今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

京都記念2019の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2019年 京都記念 最終予想

京都記念の最終予想をするわよ!

軸が定まりにくくて予想が難しい上に、基本的には上位人気で決着しがちなこのレース。

その分馬券の旨味も少ないと思われがちだけど…
今回、データを駆使して予想を行った結果、いまひとつ人気していない「アノ馬」を本命に推すことにしたの。

うまくハマれば、このレースではなかなか見られないような、一口数万円クラスの高配当をゲットできそうよ。

予想印はページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい。

さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

2019年 京都記念 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ハートレー セン6 56.0 川田将雅 手塚貴久 美浦
2 2 ノーブルマーズ 牡6 56.0 高倉稜 宮本博 栗東
3 3 アクションスター 牡9 56.0 国分恭介 和田勇介 美浦
4 4 ケントオー 牡7 56.0 幸英明 西橋豊治 栗東
5 5 ブラックバゴ 牡7 56.0 池添謙一 斎藤誠 美浦
6 ダッシングブレイズ 牡7 56.0 松山弘平 斉藤崇史 栗東
6 7 パフォーマプロミス 牡7 57.0 福永祐一 藤原英昭 栗東
8 ダンビュライト 牡5 56.0 松若風馬 音無秀孝 栗東
7 9 カフジプリンス 牡6 56.0 坂井瑠星 矢作芳人 栗東
10 ステイフーリッシュ 牡4 56.0 藤岡佑介 矢作芳人 栗東
8 11 タイムフライヤー 牡4 55.0 和田竜二 松田国英 栗東
12 マカヒキ 牡6 57.0 岩田康誠 友道康夫

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走クラス別成績
G1、G3以外のレースを使った馬は成績が落ちる
今年は前走G2組が多いので扱いに注意

■レース当日人気別成績
勝ち馬は6番人気以内、相手は9番人気以内で考える
1番人気馬は近年勝ちきれていない

■脚質別成績
逃げ・先行馬の成績がかなりいい

■斤量別成績
57kgの馬は馬券内率が高く、それ未満の馬は勝率が高い

それじゃ、新たに2点のデータを使って、フェブラリーステークスの予想を詰めていくわよ。

まずは枠番別成績から見てちょうだい。

2019年 京都記念 枠順別成績

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 0- 2- 0- 8/10 0.0% 20.0% 20.0%
2枠 1- 0- 1- 9/11 9.1% 9.1% 18.2%
3枠 1- 0- 1- 9/11 9.1% 9.1% 18.2%
4枠 2- 2- 1- 8/13 15.4% 30.8% 38.5%
5枠 0- 1- 1-12/14 0.0% 7.1% 14.3%
6枠 3- 0- 1-13/17 17.6% 17.6% 23.5%
7枠 0- 3- 1-15/19 0.0% 15.8% 21.1%
8枠 3- 2- 4-11/20 15.0% 25.0% 45.0%

大外8枠の成績がいいわね…
このレースは例年出走頭数が少ないから、外を回されるリスクが減って動きやすいってことかしら。

今回ここに入ったのは、タイムフライヤーとマカヒキ

馬券的な妙味もあるし、どちらも気を付けておきたいわ。

また、6枠が過去3頭の勝ち馬を輩出しているのも気になるところ。

総じて、勝ち馬は外枠の方から出がち、という風に考えてよさそうね。

次は、所属別成績を見てちょうだい。

2019年 京都記念 所属別成績

調教師分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率
美浦 2- 2- 1- 18/ 23 8.7% 17.4% 21.7%
栗東 8- 8- 9- 67/ 92 8.7% 17.4% 27.2%
地方 0- 0- 0- 0/ 0
外国 0- 0- 0- 0/ 0

関東馬と関西馬、ほとんど差がないのがわかるかしら?

世間では関西馬の方が高く評価されがちだし、とくに今回は輸送の問題もあるから、関東馬を買うのはどうしても抵抗があるかも知れないけど…

世間がそう考えて関東馬の人気が落ちるなら、むしろ「買い」よ。

今回出走する関東馬は、ハートレーアクションスターブラックバゴの3頭。

有力馬を見逃さないよう、しっかりチェックしておいてちょうだい。

さあ、ここで今週の予想印を発表するわよ。

2019年 京都記念 注目馬①

タイムフライヤー(牡4
【前走:日刊スポーツ賞中山金杯(G3)2番人気5着】

月曜日には「注目穴馬」として紹介していたタイムフライヤー

今回、有利な8に入ってくれたことで、安心して本命に推せるようになったわ。

彼は月曜日に調べたデータについてもいいものが揃っているし、最終追い切りを見る限りでは状態もよさそう。

栗東の坂路で、しまい強めに追われて4ハロン52.5-12.1という時計も良かったし、なにより動きが快調そうだったわね。

復調気配の見えた前走より、さらにいい状態でレースに臨めるんじゃないかしら。

G1馬としての意地、ここで見せて欲しいわね!

2019年 京都記念 注目馬②

パフォーマプロミス(牡7
【前走:有馬記念(G1)7番人気14着】

ここまで紹介したデータだけで見れば、一番好走しそうなのがこのパフォーマプロミス

過去3頭の勝ち馬が出た6に入って、かなり好走に期待できそうよ。

もちろん、明け7歳という年齢は無視できるものではなくて、過去の傾向を見ても若い馬と比べればやはり見劣りするわ。

でもこのパフォーマプロミスは3歳秋にデビューして以来、ここまでに わずか16戦 しかしていないの。
戦歴だけ見ればとても7歳とは思えないし、まだまだ伸びしろに期待できる感じ。

彼は肉体的にも衰え知らずで、今週の最終追い切りでもかなりのびのびと走っていたのが印象的だったわ。
栗東のCWコースを単走馬なり6ハロン83.5-12.4という時計もいいわね。

もともとG2で好走の多い彼、今回も期待できるわよ!

2019年 京都記念 注目馬③

ステイフーリッシュ(牡4
【前走:日刊スポーツ賞中山金杯(G3)7番人気2着】

展開がどうなるにせよ、馬券には含めておきたいステイフーリッシュ

実力も高くて、このコースに適性があるのは明らかだし、多少人気しても買わないわけにいかないわ。

彼について心配事があるとしたら、昨年秋から使い続けられている負担がどの程度か?ということ。

でも調教を見る限り、あまり不安視する必要はなさそうよ。

最終追い切りでは、栗東の坂路を終始馬なりで4ハロン53.8-12.3という充実したタイム。
疲れているどころか、現場は馬が本格化している気配さえ感じているようだわ。

今回、本命はあくまでタイムフライヤーに譲ったけど…
彼がこのレースをアッサリ勝ってしまっても、何の不思議もないわね!

上位人気で決着しがちな京都記念
だけど今年は、データに選ばれたこの馬が波乱を起こしそうよ!

2019年 京都記念 注目穴馬

ハートレー(セ6
【前走:ディセンバーステークス(OP特別)5番人気5着】

オープン入り後、勝ちきれない戦いが続いているハートレー

データ的にも、前走OP特別の馬はほとんど馬券になっていないんだけど…
さらに詳しく調べてみたところ、おもしろいことがわかったのよ。

過去に前走OP特別で馬券になったのは、2013年のべールドインパクト1頭だけ。
そして彼は、今回のハートレーと同じようにディセンバーステークスを使っていたの。

過去に実績のあるローテーションで出てくれるとあれば、期待せざるを得ないわ。

さらに彼はこのレースで軽んじられがちな関東馬だし、現にあまり注目されていなくていいオッズがつきそう。

馬券にうまく含めておけば、思わぬ高配当をゲットできるかも知れないわ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次