マイラーズカップ

京都11Rマイラーズカップ(GⅡ・芝1600m)
◎8 ロジクライ
○4 エアスピネル
▲9 モズアスコット
☆3 ベルキャニオン
△14 グァンチャーレ
見どころ
読売マイラーズカップG2の最終予想を始めるわ!

やはり注目はエアスピネル。
休み明けでどんな走りを見せてくれるのか楽しみね!

迎え撃つモズアスコットやサングレーザーといった上位人気にも気を付けたいけど、実はそれよりも要警戒な馬を見つけたの!

忘れてはいけないのが、このマイラーズカップは京都開幕週だということ

詳しくはあとで伝えるけど、この舞台にピッタリな激走馬を見つけたから、しっかり確認してちょうだい!

まずは確定した枠順から見てもらうわね。

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ヤングマンパワー牡656.0岩田康誠手塚貴久美浦
22ガリバルディ牡756.0和田竜二藤原英昭栗東
33ベルキャニオン牡756.0藤岡佑介堀宣行美浦
34エアスピネル牡556.0武豊笹田和秀栗東
45サングレーザー牡457.0福永祐一浅見秀一栗東
46ムーンクレスト牡656.0松田大作本田優栗東
57ダッシングブレイズ牡656.0浜中俊吉村圭司栗東
58ロジクライ牡556.0川田将雅須貝尚介栗東
69モズアスコット牡456.0ルメール矢作芳人栗東
610ブラックムーン牡656.0秋山真一西浦勝一栗東
711ピークトラム牡756.0小牧太山口浩幸地方
712テイエムイナズマ牡856.0四位洋文武英智栗東
813カデナ牡456.0幸英明中竹和也栗東
814グァンチャーレ牡656.0古川吉洋北出成人栗東

予想に入る前に、月曜日に出した事前データも振り返っておくわ。


前走クラス別成績
前走G2が好成績

前走着順別成績
中心は前走掲示板組

前走着差別成績
狙いは0.5秒以内
2秒以上離された馬は消し

前走人気別成績
中心は前走5番人気以内
6番人気以降は少し割引


いよいよ最終予想に入るんだけど、今回は京都開催を軸にしたデータを使うから、2012年からの6になることを頭に入れておいて!

脚質
脚質表

京都開幕週の高速馬場ってことで前残りが多い、予想通りの展開。

差し馬も馬券に絡んでくるけど、差し切れず2・3着ってパターンが多いわね。
ただ、回収率は単勝22%・複勝55%とイマイチだから無理して狙わなくてもいいわよ。

ここで狙いたいのは先行力のある馬!

さらに、当日6番人気以降で馬券になった馬の脚質別成績は下記の通り。


逃げ(0-0-0-4) 複勝率0.0%
先行(1-0-3-9) 複勝率30.8%
差し(0-2-0-22) 複勝率8.3%
追込(0-0-0-25) 複勝率0.0%


人気薄でみても、先行馬の成績が圧倒的。
低評価の馬が積極策をとって前残り、というパターンがあるってことね!


そして、追い込み馬には苦しい数字…。
後方からの競馬をするなら、ある程度のポジションが取れないと厳しいって感じよ。


上記のことを踏まえると、馬券的にも妙味のある先行勢を押さえておきたいところ!


それじゃ、以上のことも踏まえてマイラーズカップの印を発表するわ!


◎ロジクライ

○エアスピネル

モズアスコット

グァンチャーレ

ベルキャニオン



本命
ロジクライ(牡5)
【前走:六甲ステークス(OP特別)1番人気1着】

故障明けの1戦目は7着と振るわずだったけど、そのあと調子を上げていって1600万下→OP特別と連勝

3走前と2走前では、のちにダービー卿チャレンジトロフィーを制するヒーズインラブにも先着しているのよね。
シンザン記念制覇から時が経っているとはいえ、まだまだ重賞でも通用するってところをアピールしたわ!

なによりこの馬の魅力は先行力があること!
京都の開幕週で前残りが多いというのは説明した通り。

最有力のエアスピネルも先行力はあるけど、休み明け&叩き濃厚ってことを考えるとロジクライを推したいわね!

適性に関しても、1600mは8戦4勝(4-1-1-2)複勝率75%と好成績!
さらに、京都では3戦して未だに連対を外したことナシ

距離もコースも適性抜群ってわけよ!

エアスピネルは強敵だけど倒せる力は十分アリ。

シンザン記念以来の重賞Vに期待が高まるわ!

