今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

安田記念2020の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 安田記念 最終予想

安田記念の最終予想をするわよ!

「現役最強」のアーモンドアイ「マイル最強」のインディチャンプの対決に注目が集まる今回のレース。

世間的には、アーモンドアイの方が大きく抜けた支持を集めているようだけど…
ウチのデータ予想は、世の中とはちょっと違う結論を導きだしたわ。

実績ではアーモンドアイに及ばないような馬たちにも高い評価を与えることになったけど、その分ハマれば配当はかなりのものになるはずよ。

10万馬券も夢じゃない予想印はページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい。

さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

2020年 安田記念 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ダノンプレミアム 牡5 58.0 レーン 中内田充 栗東
2 2 ダノンキングリー 牡4 58.0 戸崎圭太 萩原清 美浦
3 3 ノームコア 牝5 56.0 横山典弘 萩原清 美浦
4 クルーガー 牡8 58.0 石橋脩 高野友和 栗東
4 5 アーモンドアイ 牝5 56.0 ルメール 国枝栄 美浦
6 インディチャンプ 牡5 58.0 福永祐一 音無秀孝 栗東
5 7 ペルシアンナイト 牡6 58.0 田辺裕信 池江泰寿 栗東
8 ケイアイノーテック 牡5 58.0 津村明秀 平田修 栗東
6 9 アドマイヤマーズ 牡4 58.0 川田将雅 友道康夫 栗東
10 ミスターメロディ 牡5 58.0 北村友一 藤原英昭 栗東
7 11 グランアレグリア 牝4 56.0 池添謙一 藤沢和雄 美浦
12 セイウンコウセイ 牡7 58.0 内田博幸 上原博之 美浦
8 13 ヴァンドギャルド 牡4 58.0 岩田望来 藤原英昭 栗東
14 ダノンスマッシュ 牡5 58.0 三浦皇成 安田隆行 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走レース別成績
マイラーズC組は複勝率が低め
ダービーC組に注目

■前走着順別成績
前走1桁決着なら十分買える

■レース当日人気別成績
1番人気馬の勝率が低い
単勝40倍くらいまでは勝ちに期待できる

■所属別成績
関東馬が比較的有利
大穴を買うなら関西馬がよい

それじゃあ月曜から引き続き、過去10年のデータを使って安田記念の予想を詰めていくわ。

枠順別成績から見てちょうだい!

2020年 安田記念 枠順別成績

1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
0 3 2 14 0.0% 15.8% 26.3%
1 2 1 15 5.3% 15.8% 21.1%
2 0 1 16 10.5% 10.5% 15.8%
0 0 1 18 0.0% 0.0% 5.3%
4 1 0 15 20.0% 25.0 25.0%
0 2 2 16 0.0% 10.0% 20.0%
2 1 2 20 8.0% 12.0% 20.0%
1 1 1 24 3.7% 7.4% 11.1%

今回4枠には人気の馬が2頭入っているけど、データ上はかなり成績が悪いのね…

この枠、過去に入った馬の平均人気順はかなり高めなんだけど、それでも成績が低いあたり「何か」あると考えたほうがいいわ。

アーモンドアイインディチャンプ隣同士で警戒し合うような展開も考えられるし、気を付けてちょうだい。

ちなみに、枠番でなく馬番について注目してみると、このレースでは後入れの偶数番が圧倒的に有利
過去10年中、奇数番の馬が勝ったのはわずか2レースだけなのよ。

マイル戦の中でもとくに高速で決着する舞台だけあって、スタート時のわずかな有利が大きく響くってことかしらね。

今年は有力馬の多くが奇数番に入っているから評価が難しいところだけど…
その分、大荒れの可能性が増えたとも言えそうね。

次は、脚質別成績を見てもらおうかしら。

2020年 安田記念 脚質別成績

脚質 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1 2 0 7 10.0% 30.0% 30.0%
先行 2 2 2 28 5.9% 11.8% 17.6%
差し 5 4 3 63 6.7% 12.0% 16.0%
追い込み 2 2 5 40 4.1% 8.2% 18.4%

