宝塚記念

阪神11R宝塚記念(GⅠ・芝2200m)
◎16 キセキ
○5 ストロングタイタン
▲4 ミッキーロケット
☆2 ノーブルマーズ
△3 サトノダイヤモンド
レースの見どころ
宝塚記念の最終予想をするわよ!

宝塚といえば、この前大阪で起きた地震はみんな大丈夫だったかしら?

今週の阪神競馬は問題なく行われるみたいだけど、みんなはムリしちゃダメよ。


さて、サトノダイヤモンドキセキヴィブロスダンビュライトなど、実績馬が数多く揃いながら、どの馬も安心して買えないのが今年の宝塚記念。

こんなときこそデータを使って、冷静かつ客観的に買い目を選定することが大事なの!

今回は、来れば配当1000倍も夢じゃない「ある伏兵馬」に、思わぬ勝機があると分かったわ。

このページの最後で紹介しているから、期待しててちょうだい。


さっそく、確定した枠順を確認してもらうわね。

競争成績
枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
11ステファノス牡758.0岩田康誠藤原英昭栗東
12ノーブルマーズ牡558.0高倉稜宮本博栗東
23サトノダイヤモンド牡558.0ルメール池江泰寿栗東
24ミッキーロケット牡558.0和田竜二音無秀孝栗東
35ストロングタイタン牡558.0川田将雅池江泰寿栗東
36アルバート牡758.0藤岡康太堀宣行美浦
47パフォーマプロミス牡658.0戸崎圭太藤原英昭栗東
48ダンビュライト牡458.0武豊音無秀孝栗東
59サトノクラウン牡658.0石橋脩堀宣行美浦
510ヴィブロス牝556.0福永祐一友道康夫栗東
611サイモンラムセス牡858.0小牧太梅田智之栗東
612タツゴウゲキ牡658.0秋山真一鮫島一歩栗東
713ワーザーセン758.0ボウマンムーア外国
714スマートレイアー牝856.0松山弘平大久保龍栗東
815ゼーヴィント牡558.0池添謙一木村哲也美浦
816キセキ牡458.0M.デム角居勝彦栗東

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走レース別成績
天皇賞(春)組と鳴尾記念組に注意
海外組は大本命以外切る

■前走着順別成績
比較的巻き返しは起こるが、成績が良いのは前走3着以内

■脚質別成績
逃げ・先行馬が有利だが、今年の逃げ馬は切る
穴馬が勝つとしたら差し決着

■年齢別成績
馬券になるのは6歳まで
とくに5歳馬に注目


それじゃ、新たに2点のデータを使って、宝塚記念の最終的な予想を組み立てていくわ。

レース当日人気別成績から見てちょうだい!

レース当日 人気別成績
レース当日人気別成績表

1番人気の勝率の低さ、そして複勝率の高さが極端ね…。

今年の宝塚記念は人気がかなり割れているけど、その中でも1番人気は知名度の高いサトノダイヤモンドかしら。
少なくともこのデータを見る限り、ちょっと頭は任せにくいわね。

過去の勝ち馬はすべて当日の1桁人気だったから、その辺りから勝ち馬候補を探していきましょう。

そういえば、月曜日に注目馬として紹介したアノ馬ぎりぎり1桁人気に落ち着きそうよね…。


相手については、2着は10番人気以内、3着は11番人気以内からしか出ていないことがわかったわ。

これまでに切っていない馬の中では、タツゴウゲキがちょっと買いにくくなったわね。


次は、枠順別成績を見てちょうだい。

枠順別成績
枠順別成績表

8枠の勝率が圧倒的だわ!

宝塚記念は例年梅雨どきの開催だから、綺麗な道を選んで走れるのがいいのかしらね…。

今年8枠に入ったのは、キセキゼーヴィントの2頭。

キセキはかなり買いやすくなったとして、ゼーヴィントの扱いをどうするか微妙なところね。
でも月曜日のデータとあわせて考えれば、答えは自ずと見えてくるわ。


また、逆に最内の1もなかなかの好成績。
過去には6番人気が2頭、11番人気が2頭馬券になっているから、穴狙いならぜひ押さえておきたいわ!

今年は、ちょうどその位の人気になりそうなステファノスノーブルマーズが1枠に入っているわね。

月曜日のデータも考慮すると、このうちのどちらか1頭が激走しそうよ!


そんなところで、今週の最終的な予想印を発表するわね。
本命馬は誰にでも見られるようにしておいたわよ。

本命
キセキ(牡4
【前走:日経賞(G2)1番人気9着】

飛びぬけた実力馬がいない今年の宝塚記念、私はキセキを本命に推すわ!

