今週の注目重賞【東京新聞杯(G3)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

宝塚記念2021の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2021年 宝塚記念 最終予想

宝塚記念の最終予想をするわよ!

日を追うごとに牝馬3強の雰囲気が色濃くなっている、今回のレース。

ただ月曜日にも伝えたように、1番人気筆頭のクロノジェネシスには懸念すべき不安材料が見つかっているし、注目を集める彼女たちは決して万全なデータが出ているわけではないから注意が必要よ。

今回もさらにデータを追加して検証を進めたところ、3強を下してグランプリホースになり得る穴馬候補が浮かび上がってきたの。

この1頭が勝てば、3年前に飛び出したような50万馬券も夢じゃないわよ!

いつものように注目穴馬として印を打っておいたから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順を見てもらうわよ!

2021年 宝塚記念 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ユニコーンライオン 牡5 58.0 坂井瑠星 矢作芳人 栗東
2 2 レイパパレ 牝4 56.0 川田将雅 高野友和 栗東
3 3 メロディーレーン 牝5 56.0 幸英明 森田直行 栗東
4 4 ワイプティアーズ 牡6 58.0 和田竜二 加用正 栗東
5 アドマイヤアルバ セン6 58.0 酒井学 柄崎孝 美浦
5 6 シロニイ 牡7 58.0 松若風馬 池江泰寿 栗東
7 クロノジェネシス 牝5 56.0 ルメール 斉藤崇史 栗東
6 8 カデナ 牡7 58.0 浜中俊 中竹和也 栗東
9 アリストテレス 牡4 58.0 武豊 音無秀孝 栗東
7 10 カレンブーケドール 牝5 56.0 戸崎圭太 国枝栄 美浦
11 モズベッロ 牡5 58.0 池添謙一 森田直行 栗東
8 12 ミスマンマミーア 牝6 56.0 岩田望来 寺島良 栗東
13 キセキ 牡7 58.0 福永祐一 辻野泰之 栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておこうかしら。

■前走クラス別成績
天皇賞(春)と大阪杯を使ったG1組に注目
ドバイシーマCから来るクロノジェネシスは好走傾向に該当

■前走着順別成績
前走2・3着馬が馬券の中心
前走の勝ち馬は不調

■レース当日人気別成績
人気の高い馬が馬券になりやすい
例年6番人気が穴馬になる傾向にある

■年齢別成績
直近10年のうち半分以上は5歳馬が勝利している
好材料のない7・8歳馬は切る

それじゃあ月曜日から引き続き、過去10年分のデータを用いて宝塚記念の予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい。

2021年 宝塚記念 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1 1 3 11 6.3% 12.5% 31.3%
1 1 2 12 6.3% 12.5% 25.0%
0 1 1 14 0% 6.3% 12.5%
0 3 0 13 0% 18.8% 18.8%
0 2 0 16 0% 11.1% 11.1%
1 0 1 18 5.0% 5.0% 10.0%
0 2 1 18 0% 9.5% 14.3%
7 0 2 13 31.8% 31.8% 40.9%

勝ち馬は8枠から出る、といっても過言ではないデータね!

単勝回収率は300%近い数値になっているし、本線でない子たちでもここに入っただけで侮れない、ってレベルよ。

今年は3度目の正直を狙うキセキと、ミスマンマミーアの伏兵2頭が8枠。
見逃せないわよ!

他には、内側の1枠も好走傾向にあるわ。

今年の宝塚記念、困ったら大外か最内、と覚えておくのがよさそうね。

次は、馬体重別成績を見てもらうわよ。

2021年 宝塚記念 馬体重別成績

馬体重 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
~459kg 2 3 3 18 7.7% 19.2% 30.8%
460~479kg 3 1 1 22 11.1% 14.8% 18.5%
480~499kg 2 4 4 41 3.9% 11.8% 19.6%
500~519kg 2 2 0 22 7.7% 15.4% 15.4%
520kg~ 1 0 2 12 6.7% 6.7% 20.0%

どちらかと言うと、小柄な馬が好走傾向にあるようね。

なかでも好調なのが、460~479kgだった馬。
この範囲からはのべ3頭が勝ち馬になっているんだけど、実はこの3勝、すべて直近3年でのものなのよね。

調教後の馬体重を参考にすると、今年460~479kgの範囲内にあるのはアドマイヤアルバミスマンマミーアの2頭。

近年の傾向的には見逃せないところだから注目してちょうだい。

そんなところで、最終追い切りの結果も考慮した予想印を発表するわよ!

2021年 宝塚記念 注目馬①

モズベッロ(牡5)
【前走:大阪杯(G1)6番人気2着】

今年の宝塚記念、ウチではモズベッロを本命に推すわ!

月曜日には、注目穴馬として紹介していた彼。

すべての検証で万全のデータに該当するなどまさに好走必至の1頭って感じだったけど、今回枠・馬体重ともに好調な範囲内にあるとわかって現実的に勝ちが期待できる、と言える状況になったわ。

そんなモズベッロだけど、状態面でも問題なく本番を迎えられそう

水曜日に行われた最終追い切りでは、栗東の坂路で【54.5-38.4-25.0-12.6】となかなかの時計を記録。
反応がイマイチだったという1週間前からは明らかに動きがよくなっていたし、彼のいい時の走りが期待できるわよ。

梅雨空に加え台風の接近まで見込まれている今週末だけど、前走の大阪杯では重馬場のなか超強力なメンバー相手に連対しているし、荒天は大歓迎

適性のある大舞台で、昨年以上の波乱を巻き起こす準備は整っているわよ!

