今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

青葉賞2018の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 青葉賞 最終予想

今週の土曜日に行われるテレビ東京杯青葉賞(G2の最終予想を始めるわ!

2着までに東京優駿G1)の優先出走権が与えられる本レース。
日本ダービーへの切符を掴む2頭はどの馬なのか、今から楽しみね!

基本的には1番人気の信頼高いけど、6番人気以降の伏兵も突っ込んでくるから油断ならないレースよ。

今年も程よく馬券に妙味がつくような馬を見つけたから、しっかり確認してちょうだいね!
そして、あの有力馬に関する鉄板データも見つけたから併せて要チェック!

さっそく確定した枠順から見てもらうわ。

2018年 青葉賞 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 カフジバンガード 牡3 56.0 古川吉洋 松元茂樹 栗東
2 ユウセイフラッシュ 牡3 56.0 三浦皇成 戸田博文 美浦
2 3 スズカテイオー 牡3 56.0 田辺裕信 橋田満 栗東
4 ダブルフラット 牡3 56.0 戸崎圭太 角居勝彦 栗東
3 5 マイネルサリューエ 牡3 56.0 松岡正海 上原博之 美浦
6 ディープインラヴ 牡3 56.0 岩田康誠 矢作芳人 栗東
4 7 ミッキーポジション 牡3 56.0 横山典弘 菊沢隆徳 美浦
8 オブセッション 牡3 56.0 ルメール 藤沢和雄 美浦
5 9 ゴーフォザサミット 牡3 56.0 蛯名正義 藤沢和雄 美浦
10 スーパーフェザー 牡3 56.0 福永祐一 友道康夫 栗東
6 11 トラストケンシン 牡3 56.0 柴田大知 高橋文雅 美浦
12 ダノンマジェスティ 牡3 56.0 内田博幸 音無秀孝 栗東
7 13 ノストラダムス 牡3 56.0 和田竜二 鈴木孝志 栗東
14 テトラルキア 牡3 56.0 柴田善臣 大和田成 美浦
15 エタリオウ 牡3 56.0 石橋脩 友道康夫 栗東
8 16 クレディブル 牡3 56.0 大野拓弥 萩原清 美浦
17 モンテグロッソ 牡3 56.0 北村宏司 木村哲也 美浦
18 サトノソルタス 牡3 56.0 M.デム 堀宣行 美浦


そして、月曜日に出した事前データも振り返っておくわね。

■前走クラス別成績
前走
500万下組アザレア賞組大寒桜賞組に注目
人気薄では山吹賞組にも要注意
前走弥生賞組着外からの巻き返しに注意

■前走着順別成績
好走率は13が優秀
前走負けた馬を狙うなら着差0.5秒以内
69着の巻き返しにも注意

■前走人気別成績
前走
12番人気がダントツ

■上がり3ハロン順位別成績
中心は上がり3位以内の脚を使える馬

それじゃ、過去10年分のデータを2追加して青葉賞の最終予想に入るわ!

まずは当日の人気別成績から見てもらおうかしら。

2018年 青葉賞 レース当日人気別成績

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1番人気 5- 1- 2- 2/ 10 50.0% 60.0% 80.0%
2番人気 1- 1- 1- 7/ 10 10.0% 20.0% 30.0%
3番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
4番人気 1- 3- 1- 5/ 10 10.0% 40.0% 50.0%
5番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0%
6番人気 1- 0- 2- 7/ 10 10.0% 10.0% 30.0%
7番人気 1- 2- 0- 7/ 10 10.0% 30.0% 30.0%
8番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0%
9番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0%
10番人気 1- 1- 0- 8/ 10 10.0% 20.0% 20.0%
11番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0%
13番人気 0- 0- 1- 8/ 9 0.0% 0.0% 11.1%
14番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
15番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
16番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0%
17番人気 0- 0- 0- 7/ 7 0.0% 0.0% 0.0%
18番人気 0- 0- 0- 6/ 6 0.0% 0.0% 0.0%

1番人気の複勝率は80%と、軸として信頼できる数値。
勝率も50、優秀な成績を残しているわ。

データからはオブセッションの巻き返しが期待できるわね。

そして、ここで注目して欲しいのは69番人気の成績
8頭が馬券になっていて、複勝率も35番人気に劣らないわ!

