今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

オールカマー2020のデータ予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 オールカマー 事前予想

今週は中山秋の名物重賞、産経賞オールカマー(G2)を予想するわよ!

天皇賞(秋)やジャパンカップといったビッグタイトルの前哨戦として、少ないながらも一級線の有力馬たちが参戦してくる今レース。

そのためか、例年大きな波乱がなく、10万馬券は1度しか出ていないほど上位陣が順当に勝っているのよね。

今年は天皇賞(春)を連覇したフィエールマンをはじめ、いつも以上に実績のある馬が揃ったこともあり、この辺りさえ注目しておけば問題なさそうに思えるんだけど…。

ただ、今回過去のデータを検証したところ、そんな強豪にも勝る好走データを持ったとある伏兵馬が存在していたの。

高配当必至の注目穴馬としてページの後半で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、今年の特別登録馬を確認するわよ!

2020年 オールカマー 特別登録馬

馬名 性別 負担
重量
調教師 所属
アウトライアーズ 56.0 小島茂之 美浦
オウケンムーン 56.0 国枝栄 美浦
カレンブーケドール 54.0 国枝栄 美浦
クレッシェンドラヴ 56.0 林徹 美浦
サンアップルトン 56.0 中野栄治 美浦
ジェネラーレウーノ 56.0 矢野英一 美浦
ステイフーリッシュ 56.0 矢作芳人 栗東
センテリュオ 54.0 高野友和 栗東
フィエールマン 58.0 手塚貴久 美浦
ミッキースワロー 57.0 菊沢隆徳 美浦

それじゃあ今回は、過去10年のうち中山で開催された9年分のデータを使って、産経賞オールカマーの予想を組み立てていくわ。

まずは、レース間隔別成績から見てちょうだい。

2020年 オールカマー レース間隔別成績

間隔 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
5~9週 0 1 4 24 0% 3.4% 17.2%
10~25週 8 8 2 36 14.8% 29.6% 33.3%
半年以上 1 0 2 5 12.5% 12.5% 37.5%

※今回登録されている馬のレース間隔だけを取り上げているから、合計が9にならない列があるわよ。

前走から間隔をあけて参戦した馬たちが、よく走る傾向にあるわね。

なかでも前走から中10~25週で走った馬は、ここ9年で8頭も勝ち馬が出ていて、単勝回収率は100%を超えているわ。
このローテーションで走る馬は大半が前走でG1を使っているから、ここに該当するフィエールマンミッキースワロー有力な勝ち馬候補として覚えておくべきね。

さて、比較的前走から間隔のあいた馬が多く参戦してくる本走において、半年以上ぶりのレースとなる馬たちにも目を向けるわよ。

ここからは過去3頭が馬券になっているんだけど、いずれも前走から最長で10ヶ月しか間隔が空いていないことがわかったわ。

今年の登録馬のうち、オウケンムーンジェネラーレウーノは本走が約2年ぶりのレース。

一見買いにくいように見えるんだけど、ここまで間隔が空いた馬は前例がないから走らないとは断言できないわ。
この2頭については、他のデータを参考に判断するのがよさそうね。

次は、前走着順別成績を見てもらおうかしら。

2020年 オールカマー 前走着順別成績

前走着順 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1着 1 2 1 13 5.9% 17.6% 23.5%
2着 0 0 2 11 0% 0% 15.4%
3着 1 0 0 4 20.0% 20.0% 20.0%
4着 1 1 1 6 11.1% 22.2% 33.3%
5着 1 2 4 8 6.7% 20.0% 46.7%
6~9着 2 3 1 21 7.4% 18.5% 22.2%
10着以下 3 1 0 28 9.4% 12.5% 12.5%

前走着順表では特段飛び抜けたところはなく、どこからでも馬券に絡めていることが分かるわね。

ただより詳しく確認してみると、前走で好走した馬よりも負けた馬の方がより勝っている、という傾向が見られるから、今回はとくに巻き返しを狙う馬に注目するわよ。

調べてみたら、馬券を逃したなかでも前走10着以下と大敗を喫した馬は、ここ9年で3勝を挙げていて単勝回収率も130%を超えていることが分かったわ。

当時9番人気から1着になった2013年のヴェルデグリーンなど、前走の負けで人気を落とした馬が激走する例もあるから、本走で唯一の前走10着馬であるオウケンムーンはコスパのいい穴馬候補として覚えておいてちょうだい。

さて、次は本走でやや頼りない成績の前走1着馬も見ていくわよ。

過去9年で前走1着馬は4頭馬券になっているんだけど、調べてみたらいずれも当日の単勝オッズが6倍を切る人気馬だったわ。

前走の勝ち馬が好走するには、上位3番人気までに推されるほどの好材料がある馬でなければいけないってことかしら。
フィエールマンクレッシェンドラヴは、ここに該当する可能性があるから注目ね。

次は、斤量別成績を見てもらうわよ。

2020年 オールカマー 斤量別成績

斤量 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
54kg 0 0 0 7 0% 0% 0%
56kg 3 5 4 60 4.2% 11.1% 16.7%
57kg 2 2 5 18 7.4% 14.8% 33.3%
58kg 1 0 0 3 25.0% 25.0% 25.0%

