今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

日経新春杯2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 日経新春杯 最終予想

日経新春杯の最終予想をするわよ!

月曜日にも軽く伝えたとおり、データ的に万全な馬がいなくて混戦模様な今回のレース。

普段堅い分荒れれば大きい日経新春杯だけに、今年も昨年のような高配当に期待できそうよ。

今回、さらにデータを駆使して各馬を調べあげたところ、単勝2倍切りそうなアノ馬の信頼度や、馬券を賑わしてくれそうな穴馬が判明したの。

ページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい。

さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

2021年 日経新春杯 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ダイワキャグニー セン7 57.5 内田博幸 菊沢隆徳 美浦
2 ロサグラウカ 牝6 51.0 荻野琢真 尾関知人 美浦
2 3 サトノソルタス 牡6 55.0 池添謙一 堀宣行 美浦
4 サンレイポケット 牡6 55.0 荻野極 高橋義忠 栗東
3 5 ミスマンマミーア 牝6 52.0 松若風馬 寺島良 栗東
6 エアウィンザー セン7 56.0 高田潤 角居勝彦 栗東
4 7 バレリオ 牡6 55.0 和田竜二 相沢郁 美浦
8 サトノインプレッサ 牡4 56.0 坂井瑠星 矢作芳人 栗東
5 9 ヴェロックス 牡5 57.0 川田将雅 中内田充 栗東
10 アドマイヤビルゴ 牡4 56.0 武豊 友道康夫 栗東
6 11 クラージュゲリエ 牡5 56.0 福永祐一 池江泰寿 栗東
12 ワセダインブルー 牡6 54.0 大野拓弥 池上昌和 美浦
7 13 レイホーロマンス 牝8 51.0 高倉稜 橋田満 栗東
14 ショウリュウイクゾ 牡5 53.0 団野大成 佐々木晶 栗東
8 15 レクセランス 牡4 54.0 西村淳也 池添学 栗東
16 ミスディレクション セン7 54.0 太宰啓介 武幸四郎 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走クラス別成績
前走G1組と3勝クラス組が強い

■前走着順別成績
前走掲示板なら買える
前走条件戦かつ6着以降なら切る

■レース当日人気別成績
1~2番人気が勝ち馬の8割
2桁人気馬は前走1桁人気1桁決着が条件

■年齢別成績
勝ち馬のほとんどが4歳馬
7歳以上の馬は切る

それじゃあ月曜から引き続き、各種のデータを駆使して日経新春杯の予想を詰めていくわ。

枠順別成績から見てちょうだい!

2021年 日経新春杯 枠順別成績

1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
3 2 7 44 5.4% 8.9% 21.4%
4 1 5 49 6.8% 8.5% 16.9%
4 5 3 48 6.7% 15.0% 20.0%
3 4 2 54 4.8% 11.1% 14.3%
2 8 7 52 2.9% 14.5% 24.6%
8 8 4 54 10.8% 21.6% 27.0%
7 6 8 68 7.9% 14.6% 23.6%
12 9 7 67 12.6% 22.1% 29.5%

今回は、過去3年間、中京の芝2200mで行われた全てのレースを対象にデータを集計してみたの。

大まかな傾向として、外枠であればあるほど好走しがちだということがわかるわね。

今回は人気のある馬が5枠あたりに集中しているけど、彼らにとってはそこそこ走りやすいレースになりそうだわ。

また、やや不利な内枠の中でも、とくに4枠の成績が落ち込んでいるのは気になるところ。

サトノインプレッサあたりはそれなりに人気しそうだけど、気を付けてちょうだい。

次は、斤量別成績を見てもらうわね。

2021年 日経新春杯 斤量別成績

斤量 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
51kg 0 0 1 3 0% 0% 25.0%
52kg 2 0 2 13 11.8% 11.8% 23.5%
53kg 0 1 0 14 0% 6.7% 6.7%
54kg 1 2 0 21 4.2% 12.5% 12.5%
55kg 4 2 1 22 13.8% 20.7% 24.1%
56kg 1 5 3 20 3.4% 20.7% 31.0%
57kg 0 0 0 7 0% 0% 0%
57.5kg 0 0 0 2 0% 0% 0%

