今週の注目重賞【京都記念(G2)】の無料予想はコチラよ~!ココをクリック

菊花賞2018の最終予想を大公開!アドレナリン競馬

目次

2018年 菊花賞 最終予想

いよいよ今週末、クラシック3冠目をかけた菊花賞(G1が開催されるわ。

今年はエタリオウ・エポカドーロ・ブラストワンピースの3頭が人気を分け合うカタチになりそうね。

最強の1勝馬か、日本ダービー最先着馬か、異例ローテの素質馬か。

実績馬たちが気になるところだけど、穴を空けそうな上がり馬にも気を付けないとダメよ!

特に今年は上位のオッズも均衡しそうで、一筋縄ではいかない感じ。
ひと波乱ありそうで、ネットでは“乱菊”なんて呼ばれているわね。

確かに今年は面白そうな伏兵馬がチラホラいるのも事実。
もちろん押さえておいて良かった」って注目馬は選定済みよ。

最後に紹介しているから、しっかり確認してちょうだいね!

じゃあ、まずは確定した枠順を見てもらうわ。

2018年 菊花賞 枠順

枠番 馬番 馬名 性別 負担
重量
騎手 調教師 所属
1 1 アイトーン 牡3 57.0 国分恭介 五十嵐忠 栗東
2 グレイル 牡3 57.0 岩田康誠 野中賢二 栗東
2 3 ブラストワンピース 牡3 57.0 池添謙一 大竹正博 美浦
4 ジェネラーレウーノ 牡3 57.0 田辺裕信 矢野英一 美浦
3 5 エポカドーロ 牡3 57.0 戸崎圭太 藤原英昭 栗東
6 メイショウテッコン 牡3 57.0 松山弘平 高橋義忠 栗東
4 7 ユーキャンスマイル 牡3 57.0 武豊 友道康夫 栗東
8 カフジバンガード 牡3 57.0 幸英明 松元茂樹 栗東
5 9 エタリオウ 牡3 57.0 M.デム 友道康夫 栗東
10 アフリカンゴールド 牡3 57.0 松若風馬 西園正都 栗東
6 11 コズミックフォース 牡3 57.0 浜中俊 国枝栄 美浦
12 フィエールマン 牡3 57.0 ルメール 手塚貴久 美浦
7 13 タイムフライヤー 牡3 57.0 和田竜二 松田国英 栗東
14 グロンディオーズ 牡3 57.0 モレイラ 田村康仁 美浦
15 オウケンムーン 牡3 57.0 北村宏司 国枝栄 美浦
8 16 ステイフーリッシュ 牡3 57.0 藤岡佑介 矢作芳人 栗東
17 シャルドネゴールド 牡3 57.0 藤岡康太 池江泰寿 栗東
18 グローリーヴェイズ 牡3 57.0 福永祐一 尾関知人 美浦

月曜日に出した事前データはこちら。

前走レース別成績
中心は前走トライアル組
条件戦からの上がり馬にも注意(中距離以上の好走歴に注目)

前走着順別成績
前走3着以内が圧倒的に強い
4着以下で狙えるのは前走トライアル組のみ

前走距離別成績
中心は前走2400m

所属別成績
関西馬がダントツで有利
関東馬は中距離以上への適性に注目

じゃあ、ここからデータをさらに2つ追加して菊花賞の最終予想に入るわよ!

まずは、上がり3ハロン順位別成績から。

2018年 菊花賞 前走着順別成績

前確定着順 着別度数 勝率 連対率 複勝率
前走1着 6- 1- 5- 43/ 55 10.9% 12.7% 21.8%
前走2着 1- 4- 1- 17/ 23 4.3% 21.7% 26.1%
前走3着 3- 3- 1- 13/ 20 15.0% 30.0% 35.0%
前走4着 0- 0- 1- 13/ 14 0.0% 0.0% 7.1%
前走5着 0- 0- 1- 11/ 12 0.0% 0.0% 8.3%
前走6〜9着 0- 1- 1- 33/ 35 0.0% 2.9% 5.7%
前走10着〜 0- 1- 0- 20/ 21 0.0% 4.8% 4.8%

 

上がり上位の成績が良いけど、特に1位と2位は圧倒的だわ!
32~33秒台までの速さは不要だけど、それなりのポジションから最後抜け出せるような馬がベストね。

ちなみに、前走の上がり3ハロン別成績を見ると、2位以内は8-7-4-47と好成績。
コンスタントに、上位の脚を出せるのが望ましいわ。

馬体重別成績もみておくわよ。

2018年 菊花賞 馬体重別成績

馬体重 着別度数 勝率 連対率 複勝率
400〜419kg 0- 0- 0- 1/ 1 0.0% 0.0% 0.0%
420〜439kg 0- 0- 2- 4/ 6 0.0% 0.0% 33.3%
440〜459kg 1- 1- 0- 17/ 19 5.3% 10.5% 10.5%
460〜479kg 1- 1- 3- 45/ 50 2.0% 4.0% 10.0%
480〜499kg 6- 6- 2- 53/ 67 9.0% 17.9% 20.9%
500〜519kg 1- 2- 3- 21/ 27 3.7% 11.1% 22.2%
520〜539kg 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0%

 

480kg以上が(8-8-5-83)と、それなりに馬格のある馬が好走するのね。

3000mという長丁場レースだけあって、筋肉量があってスタミナのある馬が有利ってことかしら。

今回480kg以上が見込めそうな下記9頭は、少し評価を上げたいところね。

グレイル
ブラストワンピース
ジェネラーレウーノ
エポカドーロ
メイショウテッコン
ユーキャンスマイル
カフジバンガード
フィエールマン
グロンディオーズ

それじゃ、ここまでのデータを踏まえて今年の印を発表するわ。

高配当に期待できる攻めの印だから、期待してちょうだい!

