今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

阪神大賞典2022の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

阪神大賞典の最終予想をするわよ!

事前予想でも伝えた通り、カタめに決着しがちなこのレース。

前回の検証では人気馬を中心に好材料が揃っていた印象があったし、今年も例年通りの傾向になりそうなんだけど…。

過去の穴馬たちと類似するデータを備えた伏兵も見つかっているから、油断は禁物よ。

今回さらにデータを追加して、そんな番狂わせの可能性を秘めた穴馬候補を炙り出しておいたわ。

高回収率が見込める買い目も紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認していくわよ。

目次

枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ダンビュライト セン8 56.0 松若風馬 音無秀孝 栗東
2 2 シロニイ 牡8 56.0 荻野極 池江泰寿 栗東
3 3 シルヴァーソニック 牡6 56.0 川田将雅 池江泰寿 栗東
4 4 トーセンカンビーナ 牡6 56.0 石川裕紀 加藤征弘 美浦
5 ゴースト セン6 56.0 鮫島克駿 橋口慎介 栗東
5 6 キングオブドラゴン 牡5 56.0 坂井瑠星 矢作芳人 栗東
7 アイアンバローズ 牡5 56.0 石橋脩 上村洋行 栗東
6 8 ユーキャンスマイル 牡7 56.0 藤岡佑介 友道康夫 栗東
9 マカオンドール 牡4 55.0 吉田隼人 今野貞一 栗東
7 10 マンオブスピリット セン5 56.0 池添謙一 斉藤崇史 栗東
11 ディープボンド 牡5 57.0 和田竜二 大久保龍 栗東
8 12 アドマイヤアルバ セン7 56.0 原田和真 堀内岳志 美浦
13 サンアップルトン 牡6 56.0 松岡正海 中野栄治 美浦

詳しい予想に入る前に、軽く前回のおさらいをしておくわね。

■レース当日人気別成績
5番人気以内での3連複ボックスがオススメ

■前走クラス別成績
G1組は複勝率60%と信頼度高め
G2組ではAJCC組が好調

■前走着順別成績
前走で馬券になった馬が好走傾向にある
前走6着以降でも、芝2400mの重賞で馬券になった実績があれば巻き返せる

■年齢別成績
4歳馬が強い
高齢馬ではユーキャンスマイルが狙い目

それじゃあ引き続き過去10年分のデータを基に、阪神大賞典の予想を詰めていくわよ。

まずは、枠順別成績から見てもらおうかしら。

枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 2 0 2 6 20.0% 20.0% 40.0%
2枠 0 1 2 7 0.0% 10.0% 30.0%
3枠 0 1 1 8 0.0% 10.0% 20.0%
4枠 0 1 2 8 0.0% 9.1% 27.3%
5枠 1 0 1 10 8.3% 8.3% 16.7%
6枠 1 4 1 9 6.7% 33.3% 40.0%
7枠 2 1 1 14 11.1% 16.7% 22.2%
8枠 4 2 0 14 20.0% 30.0% 30.0%

基本的には外枠有利、と言えるデータね。

とくに8枠は過去10年で4頭の勝ち馬が出ていて、もっとも高い勝率になっているんだけど…。
ここから勝利した4頭は、すべて当日の単勝オッズが6倍を切る人気と実績を備えた子たちだったのよね。

今回8枠に収まるアドマイヤアルバサンアップルトンは、現時点では大穴クラスの2頭。
彼らはデータ的に有利な枠には入っているけど、傾向上の一致は乏しい、ということは覚えておいてちょうだい。

逆に穴馬が好走する傾向にあるのが、1枠
ここは勝率と複勝率が高いだけでなく、回収率も単勝・複勝ともに120%オーバーと好調なの。

2019年には、当時10番人気だったロードヴァンドールがこの枠から逃げて3着入線しているし、今回1枠を引いたダンビュライトも人気薄の逃げ馬だけに警戒したいわね。

次は、馬体重別成績を見てもらうわよ。

馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 1 3 0 10 7.1% 28.6% 28.6%
460~479kg 1 3 1 10 6.7% 26.7% 33.3%
480~499kg 1 2 8 25 2.8% 8.3% 30.6%
500~519kg 7 1 1 19 25.0% 28.6% 32.1%
520kg以上 0 1 0 12 0.0% 7.7% 7.7%

500~519kgだった馬の勝率が凄いことになっているわね!

