アメリカジョッキークラブカップ

中山11Rアメリカジョッキークラブカップ(GⅡ・芝2200m)
◎5 ゴールドアクター
○11 トーセンビクトリー
▲3 ミッキースワロー
☆9 マイネルミラノ
レースの見どころ
アメリカジョッキークラブカップの最終予想をするわ!


今回はブラックバゴが鼻出血のために出走を回避して、最終的に11頭立てになったわね。

少頭数とあって、当然買い目を絞っていきたいところだけど、配当の方も諦めていないわよ。

今回は最終的に4頭に印を打ったんだけど、忘れられているあの馬や、一見勝ち目のなさそうなあの馬も含まれているから、ぜひ確認してちょうだい!

詳しい予想の前に、今回の出馬表を見てもらうわね。

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11レジェンドセラー牡455.0ルメール木村哲也美浦
22トミケンスラーヴァ牡856.0江田照男竹内正洋美浦
33ミッキースワロー牡456.0横山典弘菊沢隆徳美浦
44シホウ牡756.0吉田隼人笹田和秀栗東
55ゴールドアクター牡757.0武豊中川公成美浦
66ディサイファ牡956.0蛯名正義小島太美浦
67ダンビュライト牡455.0M.デム音無秀孝栗東
78ショウナンバッハ牡756.0戸崎圭太上原博之美浦
79マイネルミラノ牡856.0柴田大知相沢郁美浦
810マイネルディーン牡956.0三浦皇成鹿戸雄一美浦
811トーセンビクトリー牝654.0田辺裕信角居勝彦栗東


それじゃ、月曜から引き続きアメリカジョッキークラブカップの予想をしていくわ。

まずは、月曜日の事前予想で使ったデータも含めて、ここまでのおさらいをするわよ。

■前走クラス別成績
勝ち馬は前走重賞組からしか出ていない

■前走着順別成績
前走2~3着の複勝率が良い

■脚質別成績
前でレースできる馬が好成績

ということだったわね。
今回、当日人気別成績(過去10年分)のデータを追加して、さらに予想を進めるわよ!

レース当日 人気別成績
当日人気別成績表

1番人気が不振というイメージのあるアメリカJCCだけど、その分2番・3番人気が健闘しているのね!

今年は1~3番人気が大きく割れそうだから、細かい人気順にとらわれず、素直に上位人気3頭はプラス評価だと考えていいわ。


あと、当日の人気と着順についてもう少し詳しく調べてみたところ、過去馬券に絡んだ馬は単勝オッズが最大でも50倍を下回っていたことがわかったの。

紐荒れを狙うにしても、シホウディサイファトミケンスラーヴァマイネルディーンのような大穴は買いにくい、ってことね。


さあ、これらを踏まえて、今週の予想印を紹介するわ。

予想には他にもいくつか重要なデータを使ったんだけど、それについては各馬のコメントを見てちょうだい。


◎ゴールドアクター

トーセンビクトリー

ミッキースワロー

マイネルミラノ


本命
ゴールドアクター(牡7
【前走:宝塚記念(G1)5番人気2着】

月曜日の事前予想でも取り上げた、ゴールドアクター。

そこでは本走が半年ぶりのレースになることを懸念していたけど、思えば彼は休み明けの成績が(5-0-0-1と鉄砲駆けする馬。
あまり心配いらなかったわね。

他に懸念材料があるとすれば、大阪杯から宝塚記念へ向かう予定の陣営が、本走に向けてどれだけ本気で仕上げてくるか、というところ。

そこで水曜日の最終追い切りを見てみると、最後の直線では一杯に追われて、当日の美濃Wコースで一番のタイムを出す好走。
陣営はこのレースを「軽くひと叩き」で終わらせる気はないみたいね。

今回も、順当に馬券に絡む走りを見せてくれるはずよ!


少頭数での開催となった今年のアメリカジョッキークラブカップ
どんなに買い目を絞っても、この馬たちは押さえておいてちょうだい!


対抗

トーセンビクトリー(牝6)
【前走:有馬記念(G1)15番人気14着】

今回の出走馬の中で唯一の牝馬であるトーセンビクトリー。

過去10年、このレースにおいて牝馬の出走はあまりなかったうえに一度も馬券に絡んでいないんだけど、彼女にはその前例を覆すだけの好材料がそろっているわ。

まず、このレースにおいて前走有馬記念組の成績は(4-2-1-9で、複勝率でいうと43.8%。
過去には有馬記念で10着だったヴェルデグリーンや、12着だったネヴァブションなども勝利しているから、前走の内容について気にかける必要はないの。

さらに、今回鞍上を務める田辺騎手は、このレースでの成績が2-0-0-1
中山の芝2200mにおける過去5年間の通算成績は8-7-2-30と、同期間でどのジョッキーよりも多くの勝利を挙げているのよ。

もちろんここまでに調べた他のデータに照らしても不足は無し、配当にも期待できる彼女を買わない手はないわ!


単穴

ミッキースワロー(牡4
【前走:菊花賞(G1)3番人気6着】

上位人気3頭がハッキリしている今回のレースで、1番の支持を受けそうなのがこのミッキースワロー。

最終追い切りでは持ったまま5ハロン68.1-12.9となかなかの動きだったわね。

ただ今回、そのミッキースワローを単穴に留めた理由として、彼の年齢が挙げられるわ。
4歳馬で古馬との対戦実績がない、という不安を裏付けるかのように、このレースでは過去10年4歳馬が1勝もしていないというデータがあるの。

とはいえ、ここまで中山で強い競馬をし続けてきた彼、うかつに切ると後悔するわよ!


注目穴馬

マイネルミラノ(牡8
【前走:日刊スポーツ中山金杯(G3)12番人気11着】

このところ出走数のわりに結果が伴っていないマイネルミラノ。

でも本走と同じコースで開催された昨年9月の産経賞オールカマー(G2)では、いい形で逃げて最終的には3着タンタアレグリアとクビ差の4だったのよね。

展開が向けば、という但し書きはどうしても付いてしまうけど、彼はまだ十分なポテンシャルを秘めているわ。

また、この競争が「高齢馬」「逃げ馬」に有利なのは月曜日にも話した通り。

彼ならこのレースに大穴を開けてくれそうよ!



的中実績
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る