今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

アメリカジョッキークラブカップ2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 アメリカジョッキークラブカップ 最終予想

アメリカジョッキークラブカップの最終予想をするわよ!

昨年のクラシックを沸かせた4歳馬たちが人気を分け合っている、このレース。

たしかに彼らは注目すべき勝ち馬候補だけど、陰に隠れた伏兵たちの存在も忘れてはいけないわ。

上位陣が人気を吸っている分、今年は本来有力な馬でさえ、馬券に入っただけでも桁違いの配当が見込めるから要注意よ。

今回も引き続きデータを検証したところ、そんな世間が見落としている1頭に好走を示唆する傾向が見つかったわ。

注目穴馬として印を打っておいたから、ぜひチェックして6桁配当を手にしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順を確認するわよ!

2021年 アメリカジョッキークラブカップ 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 サトノフラッグ 牡4 56.0 戸崎圭太 国枝栄 美浦
2 サンアップルトン 牡5 56.0 柴田善臣 中野栄治 美浦
2 3 ノーブルマーズ 牡8 56.0 高倉稜 宮本博 栗東
4 ヴェルトライゼンデ 牡4 55.0 池添謙一 池江泰寿 栗東
3 5 ソッサスブレイ 牡7 56.0 木幡巧也 粕谷昌央 美浦
6 ベストアプローチ セン7 56.0 江田照男 小島茂之 美浦
4 7 タガノディアマンテ 牡5 56.0 津村明秀 鮫島一歩 栗東
8 ラストドラフト 牡5 56.0 三浦皇成 戸田博文 美浦
5 9 アリストテレス 牡4 55.0 ルメール 音無秀孝 栗東
10 モズベッロ 牡5 56.0 北村宏司 森田直行 栗東
6 11 ナイママ 牡5 56.0 柴田大知 武藤善則 美浦
12 ステイフーリッシュ 牡6 56.0 石橋脩 矢作芳人 栗東
7 13 マイネルハニー 牡8 56.0 宮崎北斗 栗田徹 美浦
14 ランフォザローゼス 牡5 56.0 杉原誠人 藤沢和雄 美浦
8 15 ウインマリリン 牝4 53.0 横山武史 手塚貴久 美浦
16 ジェネラーレウーノ 牡6 56.0 武藤雅 矢野英一 美浦
17 ジャコマル 牡7 56.0 田中勝春 松永幹夫 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわ。

■前走クラス別成績
G1組は前走の結果に関係なく好走する傾向にある
前走3勝クラスの勝ち馬は穴馬候補

■前走着順別成績
どこからでも馬券にはなりうる
今回が昇級戦で、かつ前走で掲示板を外した馬は除く

■レース当日人気別成績
1・2番人気が好調
過去の穴馬は6~9番人気に集中

■年齢別成績
5歳馬が安定
4歳馬は前走3着以内が馬券の条件

それじゃあ月曜日から引き続き、過去10年分のデータを基にアメリカジョッキークラブカップの予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい!

2021年 アメリカジョッキークラブカップ 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
0 1 2 11 0% 7.1% 21.4%
1 0 2 11 7.1% 7.1% 21.4%
2 1 0 11 14.3% 21.4% 21.4%
1 2 2 9 7.1% 21.4% 35.7%
1 2 1 12 6.3% 18.8% 25.0%
3 2 0 15 15.0% 25.0% 25.0%
1 2 2 15 5.0% 15.0% 25.0%
1 0 1 20 4.5% 4.5% 9.1%

大外以外は、おおむねどこからでも馬券には絡める印象ね。

なかでも、もっとも安定しているのが6枠
3頭の勝ち馬が出ているし、何より人気を問わず馬券になっているから買いやすいわね。

今回6枠を引いた、ナイママステイフーリッシュは要注目よ。

さて、同じ外目では隣の7枠も見逃せないところ。

詳しく調べてみたら、シャケトラやマイネルミラノといった、過去に番狂わせを演出した穴馬がこの枠に集中していることが分かったの。

単勝回収率は実に192%にもなっているし、今回7枠に決まったマイネルハニーランフォザローゼスは大波乱を巻き起こすに絶好のチャンスね。

次は、所属別成績を見てもらうわよ。

2021年 アメリカジョッキークラブカップ 所属別成績

所属 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
関東 5 7 7 65 6.0% 14.3% 22.6%
関西 5 3 3 39 10.0% 16.0% 22.0%

単純な勝ち馬の数は同じだけど、勝率で見るとやや関西馬が優勢なデータね。

このレースの舞台になる中山2200mは、直線にある高低差2mの上がり勾配をスタートとラストで2度駆け登るが特徴。

輸送があるとはいえ、コースの特性上、坂に強いとされる関西馬に分がある、ということかしら。

人気のアリストテレスをはじめとする、関西勢7頭は覚えておいた方がよさそうね。

そんなところで、最終追い切りの結果を含めた予想印を発表するわよ!

2021年 アメリカジョッキークラブカップ 注目馬①

アリストテレス(牡4)
【前走:菊花賞(G1)4番人気2着】

本走において本命に推したいのが、アリストテレスよ!

