今週の勝負レース 東京新聞杯(G3)の無料穴馬予想はコチラよ~!ココをクリック

エリザベス女王杯2019の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2019年 エリザベス女王杯 最終予想

エリザベス女王杯の最終予想をするわよ!

例年1番人気が勝ちきれずに高めの配当が出がちなこのレース。

今回、人気馬にそこまでの不安材料は見当たらなかったんだけど…
その分、3着にでも入れば配当がハネ上がるような「とある大穴」に、思わぬ好走気配があることがわかったの。

月曜から調べたデータによく当てはまっているし、軸が信頼できる今年は、例年よりも楽に高配当にありつけそうね。

印はページの最後で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

さっそく、確定した枠順を見てもらうわね。

2019年 エリザベス女王杯 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ブライトムーン 牝5 56.0 福永祐一 大久保龍 栗東
2 ラッキーライラック 牝4 56.0 スミヨン 松永幹夫 栗東
2 3 シャドウディーヴァ 牝3 54.0 松山弘平 斎藤誠 美浦
4 ウラヌスチャーム 牝4 56.0 マーフィ 斎藤誠 美浦
3 5 ポンデザール 牝4 56.0 藤岡康太 堀宣行 美浦
6 クロコスミア 牝6 56.0 藤岡佑介 西浦勝一 栗東
4 7 レイホーロマンス 牝6 56.0 岩崎翼 橋田満 栗東
8 クロノジェネシス 牝3 54.0 北村友一 斉藤崇史 栗東
5 9 アルメリアブルーム 牝5 56.0 武豊 高橋康之 栗東
10 フロンテアクイーン 牝6 56.0 津村明秀 国枝栄 美浦
6 11 ラヴズオンリーユー 牝3 54.0 M.デム 矢作芳人 栗東
12 センテリュオ 牝4 56.0 ルメール 高野友和 栗東
7 13 サトノガーネット 牝4 56.0 坂井瑠星 矢作芳人 栗東
14 ゴージャスランチ 牝4 56.0 幸英明 鹿戸雄一 美浦
15 ミスマンマミーア 牝4 56.0 浜中俊 寺島良 栗東
8 16 スカーレットカラー 牝4 56.0 岩田康誠 高橋亮 栗東
17 サラキア 牝4 56.0 川田将雅 池添学 栗東
18 レッドランディーニ 牝4 56.0 池添謙一 石坂正

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわよ。

■前走クラス別成績
今年は前走G2以上で考える

■前走着順別成績
前走結果がいいに越したことはないが、1桁決着なら買える
馬券を外した馬の回収率が高い

■レース当日人気別成績
1番人気は複勝率が高いが勝率は低い
単勝100倍未満なら買える

■騎手別成績
乗り替わりがあるとマイナス
他のデータがいい関西馬なら、乗り替わりがあっても買える

それじゃあ今回は、月曜から引き続き過去10年のデータを使ってエリザベス女王杯の予想を詰めていくわ。

枠順別成績から見てちょうだい!

2019年 エリザベス女王杯 枠順別成績

1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
1 1 1 16 5.3 10.5% 15.8%
2 1 1 16 10.0% 15.0% 20.0%
2 1 2 15 10.0% 15.0% 25.0%
1 0 3 16 5.0% 5.0% 20.0%
0 3 1 16 0.0% 15.0 20.0%
2 2 0 15 10.5% 21.1% 21.1%
0 0 1 26 0.0% 0.0% 3.7%
2 2 1 23 7.1% 14.3% 17.9%

好走率についてはどこも大きな差はないけど、勝ち馬は内枠の方が多く出ているわね。

今回、人気どころは内と外にキレイに分かれた感があるけど、ラッキーライラックやクロノジェネシスの方を高く評価すべきだってことね。

ちなみに、回収率について注目すると、真ん中からやや外目46枠がいずれも複勝回収率100%オーバー
人気ツートップがいずれもここに入っているし、やっぱり買わないわけにはいかないようだわ。

その他の枠はおおむねどこも横ばいって感じだけど、7枠の好走率が低いのがちょっと気になるわね。

ただ、ここに入った馬について詳しく調べてみると、人気順が平均11.6とかなり低めなの。

枠自体に不調の原因があるわけじゃないと考えられるわね。

言い換えれば、ほかのデータが好調な馬であれば、ここに入った馬も十分に買えるわよ。

次は、脚質別成績を見てもらうわね。

2019年 エリザベス女王杯 脚質別成績

脚質 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1 1 0 8 10.0% 20.0% 20.0%
先行 1 7 1 29 2.6% 21.1% 23.7%
差し 8 2 7 57 10.8% 13.5% 23.0%
追込 0 0 2 49 0.0% 0.0% 3.9%

