今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

京都記念2022の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

京都記念の最終予想をするわよ!

事前予想でも軽く伝えた通り、データ的にはユーバーレーベンやサンレイポケットを上回る伏兵が見つかっている今回のレース。

荒れれば大きい京都記念だけに、今年は高配当決着の期待が高まるわね。

今回もさらにデータを追加して、信頼できる本命どころや、高配当をもたらし得る注目の穴馬候補を炙り出しておいたわ。

エビコ渾身の予想印、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順から確認していきましょう。

目次

枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 タガノディアマンテ 牡6 56.0 幸英明 鮫島一歩 栗東
2 2 マリアエレーナ 牝4 53.0 坂井瑠星 吉田直弘 栗東
3 3 エヒト 牡5 56.0 松田大作 森秀行 栗東
4 4 レッドガラン 牡7 56.0 斎藤新 安田隆行 栗東
5 サンレイポケット 牡7 56.0 鮫島克駿 高橋義忠 栗東
5 6 ユーバーレーベン 牝4 54.0 M.デム 手塚貴久 美浦
7 ダノンマジェスティ 牡7 56.0 和田竜二 音無秀孝 栗東
6 8 ラーゴム 牡4 55.0 池添謙一 斉藤崇史 栗東
9 ジェラルディーナ 牝4 53.0 福永祐一 斉藤崇史 栗東
7 10 レッドジェネシス 牡4 56.0 藤岡康太 友道康夫 栗東
11 アフリカンゴールド セン7 56.0 国分恭介 西園正都 栗東
8 12 マカヒキ 牡9 57.0 岩田望来 友道康夫 栗東
13 ディアマンミノル 牡5 56.0 横山典弘 本田優 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
G1菊花賞組が好調
G2は中山金杯組、G3はAJCC組が狙い目

■前走着順別成績
前走6着以降でも前走の格がG2以上であれば巻き返し得る

■レース当日人気別成績
6番人気までしか馬券にならない
穴馬は単勝34倍以内が目安

■年齢別成績
4・5歳を中心に馬券を組む
8歳を超えている馬は切る

それじゃあ月曜日から引き続き、過去10年分のデータを基に京都記念の予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい。

枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 0 2 4 14 0.0% 10.0% 30.0%
2枠 1 2 2 15 5.0% 15.0% 25.0%
3枠 0 2 1 17 0.0% 10.0% 15.0%
4枠 1 2 0 18 4.8% 14.3% 14.3%
5枠 1 2 0 20 4.3% 13.0% 13.0%
6枠 1 0 2 23 3.8% 3.8% 11.5%
7枠 0 3 2 23 0.0% 10.7% 17.9%
8枠 9 0 2 19 30.0% 30.0% 36.7%

昨年から引き続き今年も阪神開催ということで、阪神の芝2200mで行われた重賞レースにおける過去10年分の枠順データを集めてみたわ。

とにかく8枠が絶好調ね!

過去10年13戦中9戦でここに入った馬が勝利していて、かつ単勝回収率は実に400%を上回っているわ。

これほど極端なデータが出ている以上、今年8枠に収まったマカヒキディアマンミノルは押さえておきたいわね。

ちなみに、8枠を除いた場合、複勝率は内枠にかけて高くなる、という傾向もあるの。

流す馬を考えるときは、より内側に入った子に比重を置きましょう。

次は、馬体重別成績を見てもらうわよ。

馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 0 0 0 12 0.0% 0.0% 0.0%
460~479kg 4 6 1 15 15.4% 38.5% 42.3%
480~499kg 6 1 4 27 15.8% 18.4% 28.9%
500kg以上 0 3 5 26 0.0% 8.8% 23.5%

勝ち馬は460~499kgから出る、という傾向にあるようね。

前走時の馬体重を参考にすると、人気しているユーバーレーベンレッドジェネシスサンレイポケットこの範囲内に該当するわ。

ただ彼らと同様に上位人気しているマリアエレーナジェラルディーナは、前走時が459kg以下

傾向上小柄な馬は走らないレースだから、彼女たちの扱いには注意してちょうだい。

次は、牡牝別成績を見てもらうわよ。

牡牝別成績

1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
牡・セン 8 7 10 68 8.6% 16.1% 26.9%
2 3 0 12 11.8% 29.4% 29.4%

牝馬優勢、というデータね。

牝馬は過去10年で2勝しているんだけど、この2勝は一昨年のクロノジェネシス、昨年のラヴズオンリーユーのもので、さらに両者は当日1番人気だった、という共通点があるわ。

今年の1番人気の筆頭も、牝馬のユーバーレーベン

傾向的に彼女は”買い”ね。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表するわよ!