昨年の菊花賞ではあと一歩のところまでコントレイルを追い詰める激走を見せるなど、世代トップクラスの実力を証明してくれたわね。

今回はそんな菊花賞で一度負かしたメンバーが相手だけど、検証した限りかなりの好データに該当していたし、十分連勝にも期待できるわ。

そうそう、今回アリストテレスには前走に引き続きルメールJが騎乗するんだけど、彼はこのAJCCにおいて過去3度連対した実績があるの。
複勝率は50%近い数値が出ているし、菊花賞を沸かせたコンビとして本走でも安定した走りに期待大ね。

そんなアリストテレスの最終追い切りは、栗東のCWで【81.2-65.1-51.2-38.6-13.2】の時計を記録。
明らかに前走よりも馬体がガッシリとしていたし、調教の順調さが見て取れたわ。

オッズもなんとか2倍程度はつきそうだし、安心して軸にできるわね!

2021年 アメリカジョッキークラブカップ 注目馬②

ステイフーリッシュ(牡6)
【前走:京都大賞典(G2)4番人気5着】

中山との相性面では、ステイフーリッシュを忘れるわけにはいけないわ!

ご存知の通り、彼は中山におけるキャリアが【0-2-3-0】と、すべてのレースで馬券圏内を確保している中山巧者。

昨年のAJCCでは稍重の馬場ながら堂々2着に入る走りをしているし、雨模様が予想される今回も上位入賞に期待大、って感じね。

そんなステイフーリッシュの最終追い切りは、栗東の坂路で【51.9-38.1-25.1-12.6】の好時計を記録。
中14週の休み明けを感じさせない走りを披露していたし、日曜に向け準備は万端よ。

今回はもっとも好走率の高い6枠に決まっただけでなく、勝率の高い関西所属とデータ面でも目立っていた彼。

2年前にシャケトラを勝たせた石橋脩Jとのコンビで、悲願のAJCC制覇を狙うわよ!

2021年 アメリカジョッキークラブカップ 注目馬③

モズベッロ(牡5)
【前走:有馬記念(G1)14番人気15着】

前走での惨敗から巻き返しを狙う、モズベッロ

今回枠もいいところに決まったし、好調な関西馬である彼は十分穴馬としての激走に期待できる存在よ。

そうそう、これまで触れてこなかったけど、モズベッロと同じく前走に有馬記念を使った馬たちは【4-0-1-8】と、本走においてもっとも勝ち馬を輩出しているのよね。

しかも今回有馬記念組はモズベッロだけだし、ローテーションの面でも高く評価できるわよ。

そんなモズベッロの最終追い切りは、栗東の坂路を【53.7-39.5-25.5-12.8】の時計。
一杯の併せ馬に1秒の差をつけ先着するなど、前走の負けを払拭するほどの走りを見せてくれたし、気配十分って感じだったわ。

今回は上位陣が人気を吸っていることもあり、オッズは2桁に落ち着きそうな彼。
積極的に馬券に含めていきたい1頭よ!

2021年 アメリカジョッキークラブカップ 注目馬④

サトノフラッグ(牡4)
【前走:菊花賞(G1)5番人気3着】

月曜日にも注目馬として挙げていた、サトノフラッグ

ただ今回、ここ10年で唯一勝ち星のない1枠に決まり、やや評価を下げざるを得ない形になってしまったわ。

それでも他のデータはなかなかいいものが揃っていたし、馬券圏内は十分に狙える存在よ。

そうそう、月曜にも触れたように、サトノフラッグと同じディープインパクト産駒はこのレースとの相性が抜群
さらに本走と同じ舞台の朝日セントライト記念でも2着の実績があるなど、他の上位陣にない強みがあるのは好走に期待できるポイントよ。

そんなサトノフラッグの最終追い切りは、美浦の坂路を【51.7-38.0-24.8-12.4】の時計。
勝負所の勾配対策もバッチリだし、状態面での心配もいらないわ。

もともとは、世代上位と言われるほどの評価を得ていた彼。
ここで実力を発揮して、古馬のG1戦線に名乗りを挙げたいわね!

本命クラスが飛ぶことも少なくない、アメリカジョッキークラブカップ。
6桁配当をゲットしたければ、アノ伏兵馬を忘れないことね!

2021年 アメリカジョッキークラブカップ 注目穴馬

タガノディアマンテ(牡5)
【前走:ステイヤーズステークス(G2)8番人気2着】

本走における注目の穴馬候補として推したいのが、タガノディアマンテよ!

1週間の検証では、目立たないながら好データにはしっかりと該当していた彼。
本走は関西馬が好調なのは伝えた通りだし、今回複勝率のもっとも高い4枠に決まったことで、さらに高く評価できるわ。

そうそう、彼は前走でステイヤーズSを連対しているんだけど、2015年に勝ち馬になったクリールカイザーも前走の同レースで馬券になっているのよね。

最近は長距離路線だったし、前走からの大幅な距離の短縮が気になっている人もいるかもしれないけど、同じ条件の馬が勝った前例があるから過度な心配はいらないわよ。

そんなタガノディアマンテの最終追い切りは、栗東の坂路を【55.5-39.9-25.3-12.3】の時計。
終盤追われてからの反応もよかったし、前走からのいい流れをもって走れていたわ。

いかにも穴馬らしいデータに加え、オッズも30倍程度はつくであろう彼。
6桁配当を狙うなら、切ろうなんて思わないことね!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次