今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

菊花賞2020の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2020年 菊花賞 最終予想

菊花賞の最終予想をするわよ!

言わずと知れた世代最強牡馬、コントレイルの1強ムードが漂う今レース。

月曜日のデータ検証でも万全の内容だったし、いよいよクラシック三冠が現実味を帯びてきたわね。

ただ、コントレイルが人気を吸っている分、有力馬たちにも思わぬオッズが付いているから、穴党としては彼らの激走にも十分警戒したいところ。

今回もコントレイルを中心に各馬を調べ上げて、高配当が狙える上位どころと穴馬候補を含めた予想印をつけておいたわ。

ページの後半で紹介しているから、ぜひチェックしてちょうだい!

うまとみらいと
↑よりディープな予想が見たければ、このサイトをチェックよ!↑

さっそく、確定した枠順から見ていくわよ!

2020年 菊花賞 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 ディアマンミノル 牡3 57.0 幸英明 本田優 栗東
2 ガロアクリーク 牡3 57.0 川田将雅 上原博之 美浦
2 3 コントレイル 牡3 57.0 福永祐一 矢作芳人 栗東
4 マンオブスピリット 牡3 57.0 M.デム 斉藤崇史 栗東
3 5 サトノインプレッサ 牡3 57.0 坂井瑠星 矢作芳人 栗東
6 ヴェルトライゼンデ 牡3 57.0 池添謙一 池江泰寿 栗東
4 7 ダノングロワール 牡3 57.0 北村友一 国枝栄 美浦
8 ディープボンド 牡3 57.0 和田竜二 大久保龍 栗東
5 9 アリストテレス 牡3 57.0 ルメール 音無秀孝 栗東
10 サトノフラッグ 牡3 57.0 戸崎圭太 国枝栄 美浦
6 11 バビット 牡3 57.0 内田博幸 浜田多実 栗東
12 レクセランス 牡3 57.0 松山弘平 池添学 栗東
7 13 ロバートソンキー 牡3 57.0 伊藤工真 林徹 美浦
14 ヴァルコス 牡3 57.0 岩田康誠 友道康夫 栗東
15 ブラックホール 牡3 57.0 藤岡佑介 相沢郁 美浦
8 16 ターキッシュパレス 牡3 57.0 富田暁 昆貢 栗東
17 キメラヴェリテ 牡3 57.0 松若風馬 中竹和也 栗東
18 ビターエンダー 牡3 57.0 津村明秀 相沢郁 美浦

詳しい予想に入る前に、月曜日のおさらいをしておくわね。

■前走クラス別成績
前走G2組、とくに神戸新聞杯を使った馬から1着が出る
2勝クラス組から穴馬を狙うなら、単勝オッズ45倍以内に絞る

■前走着順別成績
馬券になり得るのは前走1~3着まで
前走10着以下は切る

■レース当日人気別成績
1番人気が圧倒的に強い
重賞で結果を出せずに人気を落とした馬は要注意

■所属別成績
馬券の9割は関西馬

それじゃあ今週も、過去10年分のデータを使って菊花賞の予想を詰めていくわよ。

まずは、脚質別成績を見てちょうだい!

2020年 菊花賞 脚質別成績

脚質 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
逃げ 0 0 1 12 0% 0% 7.7%
先行 4 4 4 24 11.1% 22.2% 33.3%
差し 5 5 5 67 6.1% 12.2% 18.3%
追込 1 1 0 47 2.0% 4.1% 4.1%

中団からの競馬が馬券になりやすい、というデータね。

特に前めに位置取りした馬は成績がいいんだけど、調べてみたら複勝回収率は144%もあったの。
穴馬を狙うなら、先行馬から選ぶのがよさそうよ。

ただ、前過ぎるのも考えもので、逃げ馬は苦戦傾向にあるから注意が必要。

3着に1頭入れているものの、全体的には逃げの残りすらないと言えるデータになっているし、本走注目の逃げ馬であるバビットキメラヴェリテには厳しい舞台になりそうね。

次は、枠順別成績を見てもらおうかしら。

2020年 菊花賞 枠順別成績

枠番 1着 2着 3着 4着以下 勝率 連対率 複勝率
2 0 1 17 10.0% 10.0% 15.0%
3 2 0 15 15.0% 25.0% 25.0%
2 0 0 18 10.0% 10.0% 10.0%
0 0 1 19 0% 0% 5.0%
0 2 2 16 0% 10.0% 20.0%
1 2 1 16 5.0% 15.0% 20.0%
2 3 4 21 6.7% 16.7% 30.0%
0 1 1 28 0% 3.3% 6.7%

