今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

京都大賞典2020の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 京都大賞典 最終予想

京都大賞典の最終予想をするわよ!

キセキグローリーヴェイズステイフーリッシュなど、大舞台で活躍した馬が人気を集める今レース。

ただ、今回は不人気馬にも好走を示唆するデータが出ているのに加え、差し迫った台風の影響による馬場適性も問われる展開になりそうだから、安易に飛びつくのは考えものよ。

今回も引き続き過去のデータを検証したところ、上位陣に先着し得る好材料を持ったある伏兵が存在していたの。

100万馬券オーバーもある注目穴馬として印を打っておいたから、ぜひチェックしてちょうだい!

うまとみらいと
↑毎日王冠の予想は、こちらのサイトでチェックしてちょうだい!↑

さっそく、確定した枠順を確認するわよ!

2020年 京都大賞典 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ダンビュライト セン6 56.0 松若風馬 音無秀孝 栗東
2 キセキ 牡6 57.0 浜中俊 角居勝彦 栗東
2 3 シルヴァンシャー 牡5 56.0 北村友一 池江泰寿 栗東
4 タイセイトレイル 牡5 56.0 川須栄彦 矢作芳人 栗東
3 5 ノーブルマーズ 牡7 56.0 高倉稜 宮本博 栗東
6 ステイフーリッシュ 牡5 56.0 藤岡佑介 矢作芳人 栗東
4 7 リッジマン 牡7 56.0 古川吉洋 庄野靖志 栗東
8 カセドラルベル 牝4 54.0 松山弘平 西村真幸 栗東
5 9 モンドインテロ 牡8 57.0 嶋田純次 手塚貴久 美浦
10 アルバート 牡9 56.0 岩田康誠 橋口慎介 栗東
6 11 バイオスパーク 牡5 56.0 和田竜二 浜田多実 栗東
12 ドゥオーモ 牡7 56.0 藤岡康太 野中賢二 栗東
7 13 グローリーヴェイズ 牡5 58.0 川田将雅 尾関知人 美浦
14 アイスバブル 牡5 56.0 幸英明 池江泰寿 栗東
8 15 パフォーマプロミス 牡8 56.0 福永祐一 藤原英昭 栗東
16 ミスマンマミーア 牝5 54.0 池添謙一 寺島良 栗東
17 キングオブコージ 牡4 57.0 横山典弘 安田翔伍 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわね。

■前走クラス別成績
馬券の大半がG1組
穴馬はOP特別組から

■前走着順別成績
どこからでも馬券には絡める
前走10着以下でもG1組なら巻き返せる

■年齢別成績
馬券の中心は5歳馬
8歳馬以上は切る

■所属別成績
勝ち馬は関西馬から出る
関東馬は当日5人気以内が馬券の条件

それじゃあ引き続き、過去10年分のデータを使って京都大賞典の予想を詰めていくわよ。

まずは、騎手別成績から見てちょうだい!

2020年 京都大賞典 騎手別成績

騎手 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
川田 3 0 0 1 75.0% 75.0% 75.0%
池添 2 1 0 7 20.0% 30.0% 30.0%
北村友 1 0 0 5 16.7% 16.7% 16.7%
浜中 0 2 2 3 0% 28.6% 57.1%
岩田康 0 2 1 3 0% 33.3% 50.0%
松若 0 1 0 1 0% 50.0% 50.0%
0 0 1 4 0% 0% 20.0%
川須 0 0 0 1 0% 0% 0%
高倉 0 0 0 1 0% 0% 0%
横山典 0 0 0 3 0% 0% 0%
藤岡康 0 0 0 3 0% 0% 0%
藤岡佑 0 0 0 3 0% 0% 0%
福永 0 0 0 3 0% 0% 0%
松山 0 0 0 5 0% 0% 0%
和田竜 0 0 0 5 0% 0% 0%

※今回出走する馬に騎乗予定の騎手だけを取り上げているから、各列合計が10にならないわよ。

川田Jの成績がものすごいことになっているわね。
過去4戦しての勝率75%はなかなか見られる数値ではないし、本走と相性抜群の騎手として覚えておくべきだわ。

川田Jの勝ち鞍はどれも上位人気した馬たちだったことから、今回騎乗するグローリーヴェイズでも好走にかなりの期待が持てそうね。

他には、川田Jに次ぐ好成績の池添Jにも注目したいわ。
池添Jは今レースで過去2勝を挙げていて、単勝回収率は200%オーバーにもなるんだけど、この2頭はいずれも「前走が芝2000m」の「5歳馬」だった、という共通点があるの。