二桁人気だと、ちょっと苦しいって感じだけどね…。

取りこぼしを防ぐために10番人気以降も含めた11頭について調べてみたら、92000m以上での勝利経験があっの。
残り2頭も2000m重賞で4と掲示板は確保していたから、ある程度長い距離で好走した経験があれば注意したいわね。

人気薄は過去の戦績(距離)をチェックってコトよ!

最後に、所属別成績。

2018年 青葉賞 所属別成績

調教師分類 着別度数 勝率 連対率 複勝率
美浦 4- 5- 3- 68/ 80 5.0% 11.3% 15.0%
栗東 6- 5- 7- 68/ 86 7.0% 12.8% 20.9%
地方 0- 0- 0- 0/ 0
外国 0- 0- 0- 0/ 0

関東レースだけど、傾向は西高東低
とはいえ、大きな差ではないわね。

関西馬で馬券に絡んだ18頭を当日の人気別で見ると以下の通り。

5番人気以内(5-4-4-16)勝率17.2% 連対率31.0% 複勝率44.8%
6番人気以降(1-1-3-52)勝率1.8% 連対率3.5% 複勝率8.8%

上位人気が圧倒的に強い結果
スーパーフェザーとダノンマジェスティには良いデータとなったわ。

6番人気以降で馬券になった5頭を調べてみたら、前走2000m以上のレースを走っていたことが分かったの。
さらに、そのうち4関東への輸送経験があったから、距離だけでなく関東でのレース経験の有無にも注目

これまでのデータと相性が良くて上記にも当てはまる関西馬…
気になるのが1頭いるわね…!

関東馬は人気に大きな偏りはないから気にしなくていいわよ。

それじゃ、以上のことも踏まえて青葉賞の印を発表するわ!
有効なデータも一緒に紹介しているから、各馬コメントと併せて確認してちょうだい!

◎スーパーフェザー

オブセッション

ゴーフォザサミット

ダブルフラット

トラストケンシン

2018年 青葉賞 注目馬①

スーパーフェザー(牡3
【前走:アザレア賞(500万下)1番人気1着】

月曜日から変わらずの1番評価。

前走は、上がり最速で22馬身半の差を付けて完勝
ゆきやなぎ賞で、サトノワルキューレに0.1秒差3着のシュナイデン、そして黄菊賞3着のドンアルゴスと、負かした相手もそこそこだったわ。

前走のレース内容だけじゃなくて、この馬はデータ的にマイナスがないのよね。

月曜日の前走クラス別成績でも紹介したように、前走アザレア賞組の成績は3-0-1-4)複勝率50と好成績なの。
さらに、ここ3年連続でアザレア賞勝ち馬が青葉賞を勝っているのも見逃せないポイントよ!

人気サイドの関西馬だし、青葉賞と相性の良いディープインパクト産駒
ディープ産駒の青葉賞成績は3-2-4-11)複勝率45回収率も単勝156複勝139と高い数字を残しているの。

キャリア4戦中3戦で最速の上がりを繰り出していて、堅実な末脚を持っているのも高評価ね。

とにかくデータと相性抜群の馬ってこと!

なにより、2400mという距離を勝っているのは大きなアドバンテージだと思うわ。

超良血馬の重賞初制覇&ダービー出走に期待が高まるわね!

そろそろ激走の気配がプンプンするアノ馬に注意!
鉄板データが見つかった有力馬と併せて、唯一のアドバンテージを持つ注目穴馬も要チェックよ!

2018年 青葉賞 注目馬②

オブセッション(牡3)
【前走:弥生賞(G2)3番人気7着】

前走は4コーナーで大きく外に膨れ、若さ全開の競馬をしてしまったオブセッション。
どうやら右ムチに過剰反応してしまったみたいね。

コーナーを上手く回る器用さが求められる中山2000よりも、東京みたいな広いコースの方が合うんじゃないかしら。
左回りでは11だし、今回は確実にパフォーマンスを上げてくると思うわ。

1番人気の成績は前述した通り、5-1-2-2)複勝率80と信頼できる数値。

さらに、オブセッションの追い風となるディープ産駒に関する鉄板データも見つかったの!