勝率が高いのは内側、複勝率が高いのは外側、という傾向が出ているわね。

なかでも、特に2枠の好成績が目立っているんだけど…。

これまで3頭が勝ち馬になっている2枠は、うち2頭が1番人気だった、なんてデータもあって、本命馬にとって都合のいい所
今回圧倒的人気のコントレイルはこの2枠に収まったから、さらに勝ち馬に向け前進した、って感じね。

逆に、まったくと言っていいほど馬券から見放されている4枠は要注意。

なぜか不人気馬が入ることの多い傾向にある4枠だけど、これほどまでに走れていないデータが出ている限り、ここに入った馬については人気に関係なく評価を落とさなければいけないわ。

今回4枠を引いた、
ダノングロワール
ディープボンド
の2頭は、穴馬としては面白そうな存在だけど、他に気になる馬がいればそちらを優先した方がよさそうね。

うまとみらいと

そんなところで、最終追い切りの結果を含めた予想印を発表するわよ!

2020年 菊花賞 注目馬①

コントレイル(牡3)
【前走:神戸新聞杯(G2)1番人気1着】

月曜日から変わらず、今年の菊花賞の主役はコントレイルよ!

枠も抜群の2枠に収まってくれたし、データ上懸念する点はない、と言えるほど万全でレースに臨める彼。

唯一の不安材料だった3000m戦の距離適性も、前走の内容を見る限り問題なさそう
中京の芝2200mを終始馬なりで余力を越していたし、今回の距離延長でも十分もつんじゃないかしら。

ましてや今回の相手には3000m戦を経験した馬はいないし、彼ほどのポテンシャルがあれば距離適性がなくとも勝てる、と判断したわ。

本走での騎乗が決まった福永Jも、このレースにおける成績が【1-3-0-6】で、いわば馬券内の常連
2013年には当時1番人気だったエピファネイアをしっかり勝たせた実績もあるし、安心して鞍上を任せられるわね。

そんな福永Jを背に臨んだ栗東CWでの最終追い切りでは、気持ちが入り過ぎないように、と控えめながらも【52.5-38.3-25.3-37.7-12.9】の好時計を記録し、仕上がっていることが見て取れたわ。

競馬ファンにとって配当妙味がないのは残念だけど、その分父ディープインパクト以来となるクラシック三冠達成の瞬間が見られそうなのは嬉しい限り。
日曜日には、彼の歴史的偉業を見逃さないでちょうだい!

2020年 菊花賞 注目馬②

ヴェルトライゼンデ(牡3)
【前走:神戸新聞杯(G2)3番人気2着】

骨折明けで挑んだ前走神戸新聞杯でも堅実な走りをした、ヴェルトライゼンデ

過去同レースで馬券になった馬が図抜けた成績を収めている本走において、彼は堂々連対しての参戦だし、今回決まった3枠は単勝回収率が100%オーバー、といったデータが出ているなど、コントレイルの対抗馬として十分に期待できる存在よ。

そうそう、今回彼の鞍上を務める池添Jは2011年に当時1番人気だったオルフェ―ブルで勝ち鞍になっていて、上位人気を勝たせた実績があるのは評価したいポイント。
コントレイルに次ぐ2番人気が濃厚なヴェルトライゼンデでも、堅い走りで馬券に導いてくれそうね。

そんな人馬ともに好調なコンビで臨んだ最終追い切りでは、栗東のCWを【82.2-66.3-51.4-37.5-11.8】の好時計で併せ馬に先着し、折り合いの面でも問題のないところを見せてくれたわ。
「今までで一番いい」と陣営が高く評価していたのも、今レースへの自信の表れね。

先程も触れたようにオッズは渋くなりそうだけど、東京優駿3着の実力馬でもある彼は切るに切れない馬券候補よ!

2020年 菊花賞 注目馬③

ガロアクリーク(牡3)
【前走:セントライト記念(G2)2番人気3着】

穴馬候補として注視したいのが、セントライト記念3着のガロアクリーク

前走のG2戦で馬券になった馬が好調なのは伝えた通りだし、彼はキャリア2勝でいずれも差し切って勝利しているあたり、本走でも上位陣を脅かす一頭になり得そう。

このレースでは、彼のような関東馬は馬券になりにくい、というデータがあるんだけど、今回のガロアクリークは勝率の高い最内に決まるなど、検証でもなかなかの好データに該当していたし、十分前例を覆すことができると判断したわ。