もともとここまでの通算成績が4-1-2-3とかなり安定感のある彼だけど…。
阪神でのレースに限定した成績は1-1-2-0で、なんと一度も馬券を外していないのよ。

思えば昨年勝った菊花賞(G1)も同じ関西にある京都競馬場でのレースだし、やはり地元でのレースにはめっぽう強いのね…。 

彼について少し不安があるとすれば脚質かしら。
どちらかといえば先行する方が有利なこのレースで、末脚重視の彼がどこまで戦えるか、心配よね。

スローペースを嫌って前に出た前走では、直線で疲れてしまって凡走に終わったわけだし…。

とはいえこのレースでは、差し馬も過去10年中4を挙げているの。
極端な不利はないと考えていいわよ。

さらに今年のように馬場が荒れそうなレースなら、普段よりさらに差しが届きやすいはず。

最終追い切りでもかなり落ち着いて走っていたし、過去2戦の凡走は度外視して構わないわよ!

対抗

ストロングタイタン(牡5
【前走:鳴尾記念(G3)4番人気1着】

月曜日の注目穴馬として紹介していたストロングタイタン

その時からすでに申し分のないデータが揃っていたんだけど、今回さらなる好走材料を見つけたわ。

ストロングタイタンのこれまでのレースから、6~8月に行われたレースを抜き出してみると、成績は4-1-0-1
なんと勝率が67%近いのよ。

ただ、今回彼が入った3枠は過去10年で一度も勝ち馬を出していないのよね…。

でも2015年にこの枠に入ったっていたデニムアンドルビーは、1着ラブリーデイにクビ差の2
展開次第では十分に勝利もありえた彼女のことを考えれば、3枠もまったく勝てない枠とは言い切れないわよ。

最終追い切りでも前走同様のいい状態をキープできていた彼、このメンバーでなら十分勝ち目があるわ!


単穴

ミッキーロケット(牡5
【前走:天皇賞(春)(G1)9番人気4着】

重賞戦線で好走を続けながら、あと一歩勝利に届いていないミッキーロケット

G1のわりに力関係で優位に立てそうな今年の宝塚記念で、彼のような馬を買わない手はないわね。

…と、考えている競馬ファンは他にも多いみたいで、オッズ的にはそんなに美味しいことにはならなさそうだけど…。
それでもデータ上、好走材料が多い上に調教時の動きも良かったから、買ってしまって問題ないわ。

最終追い切りでは本番さながら和田竜二騎手を背に、坂路を4ハロン50.7-12.3となかなかの時計。
和田騎手いわく、これでもまだ余裕があったようだから、本番ではますます期待できるわね。

陣営としても「今回こそ!」という気持ちで挑むであろう今回のレース。
大番狂わせが起きても不思議じゃないわ!

連下

サトノダイヤモンド(牡5
【前走:大阪杯(G1)3番人気7着】

このところずっと不調続きだったサトノダイヤモンド

データ上有利な1番人気とはいえ、最終追い切りの内容次第では切ることも考えたんだけど…。

水曜日は大雨のCWコースで5ハロン68.1-11.6とかなりの好時計。
反応も明らかに良かったし、これまでの実績を抜きにしても期待しちゃうような内容だったわね。

陣営もここに向けて調教メニューをあれこれ工夫していたようだし、その成果がいよいよ出始めたって感じかしら。

印については、より高く評価できる馬がほかにもいたから連下としたけれど、買う分には何の不足もないわ。

彼をうかつに切って後悔しないよう、気を付けてちょうだい!

注目穴馬

ノーブルマーズ(牡5
【前走:目黒記念(G2)10番人気2着】

今回の宝塚記念で数少ない「前走馬券内組」であるノーブルマーズ

その前走目黒記念は、日経新春杯勝ち馬のパフォーマプロミスに競り勝っての2着だったわ。
ノーブルマーズ自身もすでに重賞クラスの実力があると考えてよさそうね。

彼は月曜日に調べたデータによく合致しているし、更に穴をあけやすい1に入ってくれたおかげで、かなりオイシイ馬になったわ。

人気も、当日は恐らく単勝40倍ほどで、馬券に入ればかなりの配当になるのは間違いなさそうよ。

単勝追い切りは坂路を4ハロン53.3と一見今ひとつだけど、これはただでさえ天気の悪かったトレセンで、4時間以上使われたコースを走って出した時計。
そういった事情を鑑みれば上々といえるし、引き続き天気が回復しなさそうな本走のいい予行演習になったわね。

高配当を目指すなら、彼のことはぜひとも押さえておいてちょうだい!

的中実績
エビコ特選!まだまだあるわよ!!競馬予想サイト
うま

copyright©2013 無料の競馬予想 穴馬的中に自信アリ | アドレナリン競馬 All Rights Reserved.

上部に戻る