今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

安田記念2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 安田記念 最終予想

安田記念の最終予想をするわよ!

世間では「グランの相手探し」が始まるほど、グランアレグア1強の雰囲気漂う本走だけど…。
月曜にも伝えたように1番人気が敗れるケースも多く、基本的には荒れる舞台だから安易に飛びつくのは危険よ。

今回もさらにデータを追加して、そんな彼女を脅かし得る穴馬を見つけ出しておいたわ。

予想印と一緒にページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい。

さっそく、確定した枠順を確認してもらうわ!

 

2021年 安田記念 特別登録馬

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 サリオス 牡4 58.0 松山弘平 堀宣行 美浦
2 2 ギベオン 牡6 58.0 西村淳也 藤原英昭 栗東
3 3 ダイワキャグニー セン7 58.0 石橋脩 菊沢隆徳 美浦
4 カラテ 牡5 58.0 菅原明良 高橋祥泰 美浦
4 5 グランアレグリア 牝5 56.0 ルメール 藤沢和雄 美浦
6 ダノンプレミアム 牡6 58.0 池添謙一 中内田充 栗東
5 7 ラウダシオン 牡4 58.0 M.デム 斉藤崇史 栗東
8 インディチャンプ 牡6 58.0 福永祐一 音無秀孝 栗東
6 9 トーラスジェミニ 牡5 58.0 戸崎圭太 小桧山悟 美浦
10 カデナ 牡7 58.0 武豊 中竹和也 栗東
7 11 ダノンキングリー 牡5 58.0 川田将雅 萩原清 美浦
12 ケイデンスコール 牡5 58.0 岩田康誠 安田隆行 栗東
8 13 シュネルマイスター 牡3 54.0 横山武史 手塚貴久 美浦
14 カテドラル 牡5 58.0 田辺裕信 池添学 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
前走の格が高ければ高いほど好走する傾向にある
穴候補はG3組

■前走着順別成績
注目は前走2~4着馬
前走6~9着で、かつ当時2桁人気だった馬は切る

■レース当日人気別成績
1番人気馬の勝率はそこまで信頼できるものではない

■所属別成績
関東馬が優勢
2桁人気から馬券になった6頭はすべて関西馬

それじゃあ月曜日から引き続き、過去10年分のデータを使って安田記念の予想を詰めて
いくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい。

2021年 安田記念 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
0 3 1 14 0% 16.7% 22.2%
1 2 1 14 5.6% 16.7% 22.2%
2 0 1 16 10.5% 10.5% 15.8%
0 1 2 16 0% 5.3% 15.8%
4 0 0 16 20.0% 20.0% 20.0%
0 2 2 16 0% 10.0% 20.0%
3 1 2 18 12.5% 16.7% 25.0%
0 1 1 24 0% 3.8% 7.7%

勝ち馬に限っては、真ん中から外枠にかけてが出やすい傾向にあるわね。

なかでも、5枠は要注目。
ここ10年で4頭の最先着馬が出ているだけでなく、単勝回収率は約300%と人気薄だった馬も勝っているのよね。

今回はいかにも穴馬の雰囲気漂うラウダシオンと、人気のインディチャンプが5枠に収まっているわよ。

他には、単純に馬券になった頭数の多い7枠についても確認していこうかしら。

ここは昨年のグランアレグリアをはじめ、直近5年で4頭が馬券になっている好調どころ
単勝回収率も200%を超えているし、近年の傾向的には見逃せない枠、と言えるわ。

7枠に決まったダノンキングリーケイデンスコールには、心強いデータになっているわね。

次は、馬体重別成績を見てもらうわよ。

2021年 安田記念 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~479kg 1 0 2 36 2.6% 2.6% 7.7%
480~499kg 5 3 4 41 9.4% 15.1% 22.6%
500~519kg 3 7 4 38 5.8% 19.2% 26.9%
520kg以上 1 0 0 16 5.9% 5.9% 5.9%

極端に大柄か小柄な、目立った数字の馬は苦戦傾向にあるようね。

まったく勝てていないわけではないから過剰に毛嫌いすることはないけど、ダノンキングリーサリオスあたりには気を付けてちょうだい。

逆に、480~499kgの子たちは期待できるわ。

勝利数は申し分ないし、単勝回収率は180%とコスパも抜群
調教後の馬体重を参考にすると、インディチャンプのほか3頭がこの範囲内にあるわよ。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表していこうかしら!

2021年 安田記念 注目馬①

インディチャンプ(牡6)
【前走:高松宮記念(G1)3番人気3着】

今年の安田記念、本命にふさわしいのはインディチャンプよ!

2年前の安田記念制覇を含め、マイル重賞では4勝を挙げる彼。
走れば常に掲示板内を確保できる安定感は、このメンバーでもトップクラスよ。

そんな彼、データ面でも本走との相性は抜群
月曜の時点で「買える」材料ばかりだったけど、今日の検証で枠、馬体重ともに理想的な範囲にあるとわかって、今回の彼ならグランアレグリアを負かしたとしても不思議じゃないわ。

インディチャンプの最終追い切りは、栗東の坂路を【51.8-37.3-24.1-12.3】の時計。
先週の段階ですでに陣営が手ごたえを口にするほど準備は整っていたようだけど、今週も同等の走りが見られたし、状態は万全と言ってよさそうね。

オッズも5倍程度は見込めそうだし、軸として大活躍してくれそうよ!