2021年 宝塚記念 注目馬②

アリストテレス(牡4)
【前走:天皇賞春(G1)2番人気4着】

中長距離なら、アリストテレスは見逃せないわ!

菊花賞で歴史に残る激走を見せたものの、その後の阪神大賞典、天皇賞(春)では馬券外に沈んだ彼。
陣営も言及しているように、彼にとって3000m以上はちょっと長い感じがしたわね。

今回はそんな距離においても適性のある舞台だし、最終追い切りでは栗東の坂路で【53.0-38.6-25.1-12.5】の時計を記録するなど体調も万全。

検証でも申し分ないデータが揃っていたし、AJCC以来の勝利も十分期待できるわ。

それでいてオッズは10倍程度に落ち着きそうだし、妙味満点の勝ち馬候補として見逃さないでちょうだい!

2021年 宝塚記念 注目馬③

ミスマンマミーア(牝6)
【前走:目黒記念(G2)3番人気12着】

絶好調8枠に決まり、一気に怖い存在となったミスマンマミーア

前走の目黒記念こそ大敗に終わったけど、この宝塚記念はたびたび巻き返しが見られる舞台だから侮れないわよ。

そんなミスマンマミーアだけど、目立たないながらしっかりと好データには該当していた1頭。
実はデビュー以来芝2200mでは勝ち鞍2回、連対1回とかなりの好成績を残しているし、前々走の大阪-ハンブルグCでは勝利を収めるなど阪神との相性もいいのよね。

重馬場も苦にしないところを合わせると、走る材料は揃っている、と言えるわ。

ミスマンマミーアの最終追い切りだけど、栗東のCWを【83.1-67.0-52.0-37.9-12.1】の時計。
しっかり追われて気持ちも乗ってきたような感じが見て取れたし、戦闘態勢は整っているわよ。

得意の条件だけに、展開が向けば十分馬券内があり得る彼女。
オッズもこれ以上なく妙味たっぷりだし、勝負してみるのもアリね!

2021年 宝塚記念 注目馬④

クロノジェネシス(牝5)
【前走:ドバイシーマクラシック(G1)1番人気2着】

月曜から変わらず、世間では圧倒的な人気を集めるクロノジェネシス

昨年の2着以下を6馬身ぶっちぎった走り、重賞5勝の実績を考えれば当然のことよね。

ただ今回の彼女、データ的にはちょっと心配
月曜にも触れたように、本走と同距離の芝2200mでは一昨年のエリ女で5着惨敗を喫しているわ。

さらに主戦北村友一Jの不在、ここ8年勝ちのない6枠に決まるなど、好走が疑わしい状況になっているのよね。

もっとも、彼女ほどの馬だからこの程度の不利は走りに影響しない、とも言えるんだけど…。
彼女より好材料が多く揃った子たちがいる今回は、軸にするのは危険、と言っておくわ。

そんなクロノジェネシスの最終追い切りは、栗東のCWで【85.2-67.7-52.3-38.7-11.9】の時計。
海外遠征の疲れを感じさせないいつもの走りが見られたし、状態面での不安はなさそうだったわ。

連覇にこそ疑問が残るけど、馬券内から消えることは想像しづらいから、切るようなことはしない方がよさそうよ。

世間の評価とは裏腹に、伏兵がより好データに該当している今年の宝塚記念。
走る材料が揃ったアノ1頭を馬券に含めて、6桁配当をゲットしてちょうだい!

2021年 宝塚記念 注目穴馬

キセキ(牡7)
【前走:クイーンエリザベス2世カップ(G1)5番人気4着】

本走における注目の穴馬候補は、キセキよ!

宝塚記念では、2年連続で連対中と結果を残している彼。
適性がものを言う非根幹距離のこのレースにおいて、彼の相性のよさは疑いようのないところよね。

そんなキセキ、月曜の段階では7歳馬が不調という懸念点があったんだけど…。
実は7歳馬で唯一馬券になった2018年のワーザーも、彼と同じく前走に香港シャンティンのレースを使っていたのよね。

さらに今回、このレースにおいて勝ち馬の条件とも言える8枠に決まったとあって、十分不利を覆して好走できる、と判断したわ。

他のデータもなかなかの好材料が揃っているし、今年は勝利してもおかしくいレベルよ。

キセキは状態の問題もなさそうで、水曜に行われた栗東坂路での最終追い切りでも【53.3-38.1-24.8-12.3】と上々の時計を記録。
課題となるスタートに関しても今回は大丈夫そうだから、万全の体制で日曜日を迎えられるわね。

各所のオッズを見る限り、数々の穴馬が誕生した6番人気が濃厚な彼。
さまざまな好要素が見られる今年こそ、勝ち鞍に期待大よ!

 

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次