◎本命

ユーバーレーベン(牝4)
【前走:ジャパンカップ(G1)5番人気6着】

強力な古馬勢相手に6着と健闘を見せたジャパンC以来のレースとなる、ユーバーレーベン

秋華賞の大敗があったけど、昨年のオークスを制した実績もあって、本走では1番人気の筆頭に挙げられているわね。

そんな彼女だけど、データや適性面でも信頼度はかなり高め

検証したすべてのデータで問題になるようなところはなかったし、中長距離はスタミナとキレる脚を持つ彼女に有利に働く舞台よね。

ユーバーレーベンの最終追い切りは、美浦の南Wで6F【83.8-68.6-53.6-38.5-11.9】の好時計を記録。
陣営も自信を伺わせるほどの調教だったし、この好調さも”買える”材料だわ。

オッズも単勝2倍程度と最低限のコスパは確保できそうだし、積極的に頭から狙っていきたいわね。

○対抗

レッドジェネシス(牡4)
【前走:菊花賞(G1)1番人気13着】

菊花賞からの巻き返しを狙う、レッドジェネシス

月曜日の段階では、データ上もっとも相性のいい1頭として紹介していたわよね。

今日の検証でも好材料が見られたし、高い適性をほこる阪神コースでのレース、ということも加味すれば、勝ち負けの展開も十分に考えられるわ。

さらに今週末は雨模様という点も、不良馬場での好走実績のある彼にとっては追い風になる材料よ。

そんなレッドジェネシスの最終追い切りは、栗東のCWで6F【84.6-68.5-53.3-38.0-11.8】という時計。
コンビ2戦目となる藤岡康太Jとの折り合いも問題なさそうだったし、休み明けとは思えないほどパワフルな走りができていたのは好印象だったわ。

データ的にはちょっとユーバーレーベンに分がありそうな感じだけど、こちらが勝利すれば馬券に旨味が出るわね!

△連下

マカヒキ(牡9)
【前走:ジャパンカップ(G1)12番人気14着】

8歳以上の好走例がない、京都記念だけど…。
絶好調の8枠に収まった以上、マカヒキは軽視できないわ!

前走のジャパンCを含め、直近のG1・8戦ではピリッとしない彼だけど、本走と同じ舞台だった前々走の京都記念では最先着しているし、まだまだ条件の揃ったG2戦なら勝ち負けするチャンスは十分

年齢以外は走るデータに該当していた今回は、まさに前例を覆しての馬券圏内が狙えるレースと言えるわ。

そんなマカヒキの最終追い切りは、栗東の坂路で【54.4-39.3-25.2-12.5】という時計。
追われてからの反応もよかったし、状態面も好調と見ていいんじゃないかしら。

オッズ的にも、オイシイ馬券の立役者になってくれそうよ!

カタめに決着しそうな雰囲気のある、今年の京都記念だけど…。
アノ不人気馬が、久々の6桁配当を演出してくれそうよ!

☆注目穴馬

エヒト(牡5)
【前走:アメリカジョッキークラブ(G2)9番人気9着】

月曜日の検証同様に、今日も枠・馬体重で激走傾向にあることがわかったエヒト

それでいて現時点での人気は、単勝100倍を上回る大穴クラス

穴党としては、これほど走る材料の揃ったオイシイ馬を切るなんてことはできないわ!

ただ複勝率が高い検証結果だったから、最先着というよりは馬券圏内に期待したいところ。

馬券に来るだけで配当が跳ね上がり得るし、◎と○の相手として買いたいわね。

そんなエヒトの最終追い切りは、栗東の坂路で【50.7-36.7-24.1-12.4】の時計を記録。
リズムよく走れていて、仕上がりも上々、って感じで安心したわ!

彼を押さえてこそ、6桁配当獲得のチャンスがグッと近づくわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次