今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

アルゼンチン共和国杯2019の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2019年 アルゼンチン共和国杯 最終予想

アルゼンチン共和国杯の最終予想をするわよ!

例年、荒れるか荒れないかさえ読みにくく、予想が難しいこのレース。

今回いつものようにデータを駆使して各馬を調べ上げたところ「荒れる可能性が高い」と結論するに至ったわ。

上位陣は例年通り盤石に見えるけど、彼らよりもさらにデータのよい馬、彼らに先着する可能性のある馬が見つかったのよ。

今回は久々に、6桁配当が拝めるかもしれないわね。

詳しくはページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい。

さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

2019年 アルゼンチン共和国杯 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 アフリカンゴールド セン4 55.0 ルメール 西園正都 栗東
2 2 タイセイトレイル 牡4 55.0 戸崎圭太 矢作芳人 栗東
3 3 ハッピーグリン 牡4 55.0 池添謙一 長谷川浩 栗東
4 4 アイスバブル 牡4 55.0 浜中俊 池江泰寿 栗東
5 ルックトゥワイス 牡6 57.0 福永祐一 藤原英昭 栗東
5 6 ポポカテペトル 牡5 55.0 北村宏司 友道康夫 栗東
7 ムイトオブリガード 牡5 56.0 横山典弘 角田晃一 栗東
6 8 マコトガラハッド セン6 51.0 武藤雅 鮫島一歩 栗東
9 ノーブルマーズ 牡6 56.0 高倉稜 宮本博 栗東
7 10 トラストケンシン 牡4 53.0 三浦皇成 高橋文雅 美浦
11 パリンジェネシス 牡5 54.0 石橋脩 清水久詞 栗東
8 12 オジュウチョウサン 牡8 53.0 松岡正海 和田正一 美浦
13 ウインテンダネス 牡6 56.0 内田博幸 杉山晴紀 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走着順別成績
前走4着までの好走率が高い
前走掲示板外なら当日人気が高いことが条件

■年齢別成績
若ければ若いほどよいが、6歳までは馬券になっている

■レース当日人気別成績
馬券になるのは単勝60倍程度まで、勝ち馬はほぼ3番人気まで
大穴を狙うなら原則3着固定で、2桁人気なら関西馬がよい

それじゃあ今回は、過去10年のデータを新たに2つ使って、アルゼンチン共和国杯の予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい!

2019年 アルゼンチン共和国杯 枠順別成績

1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1 0 1 15 5.9 5.9% 11.8%
2 0 2 15 10.5% 10.5% 21.1%
2 1 0 16 10.5% 15.8% 15.8%
0 3 2 14 0.0% 15.8% 26.3%
1 2 1 16 5.0% 15.0 20.0%
3 2 1 14 15.0% 25.0% 30.0%
1 1 2 22 3.8% 7.7% 15.4%
0 1 1 24 0.0% 3.8% 7.7%

大まかな傾向として、複勝率が高いのは真ん中あたりの枠
そして勝率が高いのは、そこからやや内か外にはずれた枠、という感じね。

本走の人気どころは、どこも勝率が低めの枠に入ってしまったから注意したいところ。

このアルゼンチン共和国杯は「枠が良ければ穴でも勝てる」というようなレースでもないけど、他のデータのいい馬が絶好枠に入っていたら、気を付けた方がいいわね。

次は、斤量別成績を見てもらおうかしら。

2019年 アルゼンチン共和国杯 斤量別成績

斤量 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~53kg 0 1 3 34 0% 2.6% 10.5%
54kg 0 0 1 25 0% 0% 3.8%
55kg 1 4 4 21 3.3% 16.7% 30.0%
56kg 5 2 1 20 17.9% 25.0% 28.6%
57kg 2 1 0 20 8.7% 13.0% 13.0%
57.5kg~ 2 2 1 14 10.5% 21.1% 26.3%