※今回登録されている馬の斤量だけを取り上げているから、合計が9にならない列があるわよ。

斤量別成績では、負担重量が増えるにつれて成績がよくなっているわね。

特に本走最大の負担重量となる58kgを背負った馬は、これまで4頭しか例がない中から1勝を挙げていて、他を圧倒する勝率になっているわ。

この1勝は2016年に当時1番人気だったゴールドアクターのものなんだけど、調べてみたら彼は今回唯一斤量58kgに決まったフィエールマンと「5歳牡馬」さらに「天皇賞(春)からのローテーション」といった共通点があったの。

群を抜く実績で今回唯一58kgを負担するフィエールマンは、この条件にも該当しているわよ。

さて、勝率では斤量58kgに及ばないものの、複勝率で上回る57kgを背負った馬たちも要チェックよ。
斤量57kgだった馬は過去9年で9頭馬券になっているんだけど、いずれも「前走で重賞」を走った「牡馬」だった、ということが分かったの。

今回57kgに決まったミッキースワローは、この条件に該当するから馬券に絡んでくる可能性が高そうね。

最後は、レース当日の人気別成績を見てもらうわ。

2020年 オールカマー レース当日人気別成績

人気 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1番人気 3 3 1 2 33.3% 66.7% 77.8%
2番人気 1 1 2 5 11.1% 22.2% 44.4%
3番人気 1 3 1 4 11.1% 44.4% 55.6%
4番人気 1 1 0 7 11.1% 22.2% 22.2%
5番人気 2 0 0 7 22.2% 22.2% 22.2%
6番人気 0 1 4 4 0% 11.1% 55.6%
7番人気 0 0 1 8 0% 0% 11.1%
8番人気 0 0 0 9 0% 0% 0%
9番人気 1 0 0 8 11.1% 11.1% 11.1%
10番人気以下 0 0 0 36 0% 0% 0%

だいたい、6番人気以内までが馬券になっているわね。

特に1番人気は複勝率が77.8%と信頼できる成績を残しているから、素直に買い目に含めてよさそうよ。

いまのところ、
フィエールマン
カレンブーケドール
ミッキースワロー
が三つ巴で人気を分けう合う恰好だから、当日まで注目してみていきましょう。

逆に、馬券の目がないと言わざるを得ないのが10番人気以下の馬たち
ここ9年1頭も馬券になっていないし、切ってしまってもいいくらいね。

人気したほど好走傾向が顕著な今レースでは、大穴サイドよりも中堅人気を馬券に含めた方が高配当を狙うためにもよさそうよ。

そんなところで、現段階における注目馬を発表するわよ!

2020年 オールカマー 注目馬①

フィエールマン(牡5)
【前走:天皇賞春(G1)1番人気1着】

連覇を果たした天皇賞(春)以来のレースとなる、フィエールマン

ジャパンカップの叩きとして参戦してくる本走では、実力・実績ともに群を抜いているし、休み明けに強いことからも相手を問題にしない走りを見せてくれそうね。

また、人気した前走1着馬が強いのは伝えた通りだし、負担重量が大きいほど走る今レースにおいてデータ面でも好調な彼は、現時点で間違いなく優勝候補よ。

ただ、今レースの中山芝2200mは、昨年のアメリカジョッキークラブカップで伏兵シャケトラに屈した舞台。
いくらデータ面で盤石とはいえ、状態を含め金曜日まで抜け目なく追っていくわよ。

2020年 オールカマー 注目馬②

ミッキースワロー(牡6)
【前走:天皇賞春(G1)4番人気3着】

天皇賞(春)では、フィエールマンに0秒4差の3着と健闘したミッキースワロー

リベンジの機会となる今回は複勝率の高い斤量57kgに決まったほか、勝ち馬の条件ともいえる天皇賞(春)からのローテーションと、評価できる好データが揃ったわ。

さらに知っての通り、ミッキースワローは今レースと舞台となる中山芝2200mで6戦して【2-2-0-2】と、中山巧者と呼べる相性のよさが持ち味。
このコースの適正ではフィエールマンを上回るものを持っているし、直近6戦掲示板を外していない安定感のある走りは、本走でも十分勝ち馬に期待させてくれるわね。

いまのところかなり人気していて配当面では魅力があるとは言えないけど、フィエールマンの対抗馬として忘れてはいけない存在よ。

G1三勝のフィエールマンに注目が集まる今年の産経賞オールカマー。
彼の好走を止めるのは、帰ってきたアノG1馬よ!

2020年 オールカマー 注目穴馬

オウケンムーン(牡5)
【前走:菊花賞(G1)16番人気18着】

注目の穴馬候補として推したいのが、オウケンムーンよ!

2018年の菊花賞以来、実に約2年ぶりとなる今レースだけに、不安な部分も多いんだけど…。

それでも本走は前走で大敗した馬がよく走るレースなのは伝えた通りだし、そのほかのデータもなかなか好調で、ブランクを気にしない走りを期待していいんじゃないかしら。

そうそう、オウケンムーンはもともと線が細いイメージがあって、前走は440kg程度だったけど、今レースは馬格の小さい馬ほど好走傾向にあるの。
昨年の勝ち馬スティッフェリオを始め、440~459kgで走った馬はここ9年で3勝しているわ。
レース当日まで増減はあるにしても、好走傾向の範囲内なのは評価できるポイントね。

状態さえよければ好走するデータが揃っているオウケンムーン、追い切りの結果を含め最終的な判断をしていくわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次