今回彼が騎乗するミスマンマミーアはこの条件に該当しているし、穴馬になりそうな1頭として覚えておきたいわ。

さて、本走で1番人気筆頭のキセキに騎乗する浜中Jの成績も見ておくわよ。

浜中Jは勝ち鞍さえないものの、複勝率は50%以上と馬券にはよく絡んでいるわ。
過去のレースで上位から中堅人気まで馬券にしてきたところを見ると、今回コンビを組むキセキでも上位が狙える、と言えそうね。

次は、枠順別成績を見てもらおうかしら。

2020年 京都大賞典 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1 2 1 0 8 18.2% 27.3% 27.3%
2 3 0 2 7 25.0% 25.0% 41.7%
3 1 1 1 10 7.7% 15.4% 23.1%
4 1 1 2 10 7.1% 14.3% 28.6%
5 0 1 1 13 0% 6.7% 13.3%
6 1 1 1 12 6.7% 13.3% 20.0%
7 1 3 2 13 5.3% 21.1% 31.6%
8 1 2 1 16 5.0% 15.0% 20.0%

内枠が好成績ね。

勝ち馬の7割はここから出ているほど好調なんだけど、特に注目したいのが2枠

勝率が抜けて高いだけでなく、2013年には当時11番人気のヒットザターゲットがここから勝ち馬になっていて、単勝回収率は実に1433%にもなるの。
伏兵に勝機のある2枠からは、人気控えめのシルヴァンシャータイセイトレイルが出走するから注視すべきだわ。

ただ、内枠ではないから勝てない、というわけではなく、外枠にかけてもほぼまんべんなく馬券になっているから、あくまで内がやや有利な程度、という具合に考えてよさそう。

他のデータ次第では、外枠からでも馬券になり得ることは覚えておいてちょうだい。

うまとみらいと

そんなところで、追い切りの結果を含めた予想印を発表するわよ!

2020年 京都大賞典 注目馬①

キセキ(牡6)
【前走:宝塚記念(G1)6番人気2着】

やはり今レースの本命にふさわしいのは、人気・実績ともに高い評価を得るキセキよ!

昨年のフランス遠征以降は3戦の間馬券に見放されていたけど、前走の宝塚記念では2着に入りようやく復調の兆しが見えてきたわね。

そんなキセキにとって秋初戦となる今回は、枠も最内とかなりいいところに入ってくれたし、月曜日からの検証でもなかなかの好データに該当していたのは評価できるポイントよ。

そうそう、台風の影響で不良馬場まであり得る本走において、キセキは頼もしい1頭でもあるの。

2017年の菊花賞では不良馬場の中、2着に2馬身差をつけて勝ち馬になるなど、道悪を苦にしない強さは今メンバーでもピカイチ。
タフな馬場になるほど、キセキのレースになり得そうよ。

また彼は、栗東坂路での最終追い切りでも【52.8-38.4-25.0-12.7】の時計で、併せ馬に0秒2先着するなど、休み明けでも問題ない走りを見せてくれたわ。

天皇賞(秋)で勝負するためにも、ここは負けられないレースになるわよ!

2020年 京都大賞典 注目馬②

グローリーヴェイズ(牡5)
【前走:宝塚記念(G1)5番人気17着】

月曜日には真っ先に注目馬として推していた、グローリーヴェイズ

枠こそ、そこそこなところに収まったけど、その他の検証ではキセキと同等の好データに該当していたし、十分優勝争いを演じられるわ。

今回は触れなかったけど、過去にグローリーヴェイズと同じ斤量58kgで出走した馬は【2-1-3-5】で複勝率は54.5%と、かなりの好走傾向にあるのよね。
今レースではグローリーヴェイズが唯一斤量58kgで走るのも、評価できるポイントよ。

また彼は状態面でも好調で、前後に併せ馬をおく実践形式で行われた美浦の南Wでの最終追い切りでも、【67.5-53.2-39.4-12.7】の時計で最先着するなど、休み明けを感じさせない機敏な動きを見せてくれたわ。

関東馬がここ10年1度も勝ち馬になれていないのは気になるところだけど、月曜日にも伝えた通り、当日5番人気以上であれば馬券の可能性が出てくるし、なにより人馬共に高評価できる今回は、前例を覆しての優勝だって十分あり得る舞台

宝塚記念リベンジの準備は整っているわよ!