勝率が高いのは56kgの馬、複勝率が高いのは55kgの馬、って感じね。

本走の人気どころについて調べてみると、ルックトゥワイストップハンデの57kg若干好走率の落ちる範囲

アフリカンゴールドアイスバブルはともに55kgで、この条件の馬は好走しやすいわりに勝ちきれていないのよね。

ひょっとすると今年は珍しく、4番人気以降の馬が勝つ年になるかもしれないわ。

さあ、ここで今週の予想印を発表するわよ。

2019年 アルゼンチン共和国杯 注目馬①

アイスバブル(牡4
【前走:小倉記念(G3)3番人気7着】

月曜日には真っ先に注目馬として紹介していたアイスバブル

今日調べたデータだけ見ると、勝ちきれるかどうかちょっと疑問が残るところだけど…
それでも、総合的に見れば彼がトップ評価だわ。

今回彼が入った4枠は、これまで勝ち馬の出ていないところだったわよね。
ただ馬番に注目すると、4番の馬は過去10年で2勝を挙げているのよ。

本走は例年より出走数が少ないし、4枠でも「やや内目が勝つ」という条件に当てはまるってわけね。

もっとも斤量についていえば、ハンディキャッパーに55kgの評価を付けられた馬が勝ちきれていないのはすでに話したとおり。

今回はこのページの最後で、彼に先着するかもしれない「ある56kg負担の馬」を注目穴馬として紹介しているわよ!

2019年 アルゼンチン共和国杯 注目馬②

アフリカンゴールド(セ4
【前走:六社ステークス(3勝クラス)2番人気1着】

若いころから注目されていて、最近ようやく結果が出てきた感のあるアフリカンゴールド

烏丸ステークスの後に行われた去勢手術が効いてきたって感じね。

ルメール騎手から直々にオファーがあったなんて話も影響して、本走ではトップクラスの支持を得ているわ。

彼は今回、データ上はあまりいい所ではない1に入ったけれど、戦法に合った内枠なのは不幸中の幸い

2017年には、ここから先行したセダブリランテスが3着に入っているし、本走は当時よりも頭数が少ない分、より走りやすくなるんじゃないかしら。

調教も順調そうだし、かなり安心して買える1頭よ!

2019年 アルゼンチン共和国杯 注目馬③

タイセイトレイル(牡4
【前走:丹頂ステークス(OP特別)3番人気3着】

月曜日には注目穴馬として紹介していたタイセイトレイル

当時注目していた負担重量については、今回は55kgという評価ね。
心情的にはもう少し軽くてもよさそうにも思えるけど、すでに話したとおり、このレースの好走条件にバッチリ当てはまっているわ。

彼の他のデータが好走条件に当てはまっているのは月曜に話したとおりだし、枠順についても、人気馬をすぐ内に見ながら走れるのはありがたいところね。

栗東の坂路で行われた最終追い切りも、寮馬が前に出過ぎて後着したものの、最終的な時計は4ハロンを52.1-12.5と上々。
着順のほうを悲観されてオッズが上がるならありがたいわね。

彼が来れば、配当も、この秋の競馬もおもしろくなるわよ!

2019年 アルゼンチン共和国杯 注目馬④

トラストケンシン(牡4
【前走:六社ステークス(3勝クラス)6番人気2着】

前走では、さきほど紹介したアフリカンゴールドに敗れたトラストケンシン

とはいえお互い、本走が明け2走目になるわけだし、本当の実力差はここを走らないとわからないわよ。

彼はここまで調べたデータに照らしても悪くないし、なにより東京との相性がいいのは見逃せないポイント。
過去3走の勝ち鞍はすべて府中のもので、東京に限定して成績を出すとなんと3-2-1-3なのよ。

人気上位が強いこのレースで勝つのはさすがに難しいだろうけど、3着あたりに飛び込んで馬券を賑わす可能性は十分

高配当を目指すなら、ぜひ押さえておいてちょうだい!

今年は大荒れに期待できるアルゼンチン共和国杯
10万馬券の立役者は、この馬に違いないわ!

2019年 アルゼンチン共和国杯 注目穴馬

ノーブルマーズ(牡6
【前走:京都大賞典(G2)4番人気4着】

「勝ち馬の大半は3番人気以内」という前例は、今年このノーブルマーズによって覆されるかもしれないわよ。

今のところ、上位の支持が厚いこのレースでは56番人気あたりに落ち着きそうな彼だけど、実はデータがかなりいいの。

月曜日に調べた通り、6歳馬は若い馬と比べて勝率は劣るものの、過去10年で3勝を挙げているのよね。
さらに彼は絶好の6に入ったし、斤量も好走条件にバッチリ当てはまっているわ。

それこそ、人気順以外は勝ち馬の条件が揃っているのよ。

彼はここまでの調教も順調そうで、最終追い切りは栗東の坂路を4ハロン53.0-12.7という時計。
遅めに入ったからいくらか馬場が荒れていたけど、それでこのタイムを出すのはさすがだわ。

陣営としても、この秋は本走を目標にしてメイチで仕上げてくるところだし、そういった面でもかなり期待できる存在。

彼が勝てば、例年以上の配当に期待できるわよ!

 

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次