どの位置からでもおおむねまんべんなく馬券になっているけど…
逃げ馬の連対率の高さは見逃せないわ。

近走で逃げた実績のある馬、とくにその中でも内目の枠にいる馬には注目しておきたいわね。

また先行馬は差し・追い込み馬と比べると単勝回収率が高めだから…
このレースでは「穴を狙うなら前目の馬」と考えておくといいわ。

さあ、いよいよ今週の予想印を発表するわよ。

2020年 安田記念 注目馬①

ダノンキングリー(牡4)
【前走:大阪杯(G1)1番人気3着】

今年はデータ面で万全な馬がほとんどいないんだけど、このダノンキングリーはベストに近いといえるわ。

長距離輸送の必要ない美浦所属である点や、偶数番を引いている点など、このレースの勝ち馬に推せる条件をかなり多く備えているのよね。

もともと前目での競馬を得意とする彼が、今回内目の枠を引いてくれたのも、予想する方としてはありがたい限りだわ。

今回はセイウンコウセイのように積極的に前へ出たがる馬がほかにもいるけど、彼らは揃って外目に配置された、というのも見逃せないポイント。

序盤から楽に逃げてそのまま先頭で入線、なんていう展開も十分考えられるわね。

追い切りもかなり順調にこなしているようだし、狙い目よ!

2020年 安田記念 注目馬②

インディチャンプ(牡5)
【前走:マイラーズカップ(G2)1番人気1着】

「鬼門」の4枠に入ったインディチャンプも、総合的に見れば十分買える存在

彼の入った「馬番」に注目してみると、過去10年の成績は(2-0-1-7)となかなかの成績を残しているのよ。

そもそもこのレースでは偶数番が好調、という点も踏まえれば、彼については枠順をさほど気にしなくても大丈夫ね。

彼の最終追い切りは、栗東の坂路で4ハロン51.1-12.7という時計。

荒れた馬場でこれだけのタイムを出せているあたり、もし週末の天気が崩れても安心できるわね。

マイルの舞台ならアーモンドアイにさえ勝てるというところ、ぜひ世間に見せつけてほしいわ!

2020年 安田記念 注目馬③

ダノンスマッシュ(牡5)
【前走:京王杯スプリングカップ(G2)2番人気1着】

このレースで「勝ち馬は単勝40倍まで」という前例が覆るとしたら、その時先頭にいる可能性がもっとも高いのはこのダノンスマッシュ

月曜日に調べた好走条件にはおおむねよく当てはまっているし、後入れ偶数番に収まったのもプラス評価よ。

なるべく前で競馬をしたい彼にとって、大外14番というのは一見面倒なところのようだけど…
今年は出走頭数が控えめだから、外枠の不利はそこまで厳しくないわ。

さきほど紹介したダノンキングリーほど楽には走れないだろうけど、展開次第では十分自分の競馬ができるはず。

彼はここまでの調教も順調にこなしているし、見かけよりもかなり頼りになる存在よ!

2020年 安田記念 注目馬④

アーモンドアイ(牝5)
【前走:ヴィクトリアマイル(G1)1番人気1着】

買い方はどうあれ、アーモンドアイを切ることは考えにくいわ。

彼女のローテーションは過去10年勝ち馬の出ていないパターンだし、枠順・馬番も勝ち味に乏しいところ。
さらにもともと人気順を信頼しにくいレース傾向などがあいまって、今回はちょっと素直に推しにくくなってしまったわね。

彼女はこれまで前例のない活躍を続けてきた馬ではあるけれど、費用対効果について考えると連下評価とせざるを得ないわ。

もっとも彼女の実力が本走上位であることは疑いようもないし、データについても他の馬と比べればそこまで不満というわけでもないから…
馬券にちょっとした「ロマン」を加えるためなら、アタマから買っても大きな間違いとはいえないわね。

追い切りもそれなり以上に動けていたし、そこまで不安がる必要はないわよ!

アーモンドアイに黄色信号の灯る今年の安田記念
アノ穴馬を押さえておけば、10万馬券はすぐそこよ!

2020年 安田記念 注目穴馬

クルーガー(牡8)
【前走:ダービーカップ(G3)4番人気1着】

月曜日にも注目穴馬として紹介していたクルーガー

今回、彼の入った3枠・4番がデータ的にかなり有利であることがわかって、ますます買いやすくなったわね。

彼の最終追い切りは、栗東の坂路を4ハロン53.9-12.2という時計。
強めに追われていたとはいえ、荒れたコースでこれだけの上りを見せているのは注目に値するわ。

彼はこの年になってなおスタートが安定してくるなど、上昇気配の衰えない馬。
前走についても、G3とはいえレイエンダやプリモシーンなど下世代の実績馬を下しているわけだし、過小評価は禁物よ。

レベルの高いメンバーが揃った本走でも、勝利だって十分ありえるわ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次