今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

スプリンターズステークス2019の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2019年 スプリンターズステークス 最終予想

スプリンターズステークスの最終予想をするわよ!

G1らしく充実したメンバーが揃いながら、例年大荒れ傾向なこのレース。

月曜日にも紹介したとおり、人気どころからしっかり軸を選定した上で、紐荒れを狙って穴馬に流していくのがポイントよ。

今回もデータを駆使して、高配当を演出してくれそうな伏兵を探し出したから、期待しててちょうだい。

予想印はページの最後で紹介しているわよ!

さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

2019年 スプリンターズステークス 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 アレスバローズ 牡7 57.0 菱田裕二 角田晃一 栗東
2 ダノンスマッシュ 牡4 57.0 川田将雅 安田隆行 栗東
2 3 セイウンコウセイ 牡6 57.0 幸英明 上原博之 美浦
4 リナーテ 牝5 55.0 三浦皇成 須貝尚介 栗東
3 5 レッツゴードンキ 牝7 55.0 岩田康誠 梅田智之 栗東
6 ノーワン 牝3 53.0 内田博幸 笹田和秀 栗東
4 7 モズスーパーフレア 牝4 55.0 松若風馬 音無秀孝 栗東
8 タワーオブロンドン 牡4 57.0 ルメール 藤沢和雄 美浦
5 9 ディアンドル 牝3 53.0 藤岡佑介 奥村豊 栗東
10 ラブカンプー 牝4 55.0 酒井学 森田直行 栗東
6 11 マルターズアポジー 牡7 57.0 丸山元気 堀井雅広 美浦
12 ダイメイプリンセス 牝6 55.0 秋山真一 森田直行 栗東
7 13 ミスターメロディ 牡4 57.0 福永祐一 藤原英昭 栗東
14 ハッピーアワー 牡3 55.0 横山典弘 武幸四郎 栗東
8 15 イベリス 牝3 53.0 浜中俊 角田晃一 栗東
16 ファンタジスト 牡3 55.0 武豊 梅田智之 栗東

それじゃあ月曜から引き続き、過去10年で中山開催だった全9レースのデータを使って、スプリンターズステークスの予想を詰めていくわよ。

枠順別成績から見てちょうだい!

2019年 スプリンターズステークス 枠順別成績

1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1 1 1 15 5.6 11.1% 16.7%
0 2 3 13 0.0% 11.1% 27.8%
0 0 3 15 0.0% 0.0% 16.7%
3 1 0 14 16.7% 22.2% 22.2%
2 2 0 13 11.8% 23.5 23.5%
0 0 1 17 0.0% 0.0% 5.6%
2 2 1 12 11.8% 23.5% 29.4%
1 1 0 16 5.6% 11.1% 11.1%

真ん中45枠の勝率が高いわね…

今年は4枠に、人気どころのモズスーパーフレアタワーオブロンドンが入ったし、この辺りを中心に馬券を組み立てることになりそうだわ。

他にはあまり大きく目立つところもないけど、6枠の好走率が妙に低いのが気になるわね。

詳しく調べてみたところ、6枠の馬が最後に馬券になったのは2009年。
言い換えると、2010年以降は一度も馬券になっていないのよ。

2009年のカノヤザクラは当時6歳で、当日の単勝オッズは20倍。
今回ここに入った馬たちとはあまり被らないわね。

6枠にはマルターズアポジーダイメイプリンセスという、ちょっと怖い馬が入っているけど、今年は気にしなくて良さそうだわ。

次は、脚質別成績を見てちょうだい。

2019年 スプリンターズステークス 脚質別成績

脚質 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1 2 1 5 11.1% 33.3% 44.4%
先行 1 3 3 24 3.2% 12.9% 22.6%
差し 7 4 3 43 12.3% 19.3% 24.6%
追込 0 0 2 43 0.0% 0.0% 4.4%

勝つのは大半が中段以降の馬なのね!

やはり豪脚ぞろいのG1だけあって、半端な馬が粘り込み戦略だけで勝つのは難しいようだわ。

とはいえ、逃げ馬の複勝率については無視できないところよね。

今回はハナを主張しそうな馬が多くて予想が難しいけど…
マルターズアポジーより内枠、またはスタートの不安が少ない後入れの同型馬に注意したいわ。

さあ、ここで今週の予想印を発表するわよ。

2019年 スプリンターズステークス 注目馬①

タワーオブロンドン(牡4
【前走:セントウルステークス(G2)1番人気1着】

月曜日の時点では、ローテーションに不安があって紹介していなかったタワーオブロンドン

前走セントウルS組は好走率が高いんだけど、その直前に開催の近いキーンランドCを使う例は過去10年なかったのよね。

ただこれまでの追い切りでは、時計を抑えながらも気分よく動いていて、疲れは感じられなかったわ。

思えば前走の段階でもそこまで厳しい調教はしていなかったし、そもそも使っている距離が1200mだし…
レース間隔からイメージするほど厳しい状況ではないのかも知れないわ。

彼はデータ上絶好で、かつ前が詰まる心配も少ない4に入ってくれたから、総合的に考えてかなり安心して買える存在。

彼を軸に紐荒れを狙っていけば、配当にも期待できるわよ!