そうそう、ここまで伝えてこなかったけど、今回ガロアクリークに騎乗が決まった川田Jは、2010年に当時7番人気だったビッグウィークを最先着させた実績があるのよね。
さらにビッグウィークと川田Jは前走からコンビを組んで馬券になっていた、なんてデータもあるし、今回同じ条件で走るガロアクリークは面白い1頭になりそうよ。

そんなガロアクリーク、美浦の南Wで行われた最終追い切りでは【67.5-52.0-38.9-12.9】と時計こそ出なかったものの、反応も上々だったし内容は悪くなかったわ。
日曜日に向けて着々と準備は整っている、って感じだから、当日は期待できるわよ。

今のところ中堅人気で落ち着きそうな彼、配当面でもおいしい存在として覚えておいてちょうだい!

2020年 菊花賞 注目馬④

サトノフラッグ(牡3)
【前走:セントライト記念(G2)1番人気2着】

前走セントライト記念では、バビットの前に2着に敗れたサトノフラッグ

それでも、ふがいない結果に終わった皐月賞・東京優駿からは復調した走りを見せてくれたし、前走で馬券になった馬がよく走る今レースにおいては評価できる結果と言えるわ。

彼はデータ面でもなかなか優秀で、凡走傾向にある「関東馬」であること以外は、よく好データに該当していたし、十分不利をはねのけられる存在
本走において彼と同じディープインパクトを父に持つ馬たちは、【3-3-2-24】とよく馬券に絡んでいる、なんてデータもあるし、血統含め十分好走に期待できる1頭よ。

そんなサトノフラッグの最終追い切りは、併せ馬にアーモンドアイを迎え、美浦南Wを【66.2-52.0-38.9-12.8】の時計。
アーモンドアイには0秒2遅れたものの、馬也で手ごたえを確かめる程度にしてはよく食らいついて走れていたし、上々の仕上がりと言っていいんじゃないかしら。

強豪ぞろいの今回は、彼ほどの実績馬でもそこまで人気が集まらないのは嬉しい限り。
印を連下にしたとはいえ、もともとは弥生賞を勝ち切る地力のある馬だし、配当面でもうまみたっぷりだから覚えておいて損はないわよ!

コントレイル以下は、まさに団子状態の菊花賞。
アノ新鋭を馬券に含めてこそ、高配当に手が届くわよ!

2020年 菊花賞 注目穴馬

アリストテレス(牡3)
【前走:小牧特別(2勝クラス)2番人気1着】

月曜日から変わらず、本走で穴馬に推したいのがアリストテレスよ!

枠も悪くないところに入ってくれたし、データ上はコントレイルに勝るとも劣らないほど好調の彼。

世間では重賞初参戦ということで上位は難しいと考えられているけど、前走が2勝クラスだった馬がたびたび馬券を賑わせているのは伝えた通りだし、前走1着馬だった彼は勝ち馬さえも狙える存在なのよね。

そうそう、今回アリストテレスに騎乗するルメールJなんだけど、過去5戦して【2-0-1-2】と、菊花賞との相性は抜群なの。
2017年には当時7番人気だったフィエールマンで勝ち鞍になっているし、今回のアリストテレスでも上位入賞が期待できるわよ。

そんなアリストテレスの最終追い切りは、栗東のCWを【82.6-67.4-52.2-37.9-12.1】の時計。
仕掛けた併せ馬に負けず併入するなど、持ち前のスタミナ・末脚は健在、という感じだったし、状態についても心配いらないわ。

少しずつ人気する気配はあるものの、それでも中堅人気に収まりそうな彼、このくらいのオッズで買えるのは今回で最後になるかもしれないわね!

 

エビコが認めた競馬予想「うまとみらいと」の無料登録は↓こちら
うまとみらいと

「うまとみらいと」は、本命馬穴馬指数の情報を提供する3コンテンツが一つになった、とってもオトクな競馬情報サイト。

馬の実力が一目でわかる「コラボ@指数」など、予想に必要な情報がたくさん揃っているから、まったくの初心者でも今週末から3連単が狙えるわ。

それどころか、「うまとみらいと」で提供されるボリューム満点の情報をすべて活用できれば、競馬の稼ぎで欲しかった車や時計、贅沢な食事、仕事に囚われない自由な生活を手に入れるのも夢じゃないわね。

もし、今の収入にプラスして毎週10万円の利益を得られたならあなたは何がしたい?何が欲しい?

「うまとみらいと」への登録は↓から無料でカンタンにできるけど、今のうちに週末の高配当を何に使うか、考えておいてちょうだい!

うまとみらいと
よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次