2021年 安田記念 注目馬②

グランアレグリア(牝5)
【前走:ヴィクトリアマイル(G1)1番人気1着】

単勝元返しもあり得えるほど人気している、グランアレグリア

これまでの実績から見るに、少々の不利があっても楽々勝ってしまいそうな彼女ではあるんだけど…。

今回彼女が収まった4枠は、昨年同等の人気を背負っていたアーモンドアイが敗れたところ。
さらに馬体重についても好走傾向にはあるものの勝ちには少し足らない、って感じの範囲だし、決して万全のデータが揃っているわけでないのよね。

月曜日には「データ上問題ない」と言える評価だったけど、ここへきてちょっと雲行きが怪しくなってきたことは覚えておいてちょうだい。

もっとも、昨年の安田記念では後続に2馬身半もの差をつけて圧勝した彼女。
前走のヴィクトリアマイルでもあの強力なメンバーをぶっちぎった走りを見れば、馬券外に沈むことは想像しがたいわね。

そんなグランアレグリアの最終追い切りは、美浦の坂路を【53.6-38.6-24.9-12.5】の時計。
中2週の疲れはまったく見られなかったし、日曜日はいつもの調子で走ってくれそう

買い方には気を付けた方がよさそうだけど、切ることはオススメしない、と言っておくわ。

2021年 安田記念 注目馬③

シュネルマイスター(牡3)
【前走:NHKマイルカップ(G1)2番人気1着】

前走のNHKマイルCではハナ差の勝負を制して最先着を果たした、シュネルマイスター

ゴール前での異次元の伸びは、古馬相手にも十分通用する可能性を示してくれたわね。

これでデビューから、マイル戦では3戦全勝
府中でも勝ち鞍があるとあって、勢いでこの舞台を勝ち切るようなことがあっても不思議じゃなさそうよ。

シュネルマイスターの最終追い切りは、美浦の南Wで【68.1-52.9-38.6-12.6】の時計を記録。
デビュー戦以来となる横山武史Jとの折合いも問題なさそうだったし、前走からの好調さもキープできているわよ。

データ面でも特段欠点のなかった彼。
穴候補としておさえておいて損はないわ!

2021年 安田記念 注目馬④

サリオス(牡4)
【前走:大阪杯(G1)3番人気5着】

月曜にも注目馬として挙げていた、サリオス

ただ今回、彼のような大柄な馬が苦戦傾向にあるとわかって、ちょっと本命クラスの対抗馬には推しにくい感じ。

それでも他のデータは好走を示唆するものが揃っているから、過度な心配は必要なさそうよ。

そうそう、ここまで伝えてこなかったけど、この安田記念は4歳馬がもっとも多く勝ち馬になっていて、過去10年の通算成績は【4-2-2-27】
好走率で見ても他とは一線を画す成績だし、彼はグランアレグリアやインディチャンプにはない好材料を持っていることになるわね。

そんなサリオス、最終追い切りでは美浦の南Wで【70.6-55.2-40.1-12.8】を記録。
時計こそ出てないように見えるけど、調整や確認を兼ねた調教だったこともあり、状態がよくないわけではないから心配はいらないわよ。

ここまで重賞3勝、東京優駿連対と実力は折り紙付きの彼。
この安田記念は近走の鬱憤を晴らす舞台になるわ!

上位決着が濃厚な今年の安田記念。
アノ伏兵を馬券に含めれば、一気に配当は跳ね上がるわよ!

2021年 安田記念 注目穴馬

カテドラル(牡5)
【前走:ダービー卿チャレンジ(G3)4番人気2着】

月曜から変わらず、大注目の穴馬候補はカテドラルよ!

データ検証では、上位陣に匹敵するほどの好データに該当していた彼。

馬体重はもっとも本走に適した範囲だし、なんと言ってもG3からのローテーションでかつ関西所属馬であることは、データ上穴馬として大いに期待できるポイントよね。

さらに今回が3戦連続での騎乗となる田辺裕信Jは、安田記念における成績が【1-1-1-5】と、いわば馬券の常連。
カテドラルにとっては、本走と相性抜群で折り合いも取れた鞍上がいることはかなり頼もしいはずよね。

そんなカテドラルの最終追い切りは、栗東の坂路で【53.5-38.3-24.3-12.2】の時計を記録。
最後はしっかりと伸びていたし、勝てる時の脚が健在の今回はかなり状態もいいと見てよさそうよ。

これだけの好材料が揃っていながら、40~50倍程度のオッズに落ち着きそうな彼。
堅い決着が濃厚と見られている今年も、カテドラルで高配当をゲットしちゃってちょうだい!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次