2019年 スプリンターズステークス 注目馬②

ダノンスマッシュ(牡4
【前走:キーンランドカップ(G3)1番人気1着】

月曜日の段階から「堅い」と言い続けてきたダノンスマッシュ。

枠順は絶好というほどではないけど、1枠は過去に勝ち馬も出ているし、今回はとくに偶数番で後入れだし、大きな問題じゃないわ。

彼は1番人気で他馬にぴったりマークされるだろうから、内にいると不利を受ける可能性があるのは気になるところ。
ただ考えてみれば、彼の重賞2勝はいずれも内枠で達成しているのよね。

こればかりは時の運もあるから、完全に信頼しきるわけにもいかないけど…
総合的に考えて、十分以上に買えることは間違いないわ。

彼は調教も順調にこなしていて、最終追い切りは栗東の坂路を4ハロン52.3-12.0と文句ない時計。

1週前の時点ではちょっと不安の残る出来だったけど、もう万全と言っていい状態ね。

タワーオブロンドンとワンツーになったりしたら配当が不安だけど、それでも切ることは考えられないわ!

2019年 スプリンターズステークス 注目馬③

セイウンコウセイ(牡6
【前走:キーンランドカップ(G3)5番人気6着】

昨年のスプリンターズステークスでは12に終わったセイウンコウセイ

そのせいか、近走成績が悪くないわりに現状ほとんど人気していないんだけど…
今年の彼は、昨年とあらゆる面で異なるわ。

まず、昨年の彼は函館スプリントステークスからぶっつけで挑戦していたけど、今回は前哨戦をはさんできているわよね。

さらに昨年はスタイルに合わない6枠からの出走だったけど、今回は前目で経済コースを走れる2
状況次第では逃げることもありそうだわ。

高松宮記念でダノンスマッシュに先着した今の彼なら、あっと驚く結果を見せてくれるはず。

調教も順調に進んでいるようだし、狙い目よ!

2019年 スプリンターズステークス 注目馬④

イベリス(牝3
【前走:セントウルステークス(G2)3番人気3着】

月曜日には「除外対象馬だけど、出走が決まったらぜひ注目して欲しい!」と紹介していたイベリス。

どうにか出走にこぎつけたみたいね!

枠順的にハナを切れるかは微妙で、陣営も逃げには特別こだわっていないみたいだけど…
実はこのレース、先行馬の複勝回収率が172%もあるのよね。

勝つのは差し馬が多いこのレースだけど、馬券を賑わしてくれるのは今回のイベリスのような先行馬だってこと。

一時は各所のスケジュールの都合で、鞍上が乗り替わる可能性もあった彼女。
ただ最終的には、アーリントンカップを勝った浜中Jとのコンビが継続することになって好都合ね。

彼女が2~3着に飛びこんでくれば、配当はなかなかのものになるわよ!

紐荒れを狙えば6桁配当も夢じゃないスプリンターズステークス
安定感抜群なのに目立たないアノ馬のこと、忘れてないわよね?

2019年 スプリンターズステークス 注目穴馬

レッツゴードンキ(牝7
【前走:ヴィクトリアマイル(G1)13番人気10着】

重賞戦線で惜しい戦いを続けつつ、気付けば今年で7歳のレッツゴードンキ

2月には阪急杯で2に入っているし、まだまだ衰えは見られないわね。

前走にヴィクトリアマイルを使った馬は過去9レースで例がないけど、前走G1馬は連対率が28.6
さらに牝馬は複勝率26.3%で複勝回収率も100%オーバーと、実は彼女、このレースで走る穴馬の条件によく当てはまっているのよ。

そんな彼女の最終追い切りは、栗東の坂路を単走で4ハロン51.5-12.2という時計。
7歳牝馬とは思えない反応の良さが魅力的だったわ。

歴代牝馬の中でもっともJRAのG1を走っている彼女、まだまだ馬券に飛び込む活躍に期待できるわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次