対抗
エアスピネル(牡5)
【前走:マイルチャンピオンシップ(G1)2番人気2着】

実績・実力ともに上位確実、1頭だけ抜けているのは間違いないわね。

ただロジクライのところでも触れたように、今回エアスピネルは休み明け。
メンバー的に考えてもそこまで不安視することないけど、過度な期待は禁物って感じ。

さらに、1番人気はここ8年勝っていないというデータもあるのよ…。

けど、悲観するのは早いわ。
恐らくエアスピネルのオッズは2倍台、このオッズで1番人気なら(2-1-1-2)複勝率66.7%とソコソコの数字。
馬券外に飛ぶとは考えにくいのも事実なの。

京都は5戦2勝(2-2-1-0)と、すべて馬券になっていてコース適性も問題なし。
1600mも9戦して4勝2着3回(4-3-1-1)、3着に入れなかった1回も掲示板は確保していて堅実な成績を残しているわ。

舞台適性が抜群なのは、やっぱり見逃せないところ。

最終追い切りの動きも良いから、調子は戻ってきているみたいね。

悲願のG1制覇に向けて、ここで恥ずかしい結果は見せられないって感じよ!


今年も中穴激走で波乱濃厚なマイラーズカップ!
データ&京都開幕週を活かし妙味馬券を生み出すのは!?



単穴

モズアスコット(牡4)
【前走:阪急杯(G3)1番人気2着】

前走では惜しくもクビ差の2着だったけど、重賞でも十分勝負できるってことを示したわね。
逃げたダイアナヘイローに終始外を回されたにも関わらず、4角11番手から見せた追い上げは本当にお見事!
勝ち馬の展開だったことを考えれば、着順以上の内容と言えるんじゃないかしら。

ただ、何度も言うように京都開幕週は前に行ける馬が強いの。

モズアスコットの力は十分なんだけど、展開次第では差し切れず…ってパターンも有り得るわ。
でも最後は良い脚を使うから、ペースが流れれば勝ち負けは射程圏内

デビューから掲示板を外していない堅実ぶりも評価できるし、1600m2戦2勝京都1戦1勝と抜群の適性も魅力だわ!

何より、安田記念へ向かう為にも、この前哨戦は負けられない一戦なの。
2着でも賞金的に微妙だから、なにがなんでも勝って優先出走権を獲得したいハズ。

ビッシリ乗り込まれていることからも、陣営の勝負気配が伝わってくるわね。

ここがエアスピネルとの大きな差。
万全の仕上げで臨戦してくるモズアスコットを甘く見てはいけないわ…!

ここを勝って、安田記念への切符を掴む可能性大よ!


連下

グァンチャーレ(牡6)
【前走:六甲ステークス(OP特別)2番人気2着】

洛陽ステークス(OP特別)2着→大阪城ステークス2着→六甲ステークス2着と、オープンを3連対中のグァンチャーレ。

昨年はパッとしない成績が続いたけど、今年に入ってから徐々に調子を上げ始めているの。

3走前と2走前に関しては、勝ち馬とタイム差なしの競馬
前走も0.3秒差と、勝利まであと一歩なのよね。

相手関係も強化されるし勝ち切るのは厳しいかな…って感じなんだけど、この馬は前で競馬ができるから前残り2・3着パターンが考えられるのよ!

これといった逃げ馬もいないから、自分でペースを作れると理想ね。

コース適性に関しても、京都1600mに限れば4戦2勝(2着2回)と連対率100%

近走の調子を考えても、馬券には是非とも入れておきたいわ!


注目穴馬

ベルキャニオン(牡7)
【前走:東京新聞杯(G3)13番人気7着】

3歳時にはプリンシパルステークスを制し、ダービーへの切符を勝ち取った素質馬ベルキャニオン。

7歳なんだけどキャリアは17戦、使われ過ぎていないのも良いわね。

前走の東京新聞杯は7着と大きく負けているように感じるけど、2着とはわずか0.1秒差
1着リスグラシューとも0.3秒差で、着順ほど負けていないのよ。

2走前と3走前も掲示板を確保して着差0.3秒と、大崩れしない走りをしているわ。

何より、この馬も先行できるのが武器
4走前の湘南ステークス(1600万下)では、見事逃げ切ってみせたわね。

今回、ロスなく回れる内の3枠3番を引いたのも追い風!

主導権を握れれば、京都開幕週の舞台を活かして前残りの可能性も十分あり!

人気も低評価で一発くればデカイから、ぜひ押さえてちょうだい!




的中実績

うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る