今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

アルゼンチン共和国杯2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 アルゼンチン共和国杯 最終予想

アルゼンチン共和国杯の最終予想をするわよ!

昨年の覇者オーソリティに人気が集まっている、このレース。

たしかに彼は、実績・実力ともに群を抜く存在だけど…。

かなりの人気を吸っている分、飛ぶようなことがあれば昨年のような高配当に期待できるわ。

今回データを追加して検証を行ったところ、世間ではノーマークの伏兵に彼を凌ぐ好材料が見つかったの。

データ上は勝利まで見える1頭だから、見逃さないでちょうだい!

そんな穴馬情報は、いつものようにページの最後で紹介しているわよ!

さっそく、確定した枠順を確認していきましょう。

2021年 アルゼンチン共和国杯 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 レクセランス 牡4 54.0 戸崎圭太 池添学 栗東
2 2 オウケンムーン 牡6 56.0 団野大成 国枝栄 美浦
3 サトノソルタス 牡6 55.0 大野拓弥 堀宣行 美浦
3 4 ロードマイウェイ 牡5 56.0 岩田康誠 杉山晴紀 栗東
5 フライライクバード 牡4 55.0 岩田望来 友道康夫 栗東
4 6 アイアンバローズ 牡4 54.0 石橋脩 上村洋行 栗東
7 アドマイヤアルバ セン6 53.0 吉田豊 柄崎孝 美浦
5 8 アイスバブル 牡6 55.0 三浦皇成 池江泰寿 栗東
9 ディアマンミノル 牡4 54.0 荻野極 本田優 栗東
6 10 オーソリティ 牡4 57.5 ルメール 木村哲也 美浦
11 ゴースト セン5 54.0 鮫島克駿 橋口慎介 栗東
7 12 マイネルウィルトス 牡5 56.0 M.デム 宮徹 栗東
13 ボスジラ 牡5 56.0 田辺裕信 国枝栄 美浦
8 14 トーセンカンビーナ 牡5 55.0 石川裕紀 加藤征弘 美浦
15 アンティシペイト 牡4 55.0 横山武史 国枝栄 美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
前走G1組が安定した成績を残している
前走G2組からはオールカマー組に警戒

■前走着順別成績
前走4着以内だった馬が馬券の中心
前走6~9着でも、その前走で5番人気以内であれば巻き返せる

■レース当日人気別成績
勝ち馬の大半は3番人気以内から出ている
穴馬は中堅クラスから

■年齢別成績
4歳馬が絶好調
1年以内に重賞で馬券になった6歳馬にも注目

それじゃあ月曜日から引き続き、過去10年分のデータを基にアルゼンチン共和国杯の予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい。

2021年 アルゼンチン共和国杯 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1枠 0 1 2 13 0.0% 6.3% 18.8%
2枠 2 1 2 13 11.1% 16.7% 27.8%
3枠 1 1 0 16 5.6% 11.1% 11.1%
4枠 0 2 1 16 0.0% 10.5% 15.8%
5枠 2 1 2 15 10.0% 15.0% 25.0%
6枠 3 2 1 14 15.0% 25.0% 30.0%
7枠 1 1 1 22 4.0% 8.0% 12.0%
8枠 1 1 1 22 4.0% 8.0% 12.0%

内有利、なんて言われる府中だけど、アル共では外側だった馬の方が走れているようね。

とくに6枠だった馬は安定した成績を収めていて、単勝回収率も100%オーバーと好調。
今回ここに入ったオーソリティゴーストは、優位にレースが運べそうね。

ちなみに直近3年で見ると、5枠だった馬が勝ち馬2頭を含めのべ4頭も馬券になっているわ。
近年好走傾向にある枠として、5枠のアイスバブルディアマンミノルも警戒したいわね。

次は、斤量別成績を見てもらうわよ。

2021年 アルゼンチン共和国杯 斤量別成績

斤量 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~53kg 0 1 2 31 0.0% 2.9% 8.8%
54kg 1 0 1 22 4.2% 4.2% 8.3%
55kg 1 4 6 26 2.7% 13.5% 29.7%
56kg 6 2 0 19 22.2% 29.6% 29.6%
57.5kg 0 1 1 2 0.0% 25.0% 50.0%

※今回出走する馬の斤量だけを取り上げているから、合計が10にならない列があるわよ。

ハンデキャッパーに見込まれた馬の方が好走傾向にあるようね。

なかでも斤量56kgだった馬は、図抜けた勝率になっているから見逃せないわ。

今回56kgに決まったのはボスジラオウケンムーンマイネルウィルトスロードマイウェイの4頭。
勝ち馬候補として、有力視したいわね。

ちなみに1番人気オーソリティの斤量は、57.5kg
勝ちこそないけど、データ上はまずまず走れているようだから心配いらなそうね。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表するわよ!