スーパーフェザーのところで、ディープ産駒と青葉賞の相性が良いことは説明したわね。

で、肝心なのはココ。
1人気のディープ産駒成績1-1-2-0)と、複勝率100ということ!

データから見ても、馬券外に飛ぶとは考えにくい1頭なの。

東京は新馬戦で勝利しているから、コースも問題ないわ。

2走前のシクラメン賞で見せたレコード勝利が、やっぱり強烈よね。
能力的に相当なのは間違いナシ。

ただ、総合的に考えてスーパーフェザーの方が推せる(オッズ的にも)から、今回は対抗に置いたわ。

2018年 青葉賞 注目馬③

ゴーフォザサミット(牡3)
【前走:スプリングステークス(G2)4番人気7着】

弥生賞組以外で、最も巻き返しの可能性がある1頭。

前走スプリングステークスは7着で0.7秒差と、ちょっと負けてる感が強いのは否めないわ。
けど、着差を見ると3マイネルファンロンとは0.1差しかないの。
着順以上に大きく負けているってわけでもないのよ。

外を回りながらも最後はしっかり伸びていたし、内容のある競馬だったと言えるわ。

4戦連続で上がり上位の脚を使えているのも注目したいポイント。
さらに、そのうちの3戦は最速の上がりマークしているのよ。

青葉賞と好相性の末脚が堅実な馬は押さえておきたいわ!

さらに要注目なのが、騎乗する蛯名騎手の青葉賞での成績
(2-2-0-4)複勝率50%、回収率も単勝333%複勝150%と優秀な成績を残しているの。

未勝利戦を勝ち上がったコンビで重賞初制覇ってことも十分可能!

2走前4着→前走7着の敗戦続きで人気落ちするようなら、美味しい1頭よ!

2018年 青葉賞 注目馬④

ダブルフラット(牡3)
【前走:山吹賞(500万下)1番人気2着】

2走前の未勝利戦は、1番人気に応えて見事勝ち上がって見せたわね。
負かしたアールスターとデクレアラーが、その後すぐ勝ち上がっているからメンバーも悪くなかったと言えるわ。

前走では2着だったものの、着差はタイム差なしと健闘。

月曜日の前走クラス別成績で触れたように、山吹賞組も前走500万下で気を付けたいしたいレースの1つ
成績は(1-2-1-14)複勝率22.2%とマズマズの好成績で、人気薄が好走しやすい傾向があると言ったわね。

関西馬は穴馬で狙いにくいと所属別成績で紹介したけど、この馬は前走レースも含めデータとの相性が良いのよ!
関東への輸送経験もあるし、2200mの勝ち鞍もアリ

左回りは1戦1勝と、コース適性も良いわ。

前走と2走前は逃げて好走していながら、上がり上位の脚を使っているのもポイントね。

今回は明確な逃げ馬がいないから、ハナを切るとしたらこの馬かしら。
開幕2週目であまり芝も荒れていないから、前残りの可能性も考えられるわ。

勝ち負けは厳しくとも、しぶとく粘って2着ってパターンも十分あり得るわよ!

2018年 青葉賞 注目穴馬

トラストケンシン(牡3)
【前走:弥生賞(G2)7番人気6着】

巻き返しに気を付けたい弥生賞組は、オブセッションだけではないのよ!

6着とはいえ、後方から見せた上がり2位の脚を使った追い上げは評価できる内容だったんじゃないかしら!
未勝利戦上がりの重賞初挑戦馬ってことを考えれば、あの強化された相手によくやったと思うわ。

ただ、着差は1.0秒と離されている感が否めないのも事実
オブセッションのようにカバーできる圧倒的な能力があるとも言いにくいんだけど、この馬には他馬にはない大きなアドバンテージがあるのよ。

それは、当日人気別成績でも触れた2000m以上での好走実績
しっかりトラストケンシンも結果を残しているのよ(2400m1)。

さらに言えば、今回のメンバーで東京2400mの勝利経験があるのはトラストケンシンだけ!
同じ舞台での勝利経験の有無は大きな差と言えるわ!

デビューから5戦すべてで上がり上位の脚を使えているのも魅力。

勝ち負けは厳しくとも、2・3着には突っ込んでくる可能性は大いにあるわ!

あまり注目もされないだろうから、配当の為にもぜひ馬券に入れておいてちょうだい!


よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次