2018年 菊花賞 注目馬①

エタリオウ(牡3)
【前走:神戸新聞杯(G2)3番人気2着】

上位勢では、やっぱりエタリオウ推しになっちゃうわね~。

事前予想でも触れたけど、データに隙が無い馬なのよ。

気になる点を強いて言うなら、今回紹介した馬体重別成績ね。

でも、それを上回るくらいのプラス要素だらけだから心配する必要なんてないわ。

前走で見せた、ワグネリアンに0.1秒差まで迫った末脚は見事だったの。
あの走りを見た感じ、距離が伸びても問題なさそうね。

ダービーでも、前にいた馬が3着を独占する中で、唯一後方から伸びてきたわ。
長く使える末脚はホンモノね。

京都は2戦2勝の得意コースで、さらにその内1勝は本走と同じ外回り
舞台適性も問題ないの。

データと適性ともに◎な“最強の1勝馬”が今年の乱菊を制するわ!

2018年 菊花賞 注目馬②

メイショウテッコン(牡3)
【前走:神戸新聞杯(G2)6番人気3着】

2番手評価は、エタリオウと同じく神戸新聞杯組のメイショウテッコン。

トライアル組が強いことは事前予想でも伝えたけど、特に神戸新聞杯は3着以内複勝率60%と、かなり信頼度の高いデータだったわね。

前走時点で496kgと、馬格があるのも好印象。

上がりに関しては、逃げた前走は上位2位をマークできなくても仕方ないから、大きくマイナスする必要ないわよ。

前走の粘り強い走りから、豊富なスタミナの持ち主であることが分かるわね。
京都3000mの長丁場にも十分対応できそうだわ。

最終追い切りの併せ馬でも、最後に力強く伸びて1馬身先着

状態面も万全って感じよ!

平成最後の菊花賞は波乱含みで全馬にチャンスあり!
データ・適性ともに◎なのに注目度は低いこの3頭を見逃すと、イタイ目を見るわよ!

2018年 菊花賞 注目馬③

グレイル(牡3)
【前走:朝日杯セントライト記念(G2)6番人気3着】

京都2歳ステークスを制して以降、成績が伸び悩んでいたグレイル。

けど、前走の朝日杯セントライト記念では3着と健闘し、復調の兆しが見えてきたわ。

注目すべきは、負けた3戦のうち、2戦が左回りだったこと。

右回りでは(2-0-1-1)複勝率75%と、かなり安定した成績を残しているから今回のコース適性は抜群よ。

馬格もある方で、前走の上がりもメンバー最速
今回紹介したデータとも相性が良いの。

ロスなく進められる内枠を引き当てたのも大きいアドバンテージよね。
人気的にもマークされることなさそうだから、スムーズに競馬できそうよ!

加えて、鞍上はインが得意な岩田騎手というのも不気味なところ。

最終追い切りでも鋭い走りを見せてくれて、乗った岩田騎手も「仕掛けてからの反応は素晴らしかった」と言っているの。
歩様からも硬さは見られないし、状態面も問題なそうね。

京都は2戦2勝の得意舞台、クラシック2戦で活かし切れなかった末脚を爆発させるならココよ!

2018年 菊花賞 注目馬④

ユーキャンスマイル(牡3)
【前走:阿賀野川特別(1000万下)2番人気1着】

トライアルを使わず直行してきた、ユーキャンスマイル。

間隔が空いたのは何か問題があったからじゃなく、もともと菊花賞を目標にしていたからよ。
だから、ローテに関する心配は不要

実はユーキャンスマイル、「前走3着以内」「関西馬」「前走上がり2位以内」「馬体重480kg以上の見込みあり」と、なかなかデータと相性の良い馬なの。

特に前走は先行しての上がり最速と、内容的にも良かったわ。

乗り替わりにはなるけど、鞍上はベテラン武騎手
しかも武騎手とは(2-2-0-1)連対率80%と、相性抜群なの!

最終追い切りではエタリオウに先着する走りぶり。
乗っていたのが騎手と助手の差ということを考えても、ユーキャンスマイルが充実期を迎えているのは間違いないわね。

鞍上で人気したとしても6・7番手、エタリオウが順当に走ったとしても配当に期待できるわよ!

2018年 菊花賞 注目穴馬

アフリカンゴールド(牡3)
【前走:兵庫特別(1000万下)1番人気1着】

未勝利戦ではなかなか勝ち切れなかったけど、今年4月に勝利して以降は勢いが凄いわね。

3走前の500万下は惜しくも2着だったけど、次走でしっかり挽回。
続く1000万下も4馬身差の圧勝と、かなり調子を上げてきているわ。

ここ4戦で2200m以上を使われていて、長い距離は歓迎!なタイプ。

京都外回りは2戦1勝(2着1回)と、パーフェクト連対の得意舞台であることも見逃せないわね。

「前走2400m」「関西馬」「前走上がり2位以内」と、高水準データとも相性が良いの。

馬体重が増えていれば、さらにプラスね。
当日の状態は要チェックよ!

データからも適性からも信頼できる1頭で、エタリオウに先着できる可能性も十分あるわ!

よかったらシェアしてちょうだい!

この記事を書いた人

名前:エビコデラックス
性別:セン馬
年齢:うるさいわね(ヽ(`Д´#)ノ)
出身地:千葉県
血液型:AB型
星座:おとめ座
競馬歴:20年くらいかしら(年齢を推測するんじゃないわよ)
好きな馬:ナリタブライアン、オルフェーヴル、ナリタトップロード
好きな騎手:イケメン全般(外国人は特に好物)
好きな券種:単勝・ワイド・三連複

目次