2021年 アルゼンチン共和国杯 注目馬①

オーソリティ(牡4)
【前走:天皇賞春(G1)6番人気10着】

データ、相手関係を見ても、どうしたって高い評価を与えざるを得ないオーソリティ

オッズも1倍台が濃厚だけど、買わなければはじまらない、って感じね。

そもそも中長距離であれば、トップ戦線に混じっても十分通用する、と言っても過言ではない彼。
検証でも群を抜く好データに該当していたほか、府中では3戦2勝と好相性とあって馬券外に沈む姿は想像し難いわよね。

そんなオーソリティの最終追い切りは、美浦の南Wで【85.5-69.2-53.6-38.5-11.6】の時計を記録。
怪我明けとは思えないほど軽やかな走りを見せていたし、コンディション面も問題なさそうね。

ここを連覇して、来年こそはG1戦線で大暴れしてほしいところだわ!

2021年 アルゼンチン共和国杯 注目馬②

ボスジラ(牡5)
【前走:丹頂ステークス(OP特別)3番人気2着】

中長距離戦なら、ボスジラは見逃せないわよ。

前走の丹頂ステークスでは今年初の馬券内入線を決めるなど、ようやく調子も上向いてきたし、好走実績のある府中での本走は積極的に狙っていきたいところね。

彼は目立たないながら検証でもなかなかの好データに該当していたし、得意の持久戦に持ち込めればオーソリティに土をつけるようなことがあってもおかしくない存在。

さらにコンビ通算勝利1回、連対2回と好相性の田辺裕信Jが鞍上、という好材料があるのも心強いわね。

ボスジラは状態もよさそうで、美浦の坂路で行われた最終追い切りでも【52.5-37.5-24.3-12.4】の時計を記録。
前走での勢いそのままに、リズムよく走れていたのは好印象だったわ。

5倍を下回らない程度のオッズで落ち着くようなら、アタマから買っても面白そうよ!

2021年 アルゼンチン共和国杯 注目馬③

アドマイヤアルバ(セ6)
【前走:産経賞オールカマー(G2)15番人気8着】

好調な産経賞オールカマー組からは、アドマイヤアルバに注目したいわ。

結果こそいいものとは言えないけど、上りは全体3位と次に繋がる走りはできていたし、この舞台での巻き返しに期待できるんじゃないかしら。

それに6歳馬が勝利する条件とも言える、1年以内に重賞で馬券になった実績がある、にも該当していたし、その重賞になったレースが本走と同条件の目黒記念というところも、いかにも走りそうな気配がするわよね。

そんなアドマイヤアルバの最終追い切りは、美浦の坂路で【54.1-39.4-25.4-12.8】の時計。
前走で使われた上積みもありそうだし、調子よく走れていたところを見るといい状態で日曜日が迎えられそうよ。

今回は、馬券に含めるだけで恩恵が受けられそうなオッズなのもいいわね!

2021年 アルゼンチン共和国杯 注目馬④

フライライクバード(牡4)
【前走:ムーンライトハンデ(3勝クラス)1番人気1着】

月曜日にも注目馬として挙げていた、フライライクバード

ここまで重賞での馬券経験すらなく、一見今回の上位陣と勝ち負けするには足りないように感じるんだけど…。

今日までの検証ではかなりの好データに該当していたし、何より前走の結果がダイレクトに反映する傾向の強い本走において、彼はその前走で勝利しているのよね。

昨年、中長距離のレースを連勝した実績もあるし、スクリーンヒーローの血を引く彼は十分この舞台で激走する条件を満たしているわよ。

そんなフライライクバードの最終追い切りは、栗東のCWで【82.7-66.1-51.1-37.3-12.2】の時計を記録。
動きもいいし、明らかに馬体がガッシリした今回は、青葉賞の彼とは一味違った強さを見せてくれそうよ。

当日倍率2桁台なら迷わず買いね!

昨年は20万馬券決着となった、アルゼンチン共和国杯。
今年波乱を巻き起こすのは、条件ピッタリのアノ伏兵よ!

2021年 アルゼンチン共和国杯 穴馬

ゴースト(セ5)
【前走:丹頂ステークス(OP特別)2番人気3着】

月曜日から変わらず、注目穴馬として推したいのがゴーストよ!

ここまで紹介してきた面々に比べると、人気順ではいくらか開きのある彼。

勝利はおろか、馬券圏内もどうか、という印象を持ってる人もいるかもしれないけど…。
実は彼、データ上は上位陣を凌ぐほどの好材料が揃った1頭よ。

本走は前走での結果が反映されやすい、というのは伝えた通りだし、彼と同じハーツクライ産駒は過去10年の成績が【3-2-0-13】と血統面でも相性抜群なのよね。

それこそ人気についてもこのレースで穴馬が出やすいとされる中堅クラスだし、枠順も含めれば走る条件にバッチリ当てはまっている、と言えるわ。

栗東CWでの最終追い切りでも【67.1-52.1-38.4-12.0】の時計で、調子のよさをアピールできていたし、鞍上鮫島克駿Jとの折り合いも問題なさそう。

今年は本命クラスが人気を吸っているだけに、彼が馬券に飛び込むだけでもかなりの高配当に期待大ね!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次