズか、夏のラジオNIKKEI賞勝ち馬のメイショウテッコンあたり。

今後公開される斤量次第ではあるけれど、どちらも注視しておきましょう。

ちなみに、10番人気以降で馬券に絡んだ馬が3頭いるけど、彼らの中でもっとも人気順が低いのは12番人気の馬だったわ。

その辺りでオッズの開きが見られたら、下の馬はバッサリ切ってしまいましょう。

次は、年齢別成績よ。

2019年 日経新春杯 年齢別成績

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
4歳・1-3月 6- 5- 2- 20/ 33 18.2% 33.3% 39.4%
5歳・1-3月 2- 4- 5- 21/ 32 6.3% 18.8% 34.4%
6歳・1-3月 2- 1- 3- 24/ 30 6.7% 10.0% 20.0%
7歳以上 0- 0- 0- 46/ 46 0.0% 0.0% 0.0%

ピークは4歳、そして馬券になるのは6歳まで、というわかりやすい傾向が見られるわね。

明け7歳のケントオーダッシングブレイズマサハヤドリームあたりは切った方がいいわ。

ちなみに6歳馬は一件成績がパッとしないようだけど、単勝回収率は127%もあるの。

穴馬が勝つのに期待するなら、6歳馬を探すといいってことね。

そんなところで、現段階における注目馬を紹介するわよ。

2019年 日経新春杯 注目馬①

グローリーヴェイズ(牡4
【前走:菊花賞(G1)12番人気5着】

M.デムーロ騎手の騎乗が決定しており、かなり人気が出そうなグローリーヴェイズ

日経新春杯は上位人気の信頼度が高いレースだし、彼にも当然注目せざるを得ないわね。

彼は前走菊花賞で、展開次第では馬券内もあり得たんじゃないか?というレベルの好走を見せてくれていたし、実力のほうも申し分ないわ。

前走G1組が好走している、というのはすでに伝えた通りだし、データの面でも信頼できるわね。

また一方で、まだ重賞勝ちのない彼なら負担重量もそこまで大きくならないだろう、と考えられるのも好材料だわ。

今の所、かなり安心して買える1頭といえるわね!

2019年 日経新春杯 注目馬②

ルックトゥワイス(牡6
【前走:グレイトフルステークス(1600万下)1番人気1着】

前走条件戦組からは、このルックトゥワイスに注目よ!

その前走では、トップハンデを背負いながらも単勝2.0の一番人気。
終始前目につけた上でレーストップの上がりを見せて2着と3馬身差で勝利、と、文句のつけどころのない内容だったわね。

彼はデータ的にも文句のないものが揃っているし、人気順も高すぎず低すぎず、ちょうどいい所に落ち着きそうな感じ。

今年6歳馬は8頭出走するけど、その中でも一番の有力馬といえるわ。

あとは、前走の勝ちっぷりが評価されすぎて、重めのハンデを付けられてしまわないか?というところが心配だけど…
彼は、多少の斤量差を覆すだけの実力を備えているはずよ!

今年は例年よりも荒れそうな日経新春杯
「アノ6歳馬」を押さえれば、10万馬券も夢じゃないわ!

2019年 日経新春杯 注目穴馬

ノーブルマーズ(牡6
【前走:ジャパンカップ(G1)12番人気13着】

前走のジャパンカップでは、最後の直線で力尽きて13着となったノーブルマーズ

正直、あの場では実力が足りなかった、と思わされる内容だったわよね。

でも「前走G1を『いわゆるブービー』で負けた6歳馬」である彼は、このレースにおける穴馬の条件にバッチリ当てはまっているの。

彼は昨年春の目黒記念で2着、宝塚記念で3という実績もあるし、重賞で戦える実力を備えていることは確か。

今週末の時計のかかる馬場になるだろうから、勝ち味に薄い彼のような馬にも十分以上にチャンスはあるわ。

彼を押さえておけば、少し遅めのお年玉にありつけるかもしれないわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次