これほど成績に開きがあるなら、勝ち馬は素直にこの範囲から選ぶべきだわ。

前走時の馬体重を参考にすると、上位5番人気以内ではアイアンバローズディープボンド、さらにユーキャンスマイルが該当するわよ。

ただ複勝率で見ると、基本的にはどの条件でも大差ない印象。
520kgを超えなければ、馬券圏内は見込めそうね。

そんなところで、このレースの予想印とオススメの買い目を発表していこうかしら!

今回の注目穴馬は、回収期待値2000%のオイシイ1頭よ!

◎本命

ディープボンド(牡5)
【前走:有馬記念(G1)5番人気2着】

前回検証した段階で、走る材料が揃っていたディープボンド

今日枠・馬体重ともに好調であることがわかったし、実績を抜きにしてデータだけで判断しても文句なしで本命に推せる存在よ。

この阪神大賞典が今年の始動戦となる彼だけど、追い切りではよく動けていたし、状態面での不安もなし
連覇へ視界良好、ってところね。

問題はその人気で、当日は単勝1倍台前半のオッズでほぼ間違いない感じなんだけど…。
彼を馬券に含めないと始まらない、と言っておくわ。

○対抗

ユーキャンスマイル(牡7)
【前走:有馬記念(G1)16番人気9着】

2020年にこの舞台を制した、ユーキャンスマイル

昨年はディープボンドに次いで2着入線するなど、彼にとって阪神大賞典はまさに好相性のレースよね。

懸念があれば、今年7歳になる彼が今回も馬券を賑わす激走に期待できるのか、というところだと思うんだけど…。
伝えたように、ユーキャンスマイルは高齢でも走る条件に合致していたし、臨戦過程も昨年より良好

他のデータも好調だったことを加味すれば、むしろ今年はディープボンドとも十分勝ち負けできる、と言えるほどよ。

コスパに関してはディープボンドより、圧倒的にこちらね!

△連下

トーセンカンビーナ(牡6)
【前走:ダイヤモンドステークス(G3)5番人気3着】

前走のダイヤモンドSでは強力な末脚を使って3着入線を果たした、トーセンカンビーナ

約2年馬券に絡めないレースが続いていたけど、前々走のステイヤーズSの4着入線をキッカケに復調の気配を見せはじめているわね。

もともと3000m以上のレースでは、連対した2020年の阪神大賞典を含め、通算4戦すべてで掲示板になっていて、長距離戦線では実力上位の存在。
さらに関西所属だっただけあって、阪神コースでの連対率は57%とよく走るのよね。

データが揃って、かつ状態も整ってきた今回なら、ディープボンドやユーキャンスマイルと勝ち負けになってもおかしくないと見ているわ。

コスパもいいし、ここは狙い目ね!

さて、検証してきた阪神大賞典
今年もカタめの決着が濃厚だから、小点数で高回収率を狙いたいわね。

そんなデータ検証から導き出された、オススメの買い目は…。

◎○△☆の3連複ボックスよ!

☆注目穴馬

シルヴァーソニック(牡6)
【前走:万葉ステークス(OP特別)2番人気3着】

前回から変わらず、注目の穴馬候補はシルヴァーソニックよ!

事前予想の段階で穴馬の材料が揃っていた彼だけど、今日枠・馬体重ともに悪くない範囲にあるとわかって、ますます買いやすくなったわ。

距離やコース適性は疑いようのないところだし、デビュー以降17戦中16戦で掲示板になっている安定感はこの舞台でも信頼できる証よ。

そうそう、ここまで触れてこなかったけど、この阪神大賞典では過去10年で馬券になった馬の3分の1は先行した馬なの。
前走・前々走と先行して結果を残しているシルヴァーソニックは、脚質の適性もバッチリってわけ。

当日は単勝20倍程度はつきそうだし、配当に旨味をもたらす穴馬候補として、ぜひ注目してちょうだい!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次