2020年 京都大賞典 注目馬③

タイセイトレイル(牡5)
【前走:丹頂ステークス(OP特別)7番人気3着】

今レースで台風の目となり得るのが、タイセイトレイルよ。

いかにも穴馬らしいデータに該当しているし、何といっても好走率の高い2枠に決まったのは評価したいところ。

本走の舞台である芝2400mは【1-1-1-2】と相性のいい舞台だし、昨年はアルゼンチン共和国杯で連対するなど重賞での実績もあるから、今回は馬券を賑わせる存在になりそうよ。

そんなタイセイトレイルの最終追い切りは、栗東の坂路で【53.7-38.6-25.1-12.7】と併せ馬に0秒1先着するなど、仕上がりのよさをアピールできていたわ。

陣営が「気になるところはない」と自信をのぞかせる今回、ノーマークなんてことはしないでちょうだい!

2020年 京都大賞典 注目馬④

シルヴァンシャー(牡5)
【前走:天皇賞春(G1)5番人気14着】

骨折明けとなった昨年の京都大賞典では、しぶとく3着入賞を果たしたシルヴァンシャー

5歳になった今年は好データにもよく該当していたし、枠順も申し分のない2枠に決まったから、昨年以上に馬券が狙える存在と言えるわ。

そうそう、彼は本走と同距離の芝2400mではキャリア3戦すべてで馬券になるレースをしているのよね。
昨年の好走もあって距離の適性については疑う余地がないほどだし、前走からの巻き返しに期待大、ってところかしら。

そんなシルヴァンシャーの最終追い切りは、栗東のCW【84.1-68.2-53.2-38.9-12.5】の時計で、今回の相手でもあるアイスバブルらに先着する充実の内容だったわ。

もともと「久々」を苦にしないシルヴァンシャーだけど、今回は状態もよくレースを迎えられそうだし、まだまだオッズも控えめ
配当面でもおいしい有力馬として、覚えておいてちょうだい。

重賞常連の実績馬に人気が集中している今年の京都大賞典。
100万馬券オーバーを運んでくるのは、道悪で脚が活きるアノ伏兵馬よ!

2020年 京都大賞典 注目穴馬

ミスマンマミーア(牝5)
【前走:ケフェウスステークス(OP特別)7番人気5着】

今レースで穴馬になり得る存在として注目したいのが、ミスマンマミーアよ!

前走ケフェウスステークスで馬券を逃しての参戦になるけど、今レースは巻き返しが多く、OP特別組が穴馬になり得るのは伝えた通り。
しかも前走5着馬は単勝回収率907%、なんてデータもあるし、枠も悪くないからますます好走に期待できる感じよね。

そうそう、ミスマンマミーアはデビュー戦を含め、すでにダートで12戦のキャリアがあるの。
おそらく道悪であろう今回は、そのダートで慣らした脚が活きる舞台になるわ。

本走でコンビを組む池添Jが騎乗した最終追い切りでも、栗東CW【67.2-52.5-37.9-12.1】の時計で、追われてからは反応のよさを見せてくれたし、折り合いも申し分なし

馬場を味方にできれば、100万馬券の立役者になり得るわよ!

エビコが認めた競馬予想「うまとみらいと」の無料登録は↓こちら
うまとみらいと

「うまとみらいと」は、本命馬穴馬指数の情報を提供する3コンテンツが一つになった、とってもオトクな競馬情報サイト。

無料情報だけでも数万円の配当を連発しているし、ウチと一緒に使えば稼ぐチャンスは何倍にもなるわ。

それどころか、「うまとみらいと」で提供されるボリューム満点の情報をすべて活用できれば欲しかった車や時計、贅沢な食事、仕事に囚われない自由な生活を手に入れるのも夢じゃないわね。

もし、今の収入にプラスして毎週10万円の利益を得られたならあなたは何がしたい?何が欲しい?

「うまとみらいと」への登録は↓から無料でカンタンにできるけど、今のうちに週末の高配当を何に使うか、考えておいてちょうだい!

うまとみらいと
よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次