エビコ

2018年神戸新聞杯で的中を呼び込む穴馬予想

絶対的中!豊富な競馬情報を元に様々な角度から分析した2018年神戸新聞杯

2018年神戸新聞杯開催情報

レース名 神戸新聞杯
クラス G2
開催日 2018年9月23日(日)
開催場 阪神競馬場
レース番号 11R

2018年神戸新聞杯直前予想

馬番 馬名
8エポカドーロ
3ワグネリアン
9アドマイヤアルバ
6メイショウテッコン
レースの見どころ
神戸新聞杯の最終予想をするわよ!

もともと出走数が控えめなこのレース、今年は最終的に10頭立てとなったわね。

考慮すべき材料が月曜の予想時よりも減って、ますます当てやすくなったわ。

信頼できる上位人気がいる今回は、小さく買って確実に当てるスタイルが最適。

印と買い目はページの最後で紹介しているから、期待しててちょうだい。


さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ゴーフォザサミット牡356.0蛯名正義藤沢和雄美浦
22エタリオウ牡356.0M.デム友道康夫栗東
33ワグネリアン牡356.0藤岡康太友道康夫栗東
44ステイフーリッシュ牡356.0川田将雅矢作芳人栗東
55タイムフライヤー牡356.0和田竜二松田国英栗東
66メイショウテッコン牡356.0松山弘平高橋義忠栗東
77ビッグスモーキー牡356.0浜中俊清水久詞栗東
8エポカドーロ牡356.0戸崎圭太藤原英昭栗東
89アドマイヤアルバ牡356.0岩田康誠須貝尚介栗東
10ハーベストムーン牡356.0幸英明浅見秀一栗東


詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■当日人気別成績
1番人気の連対率は90%で、2番人気も上々
過去10年、2桁人気馬は馬券になっていない

■前走着順別成績
前走連対馬が強い
夏競馬で大敗した馬は馬券にならない

■騎手別成績
乗り替わりのない馬がかなり好成績

■脚質別成績
馬券の7割以上が中段以降の馬

それじゃ、新たに2点のデータを使って、神戸新聞杯の最終的な予想を組み立てていくわ。


枠順別成績から見てちょうだい。

枠順別成績
枠順別成績表

基本的には、内枠よりも外枠の方がやや成績が高いわ。

この神戸新聞杯は2400mと長丁場だけど、外々を回されるリスクはあまり気にしなくても大丈夫って感じね。

今回はエポカドーロが外目の枠に入ってくれたから、彼を軸に馬券を組み立てるとよさそうだわ。


次は、生まれた月別成績よ。

生まれた月別成績
生まれた月別成績表

勝率を見ると、12月生まれが明らかに好成績だわ。
セオリー通りね。

今年の人気ツートップはどちらも2月生まれ。
安心して買えるわよ。

複勝率は、どこも大きな差がないの。
相手を選ぶ際にはあまり気にする必要はないわね。


さあ、ここで今週の予想印を発表するわよ!

今回は手堅く、馬単1頭軸マルチ◎→◯▲☆の6で勝負よ!


本命
エポカドーロ(牡3
【前走:東京優駿)(G1)4番人気2着】

ダービー馬と皐月賞馬の対決、私はこのエポカドーロに1票入れるわ。

今日調べたデータでは、外枠に入った馬が有利であることが分かって、ますます買いやすくなったわね。

最終追い切りは本番さながら芝コースで行われて、馬なりで5ハロン69.8-11.9というタイム。
僚馬に後ろから追わせるかたちの調教は、明らかにワグネリアンを意識していて好感が持てるわ。

いちおう、このレースはどちらかというと差し馬が有利なんだけど…
データ上、2番人気以内の先行馬は2-1-0-1という成績だから、全く心配する必要はないわよ。

ここを勝って、前走の雪辱を晴らしてほしいわね!

対抗
ワグネリアン(牡3
【前走:東京優駿(G1)5番人気1着】

藤岡康太騎手への乗り替わりが正式に決定したワグネリアン

福永騎手のことを考えると安心な一方で、乗り替わりはデータ上大きくマイナスなのよね。

正直切ることまで考えていたんだけど…
あるデータを考慮して、引き続き対抗評価としたわ。

過去10年、東京優駿の勝ち馬が本走に出たケースが三度あったんだけど、その成績はなんと2-1-0-0
連対率100なのよ。

また2010年には、ダービー2着だったローズキングダムが武豊騎手に乗り替わって勝利した例もあるわ。

藤岡騎手は調教でワグネリアンに乗っていた経験もあるし、人馬の相性という点でも問題ないわね。

ダービー馬としての実力、ここでも見せてくれそうよ!


少点数でも簡単に獲れる今年の神戸新聞杯
この馬たちのおかげで、配当もオイシくなりそうよ!


単穴

アドマイヤアルバ(牡3
【前走:東京優駿(G1)17番人気9着】

前走ではずーっとシンガリにつけていたアドマイヤアルバ

その姿が印象的だったからか、今のところあまり人気していないようだけど…
ダービーでトップの上がりを見せた強烈な末脚、忘れるわけにはいかないわよね。

そもそも彼は、2走前の京都新聞杯でステイフーリッシュの2着につけている、れっきとした実力馬。
この夏で力をつけてきていれば、勝ち負けも十分あり得るわ。

最終追い切りは、栗東のCWで一杯に追われて6ハロン84.2-11.7という時計。

楽そうに走っていた併せ馬ヴァントシルムと並走併入、というのは一見不安に映るけど…
ちゃんとタイムを見れば、相手が良すぎただけだということがわかるわね。

彼はこのレースだけでなく、今後にも注目したい1頭よ!

注目穴馬

メイショウテッコン(牡3
【前走:ラジオNIKKEI賞(G3)2番人気1着】

月曜日にも注目穴馬として紹介していたメイショウテッコン

本走では、出走メンバー的にもハナを切ってレースを運ぶことになりそうだわ。

過去このレースでは逃げ馬が3頭馬券になっているし、注目せざるを得ないわよね。

最終追い切りは充実の3頭併せで、4ハロン52.7-12.6の時計を出しつつ最先着。
しまいで騎手の仕掛けに素早く反応できていたのも評価したいわ。

彼は枠順をはじめとして、このレースにおける好走材料がよく揃っているし、今回も上位につけることは間違いないって感じ。

ダービー馬や菊花賞馬を下しての勝利だってあり得るわよ!




的中実績

神戸新聞杯予想記事一覧

ログイン



閉じる

パスワードを忘れた方はこちら

会員登録でお得な情報を無料配信!


閉じる