このデータは、過去10年の日経新春杯で、今年出走する馬と同じ重量を背負った馬のデータを集計したものよ。

基本的に、53~54kg、そして57kg以上の馬の成績がやや落ちているようね。

今回、ダイワキャグニーがトップハンデ57.5Kgを背負うことになったわけだけど、データ的にはちょっと心配だわ。

いちおう過去には、もっと重い58kg以上を背負わされて馬券になった馬が3頭いるんだけど、いずれも当日の単勝オッズが10倍を割る人気馬。

今年のダイワキャグニーはそのくらい人気するほどの材料があるかというと微妙なところだし、かなり厳しく評価した方がよさそうね。

またより詳しく調べてみると、斤量÷体重の値が大きければ大きいほど好走する傾向にある、ということもわかったの。

同じ負担重量なら、より軽い馬の方が期待できるってことね。

さあ、いよいよ今週の予想印を紹介するわよ。

2021年 日経新春杯 注目馬①

アドマイヤビルゴ(牡4)
【前走:アンドロメダステークス(OP特別L)1番人気1着】

月曜日にも真っ先に注目馬として紹介していたアドマイヤビルゴ

今回、データ的に万全といえる馬がいないなかで、彼にもやっぱり懸念はあったんだけど…
今日調べたデータにはよく当てはまっているし、総合的に見てトップ評価を下さざるを得ないわね。

とくに斤量については好走実績の多い56kg負担で、小柄な彼にとってはかなりの重荷。

原則ハンディキャッパーに見込まれた馬ほど好走する本走においては、かなり信頼できる材料よ。

最終追い切りでもよく動けていたし、安心して買って大丈夫よ!

2021年 日経新春杯 注目馬②

サトノインプレッサ(牡4)
【前走:菊花賞(G1)11番人気12着】

データ上不調な4枠に入ったサトノインプレッサ

今回調べた枠順別成績は条件戦のデータも含んでいるから…
真ん中内よりの4枠は、馬込みが苦手な条件戦馬のせいで成績が下がっている可能性も一応あるのよね。

とはいえ、似た条件の5枠はむしろ成績がいいくらいだし、中京芝2200mの4枠は警戒するに越したことはない感じ。

印こそ対抗としたけど、総合的に見るとアドマイヤビルゴと比べて一、二段落ちると考えたいわね。

彼をアタマから買うなら、点数には気を付けてちょうだい!

2021年 日経新春杯 注目馬③

サトノソルタス(牡6)
【前走:中日新聞杯(G3)4番人気7着】

意外と好走率の悪くない6歳馬からは、このサトノソルタスをオススメするわ。

前走では十分勝てそうなメンバーの中で凡走に終わってしまったけど、2走前と比べて12kgも増えていたわけだから理由は明白。

明け2走目となる本走は、コンディションを整えて来ればより良い走りが見込めるわよ。

彼はデータも悪くないものが揃っているし、とくに斤量55kgは好走実績の多い条件だから期待せざるを得ない感じ。

最終追い切りでも、余裕を残した状態で寮馬と併入する走りを見せてくれたから、状態面でも不安はないわ。

彼が勝てば、配当はものすごいことになりそうね!

2021年 日経新春杯 注目馬④

ヴェロックス(牡5)
【前走:中日新聞杯(G3)1番人気3着】

好走実績のない57kg負担となったヴェロックス。

彼は体もしっかりしているし、57kgを背負って好走した例が何度もあるし、そこまで心配する必要はないようにも見えるけど…
それでもやっぱり、あれだけ極端なデータが出ている以上、大幅に評価を下げざるを得ないわね。

もっとも、彼は他のデータにはばっちり当てはまっているし、ただ切ってしまうのは惜しい存在。

最終追い切りでも、栗東のCWで6ハロン82.0-12.1という走りを見せていて、タイム以上に前向きさの感じられる姿が印象的だったわ。

馬券に含めておけば、いつもの善戦を見せてくれるはずよ!

昨年クラスの荒れっぷりに期待できる日経新春杯
アノ馬を押さえて、遅めのお年玉をゲットしてちょうだい!

2021年 日経新春杯 注目穴馬

ロサグラウカ(牝6)
【前走:エリザベス女王杯(G1)17番人気15着】

前走では、存在すら忘れられていそうな人気・着順だったロサグラウカ

おととしの12月にオープン入りしてから目立った成績を残せていないし、仕方ないといえば仕方ないわよね。

ただ彼女、データを見る限りはなかなか有望な存在。

51kg負担の馬はいかにも頼りなさげだけど過去にはそれなりに実績を出しているし、前走で結果はともかくG1を経験しているのもプラス材料よ。

また、彼女のこれまでの連対はすべて12月から1月に集中していて、この寒さをプラスに転じられそうなのも魅力的。

3着あたりに飛び込んでくるだけでも、配当が跳ね上がりそうだわ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次