勝ち馬はほとんどが中段から出ているのね。

さらに2着は前、3着は後ろ、とハッキリした傾向が出ているし、フォーメーションを組む際の参考にしてちょうだい。

とはいえ今年の本命どころは元々どれも直線勝負をしたがる馬だし、勝ち馬は他のデータから探すのがよさそうね。

むしろ今年は、後ろが警戒し合っている間に前が流れて、思わぬ穴馬が連対するケースに注意したいところだわ。

先行馬の連対率はなかなかのものだし、複勝回収率も143%とかなりのもの。
これは積極的に狙っていくべきだわ。

さあ、いよいよ今週の予想印を公開するわよ。

2019年 エリザベス女王杯 注目馬①

クロノジェネシス(牝3)
【前走:秋華賞(G1)4番人気1着】

月曜日にも、本走の中心になる馬として真っ先に紹介していたクロノジェネシス

同じく人気のラヴズオンリーユーとはかなり競り合っていて、締切までどちらが1番人気になるかわからないって感じ。

クロノジェネシスの方がよりよいデータが揃っている、というのはすでに話した通りだけど、枠順についても有利な内目に入ってくれて、かなり買いやすくなったわね。

4枠というのは内すぎなくて、進路がふさがるリスクも少ないから、脚質面でもちょうどよさそうだわ。

そうそう、彼女は最終追い切りも順調そうで、栗東の坂路を6ハロン85.6-11.6というタイムを出していたわよね。

全体時計が物足りないように見えるかもしれないけど、これは最近行きたがる面が出てきた彼女をうまく抑えられている証拠。
ラストの伸びは文句の付け所がないし、調子は万全と見ていいわ。

穴党の私でも、彼女を本命から外すわけにはいかないわね!

2019年 エリザベス女王杯 注目馬②

ラヴズオンリーユー(牝3
【前走:優駿牝馬(G1)1番人気1着】

いくつかデータにケチがついたとはいえ、実績面で買わないわけにいかないのがこのラヴズオンリーユー

クロノジェネシスとワンツーになったりすると配当が不安だけど、その分今回は注目すべき大穴もいるからトントンって感じ。

そういえば、月曜日には「前走から半年空けた馬は連対していない」という話をしたわよね。

それが理由で、彼女を買うのは少し躊躇われたんだけど…
ただ過去10年、そのくらいのローテーションで来た馬はそもそも3頭しかいなかったのよ。

不安が完全に払しょくできるわけではないけれど、切るには惜しい存在だってことがわかるわよね。

彼女はここまでの調教も順調そのもので、最終追い切りは終始馬なりで栗東の坂路を4ハロン55.3-13.1という時計。

陣営はちょっと怖いくらいの自信を見せているし、仕上がりについては疑いようのないところだわ。

彼女が勝てば、来年以降の競馬もうんと面白くなりそうね!

2019年 エリザベス女王杯 注目馬③

ラッキーライラック(牝4
【前走:アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(G2)2番人気3着】

G1クラスの実力は間違いないものの、昨年春以降勝利に恵まれていないラッキーライラック

もともとスタート勘のいい馬だし、枠順も内目に入ったし、今回はハナを任されてもおかしくない感じよね。

データ的にはあまり勝利には期待できないポジションだけど、もともとこのエリザベス女王杯は、なぜか「積極的に前に出たがる馬」があまり出走してこなかったレース

末脚に自信のある馬が「前に押し出される」格好で走らされていたケースも少なくないのよね。

そこで「前走で前目だった馬」について調べてみると、成績は3-6-1-39となかなかのもの。

前に出慣れているラッキーライラックのような馬なら、十分勝ちにも期待できるってわけ。

調教も順調に進んでいるようだし、狙い目よ!

2019年 エリザベス女王杯 注目馬④

クロコスミア(牝6
【前走:アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(G2)3番人気5着】

昨年、一昨年とこのレースでクビ差の2着に敗れているクロコスミア

牝馬も6歳ともなると、たいていは「お母さんになろうとしている」なんて言われる状態になって、ガクッと成績が落ちるものだけど…
今のクロコスミアにその気配はなさそうね。

スムーズに先行できた時の走りはまだまだ盤石だし、なにより今回は「そういう展開」に期待できるメンバー
昨年と同様の好走に期待できるわよ。

唯一残念なのは、戸崎Jが落馬負傷した影響で、鞍上が藤岡佑Jに乗り替わること。
彼女はクセ馬って感じじゃないし、鞍上の実力にも不満はないけど、データ上マイナスになるのは月曜日に話したとおり。

総合的に見て十分買える馬ではあるけど、23着に押さえる程度にしておくのが無難よ!

上位が信頼できる今年も、この馬のお陰で荒れる可能性大!
チェックしておかないと後悔するわよ!

2019年 エリザベス女王杯 注目穴馬

サトノガーネット(牝4
【前走:アイルランドトロフィー府中牝馬ステークス(G2)13番人気8着】

月曜日にも注目穴馬として紹介していたサトノガーネット

本走は直近のレースから見ると距離延長になるわけだけど、前走エンジンのかかりが遅すぎたことを考えればむしろ好都合

データがいいのは月曜日に調べた通りだし、3着期待で買うには悪くない馬だわ。

7枠の好走率が低いことを気にする人がいるかもしれないけど、彼女ほどのデータがあれば問題にならないわね。

さらに、過去1頭ここから馬券になった2014年のディアデラマドレは、彼女と同じく当時4歳の差し馬
前走に府中牝馬Sを使っていたことも共通しているわ。

下馬評についても、月曜日と比べれば少しずつ注目されているし、当日にはデータ上買えるレベルに落ち着くはず。

彼女が来れば、配当はかなりのものになるわよ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次